2011_08
12
(Fri)23:20

ツリー・オブ・ライフ

ThetreeoflifeposterTHE TREE OF LIFE

厳格な父親(ブラッド・ピット)、愛情溢れる母親(ジェシカ・チャステイン)に育てられた長男のジャック・オブライエン(ショーン・ペン)は、人生の岐路に立ち、自らの少年時代に思いをはせる――。
1950年代、オブライエン夫妻は3人の息子に恵まれ、テキサスの小さな町で生活を送っていた。


「天国の日々」「ニュー・ワールド」のテレンス・マリック監督が、1950年代のアメリカに暮らすある家族の物語を、壮大かつ根源的な視点から描き出すヒューマン・ドラマ。
2011年カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞。

2011年 8/12公開 アメリカ映画
監督 テレンス・マリック

故郷を思うモルダウ{★★★㊦3/5}

余談から。
「モルダウの流れ」が予告で流れてから、タイムスリップしてしまいました。
訳詩か作詞か、たくさんあるんですねぇ。
私がその昔に合唱団で歌ったのは、、、(笑)

水上(みなかみ)は遠く 遙か
豊かなる河 モルダウよ
月影は森を照らし
秋風 岸をそよぎゆく
雁(かりがね)の声に こだまして
泡立ち流るる 水の音
霧とくだけ 花と散りて 流れゆけ


この楽曲が流れる予告編、秀作なファミリー・ドラマを彷彿させるようでしたが…。
うーん、そうか、こんな映画だったんだ…。
これと言った感想が書けないけど(苦笑)

テレンス・マリック監督映画は初めてです。
冒頭のナレーション、「私たちの生き方はふたつに分かれる。世俗に生きるか、神に委ねるか」
聖書のヨブ記、次男の訃報、悩みこむ現代のジャック…。
カットも話もとびとびで、出てきた映像や人物、少ない会話とナレーションを頭で整理していたら、天地創造からダイナソーまで登場した長いプロットは、まるでネイチャー番組を見ているかのようで、もう戸惑ってしまいましたよ。
ファミリー・ドラマを観に来たつもりだったのに、まさかの宇宙とか地球誕生とか人類の創生とかって?!
そんな壮大な映画なん??と、正直、唖然――。

夕べ、海外サイトの画像を何気に見ていたら、↑のポスター、ご丁寧に70分割された半分は、一体何だこれ?とちょっと嫌な予感はあったんだけど、やっぱり哲学的で宗教的、壮大で抒情詩のような作品で、商業目的だけが映画ではないけれど、物語を求めてしまう自分は、こんなアート系で語られる映画は苦手です。
言いたいことは何となく分かるし、映像は物凄く美しくて、スケールが大きいものばかりですが、芸術的に表現されていく映画って、理屈じゃなくて感性が合わないと個人的な思想表現の自己満足でしかないような気がするんです。
まだ始まったばかりだと言うのに、あちこちからオヤジさん達のイビキが聞こえてきましたよ(今回は、仕方ないって感じです)
The Tree of Life
観る人のこれまでの人生経験や感性、知性、思想といったものに委ねられた作品ですが、経験値としては、オブライエン夫婦が初めて子供を授かって、命を育んでいく過程(特に赤ん坊の頃)なんて、とても共感でき、生命の誕生の幻想的で空想的なプロットも引き込まれました。
ブラピが赤ちゃんの小さな足を愛しそうにそっと包み込むシーンや、兄弟が増えていく中での母親の無償の愛とか。
苦労はあるけど、まさに子育ての至福の時ですよ。
映像だけでも実に見事に表現してくれました。

そんな一家の日常が、時の経過と共に描かれていきます。
音楽家になれなかった厳格な父、優しくて溢れる愛情を注ぐ母。
長男ジャック(ハンター・マクラケン)、次男RL(ララミー・エップラー)、三男スティーヴ(タイ・シェリダン)の三兄弟は、相反する両親の間で葛藤しながら成長していく。
窓から入る景色、カーテンを揺らす風、何気ない一つ一つが美しい。
価値観の違い、反抗期に入ったジャックの悶々とする日々、明白なものはなく、ストーリーもあってないようなものですが、ジャックの視点で再三変わるカットは、走馬灯のように、普遍的な家族や自分の周りを映し出していきます。
家族のパートは、起承転結がなくても、心に伝わるものがありました。
The Tree of Life12
今作の子役キャスティングは、プロではなく地元テキサスの子供から探し出したそうで、撮影も子役たちには3人が兄弟であること以外、詳しい脚本やストーリーを知らせなかったそうです。
凄いですね~それであそこまで出来るのなら、まさに自然体の勝利なんでしょうか。
長男のハンター・マクラケンは、大きくなったらショーン・ペンと思わされたし、次男RLのララミー・エップラーに至っては、ブラピに良く似ていて、うんうん!と納得!
三人兄弟の真ん中って、こんな感じじゃないかな~ちょっとイタズラっぽくてクール。
19歳で亡くなった理由は明かされませんが、時代で何となく推測…。
三男のスティーヴは影が薄かったかな…
50年代の風景や雰囲気が、空気感で伝わるような映像は良かったな。
The Tree of Life10
父親の望み通り、勝ち組みになったジャック。
これまでの自分の人生を問います。
時代は移り変わったけれど、反発していた父親とそう変わりない自分がいる。
演じるのはショーン・ペン。
セリフが少ない出番でも、圧倒的な存在感だけで表します。
つまり、オーラが全て。
「神よ…」と問いかけるのは、考えさせられますね。
回想と言うより、追憶。

これと言った感想が書けないと言ったくせに、あれこれ書きましたけど(笑)
まあ、平たく言えば、好みの映画ではありません。
けど、20分近くある予想に反した万物創世記映像を観せられた後には、結局、人間は神の大きな手の中で生かされているんだと感じます。
私たちの世界は小さくて、その中で幸せだと喜び、不幸だと嘆いて、神に問うて答えを求める時があっても、自ら見出す力があるから意味があるんではないでしょうか。
大きな視野で考えれば、起きている事は当たり前で些細なことなのかもしれません。
その中で、命の根源や生命の育みは、ずっと変わらないことだけは確かなんだと思いました。

監督の独特な表現意識の中へ、入り込める人はラッキー。
(私のように)言いたいことは何となく分かっても、理解できる感性が乏しい人(←自分基準)には、ちょっと酷。

それにしても、唐突に切り替わるカットが多かったので、長い上映時間内でも収まらないものがあったのかな~と。
分かる人には分かる深くて味わいある作品だと思いますが、万人向けではなさそうですね。
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

こんにちわ

哲学的な映画でしたからね。
見る人によって様々な感想があるんでしょうね。
私はこの映画に神様の偉大さと人間の小ささを感じました。
壮大な映像はちょっと時間が長すぎましたけど、心に残る何かがありましたよ。

2011/08/13 (Sat) 09:44 | にゃむばなな #- | URL | 編集 | 返信

これをシネコンでやるってのが驚きです。
ブラピぃ~~~~~♪LOVE♪
って観に行くと愕然とされそうな気がする…
いやいい事なんですけどね、カンヌの最高賞
作品をシネコンでやるんですから。^^;

記事読ませてもらいました。どうやら次男が
ブラピ似の子のようですね。
話の流れで三男だと思ってました。

2011/08/13 (Sat) 18:09 | KLY #5spKqTaY | URL | 編集 | 返信

女性コーラスだったのね^^

唐突に切り替わる映像に思わずNHKスペシャルを思い出しましたよ(笑)
家族で食卓囲んでいるときに「…黙ってて」と子に言われた父が
ちゃぶ台ひっくり返さなかったのは冷静でした^^;
『メタルヘッド』の父は皿をふっ飛ばしましたからね(笑)
後片づけ大変だわ。
「顔面殴れ!」これもな~、絶対出来ませんよ。
あの子供たちの気持ちが手に取るよう分って辛かったです。

「モルダウの流れ」だったのね。心地いい音楽と子供の背後を追うように撮るシーンで
かなり期待値上げてたんですけど、こう来るとは予想外でした(笑)

2011/08/13 (Sat) 18:11 | ituka #r4tB/SwE | URL | 編集 | 返信

こんにちは♪

感想を言葉にするのが難しいですね^^;
思ってた内容と全く違ってたので驚きました。
こんなにスケールの大きい話だとは...
映像はきれいでしたし音楽も素敵だったのでまぁ好きなほうでした。

2011/08/13 (Sat) 22:11 | yukarin #- | URL | 編集 | 返信

こんばんは!

お久しぶりです。
私もテレンス・マリック監督映画は初めてでしたが、
こういう作風の方だったとは・・
天地創造からダイナソーまでは、?????で頭がついていけなかったです。。
TV番組のようで、そこが浮いてしまってみえたかな。
子役たちはよかったよねー。

2011/08/15 (Mon) 22:23 | アイマック #- | URL | 編集 | 返信

にゃむばななさんへ

こんにちは~お返事が遅れてすみませんでした。

解る人には判る作品ですね。
どんなにもがき苦しんでも、逆らえない力。
人間の営みは、壮大な自然空間の中のほんの一部だと感じました。
でもネイチャーなシーンとドラマなシーンの切り替えと言うのか、なかなかついていけませんでした(;^_^A アセアセ・・・

2011/08/18 (Thu) 11:28 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

KLYさんへ

こんにちは~お返事が遅れてすみませんでした。

パルム・ドールって、審査委員長の好みが色濃く出るし、受賞作品ってだけで軽い気持ちでは観れないものが多いですよね。
去年、ティムの「ブンミおじさん~」が興行的にぱっとしなかったとかで、今回のデニーロには、そういうのも期待(?)されたとかどうとかとか書いてありましたけど、どうなんでしょう(苦笑)
いずれにしても、ブラピの出演はシネコンにもってこいですが、やっぱりカンヌは(難解な)アート系ですね~軽いシネコン乗りだと期待は裏切られるでしょう(^_^;)

2011/08/18 (Thu) 11:52 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

itukaさんへ

こんにちは~お返事が遅れてすみませんでした。

>唐突に切り替わる映像

要は、ここですね、きっと…。
ブラピ父さんなんて、昔よくいたタイプ。
あんな父親の元で、母も子供もああやっていたと思いましたよ。
オブライエン一家のお話は、どこか懐かしく感情移入もできるんだけど、毛色が変わるので、気持ちがなかなかついていかない。
予告ではちょっと方向性が見えませんでしたね~(;^_^A アセアセ・・・
敷居が高かったかもぉ。

中学まで地元の合唱団所属でした(笑)

2011/08/18 (Thu) 14:00 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

yukarinさんへ

こんにちは~お返事が遅れてすみませんでした。

濃密なドラマを期待していたので、だんだんと気持ちが乖離してモチベーションが下落しました(汗)
観る人を選ぶ作品でしょうね。
子供達の自然なお芝居、映像の細やかさは素晴らしかったです。

2011/08/18 (Thu) 14:25 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

アイマックさんへ

こんばんは~お久ぶりです。
お元気そうで良かったです!!
暑い毎日ですが、何とか乗り切りましょうね~(笑)

パートの繋がりがガラリと転換するので、その度に感情を維持できなくてなかなか浸って観ることができませんでした。
家族のパートは良かったんですけどねぇ~。

2011/08/18 (Thu) 22:23 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

居眠り

オリーブリーさん、こんばんは☆
そうそう!
私の周辺にも、高らかにいびきをかいている人がいましたよ。
ほんと、この映画じゃ仕方ないかも☆

2011/08/18 (Thu) 22:28 | ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2 | URL | 編集 | 返信

アート映画。

オリーブリーさん、こんばんは。

>術的に表現されていく映画って、理屈じゃなくて感性が合わないと個人的な思想表現の自己満足でしかないような気がするんです。

まっ、アート映画なんて自己満足の寄せ集めみたいなものだと私は思うから
一般受けを狙わない映画も大々的に公開されても良いような気もするけど
この作品のように観終わった後、
「主題は何?何を中心に描きたかったの?」
と言いたくなるコンセプトが曖昧な映画はモヤモヤしちゃいます。。。

2011/08/19 (Fri) 02:04 | BC #peC/.WiQ | URL | 編集 | 返信

こんにちは

書けませんよね~この映画の感想なんて(笑)
感覚的には分かるのだけど、これについて語りたいとは思いませんし。

子供たちについては参考になりましたw
次男くんは私も「似てる~」って思ってましたよ!

2011/08/19 (Fri) 08:53 | たいむ #qdEfw9RA | URL | 編集 | 返信

まだ~むさんへ

こんばんは。

こんなにね、あちこちからイビキが聞こえてくるのに、気にならなかった映画も珍しいですよ(爆)
私は初日の朝一で観たので、早起きのお年寄りには少し早めのお昼寝(笑)だったかもヾ(~∇~;) コレコレ

2011/08/19 (Fri) 22:58 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

BCさんへ

こんばんは。

>主題は何?何を中心に描きたかったの?

ですよね。
私は似たような親の時代に育っているので、そりゃ当時は色々と思いはあったとしても、あんなの普通ですよ(苦笑)
ペンさんの年代になっても引きずるような、それこそあそこまで壮大にするまで何があったのか…。
一つの家族一人をクローズアップしたなら、そこは知りたい気分です。

2011/08/19 (Fri) 23:08 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

難しかった・・・

こんばんは~~♪
あれ?TB入ってなかったですか・・・ゴメンなさい。

この作品は難しかった~!
最初の方でいびきですか?私のとこは、始まって5分か10分で退場者がいました。びっくり!
思ってたのと全然違っていたんでしょうね~。
私もそうだったけど・・・。

全部なんとなく~しか分からなかったけど
まぁいいっか。無理に分かろうとしなくてもいいっか。と簡単に諦めました~(笑)
映像と音楽が美しかったのでそれでいいです~。
懐かしい合唱曲、モルダウもよかった!

2011/08/21 (Sun) 20:06 | マリー #- | URL | 編集 | 返信

たいむさんへ

こんにちは。

そうなんですよね、感覚的には分かるけれど、だからどうこうってモンにはならなかったですよ。
ブラピもペンも至って普通…。
何か突起した芝居でもなかったし、やはりしいて言えば、素人の子供達が凄いねぇ~でしょうヾ(~∇~;)

2011/08/22 (Mon) 16:29 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

マリーさんへ

こんにちは。

あらら、すみません、もしかしてまたTBをハジイテしまったのかも(;´Д`A ```

わわ、いきなりの退場者?!(爆)
映像は観ているだけでも綺麗だし、見せ方のセンスも音楽の使い方も良かったね♪
でも感覚的に気持ちはついていけませんでしたねぇ~。
抽象的で宗教な精神とか、日本人は苦手意識が強いだろうし、ブラピとペンと言うなら、どんな芝居を見せてくれるのか期待もしますもん(;^_^A アセアセ・・・

2011/08/22 (Mon) 16:46 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

抽象的・・・。

オリーブリーさん
こんにちは♪

これは抽象的作品のジャンルじゃないでしょうか。
絵画でもそういうものがあるんですよ。
観る人の捉え方につきると思いますね。

雰囲気的には好きでしたが、やはり難解ですね。
ということであんまり考えずに観ました。

2011/08/23 (Tue) 17:07 | mezzotint #za3Mv/QM | URL | 編集 | 返信

テレンス先生の

映画はお初でしたか!
それは意外。
あたし好きなんすよ。
タルコフスキーと難解さでは、双璧かもですが、まだテレンス先生のほうがこっち側に来てくれてるような。
きっと映画の勘所というか、つかみどころをうまーーく、わかってて、哲学しながらも、どっかに遊び心がアルってのが好きっす。
これで一番存在感に違和感あったのは、大人のジャックだった気はします。眉間にしわ寄せた大人じゃなくて、もっと普通の人を持ってきたほうが良かったかも。

小学校のとき、「モルダウの流れ」で、合唱しました!!課題曲とかだったのかもね。すり込まれてしまってますわ。

2011/08/25 (Thu) 11:33 | sakurai #8zie0QSw | URL | 編集 | 返信

mezzotintさんへ

こんにちは~暑いですね!

抽象的だし、宗教のお話ってなると、ちょっと、苦手です…(;^_^A アセアセ・・・
このような映画は、観る人の感性もそうでしょうが、その時の状況なんかでも変わってくるでしょうね。

2011/08/26 (Fri) 15:26 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

sakurai さんへ

こんにちは。

おそらく「ニューワールド」は、WOWOWでながら見したと思うんです(苦笑)
あまりよく覚えてませんけど(;^_^A アセアセ・・・

そうそう、ペンってだけで、身構えちゃうんですよね。
何をやっても上手いに決まってるじゃないですか。
その完璧が見てると辛くなってくるんですが、今回は苦虫つぶしてるようなのばかりだったでしょう~。
海辺の場面も、何だかなぁ^^

「モルダウ」は合唱コンクールとか定番でしたよね。
流れるとその頃が浮かびますよ、懐かしいなぁ~♪

2011/08/26 (Fri) 15:32 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

ツリー・オブ・ライフ

7月25日(月)@よみうりホール。 いよいよ公開が近づいてきた問題作(笑)。

2011.08.13 (Sat) 06:09 | あーうぃ だにぇっと

ツリー・オブ・ライフ/ブラッド・ピット、ショーン・ペン

カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた『ニュー・ワールド』のテレンス・マリック監督の作品です。予告編を観ると壮大なドラマという感じなんですけど、そのお話の中身は複雑そ ...

2011.08.13 (Sat) 08:35 | カノンな日々

ツリー・オブ・ライフ / THE TREE OF LIFE

ランキングクリックしてね ←please click カンヌ映画祭で、パルムドール受賞 「シン・レッド・ライン」のテレンス・マリック監督/脚本×ブラッド・ピット×ショーン・ペン ブラピは製作にも参加。 maru♪ちゃんのお誘いで試写にて鑑...

2011.08.13 (Sat) 08:58 | 我想一個人映画美的女人blog

ツリー・オブ・ライフ

宇宙の一生と人間の一生 公式サイト。原題:THE TREE OF LIFE。テレンス・マリック監督、ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャスティン、カリ・マチェット、ジョアンナ・ ...

2011.08.13 (Sat) 09:17 | 佐藤秀の徒然幻視録

『ツリー・オブ・ライフ』

この世界は全て神様の気まぐれで出来ている。ゆえに人の死に答えを求めても無駄である。 寡作で知られるテレンス・マリック監督が第64回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した ...

2011.08.13 (Sat) 09:49 | こねたみっくす

ツリー・オブ・ライフ

天地創造。生々流転。  

2011.08.13 (Sat) 10:03 | Akira's VOICE

ツリー・オブ・ライフ

本年度カンヌ国際映画祭パルムドール授賞作品。現代に生きる主人公が人生の曲がり角にたったとき、子供の頃の家族や兄弟との暮らしを回想する。出演はブラッド・ピット、ショーン・ペンのハリウッドを代表するスターたち。ピットが厳格な父を、ショーンが成人した長男を演...

2011.08.13 (Sat) 10:21 | LOVE Cinemas 調布

ツリー・オブ・ライフ

評価:★★★【3点】(10) 眠い!とにかく眠くなった(爆)

2011.08.13 (Sat) 18:13 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

ツリー・オブ・ライフ

【THE TREE OF LIFE】2011/08/12公開 アメリカ 138分監督:テレンス・マリック出演:ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン、フィオナ・ショウ、ハンター・マクラケン、ララミー・エップラー、タイ・シェリダン 父さん、あの頃の僕はあなたが嫌い...

2011.08.13 (Sat) 18:18 | 新・映画鑑賞★日記・・・

地球誕生と輪廻。 【映画】ツリー・オブ・ライフ

【映画】ツリー・オブ・ライフ 『シン・レッド・ライン』テレンス・マリック監督 ブラッド・ピットとショーン・ペンを迎えた壮大な家族物語 【あらすじ】 1950年代、オブライエン夫妻は3人の息子にも恵まれ、テキサスの小さな町で満ち足りた生活を送っていた。?...

2011.08.13 (Sat) 20:19 | B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら

[映画『ツリー・オブ・ライフ』を観た(短信)]

☆正直、きつかったなぁ。  最初の30分間くらい、延々と「宇宙/地球/生命創造」のイメージ画像が続く。  「物語」で進んでくれているわけじゃないので、退屈なことこの上ない。  でも、恐竜時代のトコでは、妙にCGに金をかけた恐竜描写がある^^  退屈だが、...

2011.08.14 (Sun) 00:26 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

生命の不思議。『ツリー・オブ・ライフ』

第64回カンヌ国際映画祭で最高賞「パルムドール」を受賞した作品です。

2011.08.15 (Mon) 00:26 | 水曜日のシネマ日記

ツリー・オブ・ライフ

ブラッド・ピットとショーン・ペンというハリウッドを代表する2大演技派スターが初共演を果たし、今年のカンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールに輝いた話題作!監督を務めるのは ...

2011.08.15 (Mon) 15:09 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ

ツリー・オブ・ライフ

The Tree of Life(2011/アメリカ)【劇場公開】 監督・脚本: テレンス・マリック 出演:ブラッド・ピット/ショーン・ペン/ジェシカ・チャステイン 父さん、その時あなたは、僕に何を求めたのだろう・・・? 三か月ぶりの更新になってしまいました~ コメントもほ...

2011.08.15 (Mon) 21:47 | 小部屋日記

ツリー・オブ・ライフ 最後まで堪えてちゃんと観た・・・・ε-(;ーωーA フゥ…

 1か月ぶりの映画だ、観たい映画がこの間無かった。 【=46 -8-】 予告編で観ているとどんな映画なのかは解らなかった、しかし本年度カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いているということもあり期待値は高い!  かつて父が望んだように仕事で成功を収めたジャック...

2011.08.18 (Thu) 12:40 | 労組書記長社労士のブログ

ツリー・オブ・ライフ

美しき河よモルダウの 青き水面は今もなお 流れに優しく陽はそそぎ さざなみはいつも歌うたい 岩にあたりしぶきあげて渦を巻く この旋律はなじみの深いもので 合唱曲として歌ったことがある しかし歌...

2011.08.18 (Thu) 14:53 | as soon as

映画「ツリー・オブ・ライフ」善き人であろうと、もがきながら生きている

「ツリー・オブ・ライフ」★★★★ ブラッド・ピット、ショーン・ペン、 ジェシカ・チャスティン出演 テレンス・マリック監督 138分、2011年8月12日より公開, 2010,アメリカ,ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン (原作:原題:THE TREE OF LIFE) →  ?...

2011.08.18 (Thu) 21:27 | soramove

「ツリー・オブ・ライフ」壮大な反抗期

ロンドンで最後にできたフリーな1日。 貴重な1日をどう過ごそうか? 勿論、ずっと忙しくて行けなかった映画だよね~ 貴重なロンドン最後を飾った映画は、カンヌ映画祭で最高賞を取った「ツリー・オブ・ライフ」 はてさて・・・

2011.08.18 (Thu) 22:14 | ノルウェー暮らし・イン・原宿

*『ツリー・オブ・ライフ』*

2011年:アメリカ映画、テレンス・マリック監督、ブラッド・ピット、ショーン・ペン、 ジェシカ・チャスティン、フィオナ・ショウ、 ハンター・マクケラン出演。

2011.08.18 (Thu) 23:51 | ~青いそよ風が吹く街角~

ツリー・オブ・ライフ

2011年8月17日(水) 20:45~ TOHOシネマズ川崎4 料金:1100円(レイトショーvit購入) パンフレット:未確認 『ツリー・オブ・ライフ』公式サイト そもそも2時間20分くらいと長尺なのだが、体感時間は4時間くらいだ。 冒頭、物語の設定紹介的な話が終了すると、?...

2011.08.19 (Fri) 15:12 | ダイターンクラッシュ!!

『ツリー・オブ・ライフ』

'11.07.25 『ツリー・オブ・ライフ』(試写会)@よみうりホール yaplog!で当選! いつもありがとうございます。これは見たかった! シネ通かSHOWBIZで紹介された時の映像、大好きな「モルダウ」が感動的に美しかったから。試写状届いた時はガッツポーズだった(笑) *...

2011.08.21 (Sun) 04:57 | ・*・ etoile ・*・

ツリー・オブ・ライフ

地球の歴史のごくごく一部のある家族公式サイト http://www.movies.co.jp/tree-lifeカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作製作: ブラッド・ピット他監督・脚本: テレンス・マリ

2011.08.22 (Mon) 12:07 | 風に吹かれて

『ツリー・オブ・ライフ』

□作品オフィシャルサイト 「ツリー・オブ・ライフ」 □監督・脚本 テレンス・マリック □キャスト ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン■鑑賞日 8月13日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  ...

2011.08.22 (Mon) 17:24 | 京の昼寝~♪

ツリー・オブ・ライフ・・・・・評価額1650円

人間とは何者か、神は何処にいるのか・・・・? 「ツリー・オブ・ライフ」は、商業映画デビュー以来38年で、発表した作品は僅かに5本という、超寡作な異才テレンス・マリックの6年ぶりの新作である。 二世代...

2011.08.22 (Mon) 22:40 | ノラネコの呑んで観るシネマ

『ツリー・オブ・ライフ』

(原題:The Tree of Life) ----この映画、スゴくヒットしてるとか。 でも、途中で退席する人も多いんだって? 「うん。 どうやらカンヌでパルム・ドール賞受賞ということと、 ブラッド・ピット、ショーン・ペンという ふたつの要素で集客しているらしい。 でも、なにせ...

2011.08.22 (Mon) 23:47 | ラムの大通り

ツリ―・オブ・ライフ(2011)■□THE TREE OF LIFE

父さん、あの頃の僕はあなたが嫌いだった… 8月16日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。 2011年のカンヌ国際映画祭でみごとパルム・ドールに輝いた、あのテレンス・マリック監督作品です。テレンス・マリック作品は「シン・レッド・ライン」だけ鑑賞していま...

2011.08.23 (Tue) 17:00 | 銅版画制作の日々

ツリー・オブ・ライフ

テレンス・マリック節、全開!

2011.08.25 (Thu) 11:33 | 迷宮映画館

ツリー・オブ・ライフ

『ツリー・オブ・ライフ』---THE TREE OF LIFE---2010年(アメリカ)監督:テレンス・マリック 出演:ブラッド・ピット、ショーン・ペン 、ジェシカ・チャステイン 、フィオナ・ショウ、ハンター・マクラケン、ララミー・エップラー 、タイ・シェリダン 「天...

2011.08.25 (Thu) 21:36 | こんな映画見ました~

ツリー・オブ・ライフ

カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた本作。 カンヌ映画祭で賞を獲得した作品って・・・いま一つよくわからない難解なものが多くって。 本作はどうなんかなぁ?と思いつつ、鑑賞。 隣に座った母娘がうるさくって・・・劇場マナー映像からエンディングが流れるまで、 ...

2011.08.26 (Fri) 11:44 | 映画の話でコーヒーブレイク

ツリー・オブ・ライフ

 『ツリー・オブ・ライフ』を吉祥寺のバウスシアターで見てきました。 (1)『イングロリアス・バスターズ』で快演を披露したブラッド・ピットや『ミルク』のショーン・ペンらが出演し、またカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した作品でもあることから、随分と期待を...

2011.08.28 (Sun) 20:59 | 映画的・絵画的・音楽的

唯一無二の

19日のことですが、映画「ツリー・オブ・ライフ」を鑑賞しました。 ブラット・ピット、ショーン・ペン カンヌ パルムドール受賞作 と 話題作ですが・・・ 何より テレンス・マリック監督の新作ということ まさに、監督色が強い 一筋縄ではいかない作品でした 正直 全...

2011.08.29 (Mon) 22:07 | 笑う学生の生活

ツリー・オブ・ライフ

ブラピ×ショーン・ペン『ツリー・オブ・ライフ』を観てきました。 ★ 無駄に壮大過ぎて、ついていけなかった。 父と息子の人間関係だけに絞ってくれたらかなり面白いヒューマンドラマだったんだけど、どうでも良いシークエンスとナレーションが多すぎて眠いわ帰りたい?...

2011.08.29 (Mon) 23:48 | そーれりぽーと

『ツリー・オブ・ライフ』 信仰があれば幸せなのか?

 エデンの園の中央には、二本の木が生えているという。  一つが知恵の樹、もう一つが生命の樹(Tree of Life)である。  『旧約聖書』の『創世記』に登場する生命の樹は、孫悟空が食べた蟠桃(ばんとう)のご...

2011.08.30 (Tue) 07:52 | 映画のブログ

「ツリー・オブ・ライフ」感想

 「シン・レッド・ライン」「ニュー・ワールド」で知られる「伝説の監督」テレンス・マリック最新作にして、第64回カンヌ映画祭パルム・ドール受賞作品。  ブラッド・ピット×ショーン・ペンの2大ハリウッドスター共演でも注目を浴びた本作。ハーバードとオックス...

2011.08.31 (Wed) 19:23 | 新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~

■映画『ツリー・オブ・ライフ』

太古の昔、宇宙の始まりから連綿と続く、いのちの営みを、美しい映像で描き出した唯一無二の映画『ツリー・オブ・ライフ』。 ブラッド・ピットとショーン・ペンという二大俳優が出演している本作ですが、この作品は俳優の演技を見るというよりも、映画の中にあるすべて...

2011.09.01 (Thu) 10:50 | Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>

いのちを巡る物語~『ツリー・オブ・ライフ』

 THE TREE OF LIFE  オブライエン家の長男ジャック(ショーン・ペン)は二人の弟とともに、厳格な 父(ブラッド・ピット)と慈愛に満ちた母(ジェシカ・チャスティン)に育てられた。 都会で...

2011.09.01 (Thu) 17:05 | 真紅のthinkingdays

人をリトマス紙にかけないで(泣)~「ツリー・オブ・ライフ」~

最近、自分の周りで、 書いたレビューの内容でもって攻撃されてるひととかいて、 なんだかものすごく感想が書きにくいんだけど。 正直いうとね、 開始直後に帰りたくなった。(オイ) 話が大きすぎる、あまりに宗教色が強い。 人の営みなど、宇宙ができて、地球がで...

2011.09.02 (Fri) 01:28 | ペパーミントの魔術師

「ツリー・オブ・ライフ」

テレンス・マリック、いつかこういう映画をつくるんじゃないかと思ってた。 “こういう”って? 自然とか神とか精神的なものにググッと寄った、ある意味宗教的な映画。 でも、50年代アメリカの父子の葛藤の物語よ。 そう、そう、そうなんだよ。テレンス・マリックって、...

2011.09.06 (Tue) 22:24 | 【映画がはねたら、都バスに乗って】

ツリー・オブ・ライフ(原題: The Tree of Life)

とある映画館のメンズ・デーにブラッド・ピットとショーン・ペンが親子役という映画『ツリー・オブ・ライフ』を見に行ってきました。

2011.09.16 (Fri) 18:11 | マチルダベイビー!

映画レビュー 「ツリー・オブ・ライフ」

ツリー・オブ・ライフ  原題:The Tree Of Life 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 シン・レッド・ラインのテレンス・マリックが放つ、50年代のアメリカの家族を題材にし、訴えかける...

2011.09.19 (Mon) 01:09 | No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)

映画:ツリー・オブ・ライフ 宗教観を語った内容に、感性が合うか合わないか、がポイントか

カンヌ映画祭パルムドール受賞作品。 評判が天地のように別れていたので、DVDスルーしようと思っていた。 すると「抽象的な映像が多いから、DVDだとつらいかも」という話もあって、新宿での公開最終日に駆け込み(汗) オープニングで、旧約聖書のヨブ記38章の4節が引...

2011.09.26 (Mon) 21:03 | 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~

映画『ツリー・オブ・ライフ』を観て

11-53.ツリー・オブ・ライフ■原題:The Tree Of Life■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:138分■鑑賞日:8月27日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円□監督・脚本:テレンス・マリック□撮影監督:エマニュエル・ルベツキ□美術...

2011.10.22 (Sat) 17:30 | kintyre's Diary 新館

「ツリー・オブ・ライフ」

「The Tree of Life」 2011 USA オブライエンに「イングロリアス・バスターズ/2009」のブラッド・ピット。 ミセス・オブライエンにジェシカ・チャスティン。 ジャック(中年)に「イン・トゥ・ザ・ワイルド/2007」「ミルク/2008」のショーン・ペン。 祖母に「ブ?...

2011.10.24 (Mon) 19:46 | ヨーロッパ映画を観よう!

ツリー・オブ・ライフ

THE TREE OF LIFE/11年/米/138分/ドラマ/劇場公開 -監督- テレンス・マリック -製作- ブラッド・ピット -脚本- テレンス・マリック -出演- ◆ブラッド・ピット…オブライエン 過去出演作:『イングロリアス・バスターズ』 ◆ショーン・ペン…ジャック ...

2012.03.07 (Wed) 22:05 | 銀幕大帝α

ツリー・オブ・ライフ

苦痛・難解というより睡魔との闘い。 父息子の葛藤と生命の繋がりを同一哲学視し、要するに難解すぎて意味が解らないといったような作品^;観る人を選ぶよ~気をつけよう。 前半のドキュメンタリー映像(生命誕生から進化していく映像)でどうしようかと思ったのですが...

2012.03.13 (Tue) 13:12 | いやいやえん

【映画】ツリー・オブ・ライフ…前半5分で寝て安眠を楽しむ…みたいな映画なのかもな。

昨日、2012年9月29日(土曜日)は、アップルストアで新型のipod touchを予約 本当はもっと前に予約する筈だったのですが、刻印で悩み続けて昨日まで…悩んだ結果の刻印は名前と生年月日だけだったりもするんですけどね 本日、2012年9月30日(日曜日)は、ホテルアルモニ?...

2012.09.30 (Sun) 18:24 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画