2011_05
23
(Mon)10:43

デスパレートな妻たち シーズン6

第7話「苦手な存在」 Careful the Things You Say(5/20放送)
Desperate Housewives 7
スーザンは、自分に恨みを持つキャサリンが、間違えてジュリーを襲ったのではないか調べて欲しいと警察に訴える。
事件の担当刑事は相手にしないが、女性刑事デニースが代わりに調査を申し出た。
スーザンは覚えていなかったが、デニースは高校の同級生だった。
卒業アルバムを見たスーザンは、デニースに変なあだ名をつけ、おまけに好きな人とデートをした事で、ずっと嫌われていた事を思い出した。

ジュリーに話があるとニックがやって来た。
よりを戻したいと迫るニックともめている所へ、リネットが訪ねてくる。
言い争う声を聞いたリネットは、涙ぐむジュリーに何があったのかと尋ねると、「不倫していた相手は彼だ」と打ち明けられた。
「聞いた以上はスーザンに言わないと。妊娠の可能性も黙っていて激怒された。キャサリンを撃って血の味しめちゃってるからこれ言わないと殺される」と言う。
もう終っているからスーザンには黙っていて欲しいと頼むジュリーは、「吹っ切ろうと思ってる。だけど、よりを戻したい、愛しているのは君だけと言われると混乱してしまう」と話す。
リネットは、スーザンに内緒で、「何とかする」と答えてしまった。

ニックを訪ねたリネットは、「またジュリーにつきまとったら痛い目にに遭うわよ」と忠告するが、「ジュリーのアプローチでこうなったんだ。この事を誰かに喋ったら痛い目に遭うのはそっちだ」と脅される。
帰宅したリネットは「ジュリーを襲ったのが誰だか分かった」とトムに告げた。
ニックが犯人かもしれないとトムとリネットに言われたジュリーは、「好きな相手にそんな事する?有り得ない。無理」と言うが、「別れ話に逆上する可能性もある。ジュリーの成長をずっと見てきたから娘みたいに思っている。何もしない訳にはいかないんだ」とトムは話す。
「私が止めても警察に言うって事?あの人のはずない…」とジュリーはつぶやく。
Desperate Housewives 81
ホワニータの自宅学習に困り果て、家事も疎かになっているガブリエルに、家庭教師ではなく、ハウスキーパーを雇うとカルロスは言う。
ところがやって来たハウスキーパーのイバナは、ブカレストの大学で数学の博士号を取ったと知ったガブリエルは、カルロスに内緒で、ホワニータの勉強を見てもらう。
ハウスキーパーを雇ったのに、家中は散らかったまま。
カルロスは、イバナではなく別の人に代えてもらう。
困ったガブリエルは、イバナの仕事先の家に出向き、勉強を教えて欲しいと頼むが、「家庭教師をしていた事を旦那さんに話さないで、会社からクビになるところだった」と言われ、教えてもらっている間、イバナの代わりに床掃除をする。
ハウスキーパーに勉強を見てもらっていたことがカルロスにバレ、「母親が何時間か勉強を教えられなくてどうする」言われたガブリエルは、「得意分野なら喜んで教えてあげるけど、そうでないことは私のイラつきがあの子に伝わる。これじゃ、親子関係が崩壊する」と話す。
カルロスは家庭教師を頼むと決めた。

アンジーの家に招待されたブリーオーソンは、アンジーの祖母のレシピ料理に舌鼓をうつ。
キャサリンの後釜にアンジーを雇わないかとニックに言われ、アンジーが苦手なブリーは「今、人は探していない」と断る。
500人のパーティを開く夫婦が、ブリーのレシピを試食に来た。
「招待客はがさつな連中で、コジャレタ上品な料理とは無縁。おふくろの味を喜ぶから」と断わられたブリーは、「ブラチョーラ、ニョッキやトルテロー二もできます」と、アンジーのレシピを思いつき、承諾を得た。
アンジーを訪ねたブリーは、友達が遊びに来るから、この前のレシピを見せてもらえないかと頼むが、門外不出と言われ、嘘をついて貸してもらう。
ブリーの仕事場にやって来たアンジーは、大量に作られている料理を見て、祖母のレシピで仕事を受けたと知り激怒し、レシピを持ち帰る。
レシピなしでは上手く作れないブリーは、アンジーに侘びを入れ、うちで働いてくれないかと頼む。
Desperate Housewives 70
スーザンは、過去を捜査に挟まれたら困ると、デニースに頼む。
「ジュリーが襲われた時間、キャサリンと娘が長距離電話をしていた記録が残っていて、アリバイはある。彼女とは共通点が多いけど、これでも操作のプロだから私情は挟まない」と言われ、逆にキャサリンを銃で撃った事故を申告しなかった罪で収容される。
トムとリネットは、「ニックと付き合っていたジュリーが、別れ話をした直後に襲われている」と警察に話した。
アンジーは、ブリーに雇われた事と、ジュリーが襲われた時、あなたがどこに居たかと警察から電話があったとニックに報告する。
「前からジュリーと怪しいと思っていたが、お互い、どこへもいけない。水に流すが、これっきりにして」と、アンジーは言う。


えーーと、、、
確か、スーザン。
「デニースは、高校で唯一、私を嫌っていた…」
とか、言いましたぁ
この脚本家さん、ホント、シャレが効いてるわヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
唯一だって(大爆)
高校の頃も、相当ウザかったんだろうに、おめでたい女ヾ(~∇~;)
しばらく、オリの中で静かにしていてください

ブリーって、こーいうトコが嫌ですねぇ~(;´Д`A ```
彼女みたいにプライドもポリシーもある人が、自分のレシピが好みに合わない客の仕事なんて、そこまでして請けなくても良いのに。
大体、今の状況で500人分なんて、無理でしょうに…。
正直に話して、その時だけ、お金払ってアンジーに手伝ってもらうとか…。
それこそ、彼女のプライドが許さないのかな(苦笑)

ガブリエルの一存で、退学させたとは言え、友達に会えないで、親にも見捨てられたと思わないように、勉強を見てやれって、カルロスの意見は、いささか無理でしょう。
私も経験ありますが、人に教えるって難しいんですよね。
教え方が分からない者が、勉強見てやるって、こんな状況になると思います。
この二人を見ていて、昔を思い出しました(;^_^A アセアセ・・・
これも万国共通ネタなんですね(笑)

C.O.M.M.E.N.T

今回は

スーザンに負けず劣らず、やな女たちでしたね。
ああやって、やな女並べて、せめて見ている人に優越感をありがとう!です。
あのデニース刑事って、「天使のラブソングを」の尼さんの太ったお仲間でしたよね。
へらじかって。。。。
教えるのが商売ですが、自分の子供に教えるのは苦手です・・。まず感情が先に来ちゃってv-431

2011/05/23 (Mon) 21:09 | sakurai #8zie0QSw | URL | 編集 | 返信

sakuraiさんへ

こんばんは。

>ああやって、やな女並べて、せめて見ている人に優越感をありがとう!です。

o(^▽^)oキャハハハ
ホントだわ~どうも気遣いをありがとさん!!ですね(爆)
私、ここ数シリーズで、ブリーも徐々に嫌い域に入ってきましたよ(;´ρ`) グッタリ
元々、両極端な人ではあったけど、それでも「分かるわ…」と思えるトコあったのに、最近はそれもとんと減ってます。

>まず感情が先に来ちゃって

ベテランのsakuraiさんでもそう?(笑)
ちょっと安心(^_^;)
子供にはねぇ~思いっきり棚の上に上げちゃう私です(汗)

あー、はいはい!!
どこかで観たと思ったら「天使にラブソングを」だ♪
そうそう、“へらじか”の鳴き声って、どんなだよ?!
あちらでは、笑いを誘う一般的なもんなのかい?┐(^-^;)┌(爆)

2011/05/27 (Fri) 00:40 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック