--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_06
03
(Fri)17:15

キラー・インサイド・ミー

The Killer Inside Me
1950年代の西テキサス。
田舎町で保安官助手をするルー・フォード(ケイシー・アフレック)は、誰からも好感を持たれる真面目な青年。
長年の恋人、エイミー・スタントン(ケイト・ハドソン)と気ままな逢瀬を重ね、穏やかな日々を送っていた。
ある日、ルーは娼婦のジョイス(ジェシカ・アルバ)と出会い、長年封じ込めてきた殺意が爆発する。


ジム・トンプソンの「おれの中の殺し屋」を映画化。
ふとしたきっかけから、本能的な残虐性に目覚める主人公が、凶行を繰り返していくさまを描く。

2011年 4/16公開 アメリカ/スウェーデン/イギリス/カナダ映画
監督 マイケル・ウィンターボトム
痛い{★★2/5}

土地の有力者、上司、友人や恋人と、住み慣れた町の人間達だけで形成される、1950年代の小さな田舎町。
ルーには、義理の兄がどうだとか、家政婦(?)がどうだとかと、トラウマになったような回想シーンはあるのですが、明白な事は明かされてはいなので、どうしてこんなサイコな男になったのか、想像の範囲でしか分かりません。
外からの影響云々より、元々持ち合わせていた暴力的な欲望を自身が認知していて、「良い人」の仮面に封じ込めていたように感じます。
ところが、ジョイスとの出会いで封印が解けてしまったと言うのなら、まあ、これが、どんでもない男です…。

以下、ネタバレ
THE KILLER INSIDE ME 1
ジョイスを殺すシーンでは、「すぐ終わるから。痛い?ごめん。愛してる」と、ボコボコに殴りながら、愛憎(?)の言葉を投げかけ、それなら、いっそ、一気に殺してよ!!なぐらい、カットが変わる度に、ジェシカ・アルバが無残な顔になっていくので、DV男の精神状態に胸糞が悪くなります。
エイミーのシーンでも、徐々に息絶えて行くのを見ながら、失禁にニヤっとした笑いを浮かべ、ゾッとしました。
この映画での男女の交わりには、色んな意味合いが含まれているのでしょうが、ルーに取っては、「死」や「暴力」と同等な感じでした。
保身や自己中なのか、乖離性の障害なのか分かりませんけど、トラウマに悩まされている様子も感じません。
その場その場を乗り切るだけで、衝動的な人なのかな。

ルーのナレーションで物語が進むけど、結局、殺人の動機が分からない。
今の時代なら、最初の段階で捕まってますよね(苦笑)
二面性は誰にでもあるものだろうけど、偽善者の短絡的な殺人としか思えなかった。
ジョイスを都会の病院に移動させての件から、ラストの展開も予想通り。
サスペンスとしたら、流れは珍しいものではなかったです。
でも、殺人はさて置き、いるんだろうな~こんな人、、、とは思います。
怖いです。

善良の裏顔、サイコ男のルーを、ケイシー・アフレックが不気味で上手い。
ベン兄と同じようなこもったような音質の喋り方は、淡々としていて、何を考えているのか分からない内面の裏腹が絶妙です。
ぷっくりとしてオバサン臭かったケイト・ハドソンは役作り?
彼女も上手かった。
ジェシカ・アルバもケイト・ハドソンも、濡場から死に際まで…これは辛かった(;´Д`A ```
時々、Bが漂い、ラストは、突如ファンタジックでツッコミ(あの家は油臭いでしょう?)あり。
エンドロールのカントリーの歌詞は、逆に小バカにしたようで、洒落がありました(笑)

C.O.M.M.E.N.T

猟奇映画なら韓国かな

なぜ、今これなの?ってくらい古臭く感じました。
ルーの動機がイマイチ分らなかったですよね。
たぶん、この男は熱しやすく冷めやすいってことでしょうか(笑)

お尻ペンペンや鞭打ち嫌ですよね~
痛がってるのを見て喜ぶ神経が分りません^^
ケイト・ハドソンの失禁シーン、見せ場はあそこだけでした(←おい)

2011/06/03 (Fri) 20:01 | ituka #r4tB/SwE | URL | 編集 | 返信

No title

ジェシカたんボッコボコでしたね…。
観終わって凄い胸糞悪かったんで、映画の演出としては成功なのかもしれません。好きにはなれませんけど(苦笑)

2011/06/03 (Fri) 22:36 | KLY #5spKqTaY | URL | 編集 | 返信

itukaさんへ

こんばんは。

時代の雰囲気はあるけど、ちょっと今更な感じは受けましたよね。
痛みと快楽って、紙一重なんですかねぇ…そう感じる部類を否定はしませんけど、もう少し、内面を掘り下げるとかしてくれたらと思いました…。
ケイト・ハドソンの方が、ジェシカより娼婦っぽかったなぁ~(;^_^A アセアセ・・・

2011/06/04 (Sat) 23:11 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

KLYさんへ

こんばんは。

娼婦にしたら、小奇麗なジェシカだったけど、あのボコシーンは、同性としては見てられない酷いものでした。
胸糞が悪いのも、監督の思う壺なのか、、、確かにそれは言えてますね(爆)

2011/06/04 (Sat) 23:33 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

ウィンターボトム!!

昔のこの人から、不条理殺人とか、いつまでも胸糞悪い映画もあるんだよ!と教えてもらった気がするのですが、最近えらくおりこうさんの映画ばっかで、あのウィンターボトム節は、もう見れないのか・・・と思っていたんのですよ。
なもんで、アタシ的には、この胸糞悪い話が結構つぼ。いらいらさせるケイシーの使い方など、ほんとに気持ち悪くて、・・・よかったです。

2011/07/23 (Sat) 08:38 | sakurai #8zie0QSw | URL | 編集 | 返信

sakuraiさんへ

私は逆に、胸糞悪くなる猟奇的なものダメです…。
深い背景とか、心の闇とか、描かれているなら別ですけど。
まあ、こんなヤツに正当な動機なんてないに等しいけど(汗)
でもこちらは途中から、ちょっとBの香りがしてきたので、「ファニーゲーム」よりは胸糞悪くなかったですよ(苦笑)

2011/07/25 (Mon) 16:41 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

こんにちは♪

女性があそこまで殴られるのは見ていてきついものがありました。
ケイシー・アフレック怖かった!
不気味さが出ていてホント上手いですね~。

2011/09/10 (Sat) 17:08 | yukarin #- | URL | 編集 | 返信

yukarinさんへ

こんにちは~お返事が遅れてすみませんでした。

ケイシーは上手ですよね~不気味でした。
女性に対する暴力的なシーンがこう続くと、ホント、胸の奥が何とも言えない痛さに襲われます。
直視できなかったな…(^_^;)

2011/09/14 (Wed) 11:05 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

こんばんは

TB有難うございました。
ケイシー・アフレックのあの役柄の印象は、他の出演作を見ても
暫く引きづりそうなくらい陰湿で強烈だった。

2012/04/22 (Sun) 22:39 | Hiro #27Yb112I | URL | 編集 | 返信

Hiroさんへ

こんにちは。

>陰湿で強烈

一見、人の良さそうな人物に限ってってパターンがピッタリで、芝居は(兄より)上手いですね。

2012/04/27 (Fri) 11:49 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

キラー・インサイド・ミー

評価:★★★☆【3,5点】(13) 悪くはないんだけど、最後の詰めの甘さが命取り。

2011.06.03 (Fri) 19:02 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

キラー・インサイド・ミー

公式サイト。原題:THE KILLER INSIDE ME。ジム・トンプスン原作、マイケル・ウィンターボトム監督、ケイシー・アフレック、ケイト・ハドソン、ジェシカ・アルバ、ネッド・ビーティ、イラ ...

2011.06.03 (Fri) 19:06 | 佐藤秀の徒然幻視録

キラー・インサイド・ミー

田舎の保安官助手を務める青年が、ひょんなことで知り合った娼婦との情事ををきっかけに、自らの内にある狂気を爆発させてしまう。ジム・トンプソンの「おれの中の殺し屋」の映画化だ。主演は「オーシャンズ」シリーズのケイシー・アフレック。共演に『NINE』のケイト...

2011.06.03 (Fri) 21:59 | LOVE Cinemas 調布

キラー・インサイド・ミー

 『キラー・インサイド・ミー』をヒューマントラストシネマ渋谷で見てきました。 (1)予告編で見て面白そうだなと思い映画館に足をはこんだのですが、まずまずよくできた映画ではないかと思いました。  映画は、原作が書かれた1950年代を舞台としています。  ですから...

2011.06.03 (Fri) 22:38 | 映画的・絵画的・音楽的

『キラー・インサイド・ミー』

(原題・英題:The Kille inside Me) ----この映画って、 ラジー賞で話題になったんだよね。 「あ~あ。 ジェシカ・アルバの最低助演女優賞ね。 まあ、彼女はこの作品だけでなく 昨年の出演作、そのほぼすべてで受賞しているけどね」 ----それって、かわいそう。 「う...

2011.06.03 (Fri) 23:30 | ラムの大通り

キラー・インサイド・ミー

ベルトで鞭打ち 【Story】 保安官助手として働くルー・フォード(ケイシー・アフレック)は勤勉で恋人(ケイト・ハドソン)とも仲良く、住民からも頼られる存在。そんなある日、ルーは娼婦のジョイス...

2011.06.04 (Sat) 00:31 | Memoirs_of_dai

キラー・インサイド・ミー / THE KILLER INSIDE ME

ランキングクリックしてね ←please click 「私が出会った中で最高の、身も凍るような犯罪小説」by スタンリー・キューブリック 「間違いなくアメリカ文学の傑作である」byスティーヴン・キング とまで言わしめた、「このミステリーがすごい!」1位獲得のジ...

2011.06.04 (Sat) 02:05 | 我想一個人映画美的女人blog

キラー・インサイド・ミー

2011年5月5日(木) 16:10~ ヒューマントラストシネマ渋谷3 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:未確認 『キラー・インサイド・ミー』公式サイト あまり得意でないが、結構観ているマイケル・ウィンターボトム作品。 やはり得意でなかった。 生真面目...

2011.06.04 (Sat) 12:29 | ダイターンクラッシュ!!

キラー・インサイド・ミー

★★★  R16指定になっている通り、かなり残酷な映画である。男は射殺したり絞め殺したりするくせに、女に対しては徹底的に殴り続けて殺すのである。どうも底辺にサド・マゾという流れが見え隠れするのだが、常人には主人公の心情も全く理解出来ないだろう。  だからと

2011.06.04 (Sat) 14:34 | ケントのたそがれ劇場

キラー・インサイド・ミー

ノワール作家ジム・トンプスンの傑作犯罪小説『おれの中の殺し屋』 (『内なる殺人者』)を「イン・ディス・ワールド」「マイティ・ハート /愛と絆」のマイケル・ウィンターボトム監督が映画化した戦慄のクライム ・ドラマ。 好青年と評判の保安官が、ふとしたきっかけ…

2011.06.05 (Sun) 02:20 | だらだら無気力ブログ

映画「キラー・インサイド・ミー 」心の奥底の狂気が動き出す

「キラー・インサイド・ミー 」★★★☆ ケイシー・アフレック、ケイト・ハドソン、 ジェシカ・アルバ、ビル・プルマン 出演 マイケル・ウィンターボトム監督、 109分 、2011年4月16日, 2010,アメリカ、スウェーデン、イギリス、カナダ,日活 (原作:原題:THE KILLER ...

2011.06.08 (Wed) 21:46 | soramove

キラー・インサイド・ミー(2010)☆★THE KILLER INSIDE ME

        そして目覚める。もう一人の自分。 京都シネマにて鑑賞。ようやく鑑賞出来ました。 そうかこういう話だったんですね。事前チェックしないで観たので、どんな内容か知りませんでした。 主人公ル―・フォードを演じるのはあのケイシ―・アフレック。この...

2011.06.28 (Tue) 21:17 | 銅版画制作の日々

キラー・インサイド・ミー

久しぶり!こういうウィンターボトムが見たかった!!

2011.07.23 (Sat) 08:38 | 迷宮映画館

キラー・インサイド・ミー

THE KILLER INSIDE ME/10年/米・スウェーデン・英・加/109分/犯罪ドラマ/R15+/劇場公開 監督:マイケル・ウィンターボトム 原作:ジム・トンプソン『おれの中の殺し屋』 出演:ケイシー・アフレック、ケイト・ハドソン、ジェシカ・アルバ、ビル・プルマン <...

2011.09.05 (Mon) 22:26 | 銀幕大帝α

映画『キラー・インサイド・ミー』を観て

11-31.キラー・インサイド・ミー■原題:The Killer Inside Me■製作年・国:2010年、アメリカ・スウェーデン・イギリス・カナダ■上映時間:109分■字幕:高橋諭治■鑑賞日:5月1日、ヒューマントラストシネマ(渋谷)■料金:1,000円□監督:マイケル・ウ...

2011.09.05 (Mon) 22:50 | kintyre's Diary 新館

キラー・インサイド・ミー

【THE KILLER INSIDE ME】 2011/04/16公開 アメリカ/スウェーデン/イギリス/カナダ R15+ 109分監督:マイケル・ウィンターボトム出演:ケイシー・アフレック、ケイト・ハドソン、ジェシカ・アルバ、ネッド・ビーティ、イライアス・コティーズ、トム・バウアー、サイ...

2011.09.10 (Sat) 17:05 | 新・映画鑑賞★日記・・・

キラー・インサイド・ミー(DVD)

田舎街の保安官助手の好青年が、ある娼婦(しょうふ)との出会いを契機に内に秘めた殺意を爆発させてしまうサスペンス・ドラマ。アメリカを代表するノワール小説の帝王ジム・トン ...

2011.11.24 (Thu) 17:17 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ

『キラー・インサイド・ミー』

キラー・インサイド・ミー 1950年代テキサスの田舎町 保安官助手が売春婦を殴殺し 殺しの連鎖が始まる... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) 原作:ジム・トンプスン 原題:The Killer Inside Me

2012.04.22 (Sun) 01:20 | cinema-days 映画な日々

「キラー・インサイド・ミー」

人間の残酷な一面を見たショック。考えさせられることを思えば価値のある映画といえるが、やはり大嫌いだ。

2012.07.27 (Fri) 09:27 | 或る日の出来事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。