2007_04
22
(Sun)15:15

ニコラス・ケイジのウェザーマン



シカゴのローカル・テレビ局で活躍するお天気キャスターのデイヴ(ニコラス・ケイジ)は、
私生活では妻と別れ、有名作家の父親との関係もギクシャクと悩み多き日々。
自分のキャリアと家族との間で揺れ動きながら、人生を見つめ直していく姿を描く作品。

デイヴは、その天気予報の的中率(?)から、街を歩いていると心無い視聴者からファースト・フードなど投げつけられる事も度々!
離婚した妻と子、自分の父親との関係など、
チョット情けない中年男性の悲哀を描いたシニカルなコメディです。
特別大きな盛り上がりもなく、時々クスッと笑え、淡々とまったりと流れていくので、 好き嫌いはあるかもしれません。
私は、結構良い映画だと思いました。

ニコのあの顔が情けなさを更に強調し、この役柄の雰囲気に合っていたし、
父親役のマイケル・ケインがとても良い。
何をしても上手く事が運ばない息子に、
“どうせ、クソみたいな人生”と言う父親のセリフなど、
開き直って生きていくのも、時には必要なんだ…
人生、いつでも努力は必要…でもどうにもならないとか、諦めざる終えない時はある。
そんな時はもうジタバタせず、身を任す~そんな踏ん切りになるような心に残るセリフでした。

デイヴとファットな娘のシーンは、ほのぼのとしてクスッとなります。
まるでファッション・ショーのように、父娘のショッピングはとても楽しそう♪
それぞれが何かしら成長したのでは、と思える作品でした。

2005年 日本未公開作品 アメリカ映画 
監督 ゴア・ヴァービンスキー

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

映画『ニコラス・ケイジのウェザーマン』

原題:The Weather Man憧れの全国ネット、年収も100万ドルに跳ね上がるという番組ハロー・アメリカへの移籍の誘惑に始まる・・仕事は順調でも不満は募り幸せは掴めない・・・ デイヴ・スプリッツ(ニコラス・ケイジ)はシカゴローカルTV局のお天気キャスター、1日2

2007.06.26 (Tue) 02:00 | 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜

『ニコラス・ケイジのウェザーマン』を観たぞ〜!

『ニコラス・ケイジのウェザーマン』を観ました仕事は順調だが私生活では家庭に数々の問題を抱えるお天気キャスターが、人生を修復しようと奮闘する姿を哀愁溢れるタッチで描いたコメディ・ドラマです>>『ニコラス・ケイジのウェザーマン』関連原題:THEWEATHERMANジ

2007.07.11 (Wed) 20:23 | おきらく楽天 映画生活