--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_08
05
(Sun)23:55

デスパレートな妻たち シーズン7

第17話 「究極の犠牲」  Everything's Different, Nothing's Changed (7/27放送)
Everythings Different, Nothings Changed18
フェアビュー記念病院から、ドナーが見つかったとスーザンに連絡が入る。
同時に、ポールにはベスの拳銃自殺が知らされた。
スーザンへ臓器提供の書類を残していたと聞かされたポールは、脳死状態でもベスはまだ生きていると延命処置を続ける。
ドナーがベスであると知らされたスーザンは、ポールにお悔やみを言い、「ベスが私に譲ってくれるものを有りがたく受け取って、あなたに何らかの慰めになればいいと思っている」と告げるが、「書類にサインした時、ベスは正気ではなかった。オレは認めていない。大体、あんたは図々しくないか?ベスを女子会に誘ったり優しく接したりしたか?死に際に腎臓もらおうなんて思うな」とポールに言われる。
マイクは病院に抗議するが、決めるのはポール、私達ではないとスーザンは言う。

フェリシアがベスの人口呼吸器を外すよう病院に求めていると聞いたポールは、刑務所へ面会に行く。
「二人が醜い争いの道具にしたせいで、罪のないベスが犠牲になった。あんたを本気で愛したあの子を私は許さなかった。あの子を追い詰めたのは私達。もうここでやめて、安らかに眠らせてあげないと…」とフェリシアは涙ながらに話す。

レネは毎年恒例にしている春のパーティーを予定通りに決行すると言うが、ベスの自殺でご近所には自粛ムードが漂い、誰からも参加を断られる。
日程を変えたらどうかとガブリエルは提案するが、絶対に変えないと意地を張るレネは、見ず知らずの人を集めてまでも強行に開催した。
「誰でも辛いことはある。周りの悲しみを考えず、勝手に自殺したベスを尊重して自粛するつもりはない。死より生を選ぶ意思表示のパーティだ」と話すレネに、母親は自殺したのではないか?とガブルエルは尋ねる。
Everythings Different, Nothings Changed17
アルコールに頼る日々を送っていたアンドリューは、自宅と間違えて、マクラスキーさんの家で泥酔して眠り込んでしまった。
パートナーのアレックスにも出て行かれてしまったアンドリューをブリーは断酒会に連れて行く。

カルロスとゴルフ出かけたトムは、同伴者のCEOグレンから好条件でCFOにヘッド・ハンティングされる。
大喜びのリネットだが、友人のカルロスに迷惑が掛かることはできないとトムは断る。
納得のいかないリネットに言われ、トムはグレンにスカウトされたとカルロスに話し、報酬アップを打診する。
人減らしの窮状で昇給は出来ないが、CMOの肩書きと車手当、利益配当を付けるとカルロスは誠意を示す。
リネットは、「あなたは夫としても父親としても言うことなしだけど、ビジネスマンとしては地位を確立できていない。ここまでいい条件をしっかりとつかまないと」と言う。
それでもカルロスを裏切れないと言うトムに、リネットは高級車を試乗し、カルロスの家の前に停めた。
帰宅してそれを見たトムは…。
Everythings Different, Nothings Changed14
スーザンを訪ねたポールは、ベスの意思に添うとサインをするから、じきにコーディネーターから連絡が入るだろうと伝えた。
「いろいろと心無いことを言ったのを許してもらえるとありがたい」と謝るポールに、「間違ったことは言ってない。ベスがどんな人が知ろうともしないで決めつけていたのに、どうしてこんなふさわしくない人間にそこまでしてくれるのか理解できない」とスーザンは戸惑う。
「ふさわしくない人間でも愛せるのがベスなんだ。ベスが浮かばれるように、家族や友達のために元気になってくれ」とトムは頼む。
「あなたの奥さんがこんな事になって、本当に残念よ」と言うスーザンに、「本当に残念だ」とポールは泣き出した。
Desperate10.jpg
人道的仮釈放を認められたと、所長から告げられたフェリシアは、「娘が死んだら自由になれるなんて皮肉だわ」とほくそ笑む…。



移植の問題はとてもデリケートです。
ドナーが見つかったと病院でお祝いしようとした主婦たちって、、、(~ヘ~;)ウーン
見ず知らずの人であっても、あんなあからさまな事はしないのが普通では…。
尊厳を感じず、いきなり嫌な感じがしました。
日本の事情とは温度差があるのでしょうか。

ポールとスーザンは、当事者同士の本音と本心が現れていました。
二人の複雑な感情、一応、仲たがいは解消されたようですね。
スーザンにはいつまでも忘れないで頂きたいですが(苦笑)それにしても、ポールは二度も妻に短銃自殺されるなんて…。
彼にはまだ人間的な心は残っているようですが、フェリシアって、一体、、、怖い(;´Д`A ```

リネットとトムには、ワンランク上の暮らしが訪れるようです。
キツイ妻の言葉に、落胆と発奮されたようなトムですが(笑)これまで脱サラや大学と、トムのやりたいようにせざる負えなかったリネットに取って、振ってわいたチャンスを今度こそは見逃せないのでしょうね。
窮状と言うカルロス、それガブリエルにも教えてあげた方がいいかもヾ(~∇~;) コレコレ

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。