FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

THE AVENGERS10

長官ニック・フューリー(サミュエル・L. ジャクソン)率いる国際平和維持組織シールド(S.H.I.E.L.D.)の基地では、世界を破壊する力を持つ四次元キューブの極秘研究が行われていた。
ある時、別世界への扉を開いたキューブから 神々の国アスガルドを追放されたロキ(トム・ヒドルストン)が現れる。
ロキは、エリック・セルヴィグ博士(ステラン・スカルスガルド)やクリント・バートン=ホークアイ(ジェレミー・レナー)を操り、キューブを強奪して姿を消した。
フューリーは周囲の反対を押し切り、“アベンジャーズ”結成を決断。
エージェントのフィル・コールソン(クラーク・グレッグ)と女スパイのナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)は、ブルース・バナー=ハルク(マーク・ラファロ)、トニー・スターク=アイアンマン(ロバート・ダウニーJr.)、スティーブ・ロジャース=キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)、ソー(クリス・ヘムズワース)をシールド本部に集結させる。
フューリーは“アベンジャーズ”の協力を求めるが、抱える過去や苦悩で衝突する彼らは、チーム結成を拒否するが…。


マーベルコミックスのヒーローたちが集結。
アイアンマン、ソー、ハルク、キャプテン・アメリカなど、世界的に有名なヒット作の主人公が一堂に顔を合わせるアクション大作。
特殊な戦闘力を誇る“アベンジャーズ”が、地球滅亡の危機を回避する戦いに身を投じる。

2012年 8/17公開 アメリカ映画
監督 ジョス・ウェドン
天才、正義、豪快、妖艶、俊敏、豹変、敏腕{★★★★4/5}

「マイティ・ソー」エンドクレジット後のワンシーンが、「アベンジャーズ」へつながる重要な場面とされていた通り、S.H.I.E.L.D.基地で四次元キューブの研究をするセルヴィグ博士たちの前に、突如、ワームホールからロキが現れる――。
マーベルのヒーローが一同に会するこの夏いちばんのお祭り映画が始まりました~♪♪
個性的なヒーローが一丸となって戦う姿は、色んな花火が一斉に打ち上げられる豪華絢爛な夜空のよう。
エンドクレジット後のオマケは、まさに祭りの後の静けさ(放心)o(^▽^)oキャハハハ
ストーリーも単純明快で驚くような派手さはないけれど、トニー・スタークーとブルース・バナの頭脳派ならではの会話や、厳格なスティーブ・ロジャーズとチャラなトニー・スターク、肉体派ソーとハルクのちっさい争いなど笑いもいっぱい。
アベンジャーズ80
アベンジャーズ13
過去の作品を観ていても、「それ、なんだっけ?」と思ったりして、しばらくは説明口調で会話が続いていくので、中盤まで少しかったるかったけど、その分、初めての方にも解りやすい構成になってるんだと思います。
「アイアンマン」から毎回あるオマケのシーン、名前だけの登場人物がいた「インクレディブル・ハルク」のオープニングロールとか、細部で「アベンジャーズ」を意識していたヒーロー作品は、こういうつながりだったのか!とようやく理解できたような気がする。
単体としては期待しすぎてイマイチだった「キャプテン・アメリカ~」が全ての始まりだと今更ながらに良く解かりました(汗)
こうやって最強のヒーローが集まるとそれだけで楽しいものでした♪

「アベンジャーズ」メンバー
*ニック・フューリー
シールドの長官。
「アイアンマン」「マイティ・ソー」「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」などオマケでお馴染み。
アベンジャーズ15
*トニー・スターク=アイアンマン
進化を続けるパワードスーツ。
今回の着脱が、ビジュアル的にもカッコいい!!
ペッパー・ポッツ(グウィネス・パルトロウ)との関係も良好でイチャイチャしちゃってる♪
アレを彼方へと運んでいく姿は、バットマンとだぶる(苦笑)
今作でも当然の大活躍!
アベンジャーズ12
*スティーブ・ロジャーズ=キャプテン・アメリカ
どこまでも真面目なキャプテンは、やっぱりチームのキャプテンに。
年齢的にも人物的にも完璧なリーダーだけど、長年、冷凍状態の浦島さんだったから、時代感覚のズレで頭がチト固い(笑)
銀行で助けた女性のインタビューを聞くと、彼女はペギーの血族者ではないかしらん?と想像…。
アベンジャーズ18
*ソー
今回はロキとの対決メインで、独特なギャップの笑いはなかったけど、ムニョムニョ(笑)片手に闘いながら、義理弟の改心を願う。
ジェーン(ナタリー・ポートマン)が何処で何をしているか教えられて安心できたよね♪
強くて優しいソー様なのでしたァ♪
アベンジャーズ20
*ハルク=ブルース・バナー
個人的にはエドワード・ノートンのハルクが見たかったけど、この内容だとマーク・ラファロの方が合っていた。
キャプテンが“スーパーソルジャー計画”の成功例ならハルクは哀しい失敗例。
内向的な悩める科学者は、怒りに触れると我を忘れて大暴れ。
彼の見せ場がてんこ盛りで、パワーも笑いも活躍が際立ってましたね~~♪
ムナゲーなハルクでした(爆)
アベンジャーズ30
*ブラック・ウィドウ=ナターシャ・ロマノフ
「アイアンマン2」でトニーを“不合格”にしたシールドのエージェント。
紅一点のウィドウは、アベンジャーズ結集の手助けする重要なキャラで、アクションの数々はそりゃあもうお見事なもんです!
椅子に縛り付けられたままのダイナミックでセクシーな立ち回りだけでも、元夫の「グリーン・ランタン」は大きく引き離された(笑)
過去の情報もチラホラ…。
アベンジャーズ14
*ホークアイ=クリント・バートン
確実な精度で弓を射る。
「LOTR」のオーリーと同格?(笑)
「マイティ・ソー」では、ソーの見張り役を努めたシールドのエージェント。
ロキの洗脳から目覚め、落ち込むバートンを慰めるウィドウ。
2人の過去は今後、スピンオフ?!
アベンジャーズ008547
悪役は、、、
*ロキ
義理兄ソーを憎み、「マイティ・ソー」より更に邪悪化。
万能な杖でホークアイとセルヴィグ博士を洗脳して味方につけ、不思議な力で人間の心を支配する。
ちなみに、アーク・リアクターのトニーには効果なし。
トニーによれば、不能男は5人に1人はいるそうな(そっちかいっ)
まるで洗濯物を伸ばすかのように、ハルクにぼっこんばっこんと床に叩きつけられ大爆笑!
「チョロ神」呼ばわりされちゃったヾ(∇'〃)キャハハハo(__)ノ彡_☆バンバン!!
しっかし、この神様兄弟の確執や喧嘩は自国でやっとくれよ。
どんだけ地球に迷惑かける神たちなんだろ~でもどちらもカッコイイから許す(←おいっ)
アベンジャーズ92
まとまらないアベンジャーズの結束のきっかけとなったコールソン。
キャプテン・アメリカの大ファンだとか!
新しいエージェントのマリア・ヒル(コビー・スマルダーズ)と新旧交代になるのか?!
アベンジャーズ88510236555
スタン・リーはラストの方でご本人で登場。
ハルクを発見した爺さんに、デ、デターと思ったら違ってた(^_^;)

ソーとロキはコズミック・キューブをアスカルドへお持ち帰り。
おそらく武器庫に保管するのでしょう。
正義の建前で利用されるような危なきものは、地球上から排除。
オマケシーンでは、何やらほくそ笑むサルみたいな宇宙人のカットがあり、「アイアンマン3」の告知はあるし、これからまたそれぞれ単体の続編に期待がつのります♪
アベンジャーズ974582200166547
アベンジャーズ11
先行上映はレイトの1回だけで満員でした!
再見はIMAX3Dの予定です。
「アベンジャーズ2」も楽しみだけど、「ハルク2(or3?)」「マイティ・ソー2」「キャプテン~2」が観たくなるような作品でした!!
2012.08.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/968-2be79749