スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルゴ 

2012, 10. 26 (Fri) 16:02

ARGO10.jpg

1979年11月。
イラン革命が激しさを増すテヘランで、過激派グループがアメリカ大使館を占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。
秘かに脱出した6人の職員は、カナダ大使の私邸に逃げ込んだ。
救出作戦のエキスパートであるCIAエージェントのトニー・メンデス(ベン・アフレック)は、架空の映画企画をでっち上げ、6人をロケハンに訪れたカナダ人のスタッフに偽装させて出国するという作戦を立案する。
「猿の惑星」の特殊メイクでアカデミー賞に輝いたジョン・チェンバース(ジョン・グッドマン)と、映画プロデューサー、 レスター・シーゲル(アラン・アーキ)の協力を得たトニーは、SFファンタジー大作「アルゴ」の製作記者発表を盛大に行い、前代未聞の極秘救出作戦をスタートさせるのだったが…。


79年にイランで起きたアメリカ大使館人質事件で、実際にCIAが行った奇想天外な救出作戦を描くポリティカル・サスペンス。
ベン・アフレック監督作品3作目。
ジョージ・クルーニーが製作に名を連ねる。

2012年 10/26公開 アメリカ映画
監督 ベン・アフレック
更なる「実話」を描いた傑作{★★★★㊤4/5}

イランアメリカ大使館人質事件

カナダ大使の私邸に身を隠した6人が見つかれば、スパイのレッテルを貼られたうえ、匿った大使や多くの米人質の命が危なくなる。
アメリカ大使館が占領される前、機密書類や身分証明をシュレッダーにかけたものの、過激派グループは子供たちを使い、写真の復元をさせていた。
6人が見つかるのは時間の問題。
彼らを救出する良案が見つからない中、テレビ放送されていた「最後の猿の惑星」を見たCIAのトニーは、あるプランを思いつく…。
ARGO12.jpg
事件から18年後、クリントン大統領が機密扱いを解除したという人質救出劇。
またもやベン・アフレックの才能が冴え渡る作品でした。
実際の報道映像や写真で一連のイラン情勢を説明するオープニング、70年代の時代設定は、ワーナー・ブラザーズのロゴマークにまで拘る徹底ぶり。
エンドロールに作中の画像と並べられる数々の歴史事実映像は、この作品がどれだけリアリティがあるのか痛感させられます。(6人の役者さん、皆さんが瓜二つ!!)
緊迫するアメリカとイランの関係、米政府機関とCIAのズレ、トニーと6人の葛藤など、混沌とする国際情勢の中での人質救出作戦は、無事に助かると分かっていてもハラハラドキドキの連続。
飛行機が飛び立つシーンは、「ラストキング・オブ・スコットランド」以来、「早く、早く、早くーーーぅ」と手に汗にぎるスリルあるものでした。
今だ情勢が変化しない対中東の構図にも興味深いものがありました。
ARGO11.jpg
社会派サスペンスの一方で、「フェイク・ムービーだぁ?まかせとけ!!」と、脚本を買い、制作発表にプロモーション、絵コンテと、嘘であってもとことん本気モードで固めるやり方はハリウッド的(笑)
カナダの尽力は知られていても、その裏にCIAと、まさかハリウッドまでが関係していたとは、映画ファンには興味深い内容です。
当時は「スターウォーズ」の大ヒットで、空前のSFブーム。
猫も杓子も悪者退治なSF映画の制作に躍起になっていたのでしょう。
修復前のボロボロなハリウッドサインとか、ちょっとした内幕暴露的なコネタが楽しく、業界人を演じるアラン・アーキンとジョン・グッドマンのおとぼけ感が絶妙な笑いを誘う。
シリアスとコミカルがバランス良く描かれ、実話でありながら、エンターテイメント性が色濃い作品でした。

ただ少し客観的に観ると、不安ながらも、6人はカナダ大使邸で飲食に困ることなく過ごせたわけですから、過激派に占領された大使館で、1年以上も人質にされた人たちの恐怖を思わずにはいられないことと、敵対する国で人質になったらと想像すると、カナダのように匿ってくれる隣国(?~苦笑)や、日本政府はこうまでして救ってくれるのだろうかという不安もこみ上げてきました(汗)

ベン・アフレックの演出は、センスと力量があり、お芝居の方は、喜怒哀楽が皆無のポーカーフェイスと、もったりとした時代の風貌が似合っていました。
初対面のカナダ大使に「Gメンのイメージではないね」みたいな事を言われ、「GメンはFBIです」って答えに、「パブリック・エネミーズ」を思い出したのは私だけでしょうか(笑)
賞レースの季節、ベン・アフレックは監督賞に確実に食い込んでくると評判になっているようです。
いずれにしても、彼には今後も注目ですね~楽しみです♪ 

コメント

にゃむばなな

こんばんわ

ベン・アフレックが監督としてオスカーを手にする日もそう遠くはなさそうですね。
とにかく飛行機が飛び立ってもまだ続く緊張感は凄かったですわ。

2012/10/27 (Sat) 21:04 | にゃむばなな | 編集 | 返信

ituka

予告編見る限りでは、、、

ワタシ的にコケそうな予感もありましたが
本編の緊張感は期待以上で良かったです。
ベンはやっぱり監督業に向いてますね^^
『ザ・タウン』といい、こういうサスペンス系の撮り方が上手いな~と思いました。
次は親友マット・デイモンと前作共演のジェレミー・レナーを使って映画を撮ってほしい(笑)
あれ?これってボーン系じゃん(←って、わざとらしい・笑)

2012/10/27 (Sat) 21:21 | ituka | 編集 | 返信

オリーブリー

にゃむばななさんへ

こんばんは~。

アルコールOKまでひっぱりましたもんね~~w(゚o゚)w
実際問題、空域って重要性を認識させられましたが、もう、いいやん、みたいな、、、(汗)

ベン監督は、作品ごとに進化(笑)してますね!
評価は後からついてくるものですが、期待値は右肩上がりです^^

2012/10/27 (Sat) 23:08 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

itukaさんへ

こんばんは~。

予告はどちらかと言うと、軽いノリなタッチでしたよね。
砂漠で映画の撮影とかもしちゃうのか?とか思いましたモン(笑)
最近の予告では、上手い作り方でしたねぇ~。

>次は親友マット・デイモンと前作共演のジェレミー・レナーを使って映画を撮ってほしい(笑)

わはは~~~。
いっそのこと、ベン監督がやってくれると、また観る気が出ますわっo(^▽^)oキャハハハ

2012/10/27 (Sat) 23:15 | オリーブリー | 編集 | 返信

yukarin

こんばんは♪

期待以上に面白かったです。
結末はわかっているのに最後の最後のでハラハラドキドキでした。
今後のベン・アフレックの監督しての活躍が楽しみですね。

2012/10/27 (Sat) 23:51 | yukarin | 編集 | 返信

ノルウェーまだ~む

腕を上げた

オリーブリーさん☆
ベンはどんどん腕を上げますねぇ。
イケメンで役者としてもいいかんじ、おまけに監督手腕がすごいって・・・

エンディングや映画の随所に盛り込まれる映像と、全く同じ角度からの再現っていうのが、また面白かったわ。
実際の人物と劇中の人も似ていたよね☆

2012/10/28 (Sun) 10:30 | ノルウェーまだ~む | 編集 | 返信

たいむ

こんにちは

何でかなぁ~
我が地元はベンの作品をあまり上映してくれないのですよ。
公開予定もどこにもなし。
見たかったのに・・・。
感想もいい感じだし、賞レースに加わるがなにかで急きょ公開が決まってくれるとうれしいです。

しかたがないので代わりに今週はハゲを見るとします(爆)

2012/10/29 (Mon) 12:37 | たいむ | 編集 | 返信

オリーブリー

yukarinさんへ

こんにちは~。

分かっていてもハラハラさせる展開&実話ベースの物足りなさを感じさせないエンタメ作品でしたねo(^▽^)o

2012/10/30 (Tue) 12:11 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

まだ~むさんへ

こんにちは~。

ベン・アフレックはセンスがありますね。
細部まで観客を楽しませる術を承知してるような…o(^▽^)o
うんうん!
エンドロールにもまたビックリでした(笑)

2012/10/30 (Tue) 12:15 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

たいむさんへ

こんにちは~。

何か意外ですが、お友達のトコも公開がないと嘆いておりました。
良い作品なのに、どーしてでしょう。
評判良いから、後から公開あるかも~期待しましょう!

わはは~ハゲですか(←ブルース?)
これは逆にうちの地元は少ないんですよ。。。

2012/10/30 (Tue) 12:35 | オリーブリー | 編集 | 返信

sakurai

ひどいでしょ

東北6県の中で、上映しているのは一館だけって、いったい!!!ですよ、またくもう。
映画の日の、意を決して行ってきました。
見れただけで、満足してしまった感もあります。
いや、よくできてたと思う。
Gメンのとこは、笑えました。・・・ジョニーさんは思い出さなかったけど。

パンフによると、今回は監督の方に力を入れて、自分の演技に関しては、かなりエネルギーを削いだとありました。
のぼーって見えたのも、ごめんして!みたいな。

2012/11/13 (Tue) 10:50 | sakurai | 編集 | 返信

オリーブリー

sakuraiさんへ

こんにちは。

意外と劇場が少ないんですよね~てっきり全国公開と思ってましたよ。
「タウン」はどうだったんだろう?
まあおそらくこれで、ベン監督作品はお墨付きということになると期待して(笑)

>のぼー

爆!!
役柄的に合ってたと思いますが、確かにいつもそう見える(笑)

2012/11/14 (Wed) 12:09 | オリーブリー | 編集 | 返信

たいむ

こんにちは

あれ?あはははは。
確かに以前こちらの文章に目をとおしたとはいえ、観てない映画の人様の感想なんて「良かった(面白そうだ)」以外は記憶から消え失せていたのだけど、いま書きあげてお邪魔したら、事ごとく同じところに触れている感じで笑っちゃった。潜在意識もあるのかな?(^^;
でも書かなかった部分で、私も6人と大使館に残っている人質との待遇差は天と地だよなーって思ってました。皮肉ではないにしても、あえてそうした部分も入れるのは映画として良いなって思いましたが。

また”偽スタジオ6”のお二人には「お前ら本当はちょっぴり楽しんでない?」とか思ったり。まぁこっちは徹底的にやってやる的プロの気概とか癖みたいなもので、微笑ましいばかりだったけどw 
3人の乾杯シーンもお気に入りです。

いやぁ~ほんと良かった!
時差とはいえ、今年の一発目がコレ嬉しいですw

追伸:「テッド」の予告も初めて見ました!スッゲー大笑い出来そうで楽しみになりましたw

2013/01/05 (Sat) 15:00 | たいむ | 編集 | 返信

オリーブリー

たいむさんへ

こんばんは。
遅れても公開されて良かったね!
この作品でスタートだなんて、最高でしょう~!!

わはは~~そうなの?!また同じこと考えてた?(爆)ハイ(^-^)/
多少の脚色はあるのだろうけど、ベン監督は、事実にほぼ忠実だと思うので、その待遇差の違和感も含めて観客に見せてるんだろうなぁ~と思いました。
分かっていても空港チェックはハラハラする流れだったし、画コンテ見て過激派グループがニンマリするとことか、偽でもやる気満々の業界オヤジとか、“映画”ってネタだけで、人は惹きつけられるのよね。

「テッド」のTV予告はさすがに大人しめだよね(爆)

2013/01/07 (Mon) 23:26 | オリーブリー | 編集 | 返信

マリー

人質・・・

こんばんは~~♪
そうそう、私も書き忘れたけど思った!
大使館の人質たちは1年も緊張の日々を過ごしたんだもの。残酷だよね・・・最初の方で袋かぶせて処刑のフリするシーンあったじゃない?
私なら、あれで、もう精神状態保てない・・・よく1年も・・・><;

飛行機離着のシーンは滑走路に侵入って、焦った~!
空の上でイランを越えた時、一気に力ぬけた・・・
帰ってから昼寝して、悪夢みたの(涙)

FBI・・・でジョニー、思い出さなかった・・・しくしく。

2013/02/27 (Wed) 20:55 | マリー | 編集 | 返信

オリーブリー

マリーさんへ

こんばんは~。

マリーさんところは、公開が遅かったみたいけれど、逆にアカデミーとタイムリーで良かったのでは?(笑)
昼寝の悪夢って、、、(爆)
わかる、私も夜中まで録画見て寝ると、続きかっ?!ってくらい夢見てるよ~寝た気がしないのよねぇ~(疲労)

でしょう、そりゃもちろん救出劇には命がけだけど、監禁状態に居た人たちは、長い間、半端ない恐怖と背中合わせだものね。
ワイン飲みながら音楽聴いてるのはちょっとね、、、(苦笑)
ラストの空港シーンは見せたよねぇ~~今、思い出しても汗が出る!!

>FBI・・・でジョニー、思い出さなかった・・・しくしく。
実は、って(ははは~)
劇場で観た時、何が何だかよくわかんなかったけど、1年ぐらい前、初めてDVD見たもんだから(ラベルすら開けてなかった)覚えてたのよん^^

2013/03/01 (Fri) 02:00 | オリーブリー | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック
  •  アルゴ
  • 監督、主演はベン・アフレック、 ジョージ・クルーニーがプロデューサー。 1979年イランで起こったアメリカ大使館占拠、 人質事件救出作戦を描いています。 6人がアメリカ大使...
  • 2012.10.26 (Fri) 21:56 | 花ごよみ
この記事へのトラックバック
  •  アルゴ
  • 偽映画と言っても期待したほど劇的でない 公式サイト。原題:Argo。ベン・アフレック監督・主演。アラン・アーキン、ブライアン・クランストン、ジョン・グッドマン、スクート・マク ...
  • 2012.10.26 (Fri) 22:14 | 佐藤秀の徒然幻視録
この記事へのトラックバック
  •  アルゴ
  • アルゴ@よみうりホール
  • 2012.10.26 (Fri) 22:26 | あーうぃ だにぇっと
この記事へのトラックバック
  •  アルゴ / argo
  • ランキングクリックしてね ←please click イランで起きたアメリカ大使館人質事件を社会派ドラマとして、映画化 「ゴーン・ベイビー・ゴーン」「ザ・タウン」に続き 3作目と
  • 2012.10.26 (Fri) 22:29 | 我想一個人映画美的女人blog
この記事へのトラックバック
  •  『アルゴ』
  • (原題:Argo) ----『アルゴ』って ベン・アフレックが監督・主演した作品だよね。 実話に基づいていると聞いたけど…。 「うん。 この映画は、 1979年のテヘランで起きたアメリカ大使
  • 2012.10.27 (Sat) 00:14 | ラムの大通り
この記事へのトラックバック
  •  映画「アルゴ」@よみうりホール
  •  客席はほぼ満席。試写会場入場前にカメラチェック&身体検査、上映中には1階席と2階席両端に警備員が観客を監視する厳重な試写会となった。      映画の話  1979年11月4日、
  • 2012.10.27 (Sat) 00:54 | 新・辛口映画館
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  劇場鑑賞「アルゴ」
  • 6人を、脱出させろ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210260004/ アルゴ (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) (ハヤカワノンフィクション文庫)アントニオ...
  • 2012.10.27 (Sat) 05:42 | 日々“是”精進! ver.F
この記事へのトラックバック
  •  アルゴ
  • 地味だけど面白い。  
  • 2012.10.27 (Sat) 09:54 | Akira's VOICE
この記事へのトラックバック
  •  アルゴ (試写会)
  • 前代未聞の救出作戦 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/argo10月26日公開実話の映画化原作: アルゴ (アントニオ・メンデス著・マット・バグリオ著/ハヤカワ文庫
  • 2012.10.27 (Sat) 10:58 | 風に吹かれて
この記事へのトラックバック
  •  アルゴ
  • 評価:★★★★【4点】(F) 前代未聞の救出劇は映画ファンにはたまらない?(笑)
  • 2012.10.27 (Sat) 21:02 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
この記事へのトラックバック
  •  アルゴ/ベン・アフレック
  • 1979年11月にイランで発生した「イランアメリカ大使館人質事件」。長らく機密扱いとされてきたこの事件は劇場予告編でも大々的に謳われているようにまるでハリウッド映画さながらの ...
  • 2012.10.27 (Sat) 22:46 | カノンな日々
この記事へのトラックバック
  •  アルゴ
  • 【ARGO】 2012/10/26公開 アメリカ 120分監督:ベン・アフレック出演:ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、スクート・マクネイリー、ク
  • 2012.10.27 (Sat) 23:41 | 新・映画鑑賞★日記・・・
この記事へのトラックバック
  •  [映画『アルゴ』を観た(短信)]
  • ☆女の子ってのは面白い。 「ポイントを溜めたタダ券が二人分あるから、一緒に行くぞ!」と私が言うと、「そりゃ得したね、やったあ!」と叫ぶのだが、  そもそも、私は、女の子
  • 2012.10.28 (Sun) 00:05 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
この記事へのトラックバック
  •  映画「アルゴ」感想
  • 映画「アルゴ」観に行ってきました。1979年に勃発したイランのアメリカ大使館人質事件で実際にあった話を題材とした、映画「ザ・タウン」のベン・アフレックが監督&制作&主演...
  • 2012.10.28 (Sun) 03:06 | タナウツネット雑記ブログ
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  「アルゴ」胃が痛くなるほどの緊張感
  • 飛行機に乗る際のパスポートチェックは、こちらが何も悪い事してないのに、ただでさえ緊張するものである。 言葉が通じない上に、きちんと伝えないと奥の部屋に連れて行かれてしま
  • 2012.10.28 (Sun) 10:20 | ノルウェー暮らし・イン・原宿
この記事へのトラックバック
  •  アルゴ
  • 原題:Argo監督:ベン・アフレック出演:ベン・アフレック、アラン・アーキン、ブライアン・クランストン、ジョン・グッドマン、ケリー・ビシェベン・アフレック、Good Job
  • 2012.10.28 (Sun) 15:59 | ハリウッド映画 LOVE
この記事へのトラックバック
  •  アルゴ
  • この《実話》は、フィクションよりも大胆 製作年度 2012年 原題 ARGO 上映時間 120分 脚本 クリス・テリオ 監督 ベン・アフレック 出演 ベン・アフレック/ブライアン・クランストン/アラン
  • 2012.10.31 (Wed) 12:35 | to Heart
この記事へのトラックバック
  •  アルゴ ★★★★
  • 1979年に発生し、18年間機密扱いにされていたイランアメリカ大使館人質事件の真相を映画化。CIAは、人質を映画クルーに仕立てて出国させようとするが……。監督・主演は、「ザ・タウン...
  • 2012.10.31 (Wed) 20:45 | パピとママ映画のblog
この記事へのトラックバック
  •  人質救出大作戦~『アルゴ』
  •  ARGO  "Argo fuck yourself! "  1979年。革命下のイランで、アメリカ大使館が占拠された。多くの館員たち が人質となる中、6人の男女が秘かに脱出、カナダ大使私邸に匿われる。見 ...
  • 2012.10.31 (Wed) 20:47 | 真紅のthinkingdays
この記事へのトラックバック
  •  アルゴ ★★★★☆
  • 宗教も慣習も全く違う異国の地、イランでの恐怖は淡々と冷徹に描かれる。 人質たちが自分たちだけが殺されるだけでなく、他の大勢の同僚の命も危険にさらす可能性のある作戦への
  • 2012.10.31 (Wed) 22:51 | センタのダイアリー
この記事へのトラックバック
  •  アルゴ
  • 役者の顔で観ない映画を決めてしまいがちなそーれです。 ベン・アフレックのむさ苦しい顔が嫌で観ないでおこうかと思っていた『アルゴ』を観てきました。 ★★★★★ 食わず嫌いせ
  • 2012.11.01 (Thu) 00:58 | そーれりぽーと
この記事へのトラックバック
  •  アルゴ
  • Data 原題 ARGO 監督 ベン・アフレック 製作 ジョージ・クルーニー 出演 ベン・アフレック  アラン・アーキン  ブライアン・クランストン 公開 2012年 10月
  • 2012.11.04 (Sun) 18:05 | 映画 K'z films 2
この記事へのトラックバック
  •  アルゴ/ARGO
  • パスしようかとも思ったんだけど、予告編を観ているうちに、面白そうな気がして・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1979年11月4日、イラン革命が激しさを増すテヘランで、...
  • 2012.11.04 (Sun) 18:12 | いい加減社長の映画日記
この記事へのトラックバック
  •  アルゴ
  •  『アルゴ』を渋谷のヒューマントラストシネマで見ました。 (1)本作は、イランのホメイニ革命の際に起きたアメリカ大使館員救出作戦(1979年)を描いたものです。  ホメイニ革命の
  • 2012.11.05 (Mon) 20:20 | 映画的・絵画的・音楽的
この記事へのトラックバック
  •  アルゴ  ARGO
  • 私、ベン・アフレックって苦手でした。 演技も今一つやなぁ()、な〜んて思ってました。 しか〜し、本作を見て、監督として俳優として「ベン!なかなかやるやないのー!」っと見直し
  • 2012.11.06 (Tue) 00:39 | 映画の話でコーヒーブレイク
この記事へのトラックバック
  •  「アルゴ」
  • 6名のアメリカ人をイランから脱出させよ! 1980年。その作戦は奇想天外だった。
  • 2012.11.11 (Sun) 17:03 | 或る日の出来事
この記事へのトラックバック
  •  アルゴ (Argo)
  • 監督 ベン・アフレック 主演 ベン・アフレック 2012年 アメリカ映画 120分 サスペンス 採点★★★★ 映画とか小説って、フィクションではあるけどあんまりにも現実からかけ離
  • 2012.11.12 (Mon) 09:01 | Subterranean サブタレイニアン
この記事へのトラックバック
  •  アルゴ
  • 手に汗握った!!!
  • 2012.11.13 (Tue) 10:51 | 迷宮映画館
この記事へのトラックバック
  •  アルゴ
  • 2012年11月10日(土) 21:05~ 109シネマズ川崎5 料金:1000円(109シネマズの日) 『アルゴ』公式サイト 人質救出のためにインチキ映画プロデュースという話。 アホ面の大根役者ベ
  • 2012.11.14 (Wed) 00:28 | ダイターンクラッシュ!!
この記事へのトラックバック
  •  「アルゴ」第25回東京国際映画祭特別招待作品
  • ベン・アフレック監督作品。1979年に実際に起こった、イランでのアメリカ大使館占拠事件の際に、大使館を脱出した6名のアメリカ人の、その最終的なアメリカ本国への逃走劇を、CIAの人
  • 2012.11.21 (Wed) 12:50 | ここなつ映画レビュー
この記事へのトラックバック
  •  映画「アルゴ」真実が伝える本物の緊張感
  • 映画「アルゴ」★★★★ ベン・アフレック、アラン・アーキン、 ブライアン・クライストン、ジョン・グッドマン出演 ベン・アフレック 監督、 120分、2012年10月26日より全国にて公開 2...
  • 2012.11.29 (Thu) 07:37 | soramove
この記事へのトラックバック
  •  映画的救出作戦!
  • 29日のことですが、映画「アルゴ」を鑑賞しました。 イランで実際に起こったアメリカ大使館人質事件の救出作戦を描く サスペンス ドラマ いや〜 面白かった! 映画製作を装って スタ
  • 2012.12.03 (Mon) 18:37 | 笑う社会人の生活
この記事へのトラックバック
  •  映画『アルゴ』を観て
  • 12-85.アルゴ■原題:Argo■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:120分■字幕:松浦美奈■観賞日:11月3日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ■料金:1,800円 □監督・製
  • 2013.01.13 (Sun) 20:13 | kintyre's Diary 新館
この記事へのトラックバック
  •  映画:アルゴ
  •  ベン・アフレック監督作品。昨年のザ・タウンがイマイチだったのでスルーしようか迷っていたのですが、ザ・タウンと違ってアクション映画ではなくノンフィクションを映画化。しか...
  • 2013.02.13 (Wed) 19:46 | よしなしごと
この記事へのトラックバック
  •  『アルゴ』 ★祝アカデミー賞作品賞受賞★
  •                      CIA史上、最もありえない“人質救出作戦”とは何か!? 『アルゴ』 監督・製作・・・ベン・アフレック 製作・・・ジョージ・クルーニ
  • 2013.02.26 (Tue) 21:32 | pure breath★マリーの映画館
この記事へのトラックバック
  •  アルゴ
  • 79年のイラン。革命により米大使館の職員52人が人質にとられた中、秘かにカナダ大使の私邸に逃げる事に成功した6人。しかし見つかるのは時間の問題だった。
  • 2013.03.02 (Sat) 12:02 | rambling rose
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  『アルゴ』
  • □作品オフィシャルサイト 「アルゴ」□監督 ベン・アフレック □脚本 クリス・テリオ □キャスト ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グ
  • 2013.03.07 (Thu) 12:10 | 京の昼寝〜♪
この記事へのトラックバック
  •  アルゴ
  • ARGO 2012年 アメリカ 120分 サスペンス 劇場公開(2012/10/26) 監督:ベン・アフレック『ザ・タウン』 製作: ベン・アフレック ジョージ・クルーニー 出演: ベン・アフレック
  • 2013.03.16 (Sat) 01:33 | 銀幕大帝α
この記事へのトラックバック
  •  アルゴ
  • 【あらすじ】 1979年11月4日、テヘラン。イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。パニックの中、ア
  • 2013.03.25 (Mon) 20:26 | タケヤと愉快な仲間達
この記事へのトラックバック
  •  アルゴ
  • 実話を基にした、CIAによる奇想天外な救出作戦を描く社会派サスペンス。 イラン革命で占拠されたテヘランの米国大使館。6人の米国人がひそかに脱出し、カナダ大使私邸に身を隠す。
  • 2013.05.01 (Wed) 09:58 | いやいやえん
この記事へのトラックバック
  •  【映画】アルゴ…アカデミー賞作品だけどやっつけた(2013年観賞)
  • 昨日2015年8月15日(土曜日)は、娘がホークスの試合を観にヤフードームまで行くと言うので、送りがてらついでにマリノアシティというのに初めて行きました。 ここでの収穫は特に無し。試合が終わるのを待つ間、ほぼ駐車場で昼寝していた一日でした 以下は映画観賞記録...
  • 2015.08.16 (Sun) 05:38 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。