--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_08
17
(Fri)19:10

デスパレートな妻たち シーズン7

第19話 「禁じられた遊び」 The Lies Ill-Concealed (8/10放送)

手術後の夫婦生活解禁まで、あと数週間となったスーザンは、ポールと濃密な関係になっている夢を見て目が覚める。
MJマクラスキーさんに預けに行くと、荒れ放題になった自宅前に見かねたスーザンは、ポールの様子を伺うが、ほとんど外出せず何もやる気がないようだった。
気に留める必要がないとマイクは言うが、スーザンは昔のようなあなたに戻ってほしいとポールに話す。

CFOのトムは、有名なセミナーへ招待された。
リネットは、有識者の講演が聞けると大喜びだが、同伴者には別のメニューが用意されていて、講演には参加できないと言われる。
スパにいたリネットは、セミナー参加者のIDカードと洋服を盗み、何食わぬ顔で会場へと行くが、司会者に盗んだカードの名前を呼ばれてしまい、壇上へ上がり挨拶するはめになり、正体がバレる。
帰宅したトムは、夫婦としてサポートしようと思わないのか?とリネットに言う。

ブリーとの絶縁を強要されたガブリエルは、カルロスに内緒でブリーと密会を重ねる(笑)
友人の葬式に出席すると言うガブリエルの嘘を見抜いたカルロスは、「ブリーとオレとどっちを選ぶんだ!」と詰め寄る。
ガブリエルは、娘二人を連れてブリーの元へと家出する。

フェリシアはマクラスキーさんを訪ねる。
秘密(フェリシアが指を切り落として姿を消した時にマクラスキーさんが目撃した)を守ってくれたお礼に、ブローチをプレゼントした。
後日、お茶に招待されたマクラスキーさんは、ベスが自分の娘なのだとフェリシアに教えられた。
ベスの自殺はポールのせいだと涙ながらに訴えるフェリシアに、マクラスキーさんはすっかり騙されてしまう…。



ダメだと言われれば、余計にやりたくなるのが人間か(^_^;)
スーザンの場合は、ポールの為って言うのは間違っていないし、しかもベスがドナーでもあるんだから、その点は、マイクも感謝しないと。
ガブリエルが納得できないのは分かるけど、暫くブリーと距離を置いて、カルロスに寄り添うべきですよね。
ブリーとは電話やメールで話すことはできるんだし。
って、そこまで恋しいほど、普段からベッタリでもなかったでしょうに(;^_^A アセアセ・・・
真の友情は、そんなことぐらいでヒビは入りません
自分と友達、どっちが大事だとか、ちっちゃいこと言うなよ、カルロス
リネットはいけませんねぇ~(~ヘ~;)ウーン
彼女は自分がデキる女だと自負してるから、こういった場面になると、いつもトンデモない行動を起こしてしまう。
まさに今、夫が頑張っていて、リネットも「アンタ、もうその歳なんだから、キャリア作んなさいよ!」ぐらい言って後押ししたのに、自分が添え物的に扱われたら、ちぐはぐなことになっちゃうんだもん
何だかガッカリしちゃうのよね。。。_-)))
レネの忠告をしっかりと受け止めて欲しいわ。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。