心のままに映画の風景

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP映画 さ行 ≫ SOMEWHERE

SOMEWHERE

Somewhere_PosterSOMEWHERE.jpg

ハリウッドスター、ジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)は、ロサンゼルスのホテル“シャトー・マーモント”に住み、酒と女に明け暮れ、高級車を乗り回し、孤独を紛らわす生活をおくっていた。
ある日、別れた妻のもとで暮らす11歳の娘クレオ(エル・ファニング)を預かることになる。


自堕落に暮らす映画スターと娘とのふれあいを綴るハートフル・ヒューマン・ストーリー。
2010年のヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞作。

2011年 4/2公開 アメリカ映画
監督 ソフィア・コッポラ

セレブが描くセレブの悩み{★★2/5}

「ロスト・イン・トランスレーション」「マリー・アントワネット」のソフィア・コッポラ監督が、映画スターの空虚を描く。
ストーリーは至ってシンプルです。
自堕落と言っても、ドラッグに浸ったりするわけではなく、ただ普通の日常を持て余し虚しく暮らす俳優が、娘と過ごす時間の中で自分を見つめ直していく「父と娘」の物語です。
ソフィア・コッポラが、自分達親子をいくらか投影しているのでしょう。

舞台となる「シャトー・マーモント」は、ハリウッドセレブやミュージシャン達の御用達として有名で、多くのスターが定宿し、逸話が残るホテル。
本作は、ホテルの全面協力で、史上初めて撮影を許されたそう。
カメオ出演のベニチオ・デル・トロがエレベーターに乗り込むシーンで、「ロスト・イン・トランスレーション」のスカヨハと●●●のゴシップを思い出し、そういえば、スカちゃん、この前ショーン・ペンと密会(?)パパラッチされたのもこのホテルじゃなかったかしら。
さすが、肉食系女子、離婚もなんのそのでお盛んなご様子(笑)
そんな余計な事が頭をかすめてしまいました…。
6661_10989512408SOMEWHERE.jpg
第67回ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞したこちらの作品、チラシに「満場一致での受賞!」って、審査員長・タランティーノ監督(ソフィアの元カレ)のコメントがありますが、これは嵌る人には嵌るけど、詰まらないと感じる人にはトコトン詰まらないと思いました。
私はダメな口です、面白くなかったです。

セリフは少なく、特別な出来事や展開があるわけでもない。
オープニングの場面やデリバリー・ポール・ダンスは、いつまで見せる気?と、多少、うざい。
ジョニーの空虚は感じるけど、セレブであろうが隣のおじちゃんであろうが、誰かの何でもない1日を、セリフのない長回しで観せられ、、淡々として退屈さを覚えてしまいます。
長回しが多いのかと思えば、パッパッと変わってしまう場面もあって、ジョニーが階段で転んで腕骨折(?)なんて、始まった直後あっという間で何が何だか…。

有名であればあるほど、孤独を抱え込むものだと思うのですが、やっぱりどこか浮世離れしていて、最後までジョニーのわびしさに関心が持てませんでした。
あ、折りたたみ式のポールがあるなんて、知りませんでした(笑)
ポールダンスさえ、何か淡々としていたなぁ~。
6744_8387168585SOMEWHERE.jpg
普段はともかく、新作のプレス撮影ぐらい、もう少しましな格好するとか、こちらのジョニー(笑)、個人的に魅力的とは思えないセレブだったので、クレオが登場すると、色や華があるアート系の画になっていきます。
フィギュアスケートのシーン、朝食を作るシーン、プールで泳いだりや卓球したり、何気ないありきたりな場面がシンプルで美しい。
何か大きな変化が見えてくる訳ではないけれど、クレオの存在自体がジョニーに光をもたらしていくような撮り方、見せ方は拘りがありました。
エル・ファニングが良かった。
それだけかも。
スティーヴン・ドーフ、「パブリック・エネミーズ」に出ていたそうで、覚えがない…。

今のハリウッド・スターは、良くも悪くもパパラッチからプライベートが見えるので、仲良しファミリー、良いパパが多くなっていて、この映画のように空っぽなセレブってイメージがあまり浮かんでこなかったかなぁ~。

Comment

編集
仰るとおり前半とか「いくらなんでもいい加減にせぇや…」ってなほど冗長的でした。
私は予告編のエルの可愛らしさに惹かれて観に行ったんで「いつになったら出てくんの?」
って思ってたし。
ただ、2人の何気ない日常を過ごす様子が堪らなく好きです。私は子供がいませんが、
娘がいて、こんな風に過ごせたら、それはもう男親としては最高に幸せだろうなぁって
思うんです。正直最後もちょっとうーん…って感じなんですが、全編の中のこの交流の部分
だけでもういいやって思えちゃいました。^^;
2011年04月08日(Fri) 00:20
編集
こんばんは。TBありがとうです、
これは好き嫌い分かれるよね。オリーブリーさん同様
わたしはフツウかな。ダコタの妹エルちゃんが可愛いのとスティーブンドーフが良かったかな。
2011年04月08日(Fri) 02:04
KLYさんへ
編集
こんにちは。

>娘がいて、こんな風に過ごせたら、それはもう男親としては最高に幸せだろうなぁって

あはは〜それ分かりますよo(^▽^)oキャハハハ
娘って言うのは男親には特別な存在で、可愛くて仕方がないんですよね。
うちの娘もどちらかと言うと、パパっ子です。

私もこの父娘の場面は、どれも良かったと思います。
娘が父に向ける信頼とか適度な距離とか、こちらの母親に何があるのか知りませんが、この二人を見ていると、もう一度やり直しても良いかなぁ〜と思うかも(笑)
しっかし、イタリアのホテルのスイートは凄かったですね〜屋内プールつきw(゚o゚)w オオー!
2011年04月08日(Fri) 12:56
migさんへ
編集
こんにちは。

うん。
内容は退屈だったなぁ〜(^_^;)
エルちゃん、まだあどけなさが残る、思春期一歩手前の少女で可愛かったわ。
2011年04月08日(Fri) 13:52
観てきましたよ
編集
オリーブリーさんと同様、僕もこの映画のレビュー書き出しが、
「ストーリーは、至ってシンプルです」と、
偶然一緒だったこと、それが先ず驚きでした(笑)

ぼ、僕は面白かったですよ( ̄▽ ̄;(笑)

たしかに、セレブなのかと、ジョニーに共感できるかと、いわれると、
ンー^^;

エル・ファニングがとても可愛かったこと、これに尽きるのかも知れません。
ソフィア監督がいちばん撮りたかったのは、実はエルの可愛さだったのかな。
2011年04月08日(Fri) 22:19
こんにちは♪
編集
かなり地味目でした。
何でもスティーヴン・ドーフのイメージでこの作品を作ったらしいです。
う〜んそうかな?なんて思っちゃいましたがね。
エル・ファニングちゃんは可愛くて良かったですね(笑)
2011年04月09日(Sat) 11:10
エルちゃん。
編集
オリーブリーさん、こんばんは。

少し希望の兆しが見えたようなラストはわりと好きだったんですけど、
それ以外は・・・でした。

エルちゃんは顔は美人さんだけど、表情や仕草は愛嬌がないので
雰囲気的には可愛いとは思えなかったです・・・。m(_ _)m
2011年04月09日(Sat) 22:24
ysheartさんへ
編集
こんにちは〜。

あはは〜書き出しが一緒とは!!
書き出しって、難しいんですよねぇ〜(^_^;)
でもホント、シンプルなストーリーでしたよね(笑)

これ、合う方には合うんだと思いました。
雰囲気は嫌いではないのですが、何でしょう、起承転結がないと言うのか、それはそれでも良いんだけど、主人公にもいまひとつ共感ができなくて…。
男性目線の映画でもあったようなので、男の方にウケが良さそうな気がしています。

こちらのジョニーはですね…ヾ(~∇~;) コレコレ笑。
ハリウッドスターも、普段は一般人と変わらないと思いますけど、それでもオーラが感じなかったですよ。
エルちゃんが出ないシーンは、正直、退屈でしたもん(苦笑)
2011年04月10日(Sun) 17:38
mezzotintさんへ
編集
こんにちは〜。

>スティーヴン・ドーフのイメージでこの作品を作ったらしいです。

そうなんですか。
スティーヴン・ドーフって、ちょこちょこ映画で観てるみたいなんですけど、ほぼ記憶にないですわ(苦笑)
好みじゃないとこんなもんです(;^_^A アセアセ・・・

普通の男性の空虚感を表すならまだしも、高級車やチャーターヘリ、ホテルのスィート、女子にモテモテってセレブのイメージじゃなかったので、所々で違う世界をただ覗き見てるようなクール目線で観てしまいました。
エルちゃんのスケートシーンとか、愛らしくて可愛かったですね♪
2011年04月10日(Sun) 17:49
BCさんへ
編集
こんばんは〜。

そうそう、あのラストシーン、どこ?(爆)
ホテルを出るのは納得でしたが、クレオちゃんのお迎えに行ったの?とか(苦笑)

エルちゃん、もっと小さい時、姉に比べるとちょっと残念かな〜と思っていたので、それなりに可愛くなったじゃないと思いました(*^-゚)vィェィ♪
男性ブロガーさま達には、人気のようですね(笑)
2011年04月10日(Sun) 18:22
可愛い娘なら
編集
いいんですけどねえ~。
娘によりますよ。
うちの大仏じゃあ・・・。いや、ちっちゃい時はかわいかったんですがね。
というのはおいといて、あたしゃまったくダメでした。
みてて、気分を害したのは久しぶりかも。
これで金って、絶対ないです。
2011年06月20日(Mon) 13:56
sakuraiさんへ
編集
こんにちは。

大仏って…ヾ(~∇~;) コレコレ
爆!

少女から女性への一歩手前のエルちゃんが、男性には相当良かったみたいですねぇ~(笑)
なので、我々女性陣からすれば、セレブ感のないジョニーと、一部に属する人にしか分からない刹那の設定には、入り込めませんでしたね。
ま、審査委員長が元カレだし、私票(笑)が大きかったのかも(^_^;)
2011年06月22日(Wed) 10:16












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

SOMEWHERE(2010)
 どうしてだろう、娘との時間が美しいのは。 MOVX京都にて鑑賞。ソフィア・コッポラ監督の待望の新作。 2010年のヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞作だそうです。ということでかなり期待度高い作品でしたが、、、、。う〜ん特に大きな展開があるわけではなく、...
2011年04月07日(Thu) 21:48
SOMEWHERE /サムウェア
ランキングクリックしてね ←please click ヴェネチア映画祭、金獅子賞受賞で箔がついた、ソフィア・コッポラの4年振りの新作   むむむ、感想から言っちゃうと そんなとるほどの話じゃない。 タラちゃんが審査委員長で今回ひいき目だという声...
2011年04月07日(Thu) 22:25
SOMEWHERE
ソフィア・コッポラが正解な理由が、明確になる映画。 光と音楽と家族と素敵がバランスよく全編を覆う感じに、ふわっとできる。 待ちに待ったソフィア・コッポラの新作『SOMEWHERE』 ...
2011年04月07日(Thu) 22:26
SOMEWHERE
典型的なセレブの生活を送る映画スターの下に、前妻との間にできた思春期の娘がやってくる。娘との瑞々しい交流を描きつつも、彼は己の心の空白に気付くのだった…。『マリー・アントワネット』のソフィア・コッポラが送る最新作は2010年のヴェネチア国際映画祭金獅子賞受...
2011年04月08日(Fri) 00:01
映画「SOMEWHERE」満ち足りた、何もない毎日
「SOMEWHERE」★★★☆ スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング、クリス・ポンティアス出演 ソフィア・コッポラ監督、 98分 、2011年4月2日公開 2010,アメリカ,東北新社 (原作:原題:SOMEWHERE)                     →  ★映画のブログ...
2011年04月08日(Fri) 11:06
シャトー・マーモントホテル〜『SOMEWHERE』
 SOMEWHERE  ハリウッドの映画スター、ジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)は、LAの ホテル「シャトー・マーモント」で暮らし、空虚な日々を過ごしていた。そこへ、 前妻と暮らす...
2011年04月08日(Fri) 19:58
『SOMEWHERE』
(原題:SOMEWHERE) ----これってソフィア・コッポラ』監督の映画だよね。 確かヴェネチア国際映画祭金獅子賞だったような…。 「うん。 実を言うと、 あまりノレた映画じゃなくって、 いったんはスルーしようかと思っていたんだけど、 今回の地震で思うところがあっ...
2011年04月08日(Fri) 22:34
〜『SOMEWHERE 』〜 ※ネタバレ有
2010年:アメリカ映画、ソフィア・コッポラ監督&脚本、スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング、クリス・ポンティアス出演。
2011年04月08日(Fri) 23:04
映画レビュー 「SOMEWHERE」
SOMEWHERE  原題:SOMEWHERE 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 ソフィア・コッポラ監督のヒューマン・ドラマ。台詞が極端に少ない構成が特徴的。主演は「パブリック・エネミーズ」の...
2011年04月09日(Sat) 12:07
SOMEWHERE
娘と過ごして気づいた事公式サイト http://somewhere-movie.jp監督: ソフィア・コッポラハリウッドの映画スター、ジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)は、LAにあるホテル“シャ
2011年04月09日(Sat) 12:39
SOMEWHERE/スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング
2010年ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞したソフィア・コッポラ監督が手がけたこの作品はハリウッドスターの主人公の光と影、孤独な生活や家族との絆を描いた人間ドラマです。 ...
2011年04月11日(Mon) 17:45
Some where
★★★  フランシス・F・コッポラの娘であるソフィア・コッポラが『ロスト・イン・トランスレーション』、『マリー・アントワネット』に続いて撮った三作目の映画である。本作は『ロスト・イン・トランスレーション』同様、ドキュメンタリータッチのけだるい雰囲気が漂う。
2011年04月13日(Wed) 10:48
No.252 SOMEWHERE
【ストーリー】 「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラ監督が、父フランシス・フォード・コッポラとの思い出や、2児の母となった自らの経験を投影して製作。 ...
2011年04月18日(Mon) 05:24
■映画『SOMEWHERE』
ソフィア・コッポラ監督の新作映画『SOMEWHERE』。 これは巨匠と言われる映画監督フランシス・フォード・コッポラの娘である彼女、映画業界の表と裏、光と影、華やかさの裏にある空虚さを知り尽くしている彼女だからこそ作れた作品だと思います。 派手なストーリー?...
2011年04月23日(Sat) 04:14
Somewhere
 『Somewhere』を吉祥寺のバウスシアターで見てきました。 (1)映画を制作したソフィア・コッポラ監督については、少し前にDVDで見たことがある『ロスト・イン・トランスレーション』(2003年)が、東京を舞台にした大変興味深い作品だったこともあり、今回の作品にも期...
2011年04月23日(Sat) 06:04
隙間を埋める存在
15日のことですが、映画「SOMEWHERE」を鑑賞しました。 ホテル シャトー・マーモントで暮らしている映画スター、ジョニー 孤独で空虚な生活な彼の前に 娘クレオが現れて・・・ ジョニーの孤独な日々、クレオと一緒な日々 淡々と、詩的に描かれていく 本当に ただそれだ...
2011年04月24日(Sun) 11:17
SOMEWHERE
「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラが、空虚な日々を送るハリウッドスターと、別れた妻と暮らす娘とのひと時の交流を優しい眼差しで描いたドラマ。出演は ...
2011年05月10日(Tue) 20:12
「SOMEWHERE」感想
 イケメン妖怪スティーブン・ドーフ小僧が、生き別れの一人娘を探して大冒険を繰り広げる、超スペクタクル3Dアクションムービ(殴)  …痛、痛いです、ごめんなさいホント、すみません。ちょっとやってみたかっただけなんです、ゴメンナサイ…。  気を取り直し...
2011年05月20日(Fri) 20:07
[映画『SOMEWHERE』を観た]
☆うん、分かる分かる、映評ブロガー・セレブとして名高い私の、『パイレーツ・オブ・カリビアン』の新作の感想を聞きたいんだろう?  でもね、私、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズを一作も見たことがないんだわ^^;  一週間程前に、前三作を借りてきて見...
2011年05月25日(Wed) 07:34
SOMEWHERE
だめだ。。やっぱりソフィアとは性が合わない。
2011年06月20日(Mon) 13:57
SOMEWHERE
SOMEWHERE'10:米◆原題:SOMEWHERE◆監督:ソフィア・コッポラ「マリー・アントワネット」「ロスト・イン・トランスレーション」◆出演:スティーブン・ドーフ、エル・ファニング、クリス・ポ ...
2011年09月05日(Mon) 13:18
SOMEWHERE
『SOMEWHERE』---SOMEWHERE---2010年(アメリカ)監督:ソフィア・コッポラ 出演:スティーヴン・ドーフ 、エル・ファニング「ロスト・イン・トランスレーション」「マリー・アントワネット」のソフィア・コッポラ監督が、すさんだセレブ生活を送る映画スター...
2011年11月24日(Thu) 23:16