--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007_04
02
(Mon)01:43

ナニーマクフィーの魔法のステッキ



葬儀社につとめるブラウン氏(コリン・ファース)は、
1年前に妻が他界してから、7人の子供たちの乳母(ナニー)に次々と辞められ困惑。
亡き妻の親戚で、横暴な伯母から養育費の補助を受けてきたが、
彼が1ヶ月以内に再婚しないと、それを打ち切ると言われている。
そして、伝説のナニー・マクフィー(エマ・トンプソン)がブラウン家に現れる。
子供たちの楽しみは、ナニーを家から追い出すこと。
これがとんでもない悪戯ばかり…
でも、かなり不細工なマクフィーには不思議な力があったのです。
324398view006.jpg

ストーリーの展開は見えていても十分に楽しめる!
しかも、ブラックな毒があって楽しい♪
登場する動物も、使用人も、継母候補も伯母も、凄いキャラ。
悪戯好きの子供達が罰を受けながらも一つずつ学んでいき、
ナニーマクフィーの不思議なチカラと、子供達の成長でブラウン家に訪れる幸せ。
この7人の子供達、悪戯っ子だけどそれぞれ個性的で憎めない。
特に赤ん坊は、とーっても可愛い!!

マクフィーを演じるエマ・トンプソンの特種メーク。
イボや出っ歯、団子っ鼻~子供達が良い子に成るに連れて…
あら、不思議!!

ブラウン家の使用人に『ネバーランド』ピーター・パン役のケリー・マクドナルド、
長男サイモンには『ラブ・アクチュアリー』『トリスタンとイゾルデ』で幼い頃のトリスタンを演じた可愛らしいトーマス・サングスター。(←この子、成長楽しみ!!かなりE男君になるのでは・・♪)
お子様と一緒に安心して楽しめる映画ですね!
324398view019.jpg

2006年 4/15公開 イギリス映画
監督 カーク・ジョーンズ

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

『ナニー・マクフィーの魔法のステッキ』を観たぞ〜!

『ナニー・マクフィーの魔法のステッキ』を観ました人気作家クリスティアナ・ブランドの『ふしぎなマチルダばあや』の映画化作品で、伝説の乳母を迎えたことから巻き起こる一家の騒動と奇跡を描くファミリー・ファンタジーです>>『ナニー・マクフィーの魔法のステッキ

2007.07.25 (Wed) 19:33 | おきらく楽天 映画生活

ナニー・マクフィーの魔法のステッキ

 『さあ、不思議の扉をあけよう!』  コチラの「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」は、クリスチアナ・ブランドの児童書「ふしぎなマチルダばあや」をエマ・トンプソンが主演&脚本を務め映画化したと〜ってもメルヘンティックなファミリー向けファンタジー・コメデ...

2009.06.30 (Tue) 21:10 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。