FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

Intouchables10.jpg

パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、生活保護の申請目当てに面接にきたスラム出身の黒人青年ドリス(オマール・シー)を新しい介護者として採用する。
すべてが異なる二人は、やがて互いを受け入れ、次第に友情を育んでいく。


富豪の男と介護役として雇われた黒人青年の交流を、笑いと涙を交えて描く実話がもとのドラマ。
2011年、第24回東京国際映画祭でグランプリ(最優秀作品賞)と最優秀男優賞をダブル受賞。
オマール・シーは、フランスのアカデミー賞と言われるセザール賞主演男優賞を受賞。

2012年 9/1公開 フランス映画
監督 エリック・トレダノ オリヴィエ・ナカシュ
対極が育むもの{★★★★4/5}

黒人と白人、健常者と障害者、貧困層と富裕層、本来なら交わらないような二人が、深い信頼と友情を築き上げる。
触れ合えない人たちが、まさに無敵のふたりとなる実話ベースのお話。
“笑いと涙が止まらない”は多少大袈裟だけど、デリケートになりがちなテーマは、そのタブーを破り、全編でユーモアがあふれ、ラストにはとても爽やかな空気に包まれる。
ドリスの言動と天真爛漫で憎めない笑顔、気難しい一面もある博識なフィリップの懐の深さなど、生きる素晴らしさや希望が見出され、偏見や偽善など一切感じさせず、悪人不在の清々しい作品でした。
最強のふたり12
ヴィヴァルディなどクラッシックを愛するフィリップ、Kool & the GangとEWFを愛するドリス。
音楽の趣味の違いだけでも凄く面白い!
ドリスの寸評(?)がいちいち的を得てて、オペラのシーンなんて、もしあの場であの感想聞いたら、気取っていても絶対に吹き出してる(爆)
個人的にはEWFの世代なので、♪September♪や♪Boogie wonderland♪が流れると、あの頃にタイムトリップしてしまいます。
彼らの曲が流れると、ディスコのフロアーは満杯でした(笑)
クラッシックでもソウルでも、名曲はいつどんな場面で聴いてもいいモンですね。
帰宅後、即効でCD流しました♪
最強のふたり15
スラム育ちのドリスにもハンディキャップがあり、何から何まで正反対の二人だけど、お互いにその違いを拒否しない。
いつしかそのハンディをプラスにし、二人は生きるエネルギーへと変えていく。
屋敷に引きこもりがちだったフィリップは、再び「大地と風と火」を感じ、「鼻血ブー」ぐらいの感性しかなかったドリスは、個性的な画を描き、ゴヤやダリ、ヴィクトル・ユゴーなどのジョークが言えるまで教養(?)が身についた。
ふたりの距離感、豊かな心、卑屈にならずに生きる姿勢、“生の原点”や“生の広がり”をイッパイ感じる作品でした。

それにしても、北の女はデブでブスとか、ナチネタとか、ドリスのフランスジョーク、勉強になりました(笑)
ラストにご本人たちの映像が流れたのもほのぼのとしていて良いものでした。
2012.09.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/974-059dd7e0