--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_03
28
(Mon)17:59

わたしを離さないで

1428581_p_mNever Let Me Go

外界と隔絶された寄宿学校ヘールシャム。
キャシー(キャリー・マリガン)、ルース(キーラ・ナイトレイ)、トミー(アンドリュー・ガーフィールド)の3人は、普通の人とは違う“特別な存在”として健やかに育てられていた。
18歳になった3人は、ヘールシャムを卒業し、農場のコテージで共同生活を送ることになる。


イギリス文学の最高賞と言われるブッカー賞受賞した長崎県出身のイギリス人作家、カズオ・イシグロの同名傑作小説を映画化。
過酷な運命を宿命づけられた少年少女たちが、ひたむきに生きる青春の日々を綴るヒューマン青春ストーリー。

2011年 3/26公開 イギリス/アメリカ映画
監督 マーク・ロマネク
限られた知識と思考{★★★㊤3/5}

「17歳の肖像」「ウォール・ストリート」のキャリー・マリガン、「パイレーツ・オブ・カリビアン」「つぐない」のキーラ・ナイトレイ、「BOY A 」「ソーシャルネットワーク」のアンドリュー・ガーフィールド。
今注目の、若手実力派俳優たち共演の作品です。
運命を受け入れなければならない境遇に生まれた若者たちを、こちらの3人が実に見事に演じていました。
勝気なキーラ、堪えるキャリー、繊細なアンドリュー、難しい役柄をそれぞれの持ち味を十分に活かし好演しています。
特に、語り部となる「プライドと偏見」でキーラの妹役だったキャリー・マリガンが、少ないセリフと絶妙な間で、賢さと芯の強さを静かにじっくりと見せてくれています。
感情を押さえた表情は、幾度もの辛い局面を受け入れていく悲しみが伝わります。

また前半は、ヘールシャムで過ごした子供時代が描かれているのですが、彼らの子役達がこの3人に非常に似ていて、表情、雰囲気、仕草と、まあ何をとってもお上手で、寄宿舎での三角関係がその後の思春期に違和感なく繋がっていきました。
舞台となる1970年代のイギリスの豊かな田園風景、海岸沿いのどこかセピアな景色、生徒達の制服、何気ない日常や、ほんのワンシーンのひとつひとつに雰囲気があり、思い返してみても頭に残るアートな映像が多々あります。
ただ、お話の内容は、おそらく好みが分かれそう。
原作の世界観は分かりませんけど、映画としての見所はあり、個人的には好きな作品ですが、内容では感情的な結末が見えてこないと言うのか、身につまされるような気持ちにもならなかったです。
Never Let Me Go7
以下、ネタバレ




手首に付けられたセンサー、校長エミリー(シャーロット・ランプリング)が言う「特別な生徒たち」、予告を観た時から、普通の青春ラブではないと予想できましたが、本編が始まるとすぐ、キャシーのナレーションでその謎は概ね解けました。
1950年代に実施された画期的な医療技術で、人類の平均寿命が100歳を超えている世界だそうです。
すぐ「アイランド」を思い出しましたが、ヘールシャムの生徒達は、クローン人間です。
外界と遮断されてはいたけれど、絵画、スポーツなど教育は普通と同じように施されているようで、世間に出た時の実習もしています。
コテージでは自由に出歩け、介護師の資格を取ることができ、恋人同士のルースとトミーはSEXもします。(おそらく、受胎能力を外してプログラムされている?)
Never Let Me Go58
彼らは、普通に知性や感性があるのに、大きな世界の中では違う一歩を踏み出すことが出来ません。
葛藤がないわけではないけれど、生き延びるため「猶予」を信じ行動すると、彼らの純粋さと無知さが痛々しくのしかかってくるだけです。
何故その運命に逆らわないのか…という問いを持つのですが、おそらく自我と言うものがなく、精神の発達や思考が未熟なのです。
時々、怒りを爆発させることがあっても、何かを変える原動力にはならず、自分達の運命を呪いながらも、ドナーになることから逃げるということを知りません。
切り開いていく力がある普通の人間と違い、単なる「提供者」である彼らは、人間の存在意味を教えられてはいないようです。
ヘールシャムの環境に耐えられずに辞職した教師のルーシー(サリー・ホーキンス)が、「教えられているだろうけど、まだ本当に意味を理解していない」と生徒達に告げますが、本当に意味を理解しても、素材になることから逃れる術を知らず「complete」する彼らの思考にはがゆさを覚えます。
彼らの刹那、人間のエゴや差別は強く感じるけれど、「生」を理解することなく、人間は誰もがいずれは「死」を受け入れなければならないと言うような主観、「愛」と思っていたのは、果たして「愛」であったのだろうかの疑問、それらを考えても、結局は運命に従うだけの未発達で無力を観せられたような印象です。
医学や科学のゆがみ、倫理、クローン告発と言った類の問題提議があるわけでもなく、かと言って、ひたむきで切ない純愛とも思えず、純粋な魂が「生」の尊さを知ったと納得することもできませんでした。

人が育つ上で、教育や環境、運命に左右されることはあるけれど、それだけで人生が決定付けられてしまうことはありません。
誰もが周囲の矛盾や不条理を感じながら生きていると思いますが、大切なのは、変わること、変えること、自分を知ることでもあります。
魂が宿っているなら、そのような感情を呼び起こして欲しかったです。
 

C.O.M.M.E.N.T

ラストの一文^^

オリーブリーさん、こんにちは!
>大切なのは、変わること、変えること、自分を知ることでもあります。

う〜〜む!!その通りですね。深いです^−^
私もこの映画の雰囲気などは好みだったのですが、ストーリーに関しては、もうちょっと熱い展開の方が好きなので、見終わった後、虚しさがおそって来ました・・・。

2011/03/29 (Tue) 19:07 | latifa #SFo5/nok | URL | 編集 | 返信

会費5000円の改悪

そもそも以前の会費だって高いな〜と思っていたのに
今度の料金には、眼が点になっていたんですよ!

普段1300円のワタシには安くできる希望は残されていますが
オリーブリーさんは、2500円+招待1本+ポイント数本の、この分がモロ値上がりしたと同じですよね。
(ノ_・。)ヾ(´∀`*)ヨチヨチ

にしても、これだけ強気な改正の裏にあるものは何でしょうね〜。
金銀劇場のリニューアルでもするのかな?

この件に対し、けっこう反響あるみたいですね^^;

2011/03/29 (Tue) 22:11 | ituka #r4tB/SwE | URL | 編集 | 返信

>魂が宿っているなら、そのような感情を呼び起こして欲しかったです。

その通りだと思います。
ただ、私はキャリー・マリガンが大好きなので、設定的に気に入らん!と思いながらも、一方では「やっぱりロングが可愛いなぁ…」とか思ってしまったりして。目じりを下げながらイラッとするという変な状態になってました。(笑)

2011/03/29 (Tue) 22:13 | KLY #5spKqTaY | URL | 編集 | 返信

マダムを訪れた2人が現実を知って落胆する場面は、
私も一緒に落ち込みました。
原作の中の大人たちには倫理観なんてものは無いのか、
もしくは現実の世界にいる私たちとは、
そもそも考え方が違うのか…

2011/03/30 (Wed) 23:22 | めえめえ #- | URL | 編集 | 返信

魂の居所

魂がもしも宿っているなら、到底耐え難いものになる。宿って欲しくない。。
いや、宿っていてもそう思わないことによって、運命を受け入れるしかないのでは。。。とも感じました。
そこがまた一層残酷さを浮き彫りにしたような。
あの子役たちには、目を見張りました。
前半の本当の主役でしたね。

2011/04/01 (Fri) 14:51 | sakurai #8zie0QSw | URL | 編集 | 返信

latifaさんへ

こんばんは。

最初からずっと引き込まれ、映画の雰囲気は私も好きでした。
ストーリーは単純な題材ではないので、一概にあれこれは言えないし、原作のイメージもあるのでしょうけど、何かこう、伝わるものが薄かったかな〜と思いました。

2011/04/01 (Fri) 21:39 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

itukaさんへ

こんばんは。

本当、改悪ですよね!!
良い単館系と思っていたのに、ガッカリです(;´ρ`) グッタリ
数えてみたら、昨年のスターキャット系は31本でした。(内、更新時の無料省き、ポイント無料券観賞は6回)
千円×31=31000。
無料券を1300円の時に使ったとしても、×6=ー7800円。
ポイント廃止だと、ここも無くなるんだから、次回からの会費5千円は、どうしても元も取れませんよね(苦笑)
って、そもそも、会員って、足繁く通ってくれる方への恩恵?みたいなものでしょう?
このやり方だと、会員は儲からないからたくさん要らないよっ、ってことみたい…。
ウィークデーには行けない会員さまには、得かもしれませんが、私みたいに週三回の会員レディースデーを利用していた者には、これイタイですよ。
政府からも配偶者控除され、唯一の楽しみである映画からも排除されちゃった気分です(/□≦、)エーン!!(苦笑)
まあ、今、始まったとこみたいですから、これからブーイングの声はたくさん出てくるでしょうね!
せめて、ポイント制は持続するべきでしょう。

2011/04/01 (Fri) 22:21 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

KLY さんへ

こんばんは。

いつか爆発して、殻を破る(?)みたいになるのかとの期待もあったので、この終わりはいささか、うーん…となりました。
が、反面、これが限界なのかなぁ〜も思いますが…。

>目じりを下げながらイラッとするという変な状態になってました。(笑)

KLYさん、それ「ツーリスト」の私と同じですねぇぇ(大爆)
タバコを吸うジョニーは素敵♪♪〜でもこの使い方はなんだぁ〜??!!ってねっo(^▽^)oキャハハハ

2011/04/01 (Fri) 22:41 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

めえめえさんへ

こんばんは。

題材は近未来ネタですが、舞台がまんま現実感たっぷりな設定なので、感情的に、これは仕方ないのか…と思えないですよ。
それが切なかったり、歯がゆかったりしますけど、少なくても私たちの倫理観ってものは、全くなさそうでしたね。
マダムの「かわいそうに」の言葉も白々しく感じてしまいました。
唯一、ルーシー先生が人間的だったので、私はまた彼女が登場して、彼らにアドバイスしたり背中を押したりしてくれるのかしら、と内心期待していたんですけど、読みは外れました(;^_^A

2011/04/02 (Sat) 23:22 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

sakuraiさんへ

こんばんは。

魂が宿るにしても、おそらく限界があるんでしょうね〜。
ノーマルな人間たちは、彼らを否定しない様子でも、見る目があきらかに違いましたし、受け入れる世界もなければ、運命に従うしかないのでしょう。

この映画は、子役達が抜群の演技で俳優たちに繋いだ成果だと思いますよ。
よくぞ探し出しましたよねぇ〜(*^-゚)vィェィ♪

2011/04/02 (Sat) 23:33 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

今晩は☆彡

作品としては、大変良く出来たものでした、
3人の若手俳優さんも素晴らしい演技だったし、
申し分ないですが、、、。
内容は複雑ですね。あのような美しい映像だけに、
あまりにもそのギャップに思わず涙してしまい
ました。ふと「闇の子どもたち」を思いだしました。

2011/04/03 (Sun) 00:07 | mezzotint #za3Mv/QM | URL | 編集 | 返信

mezzotintさんへ

こんにちは。

「闇の子どもたち」はHDDに入ったまま、まだ観てないのですよ(;^_^A アセアセ・・・
近いうちに…。

受け入れるだけの哀しみしかない作品でした。
教育がそうさせるのか、それとも心までも操作された科学技術のクローンなのか。
もう少し、彼らの誕生秘話や倫理を織り込んでくれたら、彼らに感情移入出来たかもしれません。
映像はリアルな設定だけど、どうも内容に本当らしさがないように感じてしまいました。

2011/04/03 (Sun) 15:33 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

こんばんは☆ブログのカラーが春らしく可愛くなりましたね♡
これ、こういうストーリーだと思って無かったので逆に不意をつかれたストーリー、なかなか良かったナ。

2011/04/03 (Sun) 17:54 | mig #- | URL | 編集 | 返信

migさんへ

こんばんは〜春らしい雰囲気にしてみました♪

私も映画の雰囲気好きです。
ずっと引き込まれていたし、牧歌的な風景が美しかった。
好みは分かれてますね〜。

2011/04/04 (Mon) 18:50 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

こんばんは〜☆

うんうん、、ほぼオリブリたんの言わんとするところ、
私も感じつつ見入っていました。

これは時代設定を、あの時代にしたことでなんとなく成功している部分がありますよね?
つまり、テレビや携帯、ネットというものがなく、
彼らの思考に情報や刺激が与えられなかった時代だから、可能な設定。
好きな雰囲気の作品でしたが、救いがなかったわね(u_u)

2011/04/07 (Thu) 01:02 | kira #klq26XPE | URL | 編集 | 返信

kiraたんへ

おはようございまーす。

うんうん、のどかな田園風景とSFネタが、余計に切なさを出してるよね。
若い役者さんが、皆、上手で、それだけでも見応えあるし、映像も好きでした。

へールシャムが余程特殊な環境で、現実離れした世界なんだと言う結論(苦笑)
だって、外界と離れて暮らしていても、成長過程で外に刺激を感じ、それなりに情報も拾い集めれるのに、積極的にそれをせず、死は誰にも訪れるって、カルトっぽさを感じて…。
死は誰にも訪れるから、人は生きる意味を探すのに。
彼らの切なさは十分に分かるんだけど、戦争している環境でもないのに、ちょっと踏み出せば変われるんじゃないの?と…(^_^;)
でも、魂があって、愛、嫉妬、快感と感情もあり、車の免許も取れるのに、10年もの間、根本的な部分は何も変わらなかったってことだよね。
変わることより、受け入れる世界観でしたね〜。

2011/04/08 (Fri) 10:31 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

いつもありがとうございます。

なかなかお邪魔できなくてすみません。
ブログの引っ越しって結構大変ですよぉぉぉ。
ぼちぼちやらないと息切れします(笑)

さて本作はオリーブリーさんは今一つ?
確かにこの設定で疑問感じちゃうと、その先がげんなりしてしまいそうですよね。
こういう世界があったとしたら本当に恐ろしいですもんね。

2011/04/15 (Fri) 16:12 | rose_chocolat #ZBcm6ONk | URL | 編集 | 返信

rose_chocolatさんへ

こんばんは。

お引越し、お疲れ様です。
大変でしょうが、頑張ってくださいね!
しっかし、ビックリ仰天の楽天でしたねぇ^^

雰囲気や映像、役者の演技は文句なしですけど、ストーリーがいまひとつでした。
あたかも普通と変わらないように見せられたので、余計にこういう世界は恐ろしいと思いましたよぉ。

2011/04/18 (Mon) 01:26 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

おはグッモーニン

キーラの妹役でしたか、キャリーちゃん。「プライドと偏見」見なきゃ!

運命に逆らって逃げたりしたら、どうなるのか。そういう話にしたら、違うSFアクション映画になりそうです。
この話は、象徴的に、命について語りたかったのだろうなあと思えますよね。

2011/05/19 (Thu) 07:16 | ボー #0M.lfYJ. | URL | 編集 | 返信

ボーさんへ

こんにちは。

映像美と言い、子役、役者のキャスティングと言い、映画として魅力が詰まった作品と思いましたぁ~♪
生命が閉塞されてるような…物語の世界観はちと好みではなかったです。

ま、でも、この若手俳優たちはお見事でした。
特にキャリーとアンドリュー、今後が楽しみです!

2011/05/21 (Sat) 14:38 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

TB有難うございました。

特異な設定に素直に納得して鑑賞しよう。生に執着するなら、
反社会的であろうと臓器提供を拒否し逃避行の末、果てる事もありかなとも思う。

2012/09/25 (Tue) 01:09 | Hiro #27Yb112I | URL | 編集 | 返信

Hiroさんへ

こんばんは~こちらこそ、いつもありがとうございます。

色んなご意見がある作品ではありましたが、正解のない問題を若い役者さんたちは好演でしたね。

2012/09/25 (Tue) 23:59 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

わたしを離さないで

10月30日(土)@TOHOシネマズ六本木ヒルズスクリーン7。 こんな時期に台風接近とやらで風雨強し。 雨はともかく、風は自転車の大敵だ。 今日は冷静に地下鉄で六本木まで出かけることにした。

2011.03.29 (Tue) 16:31 | あーうぃ だにぇっと

ネタバレ「わたしを離さないで」感想

★この映画は、ネタバレ無しで感想を書くのが難しいので、今回に限って全部ネタバレで書きますので注意!★

2011.03.29 (Tue) 19:08 | ポコアポコヤ 映画倉庫

わたしを離さないで

評価:★★★★【4点】(13) 厳しい寄宿学校、プロムに誘う彼女に苦悩するイケメン学生の話じゃないのね(←おい)

2011.03.29 (Tue) 20:24 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

わたしを離さないで

ブッカー賞受賞作家カズオ・イシグロの小説をベースに、過酷な宿命を背負った少年少女たちが、それを受け入れながら限られた命を精一杯行きぬく姿を描いた青春ドラマだ。主演は『17歳の肖像』のキャリー・マリガン、共演に『つぐない』のキーラ・ナイトレイ、『ソーシャ...

2011.03.29 (Tue) 21:42 | LOVE Cinemas 調布

わたしを離さないで

柵に付いているボロボロのビニール 【Story】 外界から隔絶された寄宿学校ヘールシャムで、幼いころから共に日々を過ごしてきたキャシー(キャリー・マリガン)、ルース(キーラ・ナイトレイ)、トミ...

2011.03.29 (Tue) 23:14 | Memoirs_of_dai

『わたしを離さないで』

(英題:NEVER LET ME GO) ※この映画はネタバレを避けた方が楽しめます。 ----この映画の原作って、カズオ・イシグロニャんだって。 映画では『日の名残り』が有名だよね。 「うん。 あれは監督がジェームズ・アイヴォリーということもあって、 端正で抑制のきいた

2011.03.29 (Tue) 23:33 | ラムの大通り

わたしを離さないで 静かに静かにじわじわと。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。エーン!!

【=18 -3-】 カズオ・イシグロという人の原作「わたしを離さないで」の映画化だそうだってのはエンドロールで知った。 カズオ・イシグロって誰よ?って調べたら、長崎県出身のイギリス人作家で日本語は喋れない人だそうだ。  寄宿学校「ヘールシャム」で学ぶキャシー...

2011.03.30 (Wed) 10:23 | 労組書記長社労士のブログ

わたしを離さないで

闇の大人たち・・とでもいうべきか。

2011.04.01 (Fri) 14:52 | 迷宮映画館

わたしを離さないで◇◆Never Let Me Go (2010)

 この命は、誰かのために。この心は、わたしのために。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。レディスデイで1000円。春休みでサービスデイということもあって、多くのお客さんでした。若手注目俳優3人の主演ということで、気になっていた本作。どんな話かも事前にチェックし...

2011.04.02 (Sat) 19:05 | 銅版画制作の日々

わたしを離さないで /Never let me go

ランキングクリックしてね ←please click 三角関係のラブストーリーの中で、誰かが死を宣告され、、、というありがちなストーリーだと思ったら違った。   、、、重い、なんて切ない、、、、こんなお話だったとは!   後半感想はネタ...

2011.04.03 (Sun) 00:28 | 我想一個人映画美的女人blog

生きる意味〜『わたしを離さないで』

 NEVER LET ME GO  世間と隔絶された寄宿学校「ヘールシャム・ハウス」で育ったキャシー(キャリ ー・マリガン)は、自他共に認める優秀な介護士。彼女には、共に成長した二人 の親友、トミー...

2011.04.03 (Sun) 20:18 | 真紅のthinkingdays

わたしを離さないで (東京国際映画祭にて)

魂がある存在なのに公式サイト http://movies.foxjapan.com/watahana2011年公開同名小説(カズオ・イシグロ著)の映画化監督: マーク・ロマネク1960年代、治療の向上

2011.04.03 (Sun) 20:36 | 風に吹かれて

せつない運命

1日のことだが、映画「私を離さないで」を鑑賞しました。 キャシー、ルース、トミーの3人の男女、彼らの恋・友情・成長 しかし、彼らには ある秘密・運命があり・・・ カズオ・イシグロ原作の映画化 原作を読んだ身として 気になったのだが せつない物語であった そ...

2011.04.05 (Tue) 18:26 | 笑う学生の生活

わたしを離さないで

この命は、誰かのために。 この心は、わたしのために。 原題 NEVER LET ME GO 製作年度 2010年 製作国・地域 イギリス/アメリカ 上映時間 105分 原作 カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』(早川書房刊) 脚本 アレックス・ガーランド 監督 マーク・ロマネク ...

2011.04.06 (Wed) 01:04 | to Heart

【TIFF 2010】『わたしを離さないで』 (2010) / イギリス・アメリカ

楽天ブログ「Nice One!!」2010年10月30日日記からのコピーです。 TBはこちらにお願いします。 原題:Never Let Me Go 監督:マーク・ロマネク 原作/製作総指揮:カズオ・イシグロ 出演:キャリー・マリガン アンドリュー・ガーフィールド キーラ・ナイトレ...

2011.04.15 (Fri) 16:07 | Nice One!!

わたしを離さないで

 『わたしを離さないで』を日比谷のTOHOシネマズシャンテで見てきました。 (1)この映画の原作を書いたカズオイシグロ氏については、映画化された『日の名残り』を読んだり(映画〔1993年〕も見ました)、脚本を書いた『上海の伯爵夫人』(2006年)を見たりしたことがあ...

2011.04.16 (Sat) 06:34 | 映画的・絵画的・音楽的

わたしを離さないで

「17歳の肖像」のキャリー・マリガン、「ソーシャル・ネットワーク」のアンドリュー・ガーフィールド、「つぐない」のキーラ・ナイトレイ共演で贈るラブストーリー。謎を秘めた寄 ...

2011.04.26 (Tue) 20:19 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ

「わたしを離さないで」心に刺さる。

[わたしを離さないで] ブログ村キーワード  キャリー・マリガン、アンドリュー・ガーフィールド、キーラ・ナイトレイ。今が旬の、若手実力派スター3人が共演!「わたしを離さないで」(20世紀フォックス映画)。このタイトルだけ聞くと、何か“昼メロ”みたいですが、?...

2011.05.01 (Sun) 21:53 | シネマ親父の“日々是妄言”

映画 「わたしを離さないで」

先日、本も読み終わり、やっと映画を観てきました。 ネタバレしないようにしたいので、 ご覧になった方にしかわからないようなあいまいな表現も使いますが ご了承下さい。

2011.05.03 (Tue) 23:24 | 英国日記

■映画『わたしを離さないで』

キャリー・マリガン、キーラ・ナイトレイという英国出身の実力と人気を兼ね備えた若手俳優が顔を揃えた映画『わたしを離さないで』。 イギリスの美しい自然の中で、哀しい運命に翻弄される若者たちの姿を、切なく描いています。 ある意味、とても無気力な彼らの姿は...

2011.05.04 (Wed) 23:45 | Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>

「わたしを離さないで」

SF的設定でありながら、文学的な作品。 人間の命の尊さを静かに訴える。

2011.05.14 (Sat) 10:19 | 或る日の出来事

『わたしを離さないで』 訴えられるのは誰か?

 【ネタバレ注意】  『わたしを離さないで』の中には、実に無意味な問いが出てくる。  それは、「彼らは心を持っているか」という問いかけだ。  もちろん、本作はこの設問を追及するものではない。追...

2011.05.19 (Thu) 07:56 | 映画のブログ

「わたしを離さないで」

「Never Let Me Go」2010 UK/USA キャシーに「プライドと偏見/2005」「マイ・ブラザー/2009」「17歳の肖像/2009」のキャリー・マリガン。 トミーに「BOY A/2007」「大いなる陰謀/2007」「ブーリン家の姉妹/2008」「Dr.パルナサスの鏡/2009」「ソーシャル・ネ...

2011.06.04 (Sat) 19:50 | ヨーロッパ映画を観よう!

mini review 11540「わたしを離さないで」★★★★★★★★☆☆

イギリスの文学賞・ブッカー賞受賞作家カズオ・イシグロの小説を基に、傷つきながら恋と友情をはぐくみ、希望や不安に揺れる男女3人の軌跡をたどるラブストーリー。『17歳の肖像』のキャリー・マリガン、『つぐない』のキーラ・ナイトレイ、『大いなる陰謀』のアンドリュ...

2011.10.10 (Mon) 01:55 | サーカスな日々

わたしを離さないで

『わたしを離さないで』---NEVER LET ME GO---2010年(イギリス/アメリカ )監督:マーク・ロマネク 出演:キャリー・マリガン 、アンドリュー・ガーフィールド 、キーラ・ナイトレイ 、シャーロット・ランプリング ブッカー賞作家カズオ・イシグロの同名傑...

2011.10.23 (Sun) 23:05 | こんな映画見ました~

家計簿を離さないで

「わたしを離さないで」 「武士の家計簿」 

2011.11.23 (Wed) 10:25 | Akira's VOICE

「わたしを離さないで」(イギリス/アメリカ 2010年)

魂と猶予。 死と終了。

2011.12.19 (Mon) 22:19 | 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常

『わたしを離さないで』

わたしを離さないで 臓器提供用に生まれてきた コピー人間3人の恋と友情を描く... 【個人評価:★★★☆ (3.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:Never Let Me Go 原作:カズオ・イシグロ 製作に参加

2012.09.24 (Mon) 02:24 | cinema-days 映画な日々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。