FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

Captain AmericaThe First Avenger

ヒトラー率いるナチス・ドイツがヨーロッパを席巻していた第2次世界大戦中の1942年。
祖国アメリカを愛する青年スティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)は、小さい身体と虚弱な体質で入隊テストをパスできない日々を送っていた。
ある日、軍のアースキン博士(スタンリー・トゥッチ)から、「スーパーソルジャー計画」プロジェクトに誘われたスティーブは、実験の苦痛に耐え、超人的な肉体と運動能力を獲得した。
しかしその直後、博士はスパイによって絶命し、計画は頓挫。
戦力として貢献する道を絶たれたスティーブは“キャプテン・アメリカ”として、債権PRに駆り出される…。


軍の極秘プロジェクトによって超人的な肉体を獲得した青年が、祖国を守るため立ち上がる姿を描く。
アイアンマン、ハルク、マイティ・ソーと共に、ヒーローチーム“アベンジャーズ”を構成するマーベル・コミックの人気ヒーロー“キャプテン・アメリカ”を実写映画化したアクション・アドベンチャー。

2011年 10/14公開 アメリカ映画
監督 ジョー・ジョンストン
マスコットからヒーローへ{★★★3/5}

ストーリーは勧善懲悪で分かりやすく、シンプルなアクションはどこか懐かしさを感じました。
ヒーローの誕生秘話は丁寧で、人柄の良さにも魅了されます。
反面、大掛かりなネタや派手さがなく、高揚感には欠けるし、全体的にオーソドックスな印象で、ちょっとイマイチだったかな…。
久しぶりのクリスも楽しみだったけど、全然期待してなかった「マイティ・ソー」の方が面白かったわ(苦笑)

見るからに小柄で華奢なもやしっ子のスティーブは、正義感の強い青年。
不合格を繰り返していた入隊審査だったが、ついにチャンスが訪れる。
アースキン博士に人間性を認められ、超人的な肉体へと変貌を遂げた。
339722_01_11_02.jpg
もやし君からマッチョな別人へと生まれ変わったスティーブを演じるクリス・エヴァンスは、モーフィングという技術で2役を好演。
何事にも恐れず、果敢に立ち向かうヒーローは、正義だけでなく、善良であるのも彼の持ち味。

せっかく強靭な身体を手にしたのに、活躍の場は、「キャプテン・アメリカ」としてコスチュームを纏い、債権購入をアピールするためアメリカ国内を巡業するステージ。
お国のため、仲間のため広告塔になったスティーブは、親友の部隊が囚われたと知ると、女性将校ペギー・カーター(ヘイリー・アトウェル)と「アイアンマン」トニー・スタークの父、ハワード・スターク(ドミニク・クーパー)の助けを借り、単身で敵地へと乗り込んでいく。
9065_4842911848.jpg
Captain America30
フィリップス大佐(トミー・リー・ジョーンズ)とアースキン博士(スタンリー・トゥッチ)。
トゥッチの髪が…(笑)
どちらも、スティーブに取っては父親的な存在だったのかも。
Captain America31
ヒドラ党の幹部ヨハン・シュミット/レッド・スカル(ヒューゴ・ウィーヴィング)。
こちらは「キャプテン」より以前、まだ未完だった血清で失敗作になったようです。
あとは人間性の問題も(苦笑)
キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー
1940年代、「キャプテン・アメリカ」陣営は、実にシンプルな戦術と武器であるのに対し、キューブを手にしたシュミット側は、めちゃ最先端で、どこに資金とそのノウハウがあるのやら?とか、これぞアメコミ?!(笑)
スターク制のコスチュームに身を纏い、星条旗イメージのフリスビーみたいな盾(?)以外、スティーブは素手なんだもんね!
陸を空を水中を、走るわ飛ぶわ、ホント、強靭な肉体でした。
ラストは、例のあの方が登場して、ちょっとキャプテンの切ないワンシーン。
そうか、ソーは神だけど、この人だけ、そんなに時代が違うのか…。

エンドロール後のオマケはもうお決まりですね~これでキャストは揃いました!
「アベンチャーズ」へと流れていきますよ。
楽しみ!!
個人的には、エドワード・ノートンからマーク・ラファロの「ハルク」交代が悔やまれますが。
2011.10.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/847-d08ee6fb