--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_05
06
(Fri)21:45

キッズ・オールライト

4798_12340232458THE KIDS ARE ALL RIGHT

レズビアンカップルのニック(アネット・ベニング)とジュールス(ジュリアン・ムーア)は、 同じ男性の人工授精で生まれた18歳のジョニ(ミア・ワシコウスカ)と、15歳のレイザー(ジョシュ・ハッチャーソン)と仲良く暮らしていた。
ある日、レイザーは、精子を提供した“父親”をジョニに探して欲しいと頼む。
レストランのオーナーであるポール(マーク・ラファロ)が、生物学上の父親であることが判明し、2人は母親達に内緒で彼を訪ねる…。


精子提供で、それぞれが妊娠出産したレズビアン・カップルと、次第に父親の存在が気になり始めた子供たちが織りなす人間模様を、ユーモアとコミカルなタッチで綴る家族ドラマ。
アネット・ベニングは、アカデミー賞主演女優賞にノミネート、マーク・ラファロはアカデミー賞助演男優賞にノミネート。

2011年 4/29公開 アメリカ映画
監督 リサ・チョロデンコ
2人のママと遺伝子パパ{★★★★4/5}

レズビアンのカップルと、精子提供を受け生まれた子供たち。
例えば偏見や興味本位にさらされると言ったようなものではなく、もしやそれはあったとしても、既に乗り越えたような、現代的な家族。
この家族に起こる騒動は、両親(?)がレズビアンである以外、普通の家族と何ら変わらない実に普遍的なお話。

ドナー提供を受け、子供を出産しているレズビアンのリサ・チョロデンコ監督と、精子ドナー経験があるスチュワート・ブルームバーグが共同で脚本を作り上げたそうですが、斬新なセンスは、自らの経験なども活かされているのでしょう。
長年連れ添ったカップルの悲喜こもごも、ティーン・エイジの反抗と父親に抱く理想や幻想、お気楽な独身男の稚拙さなどなど、普通の日常生活目線で、笑えるシーンも多々あります。
テーブルに並べられる食事やワイン、オーガニックの食材、レストランや街並みなど、カルフォルニアの質感が魅力的で、ポップな音楽が色を添えています。
ファミリー・コメディーのようですが、なかなか核心を突くリアルな家族物語でした。
8227_13408679327THE KIDS ARE ALL RIGHT
精子ドナーであるポールは、子供達の突然の訪問を喜び、急に父性を意識し、ポールと会っているのを知ったニックとジュールスは、食事に招待することを決める。
初対面の食事会で、最近、空間とガーデニングデザインを始めたと言うジュールスに、荒れ果てた自宅の庭をアレンジして欲しいとポールは依頼。
これが思わぬ方向に発展していくことになり…。
9710_8837693515THE KIDS ARE ALL RIGHT
同性から見る同性カップルと言うのは、ちょっと引き気味なんですが、同じ女性としては、母親の心情、更年期、加齢による互いの老い、そして子育てが終盤になると、パートナーとの関係がより大切なものであると、改めて確信する気持ち。
本当によく分かります。

ポールがたてる波風は、ニックとジュールズが長年溜め混んでしまった些細な不満を吐き出させ、失敗も過ちも素直に打ち明け、許したり認めたりしながら乗り越えていくことで、家族の絆と確かな愛情を深めました。
親だからとエラそうにしていたって、人間は誰でも欠点だらけの生き物。
「The Kids Are All Right」子どもたちは大丈夫。
そんな大人を見て、良いも悪いも子供は成長する。
ラスト、レイザーがママたちにかけた言葉が、そんな意味合いもあるかのように温かいものでした。
8662_8475939682THE KIDS ARE ALL RIGHT
ニックが産んだ娘のジョニは、「アリス・イン・ワンダーランド」のミア・ワシコウスカ。
ジュールスが産んだ息子のレイザーは、「テラビシアにかける橋」「ダレンシャン」のジョシュ・ハッチャーソン。
二人の遺伝子上のパパは、“チョイ悪オヤジ”なマーク・ラファーロ。

アネット・ベニング、ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ。
もう本当に上手い、上手すぎる!
三人のトライアングルな構図、誰かが抜きん出る演技などせずとも、どんどんと引き込まれていく。
「ブルーバレンタイン」同様、本当に実力ある役者と、監督や脚本が見事にマッチして、説得力のある作品になっています。
俳優さんたちのレベルが高いお芝居と、新しい家族観でありながらも、普遍的な作品に共感できると思います。
6640_2736144665.jpg
若い女性と適当に遊び、洒落たレストランを経営する独身貴族のポール。
バイクを乗り回し、若者目線のポールは、子供達に好感を持たれたことを良いことに(?)、いきなり親になるチャンスを手に入れたごとくの遊び人系チャラダメ男。
やっぱり(笑)マーク・ラファロは、こんな役が上手い。

そんなポールに、コロリとなっちゃうジュールスを演じるジュリアン・ムーアがこれまた上手い!
仕事を持ちたくても、なかなかチャンスがなく、専業主婦に甘んじるしかないママ的役割の彼女は、最近、ニックと良い関係が保たれない不満も手伝って、ポールと不倫(?)に走ってしまう。
元々、大らかな性格のようで、レズビアンの彼女が、何十年ぶり?に男性の生シンボルを目にしてのベッドシーンは笑えるばかり。
コミカルなジュリアン・ムーアもとっても上手。
年齢に合ったフェミニン系やサファリ系の衣装が雰囲気あったし、笑いのエッセンスは極上のものでした。

ポールに、家族丸ごと奪われそうになるニック。
医者である彼女が父親役で、一家を支えているわけです。
アネット・ベニングの男っぷりに文句なし!!!
子供には礼儀や勉強、パートナーには専業主婦と、昔、日本にもいた堅苦しいオヤジそのもの。
ベッドシーンも男だね(爆)
そんなニックが、ジュールスの不倫に気づいた時の芝居が絶妙!
たちまち、女に戻っちゃう。
アネット・ベニングとジュリアン・ムーア、名女優だわ。

さて、レズビアンについて、無知でありますが、少しだけ勉強になりました(笑)
ホモビデオで云々の件…。
なるほど~そんなものなのか。
目からウロコ(笑)

C.O.M.M.E.N.T

No title

実は観ている時にはそんなに気にならなかったんですけど一つ気付いたことが。
そもそも論なんですが、レズビアンであることを理由に精子ドナーってのがアウトかと思うんですよ。不妊治療の末に愛する人の子供をってならともかくね。
つまりニックもジュールスも子供が産めるという女性の利点だけを都合よく利用している時点でだめだなと。
これを普通にOKにしたらこの物語のような出来事は普通に起きる可能性があるし、最悪は知らずに親子で寝てしまう可能性もあるワケで…。

だから最後にニックが「家族が欲しけりゃ自分で作れ」と啖呵切ったのも、今だとお前に言う資格なんかないわ!と思ってしまったりします。^^;

2011/05/06 (Fri) 23:27 | KLY #5spKqTaY | URL | 編集 | 返信

2作品連続ヒットね

本作のチケットを購入するときに、前の親父が何の躊躇もなく
会費五千円を払ってましたが、もう少しワザとらしく「え!五千円?」とか言ってもらいたかった(爆)

結局、すべてを失くしたポールが、ある意味、巻き込まれ型被害者って印象でした。
ジュールスの不倫から、一気に展開が面白くなってしまって(笑)
排水溝の髪の毛発見からサスペンス映画になってもいいくらいハラハラしました^^

2011/05/06 (Fri) 23:34 | ituka #r4tB/SwE | URL | 編集 | 返信

KLYさんへ

こんにちは。

案外と男性に嫌われちゃったニックですね(笑)
レズビアン監督の女性目線作品らしと言うのか、確かに、もう少し、ポールに愛の手をとは思いましたよ。

レズカップルで子供産んでる人って、結構多いみたいですね。
まあ、こればかりは女の特権のようなものですから、この出産もありかなと思います。
でも疑問はありますよ。
ノーマルと照らし合わせても、どうにもならないけど、男役のニックも子供を産むんだぁ~とかね(^_^;)。
レズビアンは、二人がそれぞれ産むものなのかしら?(苦笑)

ニックは、男女のスイッチを都合良く切り替えてると思いました。
出産を、私が?と感じたのも、それです。
でも、同性愛者が自分達の子供を持つのは、女の利点を最大に活かしても、簡単な事ではなかったのだろうと想像すると、「家族が欲しけりゃ自分で作れ」の発言は、ノーマルなポールは望めば自分達より簡単にできるでしょうって事なのかな~と。
そうは言っても、ポールの提供のお陰って部分もありますが、ニックが柱になって、養い育てて来た家族の中に、急に父親面されたところで、ここまで育てる大変さも知らないでって事も含んでると思います。
逆にポールがノーマルでない家族に対して、ちょっと土足っぽく配慮を欠いたって部分も多々あるのではないかな~と思いました。

私が気になったのは、子供達の友達。
ジョニの女友達とレイザーの男友達。
あれって、子供の性質は、ノーマル夫婦の間で生まれようがそうでなかろうが、関係ないってことでしょうか?
必要だったのかなぁ~。

2011/05/07 (Sat) 16:19 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

こんばんわ

個人的にはニックがどうしてもダメでした。
何と言うか、人として器が小さいというか。
私はああいう人間が一番苦手です。

2011/05/07 (Sat) 20:44 | にゃむばなな #- | URL | 編集 | 返信

itukaさんへ

こんばんは。
GW連日のヒットでしたわんo(*^▽^*)o~♪笑。

>巻き込まれ型被害者って印象でした。

そうそう、知らずに済んでいたのに…(苦笑)
精子バンクって、どんなシステムなんでしょ?
ポールはたまたま気ままな独身でしたが、もし家庭があったら、そう簡単に決められませんよね。
それにしても一発返事で迷うことなく面会OKするって、あまり大人な行動ではないような…。
って、男の人って、いきなり「あなたの子」と現れたら、どんな感情になるんですかぁ?(爆)
ニックが、髪の毛見つける辺りから、ベッドルームの点検まで、まるで女そのものの怖さでしたヾ(~∇~;) コレコレ

リニュアル後の初センチュリー。
何だか、夜のお店のように、黒っぽくて薄暗く、奥には、ダンス・フロアーあるんかいな?!と思いましたよ(;^_^A アセアセ・・・
新しいシアターは左にあったけど、あれは以前のままなんですね。
トイレも綺麗になっていたけど、同じ場所でした(笑)
私も行く度に、シネクラブの質問してやろうぉ~!!笑。

2011/05/07 (Sat) 23:35 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

にゃむばななさんへ

こんにちは。

あはは~ニックはホント、男性に嫌われてますね(大爆)
まあ、私もダメですけど(爆)

2011/05/08 (Sun) 17:36 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

ふ~ん レズビアンねぇ~

9 今の時代 いまどき ゲイにしろレズビアンにしろ
人間社会はいろんな 個性をもった 人たちがいます。

無論 社会のルールを破って 法を犯す行為や 常識やモラルを守っていれば どんな生き方してもいいとおもうんですよ。

 そりゃあ 人との意見が合わず 生理的に受け付けれないとか対立はありますよ。 同じ考えを持った生き方をしましても 不協和音はつきものだし・・・それは同性愛者同士でも例外じゃないと思いましたね。

 ニックは・・・ボクはそりがあわないでしょうね。でも案外 人の面倒見はよさそう・・・

 まあ、ボクが精子提供者ポールの立場でしたらアメリカンジョークと タメ口で こういいますね。

 「よっ、はじめまして オレ 精子マンのポールだ! あんた ニックだろ!以後よろしくなv-290。  あんたのことは 堅物石頭のクソババアって聞いてるよv-291 厳しいけど 人から頼まれごとがあると断れない いいクソババアなんだろ!男の中の男のようなクソババアだ~って」  これを英語でってみたらどうなるか・・・ ボクはぜひ言ってみたいです。


 

2011/08/08 (Mon) 01:06 | zebra #frvAuegA | URL | 編集 | 返信

zebraさんへ

おはようございます。

>常識やモラルを守っていれば どんな生き方してもいいとおもうんですよ。

わたしも基本、そう思ってます。
人様に迷惑をかけず、自分の個性が発揮できるのが一番良いかと。
同じ趣味趣向であっても、細かくは人それぞれで正解なんてないのですから、無用な争いは極力避けたいですね。

な~んて思うと、ニックにバレて、彼女を傷つけたのが誰かと言えば、本人達が承知の沙汰なので、後はもうああ罵倒されるしかなかったポールなのでしょう(^_^;)
まあ、あそこで逆上しなかったポールは、平和主義で大人ってことでしょうか(苦笑)

わたしなんかは単細胞なので、レズカップルだけど、ニックのような古臭い昔の父親そのものは一般にもたくさんいるタイプだと思ったので、オレ様な亭主、専業主婦から抜け出したい妻、人の良いチャラ男って△関係の構図が分かりやすくて肯けるトコが多々ありました。
ニックはかなり保守的ですが、同姓愛者であっても家族を守る堅実さやモラルは変わりないと思ったのですが、ニックを嫌う男性陣が多いのにもビックリでしたよ(爆)
これは女性と男性では、若干、目線が違うのかも知れませんねヾ(~∇~;)
あっ、そのセリフ、是非英語でo(*^▽^*)o~♪笑。

2011/08/08 (Mon) 11:51 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

ここから 少し厳しい意見を・・・

 こんばんは 返信コメント ありがとうございます。

ここから子どもの立場から ちょっと厳しいコメントします。

 もともと 子どもたちは自分たちの出生のルーツを知りたくてふたりが調べたことがきっかけだったんですよね。ならば 一度だけ あって それでおしまいにしないと いけなかったんですよ。これからも会おうとすれば 自分たちも相手も 個人情報などお互いのプライバシーに触れることになる

 子どもたちも 自分たちのルーツをしるのはいいが深入りはルール違反だと思います。

ポールとジュールズがこんなことになったのは 本人たちはもちろん ニックがジュールズを束縛しすぎたのも悪いけど

 子どもたちも ポールに近づきすぎて不倫のきっかけを与えてしまったのだから 当然 こどもたちにも責任が あります。

 精子提供は個人情報がかかわるから もし ポールに家庭があったら その家族のプライバシーに触れることになるから迷惑かかってたかもしれませんし・・・

 ただ、万一のことが あっても 子どもたちも責任を背負う覚悟があればいいんですけどね。
とにかく 子どもたちも 「自分たちは遺伝子上の父親を知りたかっただけ」 と いいわけすれば責任は無いといえる問題じゃすまないです。

2011/08/12 (Fri) 21:23 | zebra #ngCqAwRo | URL | 編集 | 返信

zebraさんへ

こんにちは~お返事が遅れてすみませんでした。

>深入りはルール違反

そうなんですよ、ま、そうならないとお話にはならないんですけどね(苦笑)
レイザーの好奇心が事の発端で、色々引き込んでしまったんですから、元凶である彼に、少しはお灸的なものや反省の弁があっても良かったんではないかとは感じました。

男の子ですから、父親像みたいなものは求めるでしょうが、いらぬ波風立てた責任はあります。
自分の家族は丸く収まったけど、ポールにしたら、突然現れた子供達に快く接していたら、何となく家庭に憧れ(?)を持ち、そりゃ、自分にも非はありますが、巻き込まれ災難ですよ(;^_^A アセアセ・・・
乗っ取り行為だと言いたくなるニックは当然ですが、何だかポールだけが悪くなっちゃって、それに対して何のフォローもないのは気の毒です。
子供達も行いの責任を取るべきなのに、「子供達は大丈夫」ってタイトルに言われても、果たしてそうか?とはなりますよね。
女性である監督さんは、女性心理の描き方はお上手ですが、男性や子供の描写はちょっと手抜きだったかも知れませんね。
ニック父さん、ポールに浴びせたように、ガツンと一発子供達に「ほら、みたことかっ!」と言っても恨まれませんよ(笑)

2011/08/18 (Thu) 11:16 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

キッズ・オールライト

両親は母二人?!レズビアンの母二人と姉弟というちょっと変わった4人家族を描いたヒューマンドラマ。主演は『愛する人』のアネット・ベニングと『シェルター』のジュリアン・ムーア。アネットは本作で2010年のアカデミー賞主演男優賞にノミネート、作品自体も作品賞...

2011.05.06 (Fri) 23:20 | LOVE Cinemas 調布

キッズ・オールライト

評価:★★★☆【3,5点】(13) レズの熟練コンビの演技により、意外に見応えがあった。

2011.05.06 (Fri) 23:23 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

キッズ・オールライト

訴えは良いが甘い男性の描き方 【Story】 レズのカップルであるニック(アネット・ベニング)とジュールス(ジュリアン・ムーア)の子供達(ジョニ(ミア・ワシコウスカ)と弟レイザー(ジョシュ・ハ...

2011.05.07 (Sat) 01:47 | Memoirs_of_dai

抱きたいカンケイ/キッズ・オールライト

大震災前に観た映画を2本まとめてご紹介。 いずれの作品も、アメリカ感覚?で日本人感覚とのズレは大きい感じがする。 1本目は、セックスだけのカンケイからスタートするカップルの話。 2本目は、女性カップルでそれぞれが人工授精で産んだ子供がいる話。 日本では...

2011.05.07 (Sat) 05:56 | あーうぃ だにぇっと

映画:キッズ・アー・オールライト The Kids Are All Right ちょっと変わった形の 「家族ドラマ」

NYで買ってきたDVDをあわてて鑑賞。 なぜなら明日アカデミー発表前に主要部門の受賞者を、勝手に大予想! してみようと思っているので。 この作品、作品賞、オリジナル脚本賞、主演女優賞(アネット・ベニング)、助演男優賞(マーク・ラファロ)と、結構な数のエントリー...

2011.05.07 (Sat) 10:08 | 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~

キッズ・オールライト

キッズ・オールライト ★★★★★(★満点!) レズビアンカップルのニック(アネット・ベニング)とジョールズ(ジュリアン・ムーア)は、一人の精子提供者から一人ずつ娘ジョニ(ミア・ワシコウスカ)と息子レイザー(ジョシュ・ハッチャーソン)を生む。18歳になっ?...

2011.05.07 (Sat) 10:18 | 食はすべての源なり。

キッズ・オールライト

公式サイト。原題:THE KIDS ARE ALL RIGHT。リサ・チョロデンコ監督、アネット・ベニング、ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、ミア・ワシコウスカ、ジョシュ・ハッチャーソン、ヤヤ ...

2011.05.07 (Sat) 11:16 | 佐藤秀の徒然幻視録

キッズ・オールライト

2011年5月4日(水) 19:25~ TOHOシネマズシャンテ2 料金:0円(シネマイレージカードポイント使用) パンフレット:未確認 『キッズ・オールライト』公式サイト 母親が同居している姉弟。父親の種は一緒だ。姉弟の母親はそういう関係である。 姉弟は、種馬と会う?...

2011.05.07 (Sat) 18:41 | ダイターンクラッシュ!!

『キッズ・オールライト』

レズビアンカップルと精子提供者で三角関係。2人の母親と娘・息子と遺伝子学上の父親で三角関係。それもまた家族。 第68回ゴールデングローブ賞ミュージカル・コメディ部門で作品 ...

2011.05.07 (Sat) 20:45 | こねたみっくす

「キッズ・オールライト」ごくごく普通の(?!)“ホーム・ドラマ”

 『奥様の名前は、ジュールス。そして、旦那様の名前はニック。ごく普通のふたりは、ごく普通の恋をし、ごく普通の結婚をしました。でも、ただひとつ違っていたのは、2人とも…女性だったのです…(^^;』第68回ゴールデン・グローブ賞(ミュージカル/コメディ部門)2冠...

2011.05.08 (Sun) 11:16 | シネマ親父の“日々是妄言”

映画「キッズ・オールライト」新しい形の家族のホームドラマ

「キッズ・オールライト」★★★☆ アネット・ベニング 、ジュリアン・ムーア、 マーク・ラファロ、ミア・ワシコウスカ、 ジョシュ・ハッチャーソン、ヤヤ・ダコスタ出演 リサ・チョロデンコ監督、 107分、2011年4月29公開 2010,アメリカ,ショウゲート (原作:原題:THE...

2011.05.08 (Sun) 21:14 | soramove

キッズ・オールライト

■ 試写会にて鑑賞キッズ・オールライト/THE KIDS ARE ALL RIGHT 2010年/アメリカ/107分 監督: リサ・チョロデンコ 出演: アネット・ベニング/ジュリアン・ムーア/ミア・ワシコウスカ/マーク・ラフ...

2011.05.08 (Sun) 21:57 | 映画三昧、活字中毒

映画レビュー 「キッズ・オールライト」

キッズ・オールライト  原題:The Kids Are All Right 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 現代のレズビアン・カップルの家族を描いたファミリー・ヒューマンドラマ。1人の精子ドナーか...

2011.05.10 (Tue) 00:09 | No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)

家族のカタチ

6日のことですが、映画「キッズ・オールライト」を鑑賞しました。 レズビアンカップルとそれぞれの子どもたちの家族 そこに2人の遺伝子学上の父親が現れて・・・ ホームドラマ、ドラメディ レズビアンカップルという設定の妙 新鮮さがありますね とはいえ、それだけ...

2011.05.14 (Sat) 17:14 | 笑う学生の生活

キッズ・オールライト

家族って 公式サイト http://www.allright-movie.com高校を卒業し、秋には大学に進学するジョニ(ミア・ワシコウスカ)は、弟のレイザー(ジョシュ・ハッチャーソン)に、「生物学上

2011.05.19 (Thu) 15:23 | 風に吹かれて

「キッズ・オールライト」&「ブルー・バレンタイン」

4月にTOHOシネマズシャンテで観た。意外なことにどちらも今だ上映している。 どちらも味わい深く、素敵な映画だった。 「The Kids Are All Right」2010 USA ニックに「愛する人/2009」のアネット・ベニング。 ジュールスに「シングルマン/2009」のジュリアン・?...

2011.07.02 (Sat) 20:29 | ヨーロッパ映画を観よう!

「キッズ・オールライト」(アメリカ 2010年)

18歳の娘。 15歳の息子。 ふたりのママ。 娘が家で過ごす最後の夏。

2011.07.04 (Mon) 18:53 | 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常

キッズ・オールライト

ちょっぴり変わった四人家族に、ある日突然大きな変化が訪れる。ゴールデングローブ賞(コメディ部門)で作品賞とアネット・ベニングが主演女優賞を受賞し、アカデミー賞でも作品 ...

2011.07.08 (Fri) 12:58 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ

キッズ・オールライト

中年ゲイカップルというのはあっても、中年レズビアンカップルというのはちょっと珍しいかな。同じ精子提供者との間にそれぞれが産んだ子供2人と4人で楽しく生活していたが、精子提供者である「父親」に興味を持った子供達、という図柄。 アネット・ベニング、ジュリア...

2011.12.14 (Wed) 08:43 | いやいやえん

キッズ・オールライト

ブログネタ:2012年楽しみなこと 参加中 脚本ゼミのメンバーで作る、 映画を観る会で作品を決めるのが私の番であった時、 他の作品を選んでから、この作品を知りました。 こちらを先に知ってたらこの作品にしたと思います。 以来、ずっと気になっていました。 ?...

2012.01.09 (Mon) 21:27 | 映画、言いたい放題!

『キッズ・オールライト』

キッズ・オールライト レズビアンカップルの子供たちが 精子提供者に会った事から起こる波乱 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:The Kids Are All Right

2012.07.03 (Tue) 00:33 | cinema-days 映画な日々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。