2011_11
20
(Sun)20:05

恋の罪

恋の罪

渋谷区円山町の古いアパートで、マネキンと接合された女性の死体が発見された。
殺人課の刑事・吉田和子(水野美紀)は、失踪した女性のリストから捜査を進めていく。

売れっ子小説家の妻いずみ(神楽坂恵)は、安定した生活を送りながらも虚しさを感じていた。
大学で日本文学を教える助教授の美津子(冨樫真)は、円山町で体を売るふたつの顔を持っていた。


『冷たい熱帯魚』に引き続き、園子温監督が90年代にマスコミを賑わせた“東電OL殺人事件”からインスパイアされたサスペンスドラマ。
ある殺人事件を巡り、浮かび上がってくる3人の女性の心の闇を鮮烈な映像で描く愛の物語。

2011年 11/12公開 日本映画
監督 園子温
愛を知らない女たち{★★★㊤3/5}

「堕ちた女」「堕ちて行く女」「境界線の女」
それぞれ、どこかネジが外れていて、まともな人間が一人もいません(苦笑)
ミステリーのオチは単純でストーリーも若干強引、過剰な部分が多いけど、結論から言うと、面白かったです!
園監督は詩人ですね。
田村隆一の「言葉なんか覚えるんじゃなかった」は、抽象的ですが、なるほどなぁと思います。
セックスに取り付かれる「刑事」「一流大学の助教授」「貞淑な主婦」3人の女性の二面性と欲望、抑圧、解放が描かれ、性にはけ口を求める女の闇を、辛辣で過激に追求している作品でした。

「冷たい熱帯魚」「愛のむきだし」など、崩壊していく人間を描く園監督の作品は、好き嫌いは別として、邦画を殆ど観ない自分に取って、何か気になる変な嵌まり(笑)を与えてくれます。
「健全な作品であふれる日本映画をひっくり返したい」と言われてる監督ですが、確かにこのようなジャンルが増えて欲しいと願いますので、頑張って頂きたいです。
恋の罪12
夫と娘を持つ身でありながら、不倫に走る殺人課の女刑事・吉田和子(水野美紀)。
いきなり全裸の水野美紀にビックリ!
(こんな雪乃サン見たら、真下クンはどんだけショックをうけるやら~笑)
事件を捜査する彼女は、黒子のような立ち位置で少し存在が薄くなっていますが、特殊な職業である以外、穏やかで幸せな家庭を持つ普通の女性が、浮気に走るのはそう珍しくはないでしょう。
「願望」だけ抱く主婦も多いと思います(苦笑)
和子の登場シーンは、いつも雨降り。
何でこんな男と?!と思うし、和子の行動もよく分からないけれど、客観的に事件を見つめる彼女から、女の二面性や深い闇を感じさせられます。
堕ちるか堕ちないか…水野美紀の感情を抑えたギリギリな演技が良かったです。
不倫相手は、アンジャッシュ児島さん。
今回は相当なドS、下劣で非人情な男。
「フリーター、家を買う」でも思ったけど、表情を変えず、飄々としながらの芝居が上手いわ!
110209_koinotumi_main.jpg
人気作家の貞淑な妻・菊池いずみ(神楽坂恵)。
夫に従順でありながら、心が満たされない生活に、「何かしたい」欲望に囚われていくいずみは、パート先のスーパーでモデルにスカウトされる。
服がはがされると同時に、抑えていた気持ちもはがされ、更なる刺激を求めるようになったいずみは、円山町で立ちんぼをしている尾沢美津子(冨樫真)と出会う。

昼は大学の助教授、夜は売春婦の美津子は、いずみを奈落の底まで突き落とす存在となる。
ファザコンを通り越した実父への想い、母親との確執、インテリな家庭環境が生み出したのだろうか、果てしなく下品で淫乱な女が口にする哲学が凄い。
上手いのか下手なのか分かんないけど、とにかく冨樫真の怪演は間違いなく、年増でガリガリな肉体と貧乳の娼婦に、「オマエ、私のとこまでキッチリ堕ちてこいっ―!」て言われたら、いずみでなくても「はい~!」と返事せざる終えないかも(苦笑)

美津子の母親・志津(大方斐紗子)がこれまた凄い!!
娘の売春行為を知っている母親の、「ところで売春の方は如何ですか?」から始まるお上品なティーパーティ(笑)シーンは、世にも恐ろしい光景。
「わたくしの血筋ではなく、父親の血筋に似たこの子は、この上なく下品でしょう」
「あなたもセックスなんて下品な行為に負けてはだめなのですよ」
「淫乱娘は死ね!!」「そっちこそ死ね!クソババア!」と、まあ、品が宜しいのやら悪いのやら。
大方斐紗子も怪演ですね~笑いつつもスッゴク怖かったですよ。
110914_koinotumi_sub1.jpg
紅茶や石鹸、スリッパの位置まで、決めたこと以外は受け付けない神経質な旦那・由紀夫(津田寛治)を、「ピュアな人」と言ういずみですが、彼女こそピュア(おバカさんかも)であり、堕ちるところまで堕ちていく過程は、極端ではあるけれど、「ああ、いるだろうな、こんな人」と思いました。
ウィンナーがフランクフルトになったり、AV撮影に喜んで出かけたりと笑いのエッセンスも加えながら、いけない事してるのに、生き生きとしていくいずみの変化は面白いものでした。
他の二人は、強かに二面性を持ち合わせていたけれど、いずみは抑圧の解放から、キッチリと別人に生まれ変わったのか、それとも本来の自分になったのか…。
こんなタイプは、本当に危険ですね。
真っ裸で鏡に向かうシーンが長すぎだったけど、神楽坂恵の巨乳は男性陣の目の保養になるのでしょう(笑)
彼女の芝居は、ちょっと浮いたようにも感じましたが、ラスト間際の豹変は凄まじいものでした。

この映画は女性賛歌だそうですが、登場する女性たちの心理は簡単に理解できず、共感するにはなかなか難しかったので、同じ女として「そうなのか…?」と首は傾げます。
女性は男性より性的抑圧はあるのだろうけど、いずみは世間知らずの無知な女だし、和子にしても、こんなのを望んでるのかぁ~と不思議な感覚になって、色々な事情設定はされてるけど、単なるセックス依存症みたいなものじゃぁないかしら…とも思ってしまいます。
ストレスのはけ口や変身願望といったものが、全て恋愛に向くとも思えないのですが、少なくともこの3人は、恋を求めても、愛に向かえないのだと感じました。
«  HOME  »
  WOWOWで

C.O.M.M.E.N.T

園子温ワールド!

今晩は☆彡

全開でしたね。私大好きなんです!
でも一般受けはしないですね。
あの何ともいえない世界観にハマっています。

2011/11/20 (Sun) 23:40 | mezzotint #rIECbtzM | URL | 編集 | 返信

こんにちわ

そうですね。ある意味この映画ではピュア=おバカさんと描いている部分も大いにありますよね。

それにしてもこの映画に出てくる女性陣の迫力は凄かったですわ。まさかOPの水野美紀さんの全裸シーンの印象がここまで薄くなってしまうとは!

2011/11/21 (Mon) 18:05 | にゃむばなな #- | URL | 編集 | 返信

mezzotintさんへ

賛否は分かれそうですが、園監督作品、癖になる人にはなるでしょねぇ~(私もその一人です~爆)
言葉で言うより観て感じる世界観でしょうね。

2011/11/23 (Wed) 00:56 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

にゃむばななさんへ

こんにちは。

そうそう、OPでビックリしましたが、他二人の女優があまりにもな脱ぎっぷりと怪縁で、水野美紀のそれな場面は必要ありとは思えない結果となっちゃった。

>ピュア=おバカさんと描いている部分

「主人は他に仕事場がある」いずみ発言に、意味ありげな表情を浮かべた友人達が絶妙でした(笑)
何も疑い持たないアンタが不思議(苦笑)

2011/11/23 (Wed) 16:54 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

気になる日本映画

オリーブリーさんもそうですね☆
邦画で気になるのは、いまや園監督だけですよね~

私もどの女性にも共感を抱くのが難しく、世の男性が女性の二面性に驚いて「誰しもそうなんだ・・・」みたいに思っているのが嫌だなーと思っているところです。

実際の「東電OL]の事件を調べると、ようやく納得というか、心理を理解できました。

2012/01/17 (Tue) 00:03 | ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2 | URL | 編集 | 返信

まだ~むさんへ

こんばんは。

男性側の解釈に首が傾くトコはあるし、共感できない女性ばかりだけど、いるな~こんな女性、、、とは思いましよね。(特にいづみ)

園監督の容赦ない作品作りは凄いです。
後は好き嫌いだけど、このテの監督さんがたくさん出てくると邦画も変わるのかなぁ~(*^-^)

2012/01/19 (Thu) 23:31 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

雪!

いかがですか?
めったに降らないとこでは、大変ではないかと。
この辺は、もうあきらめ状態・・。
早く春が来て欲しいです。。。

つうことで映画。
凄いと思いました。
なんつか、突きつけられ、これがオレの絵だ!と、度ストライクの玉をドスンと投げつけられ、腹にぐわわーーんときましたが、それは快ではない。
当然、好みの問題で、好きだろうが、嫌いだろうが、んなもんかまわず作ってらっしゃるでしょう。
なもんで、今回は苦手でした。
役者の凄さは堪能しましたけどね。

2012/02/09 (Thu) 10:17 | sakurai #8zie0QSw | URL | 編集 | 返信

sakuraiさんへ

こんにちは。

先週、少しだけ降りましたが、あっと言う間に溶けました。
今年は積雪が多くて大変でしょう。
私は北陸育ちなので、雪景色は恋しいものですが、豪雪の年はそんなこと言ってられませんね(;^_^A アセアセ・・・
雪かきなどそうぞお気をつけて!

凄い映画ですよね。
内容の好き嫌いは当然濃く出そうだけど、そんなことおかまいなしでやっちゃってる(笑)
役者も上手いのか下手なのか、そこもわざと狙ってるのかも知れないですね…。

2012/02/11 (Sat) 11:06 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

恋の罪 / Guilty of Romance

ランキングクリックしてね←please click 以前観たんだけどまだレビュー書いてない「自殺サークル」「エクステ」、 実際の事件を基に脚本が自身の手で脚本が書かれた「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」に続き、 1990年代に渋谷区円山町ラブホテル街で実...

2011.11.20 (Sun) 22:34 | 我想一個人映画美的女人blog

恋の罪

公式サイト。英題:Guilty of Romance。園子温監督、水野美紀、冨樫真、神楽坂恵、児嶋一哉(アンジャッシュ)、二階堂智、小林竜樹、五辻真吾、深水元基、内田慈、町田マリー、岩松了、大 ...

2011.11.20 (Sun) 22:36 | 佐藤秀の徒然幻視録

恋の罪/水野美紀、冨樫真、神楽坂恵

鬼才・園子温監督の実話系シリーズ(そんなシリーズ知りませんけど(笑))です。1990年代に渋谷区円山町のラブホテル街で起きた実在の殺人事件にインスパイアされて創作した3人の女性た ...

2011.11.20 (Sun) 22:40 | カノンな日々

恋の罪

堕ちていく女の恍惚と狂気を描く「恋の罪」は、実在の殺人事件にインスパイアされた物語。鬼才・園子温監督は、徹底した女目線にこだわっている。どしゃぶりの雨の日、渋谷区円山 ...

2011.11.20 (Sun) 23:12 | 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

恋の罪(2011)

 ようこそ、愛の地獄へ! 評価:+5点=85点 園子温ワールド全開!やっぱり期待通り凄かった。かなりきわどい作品ではありますが。。。。。 私的には好みです 冷たい熱帯魚は色で例えると灰色でしたが、こちらは色で例えるとやっぱり赤色かピンクかな。で、底知れ...

2011.11.20 (Sun) 23:35 | 銅版画制作の日々

演劇的祝祭空間。園子温・監督『恋の罪』

注・内容に触れています。1990年代、渋谷区円山町のラブホテル街で起きた実際の事件をベースに「冷たい熱帯魚」の園子温監督が描く最新作『恋の罪』。出演は水野美紀、冨樫真、神楽坂恵、児嶋一哉、二階堂智、津

2011.11.21 (Mon) 03:16 | 映画雑記・COLOR of CINEMA

恋の罪

『冷たい熱帯魚』の園子温監督が1990年に起きた東電OL殺人事件にインスパイアされて制作した衝撃と官能の問題作だ。主人公となる3人の女性に先ごろ園監督との結婚が発表された神楽坂恵、『踊る大捜査線』シリーズの水野美紀、『凍える鏡』の冨樫真らをキャスティン...

2011.11.21 (Mon) 06:56 | LOVE Cinemas 調布

『恋の罪』

言葉なんか覚えるんじゃなかった。言葉のない世界。意味が意味にならない世界に生きてたら、どんなによかったか。 不倫中の女性刑事、夜は売春に走るエリート大学助教授、下品な ...

2011.11.21 (Mon) 18:06 | こねたみっくす

『恋の罪』

「わたしのとこまで堕ちてこい――」 「さて、今日はついにこの映画のお話をしちゃうかなあ」 ----あれれ。あんまりノッてニャいみたい。 「いや。そんなことはないよ。 ただ、これは無を言わせぬ作品。 言葉では語りにくい。 思うに、園子温監督って、 今や特別なとこ?...

2011.11.21 (Mon) 21:16 | ラムの大通り

[映画『恋の罪』を観た]

☆バイトで疲れた後に見たのだが、その力強い演出に、二時間半、夢中で見た。  ストレスが溜まる展開かと思いきや、普通に面白かった。  ・・・生真面目過ぎる夫(序盤から変な夫だったが…)との生活に、人生の希望を描く上でも、性的な欲求にしても満たされぬ思いを...

2011.11.23 (Wed) 21:51 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

映画「恋の罪」みんな城の入り口を探して歩き回っている

「恋の罪」★★★☆水野美紀、冨樫真、神楽坂恵、 児嶋一哉(アンジャッシュ)、二階堂智、 小林竜樹、五辻真吾、深水元基、 内田慈、町田マリー、岩松了、 大方斐紗子、津田寛治 出演 園子温 監督、 144分、 2011年11月12日公開 2011,日本,日活 (原題:恋の罪 ) >...

2011.11.24 (Thu) 06:51 | soramove

恋の罪

ラブホテル街の片隅の廃アパートで見つかった女性の惨殺死体。その捜査を担当した刑事・吉田和子は、やがて事件に関わったとされる女性達へと近づいていく。

2011.12.01 (Thu) 10:35 | rambling rose

No.282 恋の罪

【ストーリー】 「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」の鬼才・園子温監督が、水野美紀、冨樫真、神楽坂恵を主演に迎え、実在の事件をもとに描く愛の物語。21世紀直前に起こった、東京 ...

2011.12.01 (Thu) 22:46 | 気ままな映画生活

「恋の罪」

主演は水野美紀かと思ったら、神楽坂恵だった。 人気小説家を夫に持つ貞淑な主婦が大学の女性助教授に惑わされて、闇の世界へ堕ちて行く。 主婦を演じるのが神楽坂恵。助教授を演じるのが冨樫真。彼女たちのかかわった殺人事件を追う刑事が水野美紀。 渋谷、円山町のホ...

2011.12.23 (Fri) 22:40 | 【映画がはねたら、都バスに乗って】

恋の罪

1990年代、渋谷区円山町ラブホテル街で起きた実在の殺人事件からインスパイアされた禁断の世界を描く「冷たい熱帯魚」の園子温監督作。出演は「花子の日記」の水野美紀、「凍える鏡 ...

2012.01.05 (Thu) 09:12 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ

恋の罪

 昨年のことになりますが、『恋の罪』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)この作品は、『冷たい熱帯魚』の園子温監督の手になる昨年2作目のもので、今度もどんな目覚ましい展開の映像を見せてくれるのかと、大きな期待をもって映画館に行ってきましたが、期待に違わ...

2012.01.08 (Sun) 18:38 | 映画的・絵画的・音楽的

「恋の罪」性と生

1997年に渋谷円山町のラブホテル街で実際に起きた「東電OL殺人事件」からインスパイアされたオリジナル・ストーリーを衝撃的な作風で人気の園子温監督が映像化。 公開中の「ヒミズ」が期待度高いので、今のうちに観ておかなくちゃと思って・・・・

2012.01.16 (Mon) 23:35 | ノルウェー暮らし・イン・原宿

恋の罪(2011-094)

今回個人的に最寄りのシネコンで恋の罪が上映されることが わかってそこで見ようと思っていたのだが・・・ 昨日、プリンタが壊れていたことがわかり東川口のヤマダ電機 でプリンタを注文し、まだ時間がある...

2012.01.17 (Tue) 23:16 | 単館系

恋の罪

どう見ても、「恋の罪」じゃないでしょ。

2012.02.09 (Thu) 10:18 | 迷宮映画館

「恋の罪」満たされない日常から離脱した先に待っていた堕ちた女たちの衝撃な結末

「恋の罪」(R18+指定)は1990年代に渋谷区円山町ラブホテル街で起きた実在の殺人事件からインスパイアされた作品で幸せな生活に満たされない日々を送っていた女性がある誘いを受け ...

2012.02.25 (Sat) 17:28 | オールマイティにコメンテート

恋の罪

園子温監督作品。これは女性の性、欲望を描いた作品でした。 男とは違って女には期限がある。「女」として見られる期限だ。心と体の乾きを感じている女性たち。堕ちていく女の恍惚と狂気が、ねっとりと絡みつく。実に淫靡で見終わった後の脱力感、そして安堵感が大きい。...

2012.06.04 (Mon) 13:08 | いやいやえん

恋の罪

11年/日本/144分/エロティック・ミステリー・サスペンス/R18+/劇場公開(2011/11/12) -監督- 園子温 過去監督作:『冷たい熱帯魚』 -脚本- 園子温 -出演- *水野美紀…吉田和子 過去出演作:『ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル』 *冨樫真…...

2012.06.04 (Mon) 23:31 | 銀幕大帝α

恐ろしきは女の欲望 『恋の罪』

監督:園子温出演:水野美紀、冨樫真、神楽坂恵日本映画 2011年 ・・・・・・ 8点

2012.06.05 (Tue) 20:51 | 映画部族 a tribe called movie