スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50/50 フィフティ・フィフティ 

2011, 12. 03 (Sat) 23:51

4312_3190998173.jpg

ラジオ局で働く27歳のアダム (ジョゼフ・ゴードン=レヴィット) は、背中の痛みで病院へ行くと脊髄の癌と宣告される。
ガールフレンドのレイチェル (ブライス・ダラス・ハワード)や親友カイル(セス・ローゲン)は、アダムから告げられた事実をそれぞれの形で受け留めるが…。


脚本家ウィル・レイサーの実体験を元に、余命宣告を受けた青年が病と向き合う姿をコミカルに描くハートフルドラマ。

2011年 12月1日公開 アメリカ映画
監督 ジョナサン・レビン
男の友情がイイ!{★★★㊤3/5}

ガンを宣告されたアダムは、酒もタバコもやらず体に気を使い、ランニング中も赤信号を守る律儀で真面目な青年。
同僚や恋人、家族が気遣う中、悪友カイルだけはいつも通りに接してくれるが、抗がん剤の効果がみられず、病状は刻々と悪化していく。
ィフティ・フィフティ
よくある難病モノではありますが、主人公の青年が自分の病状や周囲の変化に直面し、前向きに乗り越えていくストーリーです。
ガンだと告白したアダムと、「50/50?!それ、悪くないぞ!」と今まで通りのノリで彼を励ます悪友カイルの男の友情が微笑ましくて素敵。
お涙の押し売りも悲壮感も一切なく、ユーモアがちりばめられ、「ああ、友達ってありがたいな」とじんわり温かな気持ちになれる後味の良い作品でした。
ィフティ・フィフティ18
ガンに限らず、病気を抱える友達とどう接してよいか…。
連絡して良いものか、誘って良いものかと、どうしても気遣いが先に立ち、次第に疎遠になってしまうのかもしれません。
アダムの場合も、恋人や家族、周りの人たちの反応は、それぞれリアルなものでした。
闘病生活を支えると誓った恋人のレイチェル、母 (アンジェリカ・ヒューストン) とアルツハイマーの父、研修中の心理療法士キャサリン (アナ・ケンドリック)、抗がん治療仲間の先輩患者たちなど、周囲の人たちと接しながら、アダムは何が本当に大切なのか、どう生きたいのか感じ取っていきます。
自分だったらどうなるんだろう?と、患者であるアダムと周囲の人たち両方の立場で観ていました。
ィフティ・フィフティ2
悪友で同僚のカイルは、ガンをネタにナンパしたり、楽観的で無神経に見えるけど、あえて普段どおり明るく接することで、病気を笑い飛ばそうとする。
アダムとは真逆なカイルだけれど、彼だって本当は平常心でいられなかったはず。
ガン患者と向き合うハウツー本を読んでいたり、アダムの手術に付き添う姿に、彼なりの強い意思と思いやりが感じられ、アダムは心が救われます。

アダムになかなか馴染んでもらえなかったセラピストのキャサリンですが、お互いが成長していくように、2人が少しずつ距離を埋めていく過程も良かったです。
彼女の控えめで柔らかい誠実さは、アダムの癒しや支えになっていくのでしょうね。
110921_5050_sub4.jpg
アダムの役は、ジェームズ・マカヴォイが演じることになっていたのですが、プライベートな事情で降板し、急遽、ジョー君が短い準備期間で見事にこなしたというもの。
マカちゃんでも観たかったけど、頼りなくか弱そうな風貌、繊細で生真面目な内面は、ジョー君にピッタリで、またしても彼の徹底した役作りと演技力を魅せられました。
いつもより控えめな感じのセスも良かったです。
あんなこんなで出ずっぱりのジョー君に大満足でした♪
個人的に期待イッパイだったのですが、意外と淡々とした展開だったので、もうちょっと笑えてジーンと泣きたかったかなぁ~なんて(苦笑)
ィフティ・フィフティ16
シリアスなガンの題材は、苦しみや辛さを笑い飛ばすかのようにコミカルで、逆に生きるメッセージが力強く伝わって来ます。
このバランス加減が絶妙で、どんな時でも笑いを忘れないことが、暗い気持ちを緩和させてくれるのだと改めて気づかされる作品でした。

コメント

にゃむばなな

こんにちわ

こういう友達っていいですよね。
恋人も母親も新米セラピストも心配してくれるのは分かるんですけど、その心配の根底に「アダムは病気に負ける」があるのが当事者にはイヤなところ。
逆にカイルは絶対に親友は病気に勝つ!と思って接してくれているところが何とも心温かいことか。

2011/12/04 (Sun) 09:17 | にゃむばなな | 編集 | 返信

SOAR

こんばんは♪

終始コミカルな雰囲気ただよう中で、
それでもしっかりと生きることへのメッセージが感じられました。
医療難病作品お約束である悲壮感や過酷な闘病や涙々のストーリーでなくとも
伝わる感動ってあるんですね。

寒空の下、本当に心温まる鑑賞となりました。

2011/12/04 (Sun) 18:33 | SOAR | 編集 | 返信

KLY

NoTitle

私は今までセス・ローゲンてあまり好きではなかったんですね。
でもこの作品で見直しちゃいました。かれがコメディ俳優だから
こそ成立するこの演出だと思うし。
ラストの感動シーンもさkることながら、なのに結局追い出され
ちゃうなんて正に彼らしいと思いましたよ^^

2011/12/04 (Sun) 22:22 | KLY | 編集 | 返信

ノルウェーまだ~む

周囲の人の心

オリーブリーさん、こばんは☆
本当にそうですね。
病気で苦しんでる本人が一番大変でしょうけど、周りの人もあれこれと悩んでいる。
一生懸命な気持ちが、かえって患者さんには負担だったりするのかも。
男同士の親友っていいですねぇ~

2011/12/05 (Mon) 00:38 | ノルウェーまだ~む | 編集 | 返信

オリーブリー

にゃむばななさんへ

こんばんは。

レイチェルがいい例で、妻でも肉親でもない、恋人ぐらいだと、最初は支えると言い切っても、ああなるのは仕方がないんでしょうね。
元々、二人の関係は微妙だったんだし…。
でも、病院のお迎えぐらいは、きっちりとやってもらわないと!!

友達は、本当に財産ですよね。
特別何も言わなくても、そこにいるだけで通じ合う気持ちとか。
特に男同士は、いつまでも子供っぽいことを大喜びで楽しんだりするから、女からすると羨ましかったり微笑ましかったりします♪( *^-゚)/⌒☆゙

2011/12/05 (Mon) 00:56 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

SOARさんへ

こんばんは。

本当に仰る通りで、くだけた中に、生へのメッセージが込められていました。
これでもか~なお涙頂戴より、よほど説得力があるし、どんな時でも、受け止める勇気と前向きになることを忘れずにいたいですよね。
ユーモアも忘れずに(*^-^)笑。

お友達、きっと喜ばれると思いますよ!!

2011/12/05 (Mon) 01:10 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

KLYさんへ

こんばんは。

私、セスが例の調子でガンガンと絡んでくるのかと思ってたんで、案外、抑えた芝居だったのが意外でした(笑)
まあ、セスが前面に出てきたら、コメディ色が強くなりすぎるだろうし、実際、あんな風に接したのかもしれませんね(*^-^)

2011/12/05 (Mon) 01:15 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

まだ~むさんへ

こんばんは。

闘病記より友情記でした。
あと、周りがどうあるべきかも考えました。
できるだけ明るく普通にいられたら、、、と思いますね。

2011/12/07 (Wed) 18:20 | オリーブリー | 編集 | 返信

ロク

お久しぶりです。

なんちゃって(笑)
楽しい時間をありがとう。
いくら遠征してジョーを観るといっても 
Oちゃんがいなければ右も左もワカラナイ私、お世話になりました(^人^)

ジョーはもちろん言うことなしで満足でした。
こういう普通の人を普通に演じるのは本当に上手い、ハマってたね~☆
どのキャストも脚本も良かった。

ちょっと期待し過ぎたのと、先に観たのが面白かったので地味な印象になっちゃったけど、
ちゃんと映画館で観れて本当に嬉しかったです。
またよろしくね~(*´ω`)/

2011/12/08 (Thu) 11:29 | ロク | 編集 | 返信

オリーブリー

ロクちゃんへ

おこんばんは!
コメント、サンクス!!o(^▽^)o

あっと言う間の2日間だったね。
食べて飲んで喋って観てって、満喫したわっ(爆)
ジョー君の映画、もっと大きい規模で上映しても入ると思うんだけどねぇ~。
でもこうやって会える機会が増えるのは嬉しいよo(*^▽^*)o~♪
また待ってるよぉ~ひつまぶしも(笑)

ジョー君の演技は信頼してるから、モチロン期待は裏切らなかったけど、案外、セスが控えめで、下ネタもその程度(ぼかしもわざとらしいくらい~笑)に抑えて好演だったね。

誰でも避けては通れない病気。
こんな風に、色々と取り組み方や生き方を示してくれるような映画が増えてくれるといいな。

2011/12/10 (Sat) 00:37 | オリーブリー | 編集 | 返信

ノルウェーまだ~む

ジョー君にぴったり

オリーブリーさん☆
男同士の友情に胸が熱くなりましたね。
熱血に熱かったりせずに、いつものようにちゃらんぽらんに接することで元気つけていたなんて!
結構しっかりどん底に落ちてしまってビックリなんだけど、それがかえって本人を成長させていったのかもしれないですね。

2012/02/05 (Sun) 16:32 | ノルウェーまだ~む | 編集 | 返信

オリーブリー

まだ~むさんへ

こんにちは。

闘病というより友情モノでしたね。
ノー天気なカイルが実は…ってトコが結構グッ、、、となりました。
どんな時でも周りの家族や友人ってホント大切ですね。

ブライス・ダラス・ハワードって、嫌な女が定着しつつあるみたい?(爆)
「ヒアアフター」もちょっと良い感じしなかったし「ヘルプ~」も嫌われ系みたいですね(^_^;)

2012/02/07 (Tue) 15:40 | オリーブリー | 編集 | 返信

sakurai

あぁあ

マカちゃんでも、ありですねえ。
ちょっと濃い目になりそうかなあ。さらっと薄目の感じのジョセフ君で、良かったかもですね。
親父の癌も結構、ずしんと来たんですが、今年の年賀状に、大学時代の友人から、「車いす生活です!」のカミングアウトがあって、どう処したらいいか、悩み中です。

アダムズ・ファミリーおかあさんとのやり取りで、じわっとやられてしまいました。
三本続けて、死と面と向かった作品で、目がとんでもないことになってましたわ。

2012/03/05 (Mon) 20:55 | sakurai | 編集 | 返信

オリーブリー

sakuraiさんへ

こんばんは。

>三本続けて、死と面と向かった作品

去年の12月、これと「永遠の僕たち」を観て、ガエルとケイトも行こうと思ったんですが、さすがに年末であったのと、悲観的ではないにせよ、病気モノもういいわ~になっちゃいました(^_^;)汗。
アダムズ・ファミリーおかあさんって、やっぱりアダムズ・ファミリーのおかさんですよね(爆)
普通の顔でもインパクトあるし、、、。
マカちゃんも観たかったけど、今回はジョーで正解かな(笑)
ま、私は、どっちでもオイシイですけどねっo(^▽^)oキャハハハ

sakuraiさん、そうなんですか…。
こういうことって、同じ立場を経験した人にしか心底分からないですよね。
でも、カミングアウトされるなら、何か吹っ切れたからではないのでしょうか…。
何があっても、これまでと変わりないと伝えてあげるのはどうでしょう?

2012/03/06 (Tue) 23:53 | オリーブリー | 編集 | 返信

latifa

そうなんだ?!

オリーブリーさん、こちらにも^^

>アダムの役は、ジェームズ・マカヴォイが演じることになっていたのですが

そうなんだ!?知らなかった。
そして、すごい納得。
というか・・・、2人、ちょっと似てるオーラというか雰囲気が有るような・・・
私は2人とも好きだな、そう言えば・・。
小柄で、優しそうで、ちょっと気が弱そうで、なんか日本人ちっくというか、親近感が沸くタイプ・・。

2012/10/01 (Mon) 17:06 | latifa | 編集 | 返信

オリーブリー

latifaさんへ

そうなんですよ、マカちゃんは、嫁と一緒に産休に入ったんじゃなかったかな(笑)
セスとの相性が良さそうに感じたので、結果的には、ジョー君で正解でしたね。

来年早々、タイムトラベルもの「LOOPER/ルーパー」が楽しみです!
ジョー君の未来の姿は、なんと、ブルース・ウィリスだって(大爆)

2012/10/01 (Mon) 21:30 | オリーブリー | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック
  •  50/50 フィフティ・フィフティ
  • 本作に出演し製作も務めているセス・ローゲンの親友で、脚本のウィル・ライザーが実際にガンを克服した実話をもとに作られたヒューマンコメディだ。主演には『(500)日のサマー』のジョセフ・ゴードン=レヴィットが、共演には『マイレージ・マイライフ』のアナ・ケンド?...
  • 2011.12.04 (Sun) 01:54 | LOVE Cinemas 調布
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  50/50 フィフティ・フィフティ
  • 映画自体がセラピー? 公式サイト。ウィル・ライザー脚本、ジョナサン・レヴィン監督、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、セス・ローゲン、アナ・ケンドリック、ブライス・ダラス・ ...
  • 2011.12.04 (Sun) 07:54 | 佐藤秀の徒然幻視録
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  『50/50 フィフティ・フィフティ』
  • 27歳、生存率50%のガン宣告。友だち、家族、仕事、好きなひと…。人生、あきらめるには早すぎる。 実際にガンを克服した脚本家ウィル・ライザーの実体験をもとに描かれたこの作品 ...
  • 2011.12.04 (Sun) 09:17 | こねたみっくす
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  50/50 フィフティ・フィフティ
  • 難病ものなのに、ドライなユーモアが漂うハートフル・ドラマ「50/50 フィフティ・フィフティ」。いざというとき心の支えになるのは、本音で接してくれる友人なのだ。酒もタバコもや ...
  • 2011.12.04 (Sun) 09:40 | 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
この記事へのトラックバック
  •  『50/50 フィフティ・フィフティ』・・・身近なガン患者への接し方とは
  • ガン患者を主人公に据えた作品だが、壮絶な闘病物語でもなく、その生死をめぐる感動号泣ドラマでもない。世話役を買って出たはずの恋人は去ってしまうし、親友も影で涙を流すどころかガンをネタにして悪ふざけの日々。担当となった新米セラピストもどこか頼りない。 それ...
  • 2011.12.04 (Sun) 18:02 | SOARのパストラーレ♪
この記事へのトラックバック
  •  『50/50 フィフティ・フィフティ』
  • (原題:50/50) ----「50/50」ってどういう意味? 「文字どおり“フィフティ・フィフティ”。 可能性は半々ってこと。 じゃあ、簡単にストーリーを…。 アダム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、酒もたばこもやらない普通の青年。 なのに、ある日、ガンを宣告され?...
  • 2011.12.04 (Sun) 18:06 | ラムの大通り
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  50/50 フィフティ・フィフティ
  • 【50/50】 2011/12/01公開 アメリカ PG12 100分監督:ジョナサン・レヴィン出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、セス・ローゲン、アナ・ケンドリック、ブライス・ダラス・ハワード、アンジェリカ・ヒューストン、マット・フルーワー、フィリップ・ベイカー・ホール ...
  • 2011.12.04 (Sun) 22:02 | 新・映画鑑賞★日記・・・
この記事へのトラックバック
  •  50/50 フィフティ・フィフティ
  • 50/50 フィフティ・フィフティ ★★★☆☆(★3つ) 27歳、生存率50%のガン宣告。 人生あきらめるには早すぎる。 って、完全に予告に騙されましたよ。。。 もっとハートフルコメディかと思いきや、がっつり闘病生活でしたな。。。もっと笑いたかったのに。 親友...
  • 2011.12.05 (Mon) 12:57 | 食はすべての源なり。
この記事へのトラックバック
  •  50/50 フィフティ・フィフティ / 50/50
  • 笑いと涙も50/50 ジョセフ・ゴードンレヴィッド&セス・ローゲン共演。これ、かなり楽しみにしてたの~。 試写にて鑑賞。 出演のセス・ローゲンの親友で、脚本を手掛けたウィル・レイサー氏の実体験をもとに、 生存率50%のがん宣告を受けた主人公の話を映画化...
  • 2011.12.05 (Mon) 13:15 | 我想一個人映画美的女人blog
この記事へのトラックバック
  •  50/50 フィフティ・フィフティ(2011)
  • 人生、あきらめるには早すぎる。 評価:+5点=75点 東宝シネマズ二条にて鑑賞。 メタルヘッドのジョセフ君が、一転してごく普通のちょっと弱気で優しい青年 アダムを好演! この柔らかな表情がたまらなく心を癒してくれる。そんな彼が突然医者からガン宣告を受け...
  • 2011.12.06 (Tue) 10:08 | 銅版画制作の日々
この記事へのトラックバック
  •  No.285 50/50 フィフティ・フィフティ
  • 【ストーリー】 ガンで余命宣告を受けた青年の姿を笑いや涙を交えて描くハートフルドラマ。酒もタバコもやらない普通の青年アダムは27歳でガンを患い、生存率50%と宣告される。同 ...
  • 2011.12.07 (Wed) 23:15 | 気ままな映画生活
この記事へのトラックバック
  •  50/50 フィフティ・フィフティ
  • 27歳で癌告知 [E:shock] 公式サイト http://5050.asmik-ace.co.jp酒もたばこもやらずに、ラジオ局で番組制作の仕事をしている27歳の青年アダム(ジョセフ・ゴードン=レ
  • 2011.12.08 (Thu) 16:28 | 風に吹かれて
この記事へのトラックバック
  •  ガンになりまして・・・
  • 1日のことですが、映画「50/50」を鑑賞しました。 まだ27歳のアダムはガンと宣告されて 5年後の生存率は50%・・・ いわいる難病モノなのですが 感動、泣きだけではなくて 根底にあるのはユーモア 難病モノでコメディベースというのが なんとも新鮮! ちょっ...
  • 2011.12.15 (Thu) 20:59 | 笑う学生の生活
この記事へのトラックバック
  •  50/50
  •  『50/50 フィフティ・フィフティ』を、TOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1) この作品も、前回の『RAILWAYS』と同様、随分と手堅くまとまりよく作られているなという感じがしました(その作品と同じように、全体的には、可もなし不可もなし、といったところでしょうか)?...
  • 2011.12.17 (Sat) 05:57 | 映画的・絵画的・音楽的
この記事へのトラックバック
  •  『50/50 フィフティ・フィフティ』
  • 先日、アスミック・エースの試写室で、『50/50 フィフティ・フィフティ』を鑑賞してきました。 病気ものってシリアスなものが多いけれど、この作品はそれほど重苦しくなく、逆にとってもユーモラス。 **...
  • 2011.12.17 (Sat) 13:55 | Cinema+Sweets=∞
この記事へのトラックバック
  •  50/50 フィフティ・フィフティ / 50/50
  • 脚本家ウィル・レイサーのガン闘病体験を元にした作品。 健康的な日常を送っていた27歳でのガン宣告。若いとガンは進行しますからねぇ。複雑&混乱すると思います。って言うか、私も今この時点でガン宣告を受けたら、どう思うんだろうなぁ。 ガンを描いた映画というと、...
  • 2011.12.19 (Mon) 22:11 | 勝手に映画評
この記事へのトラックバック
  •  50/50 フィフティ・フィフティ
  • トーキョー女子映画部さんの試写会で、ひと月くらい前に鑑賞。 やっと劇場公開だと思ったのに・・・ヒットしているのかしら? 地味ですが、なかなかいい~映画です 主演は「500日のサマー」で草食系気弱な男子を演じた後、「インセプション」でスーツ姿で激しいアクショ...
  • 2011.12.22 (Thu) 01:59 | 映画の話でコーヒーブレイク
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  映画『50/50 フィフティ・フィフティ』を観て
  • 11-82.50/50 フィフティ・フィフティ■原題:50/50■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:110分■字幕:石田泰子■料金:1,800円■鑑賞日:12月4日、TOHOシネマズ渋谷□監督:ジョナサン・レヴィン□脚本・製作総指揮:ウィル・レイサー□製作総指揮?...
  • 2012.01.15 (Sun) 17:26 | kintyre's Diary 新館
この記事へのトラックバック
  •  50/50 フィフティ・フィフティ
  • 余命を宣告された一人の青年とその周囲の人たちの姿を描くヒューマンドラマ。ガンを克服した脚本家ウィル・ライザーの実話を基に、新鋭ジョナサン・レヴィン監督がユーモアを交え ...
  • 2012.01.25 (Wed) 10:24 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
この記事へのトラックバック
  •  「50/50 フィフティ・フィフティ」
  • 普通に泣ける闘病ものはどうも・・・と思っていたら、なかなかの評判だし、ゴールデングローブ賞コメディ・ミュージカル部門でもノミネートされているし、これは観ないと! まだギリギリ劇場でやっててくれて良かった♪
  • 2012.02.05 (Sun) 16:27 | ノルウェー暮らし・イン・原宿
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  50/50 フィフティ・フィフティ (50/50)
  • 監督 ジョナサン・レヴィン 主演 ジョセフ・ゴードン=レヴィット 2011年 アメリカ映画 100分 ドラマ 採点★★★★ 髪を切った女性に対しては「髪、切ったんだ?良いね!」とか「可愛いね!」とか言っておけばいいらしいんですが、あんまりにもバッサリいかれてる…
  • 2012.07.30 (Mon) 16:47 | Subterranean サブタレイニアン
この記事へのトラックバック
  •  50/50 フィフティ・フィフティ
  • もし自分がいま癌と申告されたら、「ははは」と笑って終わらすかも^;酒もタバコもやらないのはアダムと同じだし、いたって普通に生きてきた(病気になる前は)。ぎこちない周囲の環境がわずらわしくなったり、妙な親切がイライラしたりはするかもしれない。人間いつかは...
  • 2012.08.07 (Tue) 09:37 | いやいやえん
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。