FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。



すっかり人気のなくなった80年代のポップスター、アレックス(ヒュー・グラント)
そんな彼のもとに、人気絶頂の歌姫からデュエット曲の作曲と収録のオファーが舞い込む。
絶好のカムバック・チャンスを得るアレックスだったが、彼に作詞の経験はない。
そんな時、植木の世話係ソフィ(ドリュー・バリモア)が、アレックスの家にやって来る。
実はソフィは元作家の卵。
ソフィの言葉のセンスに、アレックスは作詞を頼む(シネマトゥデイ)

カリスマ的スーパースターのコーラ・コーマンから、新曲を提供してほしい…というオファーに、ビック・チャンスと偶然出会った才能。
元人気ポップスターのアレックスと、失恋の痛手から書くことを止めてしまった元作家の卵ソフィ。
この“元”つきから、二人は変われるのか。
327078view004.jpg

良かったです~ストーリーはシンプルなラブストーリーで、
ラストの流れまで想像はついても、
こんなラブコメは観た後で、暖かな気持ちになれます♪

あれこれと試行錯誤、時にはお互い過去の辛い経験を打ち明けながらも、二人でラブソングを作っていく過程は、ホノボノとしてるし、
出来上がったフレーズを聞かされる管理人(?)は、音感ゼロと言いながらもかなり的の得たアドバイス(だったと思う)
当時からアレックスの大ファンというソフィの姉や、
マネージャーのクリスなど、脇の人たちの暖かさも十分に感じられる作品。
結構笑えてハッピーになれる…そんな映画でした。
327078view001.jpg

元ポップスター役のヒュー・グラント、最高♪
腰の振り方や、ちょっとダサく感じる当時の踊りや歌い方が上手い!
このような恋愛映画、彼には絶品ですね。

ドリューも本当、可愛い!
いつもながら、チョット素が出てるのでは?と思える自然な演技と笑顔や仕草がチャーミング。
音楽も懐かしいフレーズで、劇中で2人が作る曲は耳に残りました♪
劇場出てからも口ずさんだり…♪

カリスマ・アーティスト、かなーーりセクシーで怪しげ?!
だって、ブッダ崇拝してる!? なんでぇ?(笑)

2007年 4/21公開 アメリカ映画
監督 マーク・ローレンス
2007.04.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/95-a1059f94