--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_05
04
(Wed)20:05

ブルーバレンタイン

Blue Valentine

結婚7年目を迎え、娘のフランキーと3人で暮らすディーン(ライアン・ゴズリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)夫婦は、平穏な家庭生活をおくりながらもお互いに不満を募らせていた。


あるカップルの出会いから結婚、破局までを描く。
サンダンス映画祭やカンヌ国際映画祭など世界各地の映画祭で注目されたラブストーリー。
ミシェル・ウィリアムズは、アカデミー賞主演女優賞にノミネート。

2011年 4/23公開 アメリカ映画
監督 デレク・シアンフランス
不確な男女の愛{★★★★4/5}

ある朝。
庭先で愛犬の名を呼ぶ娘のフランキー。
リビングで寝ていたパパを起こし、一緒に庭へ出て犬を探す。
お腹がすけば帰ってくるよと、二人はベッドで寝ているママを起こしに行く。
もう少し寝ていたいのにとママは言い、朝食を作り始める。

仲良し家族であるようなオープニングと同時に、ありきたりの会話や何気ないふるまいから、この夫婦が上手くいってない空気感が漂ってきます。
疲れた印象のシンディ、子煩悩だけれど、酒を離せないディーン。
ストーリーはシンプルですが、過去を回想しながら、すれ違ってしまった夫婦の今を、リアルに描き出す秀逸な作品でした。
6973_3913653552Blue Valentine
運命か必然か、男女は出会い、恋に落ちる。
二人の回想シーンは、キラキラと輝かんばかりで、これでもかのように、若く情熱的な愛が強調されます。
街角ショップ前、ディーンのウクレレでシンディがタップを踏むシーンは、作品中の名場面でしょう。
ネタバレになるので、多くは避けますが、そんな回想シーンから、二人のそれまでが少しずつ見えてきます。
頭が良く医学生を目指すシンディが、意外と発展的だったのはビックリでしたけど、モロ体育会系の前BFに比べ、誰にでも気配りができる、ソフトな優しさのディーンに引かれるのも納得。
両親の不仲など、家庭環境からのトラウマを少なからず持つ二人は、困難を目の前にして、愛し合っているからと結婚するけれど、年月の経過と共に訪れる失望や倦怠感に、次第に離れていってしまう心も、必然なのかもと感じました。
どちらも悪いことはしていないし、原因となるような大きな出来事もない。
分かっていても、毎日の些細な積み重ねと、見えない気持ちの温度差は、もうどうにもならない。
もしも、フランキーが二人の子であったなら…。
二人目が生まれていたら…。
もっと早くに修復しようとしたかもしれない。

永遠の愛を誓っても、わずか数年で壊れてしまう。
大切なモノを手に入れたら、それで終わりじゃなく、そこからが、本当の始まり。
守るものが増えればなおさらの事。
愛はその都度、形を変えるから、お互いができるだけ同じ位置に立ち、同じ方向を見ていけるよう努力するのも愛ですね。
4071_1565325293.jpg
ライアン・ゴズリングとミシェル・ウィリアムズ、二人とも実力ある俳優さんですが、徹底した役作りで、見事に演じきったと思います。
観る者に、愛の経験を思い出さすかのように、自然体でリアルなお芝居でした。
体重の増加や髪を抜いたりしての外見も現実感タップリでしたが、仕事と家事で、生活疲れがにじみ出ているシンディの冷めた表情、諦めや失望、子煩悩かと思っていたら、実は子供っぽく、ただひたすら家族を愛し、妻を愛する気持ちしか持てない向上心のないディーン。
それぞれ押しつぶされそうな心ですが、男女の違いが実に見事で、夢中で愛し合った純粋な過去と対比されると、美しい思い出は、残酷ではかないものだと見せ付けられます。
二人の演技と、音楽やカメラ、脚本など、監督がリアリティに拘った演出は、ラストシーンから続くエンドクレジットまで素晴らしいものでした。

C.O.M.M.E.N.T

No title

そうですよね。どちらも悪いことはしてないです。男が飲んだくれのヒモだとか、女が自分の考えを押し付けるだけのエゴイストなら答えは一つなんだけど。
しいて間違っていたとしたら、お互いにお互いを本当の部分で解っていなかったこと。
同じ道を歩んでゆけると思っていたけれど、実は2人の道はばらばらで、たまたまその道が6年間だけ寄り添っていたのかもしれません。

2011/05/06 (Fri) 17:42 | KLY #5spKqTaY | URL | 編集 | 返信

そんな時期もあったな~

なんだかドキュメンタリーみたいでしたね。
こういう夫婦って何処にでも居るように思いますよ。
ただ、朝からビールを飲みながら仕事って、、、
そりゃあ、愛想も尽きますよね~(爆)
ラブホにひとり残して車で帰っちゃうって、
アレって、ひとつ間違えると犯罪映画になっちゃうような気がしてハラハラしました(←ほんとか?)

鑑賞中、ずっと自分らのころと重ね合わせながら懐かしさが蘇ってきましたよ(笑)

2011/05/06 (Fri) 22:28 | ituka #r4tB/SwE | URL | 編集 | 返信

KLYさんへ

こんばんは。

よく考えてみれば、ある意味、特殊なデキ婚ですから、お互いに相当覚悟が必要だったでしょうね。
割と行き当たりバッタリ、その時のノリの延長で短絡的だったと思います。
女として思うのは、ディーンの子供でないのに、妊娠を告げたのが、ちょっとねぇ~なんです。
気持ちは分かるけど、こうなるのを狙っていたのかも…とか(苦笑)
まあ、そんなコトも含め、女の方が現実的なんですね(;^_^A アセアセ・・・

2011/05/07 (Sat) 01:32 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

itukaさんへ

こんにちは~良い天気です。

シンディのラブホ置き去りもそうだけど、偶然元カレに会ったこととか、病院の痴話喧嘩とか、既にディーンから気持ちが離れているにしても、良くない関係に更に油を注いでいるのが分からないのかな~と感じました。
ずっとこんな感じの性格だったのか、それとも、終わりにしたいからわざとなのか?(苦笑)

まあ、でも上手くいかなくなると、悪循環ですよね。
私の言いたい意味を、いつも自分勝手に取り違えて解釈する…みたいなこと言ってたし、どうせそうなるのなら、トコトン話し合いたいとは思わないでしょうしね。

第三者目線だと、終焉を向かえる男女って、何となく見えますね(;^_^A アセアセ・・・
自分の事になると、おそらくダメなんだろうな~。(汗)
私もチラホラ、若い頃が浮かびました。
キラキラした思い出が褪せないように、仲良くしていかなくちゃ(爆)
って、もうお互い、喧嘩するエネルギーもないんですけどぉヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

2011/05/07 (Sat) 15:22 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

TBありがとうございました

どっちが正しいとか間違っていると言うのではないですよね。生き方や価値観が初めから違っていましたよね。
まあ、はじめは同じと思っても、結婚後変わる人もいますけど。
仕事はできる男でも、夫や家庭人としては最低って奴もいますし、難しいですよねえ。
ディーンは根はいい人間だと思うので、彼になついている娘との別れのシーンは、辛かったです。

2011/05/07 (Sat) 15:43 | 風子 #z8283xuI | URL | 編集 | 返信

風子さんへ

こんにちは~こちらこそ、ありがとうございます。

まあ、100%とは言わないけど、結婚したら、変わりますよね(笑)
と言うより、本当の自分が出る(;^_^A アセアセ・・・
だから、認め合ったり許しあったりしていかないと上手くいかないのに、不満や文句ばかりが先になっちゃう。
子供の為にも、もっと早く気付いて欲しかったですね…。

でもディーンのような男性って、いるでしょうね。
仰るように根は悪くないし、家族を大切に思ってるし。
なかなかそんな男性を受け入れられる女もいないかなぁ~よっぽど惚れてれば別なのかな(笑)

2011/05/08 (Sun) 17:31 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

あれで7年なのか・・

フランキーが、4,5歳にしか見えなかったので、うーん、早い破たんだなと思ってました。
自分と違うからこそ惹かれるんですが、そこが鼻についてしまうと、どうしても許せなくなる。
自分の結婚生活もそんなもんだなあと思いつつ、ちょっと離れることもいいカンフル剤っす。
毎日顔見てると・・・・なのですが、単身赴任で一週間に一回くらいでちょうどいいっす。

2011/07/18 (Mon) 14:07 | sakurai #8zie0QSw | URL | 編集 | 返信

sakuraiさんへ

>単身赴任で一週間に一回くらいでちょうどいいっす。

この前、ラジオのお便りで「そうそう!!」と思った話。

子育て中は、早く帰宅して欲しいのに、やれ接待だの、残業だので、夜中まで帰らずだったのに、定年間近になったら、疲れて遅くまで飲めないとサッサと帰ってきて鬱陶しいと(爆)
居て欲しい時には不在で、居て欲しくない時には居座る!!だってヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

この2人の場合、子供の事がちょっと特殊だと思うので、そもそも覚悟や忍耐が足りなかったように思いますよ。
二人目作らない妻、もし二人目が出来たら夫はどうなったかとか、どちらにしても、このなるしかない感じがしました。
まあ、女がダメと言ったら、100%もうダメですよねヾ(~∇~;) (爆)

2011/07/21 (Thu) 10:51 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

オリーブリーさん、こんにちは!
これ、すごく身につまされるというか、、、見た後、色々考えこんじゃう映画でしたよ。凄く良かったです。好きか、どうかは別として。5つ☆でも良かったんだけど、辛いので、4つ☆半にしました。

>私もチラホラ、若い頃が浮かびました。キラキラした思い出が褪せないように、仲良くしていかなくちゃ

ムフフ☆ 私も同じ風に思いました。
最近ね、娘が大きくなって彼氏が出来たので、娘とそういった恋愛話をする機会が増えたの。そうしたら、すっかりもう忘れていた私と旦那の若い時の事とか、いやがおうにも思い出す事が増えて・・・。この映画を見た事もそうだけど、昔のキラキラを完全忘却しちゃアカンなぁ~って思っている処です。(だからって別に特別な事はしてないんだけどもね(^^ゞ)

2012/02/07 (Tue) 16:21 | latifa #SFo5/nok | URL | 編集 | 返信

latifaさんへ

こんばんは。

色んな夫婦のかたちはあるにせよ、どこか共感を覚えるものがありましたね。
恋の始まりも終わりも、ほんのチョッとしたきっかけからなのよね…言葉では説明できない切なさや儚さが、何か、納得(苦笑)

うわぁ~娘ちゃんから彼氏の話?!
いいな、いいなぁ~ウチはまだ居そうで居ないのか、、、その辺はあまり話してくれないのよぉ~(^_^;)
母、イケメンしか連れてこないで!と言ってるからかな(爆)

>昔のキラキラを完全忘却しちゃアカンなぁ~って思っている処です。

そうなんだけどねぇ~思うだけだわねぇ~(大爆)
お互い、近くに居て邪魔じゃないってだけでも相当良いと思うわんo(^▽^)oキャハハハ

主演の二人がとにかく良かったなぁ~o(*^▽^*)o~♪
出会った頃、静かながらも熱い二人から、数年後のけだるさや倦怠感、身体からにじみ出るような生活疲れ…役作りが徹底してた!
ミシェル、今年はオスカーとらないかなぁ~。

2012/02/09 (Thu) 23:56 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

こんばんわ

この主演の2人は本当に演技が上手いですよね。
そろそろこの2人もオスカーを受賞してほしいものです。
ブルートーンの映像で終始冷静に見れた監督の手腕も大したもんです。
どこにでもある夫婦の物語として見せてくれたためか、あのラストは本当に切なかったですわ。

2012/02/14 (Tue) 20:48 | にゃむばなな #- | URL | 編集 | 返信

にゃむばななさんへ

こんばんは。

仰る通り、二人ともいつも文句なしの演技ですよね。
ミシェルは今年オスカーに近いような気がしますが、ライアンの作品も注目されてるし、いずれはきっとそんな時が来ると願ってます!

若い頃の出会いから、次第に生活染みていく様子が普通にリアルでした。
1度ああなると、女の方が決断力がある(苦笑)
何気ないひとコマですが、印象に残る映像がたくさんありますよね。

2012/02/18 (Sat) 00:50 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

ブルーバレンタイン

一組のカップルの出会い・結婚・別れの全てを描いたラブストーリーだ。一見幸せな生活を送る2人を描きつつ、出会いから結婚までの回想が挿入される。主演は『ラースと、その彼女』のライアン・ゴズリングと本年のアカデミー賞で主演女優賞にノミネートされたのミシェル・...

2011.05.06 (Fri) 17:40 | LOVE Cinemas 調布

ブルーバレンタイン

評価:★★★☆【3,5点】(10) 倦怠期の夫婦の行く末を、心に染みる映像美で描く。

2011.05.06 (Fri) 22:09 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~

ブルーバレンタイン /BLUE VALENTINE

ランキングクリックしてね←please click WARNINGラブラブ進行形カップルは決してデートで観ないように ライアン・ゴズリング&ミシェル・ウィリアムズ主演ってことしか前知識無く、まったくどういう話なのかも知らず鑑賞。 ライアンはいつも素晴らしい...

2011.05.07 (Sat) 00:07 | 我想一個人映画美的女人blog

∴『ブルーバレンタイン』∵ ※ネタバレ有

2010年:アメリカ映画、デレク・シアンフランス監督&脚本、ジョーイ・カーティス、カミ・デラヴィーン脚本、ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ、フェイス・ウラディカ出演。

2011.05.07 (Sat) 00:59 | ~青いそよ風が吹く街角~

ブルーバレンタイン

永遠…の儚さ 【Story】 結婚7年目を迎え、娘と共に3人で暮らすディーン(ライアン・ゴズリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)夫妻。努力の末に資格を取って忙しく働く妻シンディに対し、夫デ...

2011.05.07 (Sat) 01:46 | Memoirs_of_dai

ブルーバレンタイン/ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ

全くノーマークで予告編も一度も目にしていなかったのですが、『ラースと、その彼女』のライアン・ゴズリングと『ブロークバック・マウンテン』のミシェル・ウィリアムズの二人が ...

2011.05.07 (Sat) 09:17 | カノンな日々

ブルーバレンタイン

夫婦漫才 公式サイト。原題:BLUE VALENTINE。デレク・シアンフランシス監督、 ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ、フェイス・ワディッカ 、マイク・ヴォーゲル。やたらオシ ...

2011.05.07 (Sat) 13:28 | 佐藤秀の徒然幻視録

ブルーバレンタイン

すれ違ってしまったふたり公式サイト http://www.b-valentine.comディーン(ライアン・ゴスリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)の夫婦は、娘フランキーと3人暮らし。シンディ

2011.05.07 (Sat) 15:37 | 風に吹かれて

『ブルーバレンタイン』 (2010) / アメリカ

原題: BLUE VALENTINE 監督: デレク・シアンフランス 出演: ライアン・ゴズリング 、ミシェル・ウィリアムズ 、フェイス・ワディッカ 、マイク・ヴォーゲル 鑑賞劇場: TOHOシネマズシャンテ 公式サイトはこちら。 試写で観たコの感想を読んでて、かなり...

2011.05.08 (Sun) 08:04 | Nice One!!

映画レビュー 「ブルーバレンタイン」

ブルーバレンタイン  原題:Blue Valentine 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 一組のカップルの始まりから終わりまでを描いたヒューマンドラマ。監督は新鋭のデレク・シアンフランス...

2011.05.10 (Tue) 00:12 | No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)

ブルーバレンタイン

 『ブルーバレンタイン』をTOHOシネマズシャンテで見てきました。 (1)この映画は、タイトルからすると若い女性向きのたわいもないラブストーリーなのかなと敬遠していたところ、実は悪くない作品だと聞き及んで、見に行ってきた次第です。  実際にも、話の中身自体はよ...

2011.05.14 (Sat) 05:35 | 映画的・絵画的・音楽的

ブルーバレンタイン

あるカップルの出会いから結婚、破局までを、過去と現在を交錯させながら描くラヴストーリー。監督・脚本はデビュー作『BROTHER TIED』が“視覚表現の天才”と評され話題を呼んだデレ ...

2011.05.18 (Wed) 16:46 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ

いつかは消えてしまう感情について~『ブルーバレンタイン』

 BLUE VALENTINE  シンディ(ミシェル・ウィリアムズ)とディーン(ライアン・ゴズリング)の夫婦は、 幼い娘フランキーと3人暮らし。夫婦はそれぞれに娘を愛しながら、互いへの 不満を募らせ...

2011.05.18 (Wed) 20:46 | 真紅のthinkingdays

映画「ブルーバレンタイン 」幸せの意味は変化するもの

「ブルーバレンタイン 」★★★☆ ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ出演 デレク・シアンフランシス監督、 112分、2011年4月23日公開 2010,アメリカ,クロックワークス (原作:原題:BLUE VALENTINE)                     →  ...

2011.05.18 (Wed) 21:25 | soramove

映画『ブルーバレンタイン』を観て

11-30.ブルー・バレンタイン■原題:Blue Valentine■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:112分■字幕:岸田恵子■鑑賞日:4月29日、TOHOシネマズ・シャンテ(日比谷)■料金:1,600円□監督・脚本:デレク・シアンフランス□脚本:ジョーイ・カーテ...

2011.05.23 (Mon) 21:38 | kintyre's Diary 新館

「キッズ・オールライト」&「ブルー・バレンタイン」

4月にTOHOシネマズシャンテで観た。意外なことにどちらも今だ上映している。 どちらも味わい深く、素敵な映画だった。 「The Kids Are All Right」2010 USA ニックに「愛する人/2009」のアネット・ベニング。 ジュールスに「シングルマン/2009」のジュリアン・?...

2011.07.02 (Sat) 20:29 | ヨーロッパ映画を観よう!

ブルーバレンタイン

ライアン・ゴズリングの後退が激しすぎないか!

2011.07.18 (Mon) 14:07 | 迷宮映画館

ブルーバレンタイン

新作DVDにて観賞 解説 あるカップルの出会いから結婚、そして破局までを描き、サンダンス映画祭 やカンヌ国際映画祭など世界各地の映画祭で注目されたラブストーリー。 壊れかけた夫婦には、『ラースと、その彼女』のライアン・ゴズリング、 『ブロークバック?...

2011.09.29 (Thu) 22:08 | A Day In The Life

ブル―バレンタイン(2010)◎●BLUE VALENTINE

 愛を知る誰もが経験のある、しかし誰も観たことのないラブストーリー 評価:+5点=85点 永遠の愛はやっぱりありえないのだろう。気持ちなんていつまでも同じ状態で維持出来るもんじゃないと納得するも・・・・。 ということで、京都での公開はないだろうと思って...

2011.12.12 (Mon) 15:48 | 銅版画制作の日々

「ブルーバレンタイン」感想

これは・・・!辛かった・・・。 でも、凄く良く出来てた! 4つ★半~5つ★

2012.02.07 (Tue) 16:22 | ポコアポコヤ 映画倉庫

『ブルーバレンタイン』

永遠の愛があることを信じたい。でも本当に永遠の愛なんてあるのでしょうか。 傷つけることでしか愛せなくなった夫と傷つけることを躊躇う愛し方をしてしまう妻の出会いから結婚 ...

2012.02.14 (Tue) 20:50 | こねたみっくす

『ブルーバレンタイン』

ブルーバレンタイン 男女の愛の始まりと終わりを 現在と過去を交錯させて描く... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:Blue Valentine

2012.03.10 (Sat) 18:33 | cinema-days 映画な日々

「ブルーバレンタイン」

きれいな女は悪女だ。周りがチヤホヤするから(そうなっていく)。

2012.03.11 (Sun) 21:52 | 或る日の出来事

ブルーバレンタイン

これは痛い。痛くて上手い作品だ。結婚している人は身につまされる部分もあるだろうし、独身の人は恋愛と結婚が嫌になるかもしれない。でもこれが現実。 若い頃の愛に溢れた2人と、結婚後の愛だけじゃ足りなくなった2人の姿を交互に映し出す手法が上手くいっていて、ラ...

2012.03.24 (Sat) 09:11 | いやいやえん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。