--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_08
06
(Mon)17:06

デスパレートな妻たち シーズン7

第18話 「許されざる者」 Moments in the Woods (8/3放送)
Moments in the Woods97
仮出所したフェリシアがウィステリア通りへやって来た。
ポールが購入したベス名義の家を相続したと言うフェリシアは、遺灰まで納骨堂から回収していた。
一緒にベスの遺灰を森へ散骨しようとポールを誘う。

腎臓移植後、スーザンは良好に回復。
検診に行くと、透析仲間のディックが入院したと教えられ、病室へ見舞う。
ディックにツキがあると言われたスーザンは、ポーカー会で一人勝ちする。

転職したトムは、10万ドルの契約金を持って帰ってきた。
信じられないと喜ぶリネットに、1万ドルは君の好きな物を買って散財すれば良いとトムは言う。
ミル付きのコーヒーメーカーを買ったリネットは、ポーカー会で自慢するが、やっと自由になるお金を手にしたのに、キッチン用品を買うかっ?!と皆に呆れられる。
レネに高級ブティックに連れて行かれたリネットは、久しぶりに自分のためのショッピングを満喫する。

アンドリューの更生プログラムは順調に進んでいた。
自分が傷つけた人のリスト作りをするうち、アンドリューは、カルロスの母をひき逃げしてしまったことを打ち明けようと決意する。
それを知ったブリーは、ちゃんと考えてからの方が良いとアンドリューを引き止めたが、ガブリエルにカルロスとアンドリューが狩に出かけたと聞かされ、大慌てになる。
ひき逃げを告白しようとしていると教えられたガブリエルは、カルロスが逆上して殺人犯になってしまうと、二人は大急ぎで山小屋へと向かった。
山小屋に着くと、血のついたタオルを手にしていたカルロスと土のついたシャベルを見て、早とちりしたブリーは真実を告白する。
大雨で道路が閉鎖され、帰れなくなった4人。
アンドリューや庇ったブリー、知っていて隠していたガブリエルと同じ空間には居たくないと、カルロスは山小屋を出て行く。
Moments in the Woods14
豪華な夕食を用意し、オシャレしてトムの帰りを待つリネットに、仕事でモントリオールへ行くことになったから空港へ向かうとトムから電話が入る。
お祝い延期をガッカリするリネットに、「偉くなった分、一緒に居る時間は減っていく。そのお陰で贅沢ができるのよ。当然の代償」とレネは言う。
リネットは、ロブスター持参でトムの自家用ジェットに現れ、この1ヶ月、働きづめだから、しばし、二人の時間を持とうと誘う。
トムは、「気持ちはありがたいが、仕事が本当に楽しい。やっと、一角の人間になれた気がする。僕の言葉に皆が真剣に耳を傾ける。人生の風景が大きく変わった。こうなったのも君がハッパをかけてくれたお陰だ」と話す。

ディックが言うとおり、ツキがあったと報告しに病室へ行ったスーザンは、彼の甥からディックが亡くなったと教えられた。
スーザン宛の封筒を渡され、中には100ドルのチップが入っていた。
そのチップで、スーザンは12000ドルを手にする。
「この通り、勝ち続け。どうして、私が勝ち続けるの?私が強運期だからと、一緒に来たがっていた友達が亡くなった。良い人にはドナーが現れず、何故私には現れたの?」と泣き出す。
スロットをしていたロイは、偶然のなせる業なんだと例えを話し、「強運期なのは間違いない。理由なんて気にせず、ただ、楽しめばいいじゃないか」と慰める。
「運が尽きたら、どうなるの?」とスーザン。
「聞いてどうする?」とロイは微笑む。
Moments in the Woods22
フェリシアと散骨に出かけたポールは、銃を忍ばせていた。
一緒に来たからといって信用したわけではないとフェリシアに言うと、いつの間にかポールの銃を盗んでいたフェリシアは、銃を突きつけ、「私達はお互いに不信感しかない。堂々巡り。あなたの死は望んでいない。恐れを抱き合うのもうんざり。こんな事はもう終わりにしたい。あなたもでしょう?」と銃を湖に投げ捨てた。
「あなたがまいてやって…」とポールに骨壷を渡す。
帰宅したフェリシアは独り言のように話し出す。
「あなたが居る場所はここ。あなたの敵はちゃんととる。ただ撃ち殺すのは優しすぎる。死んで楽になられても困るもの」と、本当の遺灰を骨壷に入れた。

カルロスは母親の墓地にいた。
アンドリューの代わりに謝ろうとするブリーに、これはカルロスと僕の問題だから自分でやるとアンドリューは制止する。
「ちゃんと償いたい。気の済むようにして欲しい」とアンドリューはカルロスに謝った。
アンドリューはカルロスから許しを貰う。
ブリーは、マフィン持参でカルロスに感謝を伝えに行くが、「子供だったアンドリューは許したが、大人のあんたがやったことは許さない。もう友達とは思わない。二度と口をきかない。オレもガブルエルも縁を切る」と絶縁を言い渡された。



やっと、アンドリューのひき逃げの件に決着が付きましたね。
ブリーは大きな代償を背負うことになったけど、これは当然かも知れません。
確か、ブリーは、ひき逃げの事も含め、どうしようもないアンドリューを放り出したこともあったし、彼女もこのままではいけないと感じていたには変わらないので、絶縁されても、今後、誠意をつくすことで、カルロスの気持ちが変わってくれることを願うばかりですが…

リネット、ブーツを履いた感想が笑える
そういえば、ここ数シーズン、シャツ&ジーンズ&束ねた髪が定番だった(笑)
良いな~~1万ドルって、100万円近いかな~~。
一生に一度、そんな散財を経験してみたい(笑)
スーザンにしてもリネットにしてもツキが回ってきたけれど、それを素直に喜べないモヤモヤを抱えましたね…。
人生って、こうなんだなァ~~と思います
それにしても、トムちん、すっかり仕事モードの顔つきになって、デキル男って感じでカッコいいじゃん(笑)

C.O.M.M.E.N.T

長かったですね・・・

アンドリューのひき逃げ事件、ようやく決着が付いたんですね・・・(長かった・・・><)
カルロスに絶縁されてしまったのは悲しいですが、ブリーならきっと・・・
氷が解けていくように、カルロスの気持ちも変わっていってくれることを・・・願っています。

2012/08/07 (Tue) 11:35 | lilly #- | URL | 編集 | 返信

lillyさんへ

こんにちは~。

長かったですね~確か、カルロスのママは病室で目が覚めて、ガブリエルと庭師の浮気も思い出したのに、階段から転落して絶命したように記憶してるので、まあ、全て、アンドリューの責任ではないかもしれないけど、やったことの代償は背負わないといけないですよね。
ブリーは誠意を示す暮らしをするしかないような…。

2012/08/11 (Sat) 13:48 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。