--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_02
26
(Sun)23:55

サラの鍵

ELLE SAPPELAIT SARAH

1942年、ナチス占領下のパリ。
フランス当局によるユダヤ人一斉検挙が始まり、10歳のサラは、弟を納戸に隠して鍵を閉める。
一家はヴェルディヴに連れていかれるが…。

2009年。
パリに暮らすアメリカ人ジャーナリストのジュリア(クリスティン・スコット・トーマス)は、アウシュヴィッツに送られた家族を取材するうちに、かつて自分のアパートで起こった悲劇を知ることとなる。


世界中で300万部を売り上げたタチアナ・ド・ロネの原作を基に、ナチス占領下のパリで行われたユダヤ人迫害、ヴェルディヴ事件を題材に、過去と現代を交錯させながらユダヤ人一家に起こった悲劇を描く。

2011年 12/17公開 フランス映画
監督 ジル・パケ=ブランネール
真実には代償を伴う{★★★㊤3/5}

ドイツ占領下、フランス警察によって行われた“ヴェロドローム・ディヴェール大量検挙事件”
約1万3000人ものユダヤ人は、アウシュビッツなど収容所に移送される前、冬の競輪場であるヴェロドローム・ディヴェールに劣悪な環境下で数日間に渡り監禁された。
ドイツの意向があったにせよ、フランス警察で実行されたのは紛れもない事実だったそうで、1995年、シラク大統領が謝罪するまで、フランス政府は“ヴェルディヴ事件”に関する一切の責任を認めていなかったという。
メラニー・ロランの「黄色い星の子供たち」もいずれ放送があったら観たいと思いますが、この作品を観るまで、“ヴェルディヴ事件”など全く知りませんでした。

第二次世界大戦時のフランスで暮すユダヤ人のサラと、ヴェルディヴ事件を調べるアメリカ人ジャーナリストのジュリア。
時代を超えた二人の女性の物語が、過去と現在が行き来しながら語られます。
サラの鍵4
ヴェルディヴで数日監禁され、両親と収容所に移送されたサラは、弟を救出するため何とか脱走に成功する。
親切なフランス人の老夫婦に助けられたサラは、自宅に戻り納戸を開けると…(おそらく2週間以上経過…)
サラは老夫婦と暮らし、成長するとアメリカに渡り結婚して子供も授かりました。
しかし、彼女の心はいつまでも癒されることはなく…。

ジュリアもまた45歳で妊娠するのですが、夫からは快い返事がもらえません。
ジャーナリストとして、一人の女性として、サラの人生を追いながら、自身の本質に問い続けます。
サラの鍵2
サラとジュリアの人生が交差するように、ふたつの時間軸が上手く描かれ、ミステリアスなタッチでサラの生涯に引き込まれていきます。
取材が進み、サラの過去が次第に明らかにされていくと、またしても歴史の非情な運命を突きつけられます。
おそらく「鍵」さえかけなければ、、、。
良かれと思い気転をきかした行為は、サラが成長すればするほど、後悔の念に苛まれていったのではないだろうか。
結婚して息子を得ると、ますます弟を忘れられなくなったのかもしれない。
麦畑の美しい風景や子供の純粋な気持ちと相反するような負の歴史と深い傷。
ホロコーストだけでなく、悲運が重なったサラの過去は重いけれど、受け継ぐ者はしっかりと受け止めていかなければならないと感じます。
それにしても、サラのパパとママ、もう少し大人の判断できなかったのだろうか…。

残念なのはジュリアですが、上には大学生になろうかの娘がいるのに、確かにこの高齢で出産はあまり考えないかな~中絶せず産む決意をさせられたのがサラの影響だとすると、気持ち分かるけど共感の範囲からはズレてたし、ラストの名前なんかも美談すぎるような。
(あの二人、くっつきそうな予感したし)
夫の反応もどうかで、意見が違うなら互いの気持ちに納得できるまで話し合うべきで、どちらもキャリアあるからか、自己中な夫婦のようだった。
義理の父一家なんかも、あのままそこで暮してたなんて、えー?となっちゃって、物語上、崩壊前提だったんだろうけど、こちらのプライベートなパートにはあまり馴染めませんでした(汗)

C.O.M.M.E.N.T

TB ありがとうございます。

重い このような事実があったことに驚き
しかし ミステリのタッチが効いている巧さ

見ごたえがありました

2012/02/27 (Mon) 23:29 | リバー #- | URL | 編集 | 返信

ラスト

名前のことは予想もしなかったので、涙腺崩壊しました。(いつも崩壊気味ですけどっ!)
私は、気になるところはなかったのですよ。…たしかに、けっこう高齢で産むんだなとはチラッと思いましたけれど。
夫が反対しても(それで、たとえ別れることになろうとも)産むという決断もあるのだろうなと。
あ、でも、子どもがあんなふうに亡くなった部屋に住むのは…嫌ですよねえ。あのあとも住んでいたんでしたっけ?

2012/02/28 (Tue) 23:43 | ボー #0M.lfYJ. | URL | 編集 | 返信

リバーさんへ

こんばんは~こちらこそ、いつもありがとうございます。

弟は予想できたんですが、ジュリアと同じく、サラの生存はどうなのか、、、一緒に手繰っていましたよね。
題材は重いけど、また勉強させていただきました。

2012/02/29 (Wed) 01:45 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

ボーさんへ

こんばんはー。

個人的な意見なんですが、所謂、長年、次の子が出来ない、続発不妊(?)って、私も経験したんですけど、ある程度の年齢で線引きしたりとか、夫婦の話し合いが必要だと思うのに、この夫婦、望む妻とそうでない夫、、、足並みが揃ってないのは宿った子供が可哀相…。
生命の尊厳やラストの名前に持って行きたかったのかな~と思うけど、ちょっと綺麗すぎるような感じがしました。

あの家に住み続けたんですよね~今は義父の母親の持ち物みたいだったけど、ちょっとねぇ…(;^_^A アセアセ・・・

2012/03/01 (Thu) 23:38 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

そうだよねえ

ちょっと設定に無理があったような気がしましたわ。
「黄色い星・・」の方を見てしまったもので、現代のパートの方が、無理やり感があって、すとんと落ちませんでした。
現実的に考えて、夫が無理だって言っても、ああやって育てられるんなら、経済的に充分なわけで。
あの年になって「父親になる自信がない・・」なんてのには、「なーーに言ってんだ」でしたよ。
というとこには少々のわだかまりを感じましたが、少女のサラちゃんの可愛さに免じて、よしといたします。ははは、上からだわ。

2012/03/12 (Mon) 12:49 | sakurai #8zie0QSw | URL | 編集 | 返信

sakuraiさんへ

こんばんは。

そうですね~子役のサラの熱演につきますわ。
二部構成は良かったのですが、ジュリアさん(及び、その家族)にはどーも気持ちが…。
夫がね~まるで人事みたいで、嫌な感じでした。

2012/03/14 (Wed) 00:24 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

こんにちは

サラの過去を追っていくところは良かったのだけど、現代パートに無理やり感がありましたね。
妊娠も、初めてならばまだしもって思うし。
でも、サラの名前は美談と思ったけれど、”ルーシー”のクダリは巧かったと思います。

同じく“ヴェルディヴ事件”を知らなかった派。
私も「黄色い星の子供たち」は観ていないので、チャンスがあればと思ってます。

2012/04/03 (Tue) 17:30 | たいむ #qdEfw9RA | URL | 編集 | 返信

たいむさんへ

こんばんは。

現代パートの旦那や、彼の家族とか、ちょっとなぁ~と思っちゃいました。
サラの過去が過去だけに、何となく上辺だけって感じがして。
あの夫って、かなり無責任ですよね?(苦笑)

「黄色い星の子供たち」の方が良いとの感想もあるので、私もこちらは放送待ちを楽しみにしています!

2012/04/04 (Wed) 23:36 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

確かに・・・

オリーブリーさん、こちらにも^^
>結婚して息子を得ると、ますます弟を忘れられなくなったのかもしれない。
あ~~そうかも!
これは、こちらでこの感想を読んで、初めて、はっと気がつかされたわ・・・。

過去のパートは凄く良かった(良いって表現は変だけど・・)んだけど、現在パートの夫婦のなんちゃら~とか、出産を巡っての葛藤は、私も少々微妙な処がありました・・・。

2012/11/13 (Tue) 12:02 | latifa #SFo5/nok | URL | 編集 | 返信

latifaさんへ

サラは、後悔に苛まれる日々だったでしょうね。
と、言葉にするのは容易いけれど、自分が成長すればするほど、その苦しみは想像以上に増していったのではないかな~と思いました。
それに引き換えると(苦笑)現代パートは少し鼻につくというか、、、まあ、それが時代の変化なんだろうけど、爺さん婆さんも共感しずらいファミリーでしたわ(汗)

2012/11/16 (Fri) 22:55 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

サラの鍵

 『サラの鍵』を銀座テアトルシネマで見ました。 (1)この映画は、以前見た『黄色い星の子供たち』で描かれたのと全く同様の事件(注1)を取り扱った作品で、そちらがかなり実録ベースであるのに対して、こちらはフィクション仕立てになっています(注2)。  そして、そ...

2012.02.27 (Mon) 05:01 | 映画的・絵画的・音楽的

「サラの鍵」

心に響く物語。過去と今が鮮やかにリンクする。

2012.02.27 (Mon) 07:27 | 或る日の出来事

サラの鍵

公式サイト。タチアナ・ド・ロネ原作、原題:ELLE S'APPELAIT SARAH(彼女の名はサラ)、英題:Sarah’s Key。ジル・パケ=ブランネール監督。クリスティン・スコット・トーマス、メリュシーヌ ...

2012.02.27 (Mon) 08:23 | 佐藤秀の徒然幻視録

サラの鍵

Elle s'appelait Sarah (Bande originale du film de Gilles Paquet-Brenner)戦争中の悲劇をひも解く、ミステリー仕立ての社会派ドラマ「サラの鍵」。歴史告発というより、個人史として描いている。パリで ...

2012.02.27 (Mon) 09:52 | 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

サラの鍵/クリスティン・スコット・トーマス

1942年にパリで起きたユダヤ人迫害事件「ヴェル・ディヴ事件」を題材にある家族にまつわる悲劇を描いた社会派のヒューマン・ドラマです。タチアナ・ド・ロネのベストセラー小説を原 ...

2012.02.27 (Mon) 09:53 | カノンな日々

現在、過去、真実 ~『サラの鍵』

 ELLE S'APPELAIT SARAH  1942年7月、パリ。フランス警察が何千ものユダヤ人を逮捕し、屋内競技 場に収容した日。少女サラは弟ミシェルを納戸に匿い、鍵をかけた。  2009年、夫と娘の3...

2012.02.27 (Mon) 10:03 | 真紅のthinkingdays

サラの鍵

★★★★  パリ住まいのアメリカ人女性記者ジュリアは、40代半ばで妊娠するのだが、喜ぶと思っていた夫の反対に失望する。そんなときにある取材がもとになって、1942年に起ったナチによるユダヤ人迫害事件に興味を持ちはじめるのだった。 また偶然にも、夫の父が住ん

2012.02.27 (Mon) 10:10 | ケントのたそがれ劇場

サラの鍵/Elle s'appelait Sarah

世界中で300万部を売り上げたタチアナ・ド・ロネが原作。フランスで起きたユダヤ人迫害事件「ヴェルディヴ事件」をテーマに、過去事件迫害を受けた少女の生きた軌跡を現在に生きるジャーナリストの女性が追いかける形で、現在と過去をかわるがわる描きながら物語が進行し?...

2012.02.27 (Mon) 15:36 | LOVE Cinemas 調布

サラの鍵 /ELLE S'APPELAIT SARAH /SARAH'S KEY

ランキングクリックしてね ←please click 第23回東京国際映画祭にて監督賞と観客賞を受賞 KLYさんのお誘いで公開前に試写で観ていたんだけどupが遅れちゃってた。 17日から公開中 タチアナ・ド・ロネによる世界的ベストセラー。 「黄色い星の子供...

2012.02.27 (Mon) 20:47 | 我想一個人映画美的女人blog

サラの鍵

1942年にパリで起きたユダヤ人迫害事件にまつわる悲劇を描いたタチアナ・ド・ロネのベストセラー小説を映画化。出演は「イングリッシュ・ペイシェント」のクリスティン・スコット・ ...

2012.02.27 (Mon) 23:09 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ

真実を知ること

21日のことですが、映画「サラの鍵」を鑑賞しました。 フランスで行われた ユダヤ人迫害、ヴェルディヴ事件で起きたある悲劇 現代 その謎を追うジャーナリスト 2つの時代から見せていく構成の巧さが光り ストーリー展開で引き込みますね この話は原作のあるフィクショ...

2012.02.27 (Mon) 23:24 | 笑う学生の生活

サラの鍵

『サラの鍵』---ELLE S'APPELAIT SARAH---2010年(フランス)監督: ジル・パケ=ブランネール 出演:クリスティン・スコット・トーマス 、メリュジーヌ・マヤンス 、ニエル・アレストリュプ、エイダン・クイン タチアナ・ド・ロネによる世界的ベストセラー...

2012.02.27 (Mon) 23:46 | こんな映画見ました~

『サラの鍵』

(原題:Elle s'applelait Sarah) ----これって、去年の東京国際映画祭で話題になった映画だよね。 「うん。周りで観た人のほとんどがベストとして推していた。 それを裏付けるかのようにこの作品は、 最優秀監督賞と観客賞をW受賞している。 さあ、どんな映画だ...

2012.02.28 (Tue) 00:12 | ラムの大通り

『サラの鍵』:第18回大阪ヨーロッパ映画祭

素晴らしくて見応えのある作品でした。

2012.02.28 (Tue) 00:14 | だらだら無気力ブログ!

*『サラの鍵』* ※ネタバレ有

2010年:フランス映画、ジル・パケ=ブレネール監督、タチアナ・ド・ロネ原作、クリスティン・スコット・トーマス、メリュジーヌ・マヤンス、ニエル・アレストラップ、エイダン・クイン出演。 ≪【第18回(2011年)大阪ヨーロッパ映画祭】先行上映にて観賞≫

2012.02.28 (Tue) 00:39 | ~青いそよ風が吹く街角~

【TIFF 2010】『サラの鍵』 (2010) / フランス

原題:Sarah's Key / ELLE S'APPELAIT SARAH 監督:ジル・パケ=ブレネール 原作:タチアナ・ド・ロネ 出演:クリスティン・スコット・トーマス メリュシーヌ・マイヤンス ニエル・アレストラップ エイダン・クイン 公式サイトはこちら。(2011年12...

2012.02.28 (Tue) 07:59 | Nice One!! @goo

サラの鍵

■ 新宿武蔵野館にて鑑賞サラの鍵/ELLE S'APPELAIT SARAH 2010年/フランス/111分 監督: ジル・パケ=ブランネール 出演: クリスティン・スコット・トーマス/メリュジーヌ・マヤンス/ニエル・アレス...

2012.02.28 (Tue) 22:58 | 映画三昧、活字中毒

サラの鍵(2010)◎ELLE S'APPELAIT SARAH

 ただ、伝えたい。決してあなたを忘れなはしないと。 評価:+8点=88点 ジュリアとともに、私もサラの足跡を旅した気分。ジャーナリストでもないし、サラとは無縁だけど、こうして作品と出会ったことで何かサラという少女が身近に感じられた。 10歳という年で...

2012.02.29 (Wed) 00:54 | 銅版画制作の日々

サラの鍵 ELLE S'APPELAIT SARAH

『黄色い星の子供たち』と同じ、フランスのユダヤ人迫害事件「ヴェルディヴ事件」を題材にした作品。 1942年7月の早朝、突然警官がアパートを訪れ、スタジンスキ一家をはじめユダヤ人を連行する。サラ(メリュジーヌ・マヤンス)はとっさに弟ミシェルを納戸に隠し鍵をか...

2012.03.04 (Sun) 16:44 | まてぃの徒然映画+雑記

サラの鍵

「黄色い星の子供たち」のその後・・みたいなやりきれなさも感じる。

2012.03.12 (Mon) 12:49 | 迷宮映画館

サラの鍵

★★★★★4.5“二人の女性の人生が時代を越えてつながっていく運命の不思議さに魅せられます” 映画は現代を生きるジュリアと、ヴェル・ディブ事件やその後のサラが交互に描かれています。 ベルトランはジュリアに“家族がアパートに関する真実を知ることを恐れている”?...

2012.03.29 (Thu) 11:31 | 映画とライトノベルな日常自販機

映画『サラの鍵』を観て

11-86.サラの鍵■原題:Elle s'appelait Sarah(英題:Sarah's Key)■製作年・国:2010年、フランス■上映時間:111分■字幕:斎藤敦子■料金:1,800円■鑑賞日:12月17日、新宿武蔵野館(新宿)□監督・脚本:ジル・パケ=ブレネール□脚本:セ...

2012.03.29 (Thu) 14:30 | kintyre's Diary 新館

サラの鍵

フランスでユダヤ人が迫害されていたという事実。そういう事実があったことは知ってはいましたが、詳しくは知らなかった自分が恥ずかしいですね。とてもよく出来ている作品でした。 現代、ジャーナリストのジュリアは、夫が祖父母から譲り受けたアパートに、かつてユダヤ...

2012.07.05 (Thu) 17:43 | いやいやえん

「サラの鍵」

1942年7月16日。 アパートに封印された過去。 転がったりんご。

2012.07.08 (Sun) 18:17 | 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常

DVD:サラの鍵  ヴェルディヴ事件を追う女性記者が、少女サラを通して辿り着く真実とは。

1942年、ナチス占領下のパリ。 ユダヤ人一斉検挙がフランス警察によって行われ、競輪場に集められ迫害を受けた後、収容所に送り込まれ 死に追いやられていた。 この重い事実をネタにした映画(ヴェルディヴ事件) 最近でいうと「黄色い星の子供たち」 LA RAFLE(2011-07-...

2012.07.14 (Sat) 16:39 | 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~

サラの鍵

【ELLE S'APPELAIT SARAH】 2011/12/17公開 アメリカ 111分監督:ジル・パケ=ブランネール出演:クリスティン・スコット・トーマス、メリュジーヌ・マヤンス、ニエル・アレストリュプ、エイダン・クイン、フレデリック・ピエロ ただ、伝えたい。決してあなたを忘...

2012.07.17 (Tue) 13:22 | 新・映画鑑賞★日記・・・

「サラの鍵」感想

全然期待していなかったのに、冒頭からぐいぐい引きこまれ、全く飽きさせられる事が無かったです。4つ☆~4つ☆半

2012.11.13 (Tue) 12:03 | ポコアポコヤ 映画倉庫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。