FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

2754_5989711088THE GHOST WRITER

元イギリス首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆者が事故死してしまい、破格の報酬で後を引き受けたゴーストライター(ユアン・マクレガー)は、アメリカ東海岸の孤島へと向かう。
政治に興味のない彼は、気乗りしないまま原稿を書き進めていくが、アダムのイスラム過激派テロ容疑者に対する拷問関与が取り上げられ、次第に、ラングの過去に対する疑問がわき上がってくる。


ロマン・ポランスキー監督が、ロバート・ハリスの小説を映画化したサスペンス。
元イギリス首相のゴーストライターとして雇われた平凡な男が、ある秘密に吸い寄せられていくミステリー・サスペンス。

2011年 8/27公開 フランス/ドイツ/イギリス
監督 ロマン・ポランスキー
素人探偵になったライター{★★★㊤3/5}

アダムが滞在するアメリカ東海岸の島へやって来たゴーストライター(役名なしのユアン)は、秘書のアメリア(キム・キャトラル)に出迎えられ、原稿の門外不出を言い渡される。
1か月で自伝の完成を目指すゴーストライターだが、島にマスコミが押し掛け、デモまで起こる大騒ぎとなり、思うように仕事が運ばない。
いつも不機嫌な妻のルース(オリビア・ウィリアムズ)は、ワシントンへ出向くアダムと秘書に同行せず、島に残る。
前任者の部屋に隠してあった資料を見つけたゴーストライターは、彼の死に疑問を持ち始める…。
1419_2329698301THE GHOST WRITER
政治に興味がなく、特別な能力も権力もないゴーストさんは、写真の裏に書かれた番号に自分の携帯から電話するわ、狙いや黒幕が分からないのに、国家機密に発展するやもしれないこと喋っちゃうわ、って、大丈夫?と思ってしまうんだけど、名無しである普通の市民(ゴースト)が、最後まで巻き込まれてしまったと言う、一貫した流れは非常に良かったと思います。
目新しい謎解きではないのですが、どこか古風でユーモアがあり、オープニングの1台だけ動かない車から、ラストシーンまで全体を通して雰囲気のある映画でした。

雨風でどんよりとした海沿いにある家は、空間とガラスの冷たさが内も外も変わりない印象を受け、高級感のあるインテリアまでもが冷たく見えてきます。
お尻ふりふりで歩くセクシー熟女な秘書と、大雨であろうが強風であろうが散歩する不安定な妻、疑惑の渦中でイライラするラングとの三角関係も微妙…。
どれもこれも怪しい人物ばかりで、出版社にティモシー・ハットンがいたのも見逃さなかったのですが(笑)
3486_714247164THE GHOST WRITER
あまり面白い作品ではなかった「ナインスゲート」だけど、書物から読み解いていったように、こちらも原稿から少しずつ探っていくのかと思っていたので、謎解きは進まないし、伏線が散りばめられているわけでもなく、ちょっとかったるさはありました。
ググるとCIAの情報がすぐ出てきたり、ナビ通りに進めばポール・エメット(トム・ウィルキンソン)宅にたどり着き、ライターさんの目の前で、助手(?)妻が「英国人。一人…」と聞こえるように電話していて、家から出ると、車が待ち構えていたりとか…所々でツッコミたくなります。
キャステイングで予想がついてしまう作品よりは全然面白いけれど、サスペンスの流れは少し弱いかな。

終盤、バタバタと流れが変わり、一気に展開して意外な真相が明らかになるけれど、あっ、そう言うことかと思うだけで特に驚くようなこともなく…。
ただ、→最後に真相が書かれた「To Ruth」のメモが後ろから順に手渡されて行き、それを読んだルースの顔色は一変、ゴーストさんはシャンパン片手にどや顔し、パーティー会場を後にする小気味の良い終わり…。
と思ったら、ゴーストさんがスクリーンからフェイドアウトすると、あっと言う間の出来事に、ちょっと驚かされました。
なるほど、本当にゴーストライターになったのだ。

このほんの数秒のシーンが最高でした。
監督のセンスが光る、素晴らしいラストシーンです。
あまり書くとネタバレになるのですが、あらゆる意味で、登場人物がみなゴーストなんだろうな~と感じました。
7386_12431704956THE GHOST WRITER
3832_3041960927THE GHOST WRITER
「彼が二度愛したS」「ヤギと男と男と壁と」でも巻き込まれてたユアンは、こんな役が合ってるのね(笑)
秘書が居ないうちに、こっそりとUSBからパソコンに保存しようとした瞬間、警報ブザーが鳴って大慌てするユアンや、「やめとけ」と言いながらルースを受け入れちゃったりして、行動はおもむくまま(笑)
ピアース・ブロスナンは、ちょっと政界人のイメージとは違うかなぁ~と思ったけど、まあ、それも狙いなのかも。
そつなくこなしていました。
元首相のモデルはあの人じゃないかとか、イギリスに戻らなければ逮捕はされないとか、こんなネタもシュールでした(笑)
2011.10.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/844-7ef23ff7