FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

Hugo08.jpg

1930年代のパリ。
駅の時計台にひそかに住む少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、亡き父が残した機械人形の修理を心の拠所にしながら毎日を送っていた。
壊れたままの人形の秘密を探る過程で、少女イザベル(クロエ・グレース・モレッツ)とジョルジュ(ベン・キングズレー)に出会う。


世界各国でベストセラーとなったブライアン・セルズニックの小説を原作に、父親が残した機械人形に隠された秘密を探る少年の冒険を描く。

2012年 3/1公開 アメリカ映画
監督 マーティン・スコセッシ
スコセッシの映画愛{★★★3/5}

先日のアカデミー賞で、技術部門のオスカーをイッパイ受賞した巨匠マーティン・スコセッシ監督による3Dファンタジー映画。
出来れば3Dで観たかったけど、いつものように吹き替えしかなかったので2D字幕で観ました。
県内5館中、字幕版上映はたった1館だけなんて少なすぎなんですが、それでも映像は十分に綺麗でしたよ。
オープニングや特撮、ヒューゴが構内の時計台を行き来する様子、一望するパリの夜景なんか、もっと美しいんだろうな~と想像しながら、3D苦手モノにはこの位で丁度良かったのかもしれません(笑)
Hugo7.jpg
それでも内容次第、3Dでリピートしようかと思ったけど、期待したほどではなかったのが正直なところです。(前評判、煽りすぎ…)
映画愛がテーマの作品と言われ、それは強く感じたけれど、機械人形に隠された謎とか、何かワクワクするような秘密めいたものが絡むのかと思ってました。
精密でクリエイティブな人形だっただけに、ある意味、とっかかり程度だけだったのはちょっと残念です。
さまざまなエピソードとのバランスがいまひとつ取れてない感じもあり、邦題もですね、、、「ヒューゴの不思議な発明」より「ヒューゴと不思議な発明」とか、一字違いの方がしっくりするような…。
鍵のアイテムや亡き父のメッセージは「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」と同じだと思わずにいられませんが、老いも若きも過去を乗り越えていくパートは「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」の方が見せ方が上手いし共感しやすかったです。
ファンタジー要素はありながら、メインは映画愛と人間ドラマなので、エンタメ性のある子供向けではないですね。
Hugo04.jpg
ベン・キングズレー演じる魔術師のジョルジュ・メリエス(パパ・ジョルジュ)は、実在していた人物。
今は駅構内にあるおもちゃ屋さんですが、トリック撮影による映画製作の先駆け的な人物で、彼が生みだしたファンタジックな映像は、まさにイリュージョン。
映画の原点を知り、いつの時代も楽しむ者に興奮や感動を与えてくれる普遍的なものだと教えて頂きました。
ジョルジュ・メリエスの映画製作やフィルムは楽しいものばかり!
ずっとこれだけでも良かったわ(汗)
マーティン・スコセッシの映画に対する深い思いが、彼の物語に投影されているようです。
あのスコセッシがこんな映画を作ったって、それだけで何か感動しますよ(笑)
Hugo77.jpg
二人が映画館に忍び込んで観たモノクロサイレント映画。
この続き、観たいぃーー!!
Hugo10.jpg
構内の名物(笑)鉄道公安官のサシャ・バロン・コーエン。
戦争で左足が不自由。
そんな彼をサポートする相棒、ドーベルマンのマクシミリアン(ブラッキー)
「第1回ゴールデン・カラー賞」にノミネートされたこのコも名演(笑)
可愛いダックスも2匹登場します。
他、エミリー・モーティマー、ヘレン・マックロリー、クリストファー・リー、マイケル・スタールバーグと豪華な脇役陣。
Hugo99.jpg
ジュードはホント、ちょっとだけ…。
「縞模様のパジャマの少年」では、澄んだ瞳の純粋で愛くるしい少年だったエイサ・バターフィールドですが、ちょっと顔が、、、目が離れたかっ、、、(苦笑)
別に可愛くなくても良いんですが(笑)これはあまり良かったとか頑張ったとか思えなかったです。
クロエちゃんにしても、もっとアレコレ出来るだろうに…。
Hugo94.jpg
2012.03.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/900-05aca5f6