心のままに映画の風景

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP映画 さ行 ≫ J・エドガー

J・エドガー

J. Edgar

1919年、司法省に勤務していた・ジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、新設された急進派対策課を任され、その後、FBIの前身である司法省捜査局の長官代行となる。
片腕となるクライド・トルソン(アーミー・ハマー) と秘書のヘレン・ギャンディ(ナオミ・ワッツ)だけを信頼し、自らの信じる正義を実現すべく、捜査の近代化と権力の集中を進めていくのだが…。


FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を、クリント・イーストウッド監督がレオナルド・ディカプリオ主演で映画化した伝記ドラマ。
脚本は「ミルク」でアカデミー賞を受賞したダスティン・ランス・ブラック。

2012年 1/28公開 アメリカ映画
監督 クリント・イーストウッド 

生涯現役{★★★㊤3/5}

最近観た映画では、ジョニーの「パブリック・エネミーズ」に登場したフーバー長官(ビリー・クラダップ)。
州を越える捜査機関(連邦組織)云々の予算を委員会に訴えたフーバーは、「犯人逮捕の経験がない君の能力は疑わしい。PR担当が創りあげたもの。現場経験が乏しい者は長官として不適切!」と上院議員マッケラーに厳しく責められ却下される。
「エネミーズ」と複数になってるタイトルには、デリンジャーやギャングを指すだけでなく、彼をターゲットにすることで有利になろうとしたフーバーも含むのではないか?と書かれた感想を思い出しました。
「J・エドガー」での同じようなワンシーンも含め、「パブリック・エネミーズ」で理解できなかったことが初めて分かった次第(苦笑)
デリンジャーVSパーヴィス(クリスチャン・ベール)の構図が中心でしたが、州を越えて犯罪を犯すデリンジャーは、既にギャングの中では遅れていて、州を越えた捜査に対応しようとするフーバーの餌食となり、結果的に捜査組織の改革に役立ったようです。
その後、パーヴィスとも色々とあったようですが…(笑)
J. Edgar10
厳格な母親(ジュディ・デンチ)に期待され育ったジョン・エドガー・フーバーは、共産主義者や政治的に嫌いな人物、ヒーローのように扱われるギャング、卑怯な犯罪者をことごとく許せない強い正義感を持つ。
マスコミを利用し、指紋、筆跡など“科学捜査”を導入した新しい手法で、大きな影響力を持つFBIを創り上げ、48年間に渡り独裁的な長官であり続けた。
さまざまな要人たちは盗聴により極秘情報を握られ、歴代大統領は、誰一人としてフーバーを長官の座から引きずりおろせなかった。
法を捻じ曲げ、盗聴や情報提供者を仕立て上げ、決して高潔といえないやり方をしてまで権力の座にこだわったのは、犯罪のないアメリカ国家を築くため。
ためらうことなく人の弱みに付け込み、独自の正義を貫くフーバー。
J. Edgar18
惜しくもアカデミー賞主演男優賞は逃しましたが、レオ君は初代FBI長官のJ・エドガー・フーバーを熱演。
8人の大統領に仕え、20代から78歳で亡くなるまでを演じているので、その老けメークはまるでフィリップ・シーモア・ホフマンか?!な風貌になっちゃてましたが、口実筆記の自伝をつくるフーバーの回想録は、現在と過去を行き来しながら語られていき、政治的なお話より一人の人間として興味深く描かれていました。
イーストウッド監督は、事実として確認できていないものは映像化しないそうなので、所々で焦点がボヤけた感じはするけれど、科学捜査で逮捕したリンドバーグ事件の犯人に冤罪の可能性が残るような描き方や、ジョン・F・ケネディ、ロバート・ケネディ、キング牧師の暗殺事件が、もしやフーバーの関与があったのではないだろか?~と、におわせているようでした。

公私にわたってフーパーを支えたFBI副長官のクライド・トルソン。
感情を知りながらも抑え続けた二人は、愛と信頼と尊敬で、彼らに取って生きにくい時代を生き抜いたことになります。
フーバーの個人秘書ヘレン・ギャンディも長年に渡り彼を支え続けました。
一度はフーバーにプロポーズされたギャンディですが、忠実な部下を貫き通します。
一説では、彼女もまた同性愛者だったらしく、複雑な三人だからこそ、最大の武器として極秘情報の存在が保たれたのかもしれません。
レオ君はまだしも、このお二人の老けメークは最低でした!
J. Edgar11
共産主義者の排除に尽力を注いだ男は独裁者のように君臨し、人種差別やゲイ差別しながら自身がゲイであることを認められない。
盗聴脅迫や裏工作にでっち上げなどの行為は、自由や解放を必要とせず、保守的で抑圧するフーバーが、他人の自由を憎み嫉妬しているようにも感じました。
正義感には危険性が伴うものだとつくづく思わされます。
イーストウッド監督は、善悪、価値観やモラルの評価を求める作品より、あくまでも自分の信念を貫き通したフーバーを描いたようです。
最後に仕えたニクソン大統領を「これまでとは違う」と言ったフーバーの死後、ウォーターゲート事件が起きることになります。

Comment

編集
なるほど、事実として確認できないものは映像化していなかったんだ。それじゃ大統領とどうこうというのも、確認は無理ですよねぇ。
映画的な脚色よりも、完全トゥルーストーリーってことになるんだろうけども、仰るように確かに焦点がぼやけたというか、母の愛情、同性愛に焦点がいっちゃったかな…。
2012年01月30日(Mon) 00:50
それでなのね・・・
編集
オリーブリーさん、こんばんは☆
なるほど「イーストウッド監督は、事実として確認できていないものは映像化しない」ので、このような感じの作品になったのですね。
ほんとうのところどうだったの?とか、ちょっとボカして深く突っ込んでないところが、やや歯がゆい気がしていたのですけど、そういう方針なら仕方ないですよね。
2012年01月30日(Mon) 01:05
こんにちわ
編集
これだけ頑張ってアカデミー主演男優賞ノミネートを逃すのは淋しいですよね。
やっぱりレオくんの場合はあの声の高さがネックなのかな~。
老け役にあの声はちょっと厳しいものがありますからね。
2012年01月30日(Mon) 09:08
KLYさんへ
編集
こんにちは。

ハッキリしない事実を描かないのはイーストウッドらしいけど、彼にしたら切り口が柔らかだったかもですね。
もっとイッパイ汚い(苦笑)ことしているんだろうけど、ご老人の回想録って手法が、ちょっと哀れさも感じてしまって、それも監督の意図するとこにノセられたのかな~なんて。
巨大な権力を持っても、プライベートは寂しいものでしたね…(^_^;)
2012年01月30日(Mon) 12:20
まだ~むさんへ
編集
こんにちは。

何か色々とあざといことやってそうですよね(^_^;)
歴史を振り返れば、トップに立つ人って多かれ少なかれ皆同じようなことやってるんだろうな…と。
作品的には物足りなさは残りましたが、フーバーって人物には興味持てました。
2012年01月30日(Mon) 12:30
にゃむばななさんへ
編集
こんにちは。

老け時間の方が長くなかったですか?(笑)
声の芝居それなりに頑張ってた思うけど、顔だけでなくて姿勢なんかも重要ですもんね…。
どんなにメイクしても、レオ君の若さはまだ隠しきれませんね。
ナオミなんて顔がしわくちゃなのに、身体は凛としていて違和感タップリでしたよ(;´Д`A ```
2012年01月30日(Mon) 14:10
こんにちは
編集
「キミの捜査能力は疑わしい」ってどこかで聞いたぞ!と思っていたら
『パブリック・エネミーズ』だったのね。
リンドバーグ事件くらいかな~、ちょっと惹き込まれたのは(苦笑)
主要3人の老けメイク酷かったですよね!
アーミー・ハマーは演技で頑張ってたけど観てて辛かったです。
2012年01月30日(Mon) 14:36
itukaさんへ
編集
さっき「パブリック~」のBRを買ってから初めて観たんですが(爆)
フーバーのシーンには、やはりピッタリとトルソンが張り付いておりましたo(^▽^)oキャハハハ
微かな記憶なんですけど、フーバー長官は、デリンジャーの銃やデスマスクを長官室にずっと飾って自慢(?)してたとか…。
確か、最初の方で、テーブルにそんなような物が並んでいたような気がしたんですけど、覚えてます?
劇中でもデリンジャーとセリフがある度、あのジョニーが浮かんできて、ご婦人方に「首から弾が入って右目の頬辺りから貫通した…」って言ってたのもデリンジャーの事だわぁ~とか♪不埒な見方をしてたわたし…(^_^;)

レオ君は熱い演技でしたが、メイクが台無しでしたよね~。
他の二人がとにかく酷くて、ハマーはよぼよぼと頑張れば頑張るほど無理があるし、いくら70歳過ぎていてもあの顔はないだろうのナオミに苦笑。
そうそう、誘拐事件だけFBI捜査っぽかった(笑)
2012年01月30日(Mon) 17:22
こんにちは
編集
先日はお見舞いをありがとうございました。
体力もそこそこ戻ってきましたし、またボチボチ更新を再開いたしますので、またよろしくです。

でもねー、この映画地元公開が無いんですよ~(今のところ)。イーストウッドだし、レオだし、見たかった!
アカデミー賞ノミネートだったら後に公開されただろうに・・・と残念です。
2012年02月02日(Thu) 09:22
たいむさんへ
編集
こんばんは。

今週は寒い日が続いていますから、退院後、あまり無理せず、体力回復のため暖かくして栄養一杯取って下さいねo(*^▽^*)o~♪
こちらこそ、またよろしくです!

そうそう、この作品、全国規模かと思いきや、意外と地味な公開なんですよね~イーストウッド&レオ君なのに、ちょっとビックリです…。
遅れてあるかもしれませんから、要チェックかも♪( *^-゚)/⌒☆゙
2012年02月04日(Sat) 01:06
編集
レオ様はがんばっていました。

チャレンジャーですね。


なにも知らずにみたのでフーバーの業績?興味深かったです。

でも、やはり人間ドラマとして心に残りました。

愛するひとが1人いたっていうことが、フーバーのなによりの救いでしたよ。


でも48年は長く居座りすぎ!(涙)


ほんとにいやな頑固じじいだ~(笑)
2012年02月04日(Sat) 18:44
じょいさんへ
編集
こんばんは。

フーバー長官って、度々映画で名前とか登場しても、こんな人だったと知ることができたので、私も勉強になりました。
科研の導入とか頭脳が優れた反面、プライベートな部分って、どんな人でも多かれ少なかれあると思いますが、彼の場合は時代や職種の地位なんかも含め難しかったんでしょうね。
確かに、こんなに長い間トップに君臨なんて、まるで日本球界の、、、頑固じじぃみたい、、、モゴモゴ(苦笑)
時代のお陰なのかなぁ~と思う反面、フーバーさんが先駆者となったみたいな苦悩は感じました。
2012年02月05日(Sun) 00:34
こんばんは~☆
編集
>正義感には危険性が伴うものだとつくづく思わされます
そうそう、情報は与えるけど、取り方は観客次第としながらも
コレまでのアメリカ、今のアメリカ、これからのアメリカ・・を
なんとなく思いやる描き方、でしたよね~。

で、やっぱり「パブリック・エネミーズ」のあのシーンが思い出されました♪
記事中に上手く書けそうになかったのでカットしちゃったけど(^^ゞ
2012年02月09日(Thu) 21:30
kiraたんへ
編集
こんにちは。

この前「パブリック・エネミーズ」観たら、いつもトルソンが側にいて(笑)そんな人だったんだ~と思いながらまた違った見方ができたわ。
電話交換室から盗聴してるシーンなんて、あまり気にかけなかったけど、なるほど、納得。

フーバーのような人が国の歴史を作ってきたって事実を知ると、善行だけでは発展しないんだって感じますね。
2012年02月11日(Sat) 11:21
ははは!
編集
この映画で「パブリック・・」に想いが行くのはさっすがですね。
アタシは、「ザ・ロック」とかに、行っちゃった。
2012年04月22日(Sun) 13:13
sakuraiさんへ
編集
ニコの「ザ・ロック」ですか?
アルカトラズとブラッカイマーらしいありえないド派手アクションしか記憶にないかも…(苦笑)
2012年04月23日(Mon) 12:52
「ザ・ロック」の
編集
最後で、ショーン・コネリーから秘密のフィルムのありかを聞いて、新婚旅行の最中にそれをゲット。
フーバー時代の秘密とか、ケネディの犯人は!!とかがわかった・・みたいなオチがついてたのを思い出しました。
あの映画のFBI長官もいかにもフーバーっぽかったわ。
2012年04月23日(Mon) 21:54
sakuraiさんへ
編集
わわわ!!
そんなこと、すっかり忘れてるし!!
重要なオチじゃないですか(滝汗)
また機会あったら、、、観なきゃと覚えときます。
2012年04月27日(Fri) 15:35












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

J・エドガー/J. Edgar
クリント・イーストウッド監督最新作。FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた伝記物語だ。大統領ですら手が出せないほどの権勢を誇った男の人生の裏側を赤裸々に映し出す。主演は『インセプション』のレオナルド・ディカプリオ。共演に『愛する人』のナ...
2012年01月30日(Mon) 00:44
「J.エドガー」フーバー長官の秘密
アメリカでFBI初代長官として、科学捜査の基礎を確立し、大統領や有名人の秘密を知り尽くして恐れられていた人物の隠された本質とは・・・ 彼が徹底した人種差別は、何から来るものだったのか・・・?
2012年01月30日(Mon) 00:52
クリント・イーストウッド監督『J・エドガー』(J. Edgar)
注・内容、台詞に触れています。クリント・イーストウッド監督『J・エドガー』(J. Edgar)脚本はダスティン・ランス・ブラック(ガス・ヴァン・サント監督「ミルク」でアカデミー賞脚本賞受賞) 物語・F
2012年01月30日(Mon) 00:54
『J・エドガー』 毛布をかけてもらうには?
 【ネタバレ注意】  クリント・イーストウッド監督がJ・エドガー・フーバーの映画を撮る!  その報に接したとき、あまりにも上手い組み合わせに驚くとともに、傑作になることを予感してワクワクした。 ...
2012年01月30日(Mon) 03:01
J・エドガー
J・エドガー@よみうりホール
2012年01月30日(Mon) 05:42
映画レビュー「J・エドガー」
J・エドガー(レオナルド・ディカプリオ主演) [DVD]クチコミを見る◆プチレビュー◆ディカプリオがフーバーの青年期から老年期までを怪演。伝説の男が信じた正義は現代アメリカの闇を ...
2012年01月30日(Mon) 08:42
『J・エドガー』
初代FBI長官、革新者、マザコン、同性愛者、秘密主義、権力者、正義を愛するアメリカ国民、そして近代アメリカの裏の歴史ジョン・エドガー・フーバー。 恐喝・盗聴・科学捜査を駆 ...
2012年01月30日(Mon) 09:08
J・エドガー
【J. EDGAR】 2012/01/28公開 アメリカ 137分監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。 1924年にFBI初代長官に任命さ...
2012年01月30日(Mon) 09:42
J・エドガー / J. EDGAR
ランキングクリックしてね ←please click アメリカでは誰もが知る存在を恐れられていた実在の人物、J・エドガー=ジョン・エドガー・フーバーを レオナルド・ディカプリオが熱演の、クリント・イーストウッド監督最新作 またまた2時間超えの長さ! ...
2012年01月30日(Mon) 10:01
J・エドガー
ディカプリオがフィリップ・シーモア・ホフマン化 公式サイト。原題:J. Edgar。クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジュ ...
2012年01月30日(Mon) 12:46
【映画】J・エドガー
JUGEMテーマ:洋画  監督:クリント・イーストウッド 主演:レオナルド・ディカプリオ 簡単にあらすじ 1924年にFBI初代長官に任命されたジョン・エドガー・フーバー (レオナルド・ディカプリオ)は、歴代の大統領に仕え、 数々の戦争をくぐり抜け、半世紀にわ...
2012年01月30日(Mon) 12:52
J・エドガー
評価:★★★☆【3,5点】(F) ディカプリオのフィルモグラフィーに、またひとつ箔が付く。
2012年01月30日(Mon) 14:19
J・エドガー
FBIに48年君臨した男公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/hoover監督: クリント・イーストウッドFBI初代長官として、アメリカの秘密を握ってきた男、J・エドガ
2012年01月30日(Mon) 15:55
『J・エドガー』 2012年1月18日 よみうりホール
『J・エドガー』 を試写会で鑑賞です。 フーバー長官って言う方が、日本では分かりやすいよね・・・ 【ストーリー】  1924年にFBI初代長官に任命されたジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、歴代の大...
2012年01月30日(Mon) 16:25
J・エドガー/レオナルド・ディカプリオ
FBIの初代長官となったジョン・エドガー・フーバーの半生をクリント・イーストウッド監督がレオナルド・ディカプリオを主演に描く伝記ドラマです。FBI長官のJ・エドガーといえば有 ...
2012年01月30日(Mon) 17:19
J・エドガー
その男,葛藤につき。  
2012年01月30日(Mon) 17:37
ゲイ色強し。 【映画】J・エドガー
【映画】J・エドガー FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描く。 クリント・イーストウッド×レオナルド・ディカプリオ 【あらすじ】 1924年にFBI初代長官に任命されたジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、歴代の大統領に仕?...
2012年01月30日(Mon) 17:39
『J・エドガー』 ('12初鑑賞13・劇場)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 1月28日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:35の回を鑑賞。
2012年01月30日(Mon) 20:27
J・エドガー / J. Edger
虚実に包まれた謎の人物である、FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた映画。一応、歴史的事実を元に描かれていますが、フーバーを巡る物語自体は、創作という形になっています。1972年のフーバーが回顧録を口述していると言う設定で物語は進み、時に応じ...
2012年01月30日(Mon) 22:12
映画「J・エドガー」
映画「J・エドガー」を鑑賞しました。
2012年01月31日(Tue) 00:13
「J・エドガー」
FBI(アメリカ連邦捜査局)(Federal Bureau of Investigation)の初代長官ジョン・エドガー・フーヴァー(在位1924年~1972年)とは、どんな人物だったのか。
2012年01月31日(Tue) 00:20
『J・エドガー』
(英題:J. Edgar) ----J.・エドガーって何した人? 「何をしたというよりも、 ある地位に君臨し続けたという方が分かりやすい。 J・エドガー、J・E・フーバーは、FBIの初代長官。 20代にして、FBI前身組織の長となり、 以後、死ぬまで長官であり続けた男。 20世紀の半...
2012年01月31日(Tue) 22:24
『J・エドガー』
□作品オフィシャルサイト 「J・エドガー」□監督 クリント・イーストウッド □脚本 ダスティン・ランス・ブラック □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、       ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ、デイモン・ヘリマ...
2012年02月02日(Thu) 12:11
FBIを創った男~『J・エドガー』
 J. EDGAR  初代FBI長官J・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、老境に 差し掛かってもその地位に君臨していた。彼は、半世紀近くに渡るFBIでの 出来事を、自らの回想録と...
2012年02月03日(Fri) 15:07
J・エドガー(試写会) J.EDGAR
ディカプリオが、一瞬レスリーとダブりました。 FBIを創設して初代長官に就任し、8代の大統領に仕えたジョン・エドガー・フーバーを、クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演で描く。物語は、晩年のフーバーがFBI創設前夜からの話を口述筆記させる...
2012年02月07日(Tue) 23:01
偉人の話かと思いきや・・・。『J・エドガー』
FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた作品です。
2012年02月08日(Wed) 22:08
J・エドガー 自らの権威にここまで執着する人物ってすごい!ってのを見事に描いていた
【=7 -0-】 最近、クリント・イーストウッド監督の作品は絶対に見逃せないと思っている。 封切りからずいぶん経ってしまったが、先日ようやく鑑賞できた(上映時間がなかなか噛み合わなかった) 期待を裏切らず、興味深い、のめり込める作品だった! FBI初代長官として...
2012年02月09日(Thu) 12:45
J・エドガー
だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。 原題 J. EDGAR 製作年度 2011年 上映時間 137分 脚本 ダスティン・ランス・ブラック 監督 クリント・イーストウッド 出演 レオナルド・ディカプリオ/ナオミ・ワッツ/アーミー・ハマー/ジョシュ・ルーカス/ジュディ・デン...
2012年02月09日(Thu) 21:19
映画「J.エドガー」正義に取りつかれた男の物語
「J.エドガー」★★★★ レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、 ジョシュ・ルーカス、ジェフリー・ドノヴァン、 リー・トンプソン、ジュディ・デンチ出演 クリント・イーストウッド 監督、 137分、2012年1月28日公開 2011,アメリカ, ワーナー・ブラザース (原題:...
2012年02月12日(Sun) 09:52
J・エドガーという人
1日のこと、映画「J・エドガー」を鑑賞しました。 イーストウッド監督、ディカプリオ主演 期待は高まるわけですが 50年もの間 権力を手にしたFBI初代長官 J・エドガー・フーバーの話 ストーリーは淡々と語られていき 伝記のようですね ちょっと 盛り上がりに欠けたか...
2012年02月12日(Sun) 17:11
J・エドガー(2011)☆★J. EDGAR
 だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。デカプリオ&イーストウッド監督初のコラボが実現! 評価:=60点 東宝シネマズ二条にて鑑賞。 これは事前にジョン・エドガー・フーヴァーなる人物について知っておくべきでした。まだ未見の方、その方が良いと思いま...
2012年02月12日(Sun) 23:57
J・エドガー/J. Edgar
FBIを築き上げた初代長官のフーバー。 ちょっと気になる人物だし、クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演ということで、観たいと思ってた作品。 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 FBI初代長官として、アメリカの秘密を握ってきた男、J...
2012年02月20日(Mon) 05:20
■映画『J・エドガー』
50年にわたりアメリカの秘密を握り続けた、FBI初代長官のジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた映画『J・エドガー』。 クリント・イーストウッド監督は、アメリカ大統領たちすらも恐れた男を、強烈な母の呪縛のもと、本当の自分を偽り“男として”パワーをもつこと...
2012年02月20日(Mon) 12:11
J・エドガー
クリント・イーストウッド監督×レオナルド・ディカプリオ。 これは興味深い!しかしJ・エドガーて誰?何の話? 何の予備知識も無いまま『J・エドガー』を観てきました。 ★★★★ んー、なるほど益々この人物が興味深い。 クリント・イーストウッド、よくもこれだけ全...
2012年02月20日(Mon) 20:16
「J・エドガー」
ディカプリオ、がんばるの巻。 初代FBI長官ジョン・エドガー・フーバーの一代記をぼてぼての老けメイクまでしてがんばる。 有名人の一代記としては、ハワード・ヒューズを描いた「アビエイター」があったけど、それに勝るとも劣らない熱演。 「アビエイター」でも、...
2012年02月23日(Thu) 21:43
J・エドガー
 『J・エドガー』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)こうした実在の人物を描く作品はあまり好みませんが、クリント・イーストウッド監督(注1)が制作し、L・ディカプリオ(注2)の主演ということであれば、何はともあれ見ざるを得ないところです(同監督の『インビクタ...
2012年02月24日(Fri) 05:56
J・エドガー           評価★★★★85点
「インセプション」のレオナルド・ディカプリオが、FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーに扮し、創設から50年もの間、そのトップに君臨し続けた権力者の隠された生涯を描く。監督は「ヒア アフター」のクリント・イーストウッド。共演は「フェア・ゲーム」のナオミ・...
2012年04月17日(Tue) 23:44
J・エドガー
一人の男の人生と、アメリカの歩んだ道のりが哀しくクロッシング。
2012年04月22日(Sun) 13:13
映画『J・エドガー』を観て
12-17.J.エドガー■原題:J.Edgar■製作年、国:2011年、アメリカ■上映時間:137分■字幕:松浦美奈■観賞日:2月23日、渋谷シネパレス(渋谷) □監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド◆レオナルド・ディカプリオ(J.エドガー・フーバー)◆ナオミ?...
2012年04月30日(Mon) 19:15
J・エドガー
これイーストウッド監督作品だったんですねぇ。 ジョン・エドガー・フーバーといえばFBI。アメリカ犯罪史にとって重要な科学捜査を確立させ、指紋管理システムを作り大組織へと変貌させた男。実に48年もの間長官を勤め上げ、その正義感と悪の部分が両立した複雑な人物?...
2012年06月08日(Fri) 09:53
猜疑心と虚栄心、そして愛 『J・エドガー』
監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジュディ・デンチアメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 6点
2012年06月22日(Fri) 12:39
J・エドガー
『J・エドガー』---J. EDGAR---2011年(アメリカ)監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ 、アーミー・ハマー 、ジュディ・デンチ 初代FBI長官ジョン・エドガー・フーバーの生涯を、クリント・イーストウッド監...
2012年08月01日(Wed) 15:43
【映画】J・エドガー…ヤッパリ、アメリカの昔話は退屈
一昨日、帰省する息子を小倉駅まで迎えに行った足で、そのまま「アイアンマン3」を観てきました 感想文は後日…といっても、まだ「アベンジャーズ」のもアップしていない私でした ...
2013年04月29日(Mon) 21:09