心のままに映画の風景

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP映画 ら行 ≫ ラム・ダイアリー

ラム・ダイアリー

The Rum Diary10

1960年、南米プエルトリコ。
NYからやって来たジャーナリストのポール・ケンプ(ジョニー・デップ)は、ロッターマン(リチャード・ジェンキンス)に雇われ、地元の新聞社に職を得る。
個性的な仕事仲間に囲まれ、現地に溶け込んだ彼は、ある日アメリカ人企業家のサンダーソン(アーロン・エッカート)と知り合い、彼の婚約者であるシュノー(アンバー・ハード)に惹かれていくが…。


ジャーナリズム界の異端児と称された故ハンター・S・トンプソンの自伝的小説を基に、ジョニー・デップの製作、主演、企画で映画化した伝記ドラマ。
プエルトリコにやって来たジャーナリストが繰り広げる悪戦苦闘と狂騒の日々を描く。

2012年 6/30日公開 アメリカ映画
監督 ブルース・ロビンソン

カリブ海とラム{★★★㊦3/5}

ハンター・S・トンプソンの半自伝的な青春小説をジョニーが製作も手がけ映画化した作品。
トンプソンってダレよ?な私が、その彼を描く映画「ラスベガスをやっつけろ」を観ても、モラルとかジャーナリズムとか、何が何だかサッパリ分からなかったけど、こちらはそれよりはまだましだった(苦笑)
プエルトリコの青い海、プライベートビーチに立つスタイリッシュな邸宅、真っ赤なシボレーで走る美男美女と、リッチな楽園の美しさがある反面、ジメジメした裏通り、闘鶏場(これ、もっと観たかった)に群がる大人や物乞いする子供と、殺伐としたゴタゴタが入り混じる。
水もろくに出ない家に住み、向かい側の窓からテレビを覗き見しながら、「ニクソンは…ケネディは…」と語るポールは、その両極端をただ流されてるような人物で、そう思わせるヴィジュアルは効果的だし、所々、声が出そうに笑えるシーンもありました。
ラム・ダイアリー21
ただ、ひとつの映画としたら、タイトル通りのダイアリーであって、箇条書きのように「こんなことがありました」みたいに過ぎていき、ここらは、アン・ハサウェイの「ワンデイ~」と同じ感じで、物語に起承転結がなく、中途半端。
時間の長さは感じますね…。
ハンター・S・トンプソンのジャーナリズムが、いつどう目覚めたのか、結局、どうしたかったのかと伝わってこない。
彼がまとめた情報の記事は、後々どうなったのだろう。
ラム・ダイアリー
「ラスベガス~」ほど、まだアル中、薬中ではなく、髪もある(笑)
何より、白塗りやコスプレではないので、それだけでジョニーファンには新鮮かも!
車やバイクを運転し、酒を飲みタバコをくゆらす。
トランクスやバスタオル姿まで、あれこれ変わるジョニーは楽しめました♪

実業家サンダーソンにアーロン・エッカート、 リチャード・ジェンキンスのカツラにはご法度だそう(笑)
ラム・ダイアリー22
と言う訳で、09年に撮影されたこの作品が、ジョニーの独身記念(?笑)となってしまいましたが、共演のアンバー・ハードとの噂も浮上し、しばらく、映画よりそちらの話題が先行してしまうのかな(^_^;)
アンバーは、バイだったの…(~ヘ~;)

Comment

こんにちは
編集
そうか、日記だからストーリーが繋がっているようで、時々途切れる感じになっているのか、なるほど。

たくさんのジョニーファンのお話に付いていくためにも、とりあえず見て見たけれど、どうもパットしなくってね(^^;
ハハハ。
2012年07月02日(Mon) 08:03
バイか~
編集
オリーブリーさん☆
「ラムダイアリー」はファンのみんなに気を失わせるほど(爆)だったみたいですが、オリーブリーさんは大丈夫だった?
評判を聞くにつけ、劇場に足を運ぶ勇気がなくて・・・
2012年07月02日(Mon) 11:11
たいむさんへ
編集
こんにちは~。

>日記だからストーリーが繋がっているようで、時々途切れる感じになっているのか

もう、そう解釈するしか無いような作品で…(爆)
ラストなんて、「雑っ?!」の一言でした(~ヘ~;)
まあ、素顔ってだけですよ(苦笑)
2012年07月03日(Tue) 17:57
まだ~むさんへ
編集
こんにちは~。

ジョニーには大切な存在だったハンターさんですが、どうもね、、、私には分からん人です(^_^;)

眠気ですか?
私は基本的に映画観ながら眠くならないんで、(あくびは出るけど~笑)それは大丈夫でしたが、前列のおじさんは、早々に出て行かれてそれっきり戻りませんでした(爆)
公開劇場が少ないし、休日のファーストデーだったからか、劇場はほぼ満員でしたけど、まあ、ファンの人でも、我慢(?)はいっぱいいっぱいでしょう(苦笑)
2012年07月03日(Tue) 18:05
こんにちは♪
編集
やはり白塗りじゃないジョニーがいいですね!
うっかり寝てしまう所がちらほらありましたが、
ジョニーのいろんな表情が楽しめたのは良かったです。
2012年07月03日(Tue) 18:20
編集
毎度のことなのですが、ジョニーの作品てジョニーはいいと思うんです。本人カッコイイし芝居も上手いし。ただいくらなんでもこの盛り上がりの欠け方は尋常じゃないですよ。もうちょっと映画的な見せ場は設けてくれないと。多分みんなラストは「へ?そんだけ?」って思ったろうし…
2012年07月04日(Wed) 01:15
yukarinさんへ
編集
こんにちは。

これねぇ~~もう少し短ければまだしも、ダレちゃいますよ。
ちょこちょこコミカルでも、盛り上がりも見せ場もないもんね。
ジョニーの素顔だけです♪
2012年07月04日(Wed) 10:33
KLYさんへ
編集
この作品、素顔なジョニーってだけですね。。。
あちらでもコケたし、こちらでも評判は良くならないでしょう。

まあ、ジャックってキャラは出来あがってるので別として、去年から公開作品は続くけど、「ツーリスト」に「ダークシャドウ」とどれもパッとしませんよね。
「ランゴ」が一番面白かったかも、、、なんて(;^_^A アセアセ・・・
2012年07月07日(Sat) 19:35
忘れていた!
編集
オリーブリーさん☆
ファンなんだから観ないと!と人から散々言われて、しぶしぶ(笑)観て来ました。
お陰さまで期待値をさげまくっておいたので、まあまあだったかな。
でも確かに起承転結の結が全くないのね。
NYで二人は結婚しましたとさ。じゃ、どうしようもないよねぇ。
2012年07月13日(Fri) 21:11
忘れてました
編集
オリーブリーさん☆
忘れてた!と副題をつけておいて、何を忘れていたか書くのを忘れちゃった(汗)
アンバーが、バイだったというのを忘れて観ていたわ。
どうでもいいけど・・・(笑)
2012年07月13日(Fri) 21:13
まだ~むさんへ
編集
わはは~そのしぶしぶって、、、(大爆)
そうだよね、何だか突然のジャナーリズム魂かと思ったら、あらら、それであっさり諦めるの?!
まあ、ジョニーが素顔ってだけかな。
「ツーリスト」よりはヴィジュアル的に好みだったしo(^▽^)oキャハハハ

アンバーはバイ(大爆)
ジョニーのために彼女と別れたとか、ホントかな。
そっ、どーでもいいけでね┐(^-^;)┌爆。
2012年07月14日(Sat) 03:31
髪。
編集
オリーブリーさん、こんにちは。

お噂の相手役女優さんはもっと華のある人なのかと思ったけど、
それほどでもって感じで格が釣り合わないような・・・。
ヴァネッサ・パラディのほうがお似合いな感じだったのになと思いましたよ。

>「ラスベガス~」ほど、まだアル中、薬中ではなく、髪もある(笑)

そうそう、髪があってホッとしましたよね。^^
2012年07月14日(Sat) 11:14
BCさんへ
編集
こんにちは~。

これから共演する女優さんは、一応、噂になるんでしょうね(苦笑)
ヴァネッサとお似合いでした?
そうですか、、、私はそう思わなかった(爆)

ジョニーのヴィジュアルは良かったです♪(*^-゚)vィェィ♪
2012年07月17日(Tue) 13:57












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ラム・ダイアリー
Rum Diaryクチコミを見る反骨のジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの自伝的小説の映画化「ラム・ダイアリー」。ジョニー・デップの思い入れだけで成り立っている作品。1960年、 ...
2012年07月02日(Mon) 00:06
ラム・ダイアリー/The Rum Diary
主演のジョニー・デップの親友にして異端のジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの同名小説をそのジョニーが製作・主演で映画化。プエルトリコでの破天荒な毎日を描いた文字通りダイアリーだ。共演にアーロン・エッカート、アンバー・ハード、リチャード・ジェンキン...
2012年07月02日(Mon) 00:08
ラム・ダイアリー / THE RUM DIARY
ランキングクリックしてね ←please click 『ラスベガスをやっつけろ』の脚本家を担当、親友で自殺してしまった ハンター・S・トンプソン(1937-2005)の自伝的小説を、ジョニー・デップ 自らの企画で映画化し、製作・主演した作品。 6月公開、マ...
2012年07月02日(Mon) 11:42
映画「ラム・ダイアリー」感想
映画「ラム・ダイアリー」観に行ってきました。故ハンター・S・トンプソンによる同名の自伝小説を原作とし、親友のジョニー・デップが故人のために企画・製作・主演の全てを担った...
2012年07月02日(Mon) 23:55
ラム・ダイアリー
【THE RUM DIARY】 2012/06/30公開 アメリカ R15+ 120分監督:ブルース・ロビンソン出演:ジョニー・デップ、アーロン・エッカート、マイケル・リスポリ、アンバー・ハード、リチャード・ジェンキンス、ジョヴァンニ・リビシ 1960年、ニューヨークでの生活に疲労し切っ...
2012年07月03日(Tue) 18:16
ラム・ダイアリー/ジョニー・デップ
米国のジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの自伝的小説を親友であるジョニー・デップが自ら企画し、製作しそして主演を務めた作品です。真夏のプエルトリコを舞台にジャーナ ...
2012年07月03日(Tue) 22:21
ホントに日記みたいな映画。『ラム・ダイアリー』
プエルトリコにやって来たジャーナリストの破天荒な日々を描いた作品です。
2012年07月04日(Wed) 13:06
ラム・ダイアリー
美しい若手女優アンバー・ハード公式サイト http://rum-diary.jp原作: ラム・ダイアリー (ハンター・S・トンプソン著/朝日新聞出版) 1960年、ジャーナリストのポール・ケンプ(ジョ
2012年07月06日(Fri) 12:19
ラム・ダイアリー     評価★★★54点
ジョニー・デップが敬愛してやまない“伝説のジャーナリスト”ハンター・S・トンプソンの自伝的小説の映画化。監督は「ラスベガスをやっつけろ」でもジョニーから監督を依頼されたブルース・ロビンソン。本作は彼の約20年ぶりの監督復帰作。 これはトンプスン自身がま?...
2012年07月06日(Fri) 19:15
ラム・ダイアリー
2012年7月7日(土) 19:30~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:0円(フリーパスポート) 『ラム・ダイアリー』公式サイト フリーパスポート5本目。 お嬢さんたちが大好きなジョニー・デップの新作。盟友ティム・バートンとのやつは、何かいつも同じような?...
2012年07月08日(Sun) 14:43
ラム・ダイアリー ジョニデの思い入れが空回り~
【=31 -3-】 TOHOシネマズ、6本観たら1本無料の特典を使うのに、スパイダーマンを観るかこっちを観るか悩んだ末の選択だったのだが。  1960年、カリブ海に浮かぶプエルトリコのサンファンにある地元新聞社に、ジャーナリストのポール・ケンプがやってきた。NYでの生活...
2012年07月09日(Mon) 12:45
ラム・ダイアリー/THE RUM DIARY
巨悪を暴く的な、ちょっと気になるテーマだったので・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1960年、カリブ海に浮かぶプエルトリコのサンファンにある地元新聞社に、ジャーナリストのポール・ケンプがやってきた。 NYでの生活から一転しようとここへ来たケンプだ...
2012年07月10日(Tue) 07:43
映画「ラム・ダイアリー」ある破天荒なジャーナリストを描く
「ラム・ダイアリー」★★ ジョニー・デップ、アーロン・エッカート、 アンバー・ハード、マイケル・リスポリ、 リチャード・ジェンキンス出演 ブルース・ロビンソン監督、 120分、2012年6月30日公開 2011,ショウゲート (原題/原作:The Rum Diary ) >→  ★映...
2012年07月12日(Thu) 07:23
『ラム・ダイアリー』。。。
2011年:アメリカ映画、ブルース・ロビンソン監督&脚本、ハンター・S・トンプソン原作、ジョニー・デップ製作、ジョニー・デップ、アーロン・エッカート、マイケル・リスポリ、アンバー・ハード、リチャード・ジェンキンス、ジョヴァンニ・リビシ出演。
2012年07月13日(Fri) 23:01
君の血中アルコール濃度は? ~『ラム・ダイアリー』
 THE RUM DIARY  Absolutely Nothing in Moderation  1960年、カリブ海に浮かぶ南米・プエルトリコ。NYからやってきたポール・ ケンプ(ジョニー・デップ)は、サンファンの地方紙記...
2012年07月17日(Tue) 15:29
映画『ラム・ダイアリー』を観て
12-55.ラム・ダイアリー■原題:The Rum Diary■製作年、国:2011年、アメリカ■上映時間:120分■字幕:松浦美奈■観賞日:7月8日、渋谷HUMAXシネマ(渋谷) □監督・脚本:ブル
2012年10月29日(Mon) 22:47
ラム・ダイアリー
久々に船長でもヴァンパイアでもないノーメイクのジョニー・デップが見られるかと期待して いたのに、映画館で見逃してDVDで昨年末鑑賞しました。 半世紀前のプエルトリコが舞台とい
2013年01月28日(Mon) 23:42