スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミッドナイト・イン・パリ 

2012, 06. 02 (Sat) 20:39

Midnight in Paris10

ギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者のイネズ(レイチェル・マクアダムス)と共に、彼女の両親の出張に便乗し、憧れのパリを訪れた。
ある日、真夜中の街を彷徨っているギルの目の前に、一台のクラシック・カーが停まる。
誘われるまま乗り込むと、辿り着いた先で、フィッツジェラルド夫妻(トム・ヒドルストン、アリソン・ピル)やアーネスト・ヘミングウェイ(コリー・ストール)といった今は亡き偉人たちと出会い、1920年代のパリに迷い込んでしまったことを知る。
売れっ子脚本家として成功していたが、作家への夢も捨て切れずにいたギルは、自分の小説の評価をして欲しいとヘミングウェイに頼み、毎夜、クラシック・カーに乗り込むが…。


1920年代のパリを敬愛する主人公が、その時代にタイムスリップし、心酔してやまないアーティストたちと巡り合う奇跡の日々をつづる幻想的なラブコメディー。
第84回アカデミー賞作品賞を含む4部門にノミネートされ、ウディ・アレン監督は脚本賞を受賞。

2012年 5/26公開 スペイン/アメリカ映画
監督 ウディ・アレン 
不思議なパリ{★★★★4/5}

今年のアカデミー賞作品賞ノミネート9作品、ラストを飾るのは、ウディ・アレン監督が脚本賞を受賞した、お洒落でモダンで趣味の良いタイムトリップな作品。
もちろん、アレンはタイムパラドックスなんてネタ、背景だけで一切無視してますけど(笑)
いつものような、しくこいくらいの会話の乱闘はなく、これまでのアレン作品では、一番親しみやすくて面白かった。
ギルが浮きまくる現代と、彼にとって居心地の良い古き時代を観る観客は、シニカルな棘や本音と建前の対比に笑いを誘われるでしょう。
美しいロケーション、心地よい音楽、最初から最後まで、一緒にパリに居るような…。
そんな雰囲気をイッパイ感じさせてくれる作品でした。
Midnight in Paris11
イネス家族とパリへとやって来たギル。
偶然、知り合いのポール(マイケル・シーン)夫妻とパリで出会い、嫌々ながら観光名所などを巡るけど、ギルは教養人ぶったポールが気に入らない様子。
一方、フィアンセのイネズは、博識なポールを絶賛し、連日、ママと高価な買い物やランチにディナー、夜遊びを楽しむ。
現実主義なイネズとの距離感が広がるギルに、ある晩、訪れたサプライズ。
彼に取って、憧れてやまない過去の偉人達と出会ってしまう!
コール・ポーターの歌を聴き、ヘミングウェイやガートルード・スタイン(キャシー・ベイツ)と、いつしか友人のように語り合い、モディリアーニやピカソなど、芸術家のミューズ(愛人)的な女性であるアドリアナ(マリオン・コティヤール)に、ほのかな恋心まで抱いてしまう。
Midnight in Paris21
わたしは文芸に疎いんですけど、それでもフィッツジェラルドやヘミングウェイ、ピカソにダリ(エイドリアン・ブロディ)と、人相や業績ぐらいは何となく知っていたので、笑えるところは結構ありました。
細かいトコまでは分かんないんですが、ダリの変人気質ぶりとか、、、ああ、そんなわけの分かんないこと言ってた人なんだろぅな~と、学校教材なんか思い出すと外見も似てる。
ちょっとだけだったけど、エイドリアン・ブロディのダリはインパクトありましたねぇ~(笑)
ギルがルイス・ブニュエルに映画ネタを提供するシーンは、タイムトラベラーには必須だなって思いました(笑)
その「皆殺しの天使」は観てませんが、つい最近、WOWOWでカトリーヌ・ドヌーブの「昼顔」を観たので、ブニュエルの名前は何となく頭にある程度でしたが、歴史上の偉人に詳しい方にはより一層楽しめる作品だと思います。
Midnight in Paris14
物語自体はありふれた話ではあるけれど、タイムスリップのパートは、美術や衣装などファンタジックで夢があり、有名人キャラの成りきり度も楽しめ、対する現代パートでは、会話や行動、イネズや両親など、シニカルな現実を見せ、ギルが感じるギャップを分かりやすい構成でコミカルに描きます。
また、隣の芝生、、、的に、普遍的なメーセッジもきちんと伝わります。
ギルが1920年代パリを愛するように、一昔前のベル・エポック時代に憧れるアドリアナ。
ベル・エポック時代の偉人達は、ルネッサンス時代が一番良い時代と言う。
人間と言うのは、今に満足できないと過去の時代に思いをはせたりしてみるけれど、“黄金期”なんて、後の人間によって作られてきただけで、当の時代人はそう思ってはいない。
満たされていなくても、誰もが自分が生きるべき時代に生まれ、自分の時代で生きていくということを、ウディ・アレンらしいテイストで皮肉と希望を与えてくれる。
大人のためのステキなおとぎ話です。
Midnight in Paris
ギルは、(いつものように)まぎれもないアレンの分身キャラであって、オーウェンはそう思わせる上手いお芝居でした。
軽さと気難しさのバランス、あちらとこちらを行き来しながら、悩みを解消していく軽妙さがオーウェンにピッタリ。
ガートルードのサロンで見聞きしたピカソの作品を、現代でポールたちに解説するギルは小気味良いし、ピアスの一件なんてよくあるパターンだけど爆笑もの。
アドリアナのマリオン・コティヤールがしっとりとしてとても美しい。
雰囲気があって、ギルが恋するのも無理はないですね~。
「君への誓い」とハシゴでしたが、レイチェルはこちらの方が良かったな。

コメント

ノルウェーまだ~む

素敵な映画

オリーブリーさん☆
大人が夢見る素敵な映画でしたね。
続々と著名人が登場しすぎるのは?ってかんじだったけど、憧れの時代に行ってみたいと思うのよく判るわ。
オリーブリーさん好きそう!って思ったら、やっぱり採点高いね~
ちょっとアレンに文化人テストをされたような気分(笑)

2012/06/03 (Sun) 21:51 | ノルウェーまだ~む | 編集 | 返信

sakurai

アレンも

わかってくれる人が適当にわかるとこで楽しんで!くらいののりだったような気がします。
世の中はポールみたいな人ばっかじゃないし、ポールだったら、これらの人々のうんちく語り始めそうですが、そうならどう思われるかもちゃんと見せてるし。
過去はたまに振り返るくらいでいいのかもですね。

2012/06/04 (Mon) 13:58 | sakurai | 編集 | 返信

にゃむばなな

こんにちわ

この映画はパリでしか撮れない作品ですね。
パリのお洒落さをここまで映像で見せるとは…。
ウディ・アレン監督、さすがです。

2012/06/04 (Mon) 17:16 | にゃむばなな | 編集 | 返信

オリーブリー

まだ~むさんへ

こんばんは。

私も初めて聞く名前の方いました(笑)
ま、この辺りは、アレン爺さまのお好みなんでしょうから、知ってる人だけ楽しんじゃって下さいなんでしょうね(^_^;)
それでも洒落た映画でしたよね。
なにしろ、オーウェンがとても良かったです!!
これはかなり認められたでしょう~私は「マーリー~」のオーウェンも好きでしたが、これは文句なしです(笑)

2012/06/04 (Mon) 19:03 | オリーブリー | 編集 | 返信

KLY

サラッと楽しみました。
正直殆ど聞いたこともない人や逸話ばかりなんで、ソコの所はなんとも反応しようがないってのが本音です。
でも何か残るんだよなぁ…

2012/06/05 (Tue) 00:59 | KLY | 編集 | 返信

オリーブリー

sakuraiさんへ

こんにちは。

これまた、ポールのような人は多いんですよね(笑)
他人から仕入れたネタを、さも自分の知識のようにひけらかすヤツもいるし。
その内にポールはギルのピカソうんちくを語るかも(爆)

私は後悔するだけなので、過去はあまり振り返らないタイプで、憧れの時代もない。
わっ、モロ、イネズみたいに夢のないヤツだわ(~ヘ~;)ウーン

2012/06/06 (Wed) 13:52 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

にゃむばななさんへ

こんにちは。

パリの街は、御伽噺や夢が合いますね。
出かけたような気分になりましたよ(笑)

2012/06/06 (Wed) 13:54 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

KLYさんへ

こんにちは。

私、フィッツジェラルドやヘミングウェイの作品は映画にもなってるし、それぐらいは知っていたけど、人物の詳しいことやピカソやダリもにしても学校での知識程度、名前ぐらいなら、、、が殆どでした。
分からないながらも、ギルが憧れの人物に会って、興奮する様子とか可笑しかったりしたので、ノレるかどうか、人それぞれでしょうね。
役者たち良かったし、シャレた雰囲気が楽しめました。

2012/06/06 (Wed) 14:19 | オリーブリー | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック
  •  ミッドナイト・イン・パリ
  • パリの狂気の星空を覆う救いの雨 公式サイト。原題:Midnight In Paris。ウディ・アレン監督、オーウェン・ウィルソン、レイチェル・マクアダムス、マリオン・コティヤール、レア・セド ...
  • 2012.06.03 (Sun) 16:31 | 佐藤秀の徒然幻視録
この記事へのトラックバック
  •  ミッドナイト・イン・パリ/MIDNIGHT IN PARIS
  • 「ガール」も気になってはいるんだけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 映画脚本家のギルは、婚約者イネズの父親の出張に便乗して憧れのパリにやってきた。 脚本家として成功していたギルだが虚しさを感じ、現在は本格的な作家を目指して作品を執筆中だ。...
  • 2012.06.03 (Sun) 16:33 | いい加減社長の映画日記
この記事へのトラックバック
  •  『ミッドナイト・イン・パリ』
  • これはパリでしか撮れない大人の洒落た映画です。 第84回アカデミー賞で脚本賞を受賞したウディ・アレン監督の最新作は、アメリカなんぞでは絶対に撮れない、過去と現代が共存して ...
  • 2012.06.03 (Sun) 16:52 | こねたみっくす
この記事へのトラックバック
  •  ミッドナイト・イン・パリ
  • Data 原題 MIDNIGHT IN PARIS 監督 ウディ・アレン 出演 オーウェン・ウィルソン  レイチェル・マクアダムス  マリオン・コティヤール  キャシー・ベイツ  マイケル・シーン 公開 2012年 5月
  • 2012.06.03 (Sun) 17:13 | 映画 K'z films 2
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ミッドナイト・イン・パリ/オーウェン・ウィルソン
  • 『人生万歳!』でニューヨークへと戻ったウディ・アレンがヨーロッパへとまた帰ってきたわけですが、今作の舞台は本拠地のロンドンではなくタイトルにあるようにパリです。そして予 ...
  • 2012.06.03 (Sun) 17:58 | カノンな日々
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  『ミッドナイト・イン・パリ』
  • (英題:Midnight in Paris) 「こういう何の驚きもない映画というのも、 ある意味いいよね。 安心して観ていられる」 ----えっ? これって 主人公が自分の憧れる1920年代のパリに行って、 歴史に名を残す著名な人たち、 ピカソやヘミングウェイなどと会うってお話でし...
  • 2012.06.03 (Sun) 18:29 | ラムの大通り
この記事へのトラックバック
  •  ミッドナイト・イン・パリ
  • ウディ・アレンのロマンティック・タイムスリップ映画、『ミッドナイト・イン・パリ』を観てきました。 ★★★★★ また好みのジャンル、タイムスリップ物。 VFXバリバリの『MIB3』に続いて、同じタイムスリップものでもVFXとは対極にあるようなウディ・アレンのヒューマ...
  • 2012.06.03 (Sun) 19:02 | そーれりぽーと
この記事へのトラックバック
  •  映画レビュー「ミッドナイト・イン・パリ」
  • Midnight in Paris [Blu-ray]クチコミを見る◆プチレビュー◆パリを舞台にした幻想的なファンタジー「ミッドナイト・イン・パリ」。ユーモアと皮肉のブレンドが絶妙。 【80点】 ハリウッ ...
  • 2012.06.03 (Sun) 19:13 | 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
この記事へのトラックバック
  •  ミッドナイト・イン・パリ / Midnight In Paris
  • ランキングクリックしてね ←please click 去年のカンヌ映画祭でオープニングを飾り、 今年のアカデミー賞作品賞、9作ノミネートのうち日本で公開となる最後の1本 アカデミー賞で脚本賞、ゴールデングローブ賞作品賞受賞! 2004年、NYから舞台をヨー...
  • 2012.06.03 (Sun) 19:17 | 我想一個人映画美的女人blog
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ミッドナイト・イン・パリ / Midnight in Paris
  • 酔って深夜のパリを徘徊していると、クラシックカーに乗った人々から一緒に来るように誘われる。戸惑いつつも、付いて行ってみると、いつの間にか1920年代にタイムスリップしていた。 幻想的で、ユニークな内容です。ティーパーティー運動の事に触れていたり、アメリカ人...
  • 2012.06.03 (Sun) 19:33 | 勝手に映画評
この記事へのトラックバック
  •  ミッドナイト・イン・パリ
  • 当時の文学や芸術の知識があれば、より楽しめる内容だったと思う。
  • 2012.06.03 (Sun) 19:38 | だらだら無気力ブログ!
この記事へのトラックバック
  •  ミッドナイト・イン・パリ
  • ウディ・アレンのパリ好き度 【Story】 ギル(オーウェン・ウィルソン)は婚約者(レイチェル・マクアダムス)と共に、彼女の両親の出張に便乗しパリを訪れる。彼はハリウッドで売れっ子脚本家として...
  • 2012.06.03 (Sun) 19:48 | Memoirs_of_dai
この記事へのトラックバック
  •  『ミッドナイト・イン・パリ』 前を向いて歩こう
  •  一番好きな詩人を問われれば、やはりジャン・コクトーかもしれない。もっとも私はフランス語が判らないので、原語ではなく堀口大學の訳で親しむのみだが。  もしもジャン・コクトー主催のパーティーに参加...
  • 2012.06.03 (Sun) 19:59 | 映画のブログ
この記事へのトラックバック
  •  ミッドナイト・イン・パリ/Midnight in Paris
  • 語り部ウディ・アレンが第84回アカデミー賞脚本賞受賞したファンタジー・コメディ。1920年代のパリを黄金期と信じて疑わない主人公がタイムスリップし、過去の著名な芸術家たちと不思議な交流す姿を描いている。主演はオーウェン・ウィルソン。共演にレイチェル・マ...
  • 2012.06.03 (Sun) 21:43 | LOVE Cinemas 調布
この記事へのトラックバック
  •  「ミッドナイト・イン・パリ」隣の芝生
  • ウッディ・アレン監督作品は初体験。 「隣の芝は青い」という単純明快なテーマを、パリならではのノスタルジックでアーティスティックな世界と、ウィットに富んだ大人のジョークで包んだお洒落な作品。
  • 2012.06.03 (Sun) 21:44 | ノルウェー暮らし・イン・原宿
この記事へのトラックバック
  •  ミッドナイト・イン・パリ
  • 【MIDNIGHT IN PARIS】 2012/05/26公開 スペイン/アメリカ 94分監督:ウディ・アレン出演:キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェン・ウィルソン、ニーナ・アリ...
  • 2012.06.03 (Sun) 23:18 | 新・映画鑑賞★日記・・・
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ミッドナイト・イン・パリ・・・・・評価額1600円
  • 真夜中のパリは、不思議の街。 ウッディ・アレンが、自らもこよなく愛すパリを舞台に描くファンタスティックな寓話。 世俗的な仕事に嫌気がさし、小説家としての再出発を志す主人公、ギルが迷い込んだのは...
  • 2012.06.04 (Mon) 21:31 | ノラネコの呑んで観るシネマ
この記事へのトラックバック
  •  迷子の旅人~『ミッドナイト・イン・パリ』
  •  MIDNIGHT IN PARIS  ハリウッドの売れっ子脚本家だが、実は作家志望のギル(オーウェン・ウィル ソン)は、婚約者のイネズ(レイチェル・マクアダムズ)と憧れのパリにやってき た。何...
  • 2012.06.05 (Tue) 06:56 | 真紅のthinkingdays
この記事へのトラックバック
  •  ミッドナイト・イン・パリ
  • 『ミッドナイト・イン・パリ』---MIDNIGHT IN PARIS---2011年(スペイン/アメリカ)監督:ウディ・アレン出演:キャシー・ベイツ 、エイドリアン・ブロディ 、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェ...
  • 2012.06.05 (Tue) 23:57 | こんな映画見ました~
この記事へのトラックバック
  •  アレン流 タイムスリップ!
  • 映画「ミッドナイト・イン・パリ」を鑑賞しました。 婚約者とパリに訪れたハリウッドの人気脚本家ギル しかし 小説家になることを捨て切れず、1920年代のパリに想いを馳せていた ある夜 彼は憧れの1920年代にタイムスリップしてしまい… ウディ・アレン監督作品 いや~...
  • 2012.06.06 (Wed) 18:49 | 笑う社会人の生活
この記事へのトラックバック
  •  まとめtyaiました【ミッドナイト・イン・パリ】
  • ギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者のイネズ(レイチェル・マクアダムス)と共に、彼女の両親の出張に便乗し、憧れのパリを訪れた。ある日、真夜中の街を彷徨っているギルの目の前に、一台のクラシック・カーが停まる。誘われるまま乗り込むと、辿り着いた先で、フ...
  • 2012.06.07 (Thu) 08:58 | まとめwoネタ速neo
この記事へのトラックバック
  •  映画・ミッドナイト・イン・パリ
  • 2011年 スペイン=アメリカ合作 原題 Midnight in Paris 2010年 ハリウッドの売れっ子脚本家ギル(オーウェン・ウィルソン)は婚約者イネズ(レイチェル・マクアダムス)の両親の出張のご相伴に預かり憧れの街パリを訪れる パリの屋根裏部屋での暮らしを...
  • 2012.06.07 (Thu) 19:42 | 読書と映画とガーデニング
この記事へのトラックバック
  •  ミッドナイト・イン・パリ(2011)☆彡MIDNIGHT IN PARIS
  •  真夜中のパリに魔法がかかる 好き度:=90点 MOVIX京都にて鑑賞。 ロマンチック☆★な大人の絵本って感じでお洒落。アレンおじさん傑作作品ですね。 オーエン・ウィルソンはどちらかというとちょっと苦手なのですが。この作品ではとてもハマり役でなかなか良かっ?...
  • 2012.06.16 (Sat) 23:37 | 銅版画制作の日々
この記事へのトラックバック
  •  ミッドナイト・イン・パリ      評価★★★★92点
  • 午前0時の時計台の鐘に導かれ、芸術家たちとの夢の一夜へ 第84回アカデミー賞脚本賞を受賞し、ウディ・アレン作品としては全米で最大のヒットを記録した、ファンタジック・コメディ。 あらすじ:ギル(オーウェン・ウィルソン)は婚約者(レイチェル・マクアダムス)...
  • 2012.06.17 (Sun) 14:34 | パピとママ映画のblog
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ミッドナイト・イン・パリ(2011)☆彡MIDNIGHT IN PARIS
  •  真夜中のパリに魔法がかかる 好き度:=90点 MOVIX京都にて鑑賞。 ロマンチック☆★な大人の絵本って感じでお洒落。アレンおじさん傑作作品ですね。 オーエン・ウィルソンはどちらかというとちょっと苦手なのですが。この作品ではとてもハマり役でなかなか良かっ?...
  • 2012.06.20 (Wed) 13:59 | 銅版画制作の日々
この記事へのトラックバック
  •  ミッドナイト・イン・パリ
  •  『ミッドナイト・イン・パリ』を渋谷ル・シネマで見てきました。 (1)昨年の『人生万歳!』をはじめとして、これまで何本も見ているウディ・アレン監督作品というので、だいぶ遅れてしまいましたが映画館に足を運びました。  本作は実に他愛ない内容で、1920年代のパ...
  • 2012.07.11 (Wed) 06:39 | 映画的・絵画的・音楽的
この記事へのトラックバック
  •  『ミッドナイト・イン・パリ』
  • この間の休みに、やっとのことでウディ・アレン監督の最新作『ミッドナイト・イン・パリ』を映画館に観に行ってきました。 こういう小粋な作品は素敵ですね、映画を観て気持ちがリフレッシュ出来ました。 ...
  • 2012.08.11 (Sat) 08:14 | Cinema+Sweets=∞
この記事へのトラックバック
  •  ミッドナイト・イン・パリ
  • ミッドナイト・イン・パリ '10:米、スペイン ◆原題:MIDNIGHT IN PARIS ◆監督:ウディ・アレン「人生万歳!」「それでも恋するバルセロナ」 ◆出演: キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダム?...
  • 2012.09.29 (Sat) 22:01 | C’est joli~ここちいい毎日を♪~
この記事へのトラックバック
  •  ミッドナイト・イン・パリ (Midnight in Paris)
  • 監督 ウディ・アレン 主演 オーウェン・ウィルソン 2011年 スペイン/アメリカ映画 94分 コメディ 採点★★★★ 「まぁ!?なんて後ろ向きな人!」と言われようが何であろうが、
  • 2012.12.03 (Mon) 12:50 | Subterranean サブタレイニアン
この記事へのトラックバック
  •  「ミッドナイト・イン・パリ」感想
  • 今まで多くのタイムマシンものを見て来ましたが、こういうパターンは初めてだったので、楽しめました。3つ★半
  • 2013.08.22 (Thu) 13:29 | ポコアポコヤ 映画倉庫
この記事へのトラックバック
  •  ミッドナイト・イン・パリ
  • 監督:ウディ・アレン 出演:キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェン・ウィルソン、ニナ・アリアンダ、カート・フラー、トム・ヒドルストン、ミミ・ケネディ、アリソン・ピル、レア・セドゥ、コリー・ストール、デヴィッド・ロウ 【解説】 『アニー・ホール』『ハンナとその姉妹』などのウディ・アレン監督が、...
  • 2017.02.25 (Sat) 21:31 | タケヤと愉快な仲間達
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。