スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウル・キッチン 

2011, 03. 22 (Tue) 00:00

Soul Kitchen
ドイツ、ハンブルク。
庶民派レストラン“ソウル・キッチン”を経営するギリシャ系移民のジノス(アダム・ボウスドウコス)は、不運続きの日々を過ごしていた。
そんなある日、シェフのシェインを雇うことになるが…。


様々な民族が集うハンブルクの大衆食堂を舞台に、個性豊かな面々が繰り広げる悲喜こもごもの人生模様をユーモラスに綴るヒューマン・コメディ。

2011年 1/22公開 ドイツ/フランス/イタリア映画
ファティ・アキン監督
人情味あるコメディドラマ{★★★3/5}

「愛より強く」「そして、私たちは愛に帰る」、3部作となる次回作の前に、ガラリと作風を変え、思い切ってリフレッシュを計ったファティ・アキン監督。
新境地となるエンターテイメント作品は、ご自分にとっても挑戦であったそうですが、「ソウル・キッチン」は、下ネタにも笑わされ、遠距離になった恋人、仮出所してきた兄、ギックリ腰に税金滞納の督促と、定番ながらも活かされた伏線で楽しめるお話でした。
カンヌ・ベルリン・ヴェネチアと、映画祭全て受賞と言うことですね~36歳でこれは凄い!
338110view005.jpg
傾いたレストランにカリスマ・シェフが現れ、建て直していくヒューマン物語かと思っていたので、少しドラマな部分や変化が乏しい感じがして、個人的な好みからはちょっと外れていましたが、作品自体は面白く出来ていると思います。
ソウル・ミュージックやR&Bの音楽、ジノスのギックリ腰ネタが終始笑いを引っ張り、彼を中心に軽快なテンポで進んでいきます。
古い倉庫を改築した「ソウル・キッチン」が、とっても良い!!
小奇麗とは言えないけど、雑然とした空間の日常と、その町に暮らす人たちが妙にマッチしている。
出されるフードはジャンキーな冷凍食品やレトルトで、レストランとは名ばかりの素人料理なのに、それを好んでやってくる客でそこそこの人気店(笑)
上品で本格的なシェインの料理には目もくれないのがおかしい。
できればもっと料理の数々を見たかったかな。

楽しい仲間と過ごせる“居心地の良い場所、時間”があるのは有り難いものです。
個性的なキャラクターが織り成す、陽気でポジティブな作品でした。

コメント

KLY

ファンキーな音楽に乗せて楽しんじゃいました。(笑)ドイツなのにソウル、妙にアメリカ的だけど、ヤッパリ見てるとドイツだなぁって、この微妙な空気感が気に入ってます^^

2011/03/22 (Tue) 00:40 | KLY | 編集 | 返信

オリーブリー

KLYさんへ

こんにちは。

もう少し料理の数々が見たかったけど、ギックリ腰とラストのタブレットオチがベタで面白かったです(笑)
良いトコのお嬢さんで美人でスレンダーな彼女が、どーしてジノス???とずっと不思議でしたo(*^▽^*)o~♪爆!

2011/03/24 (Thu) 10:49 | オリーブリー | 編集 | 返信

mig

こちらは好き♡

なかなか面白かったな〜♪
「エス」の主演の彼(兄貴役)も主演の弟も良かった♪

2011/03/28 (Mon) 09:17 | mig | 編集 | 返信

latifa

オリーブリーさん、こんにちは!
オリーブリーさんの感じたこと、そのまんま自分と重なって、嬉しいな〜。
そうそう、このレストラン自体は良い感じで気に入っちゃったんだけれど、ストーリーがそれほど・・・。もっとお料理とか、シェフの活躍も見たかったですよね。

>カンヌ・ベルリン・ヴェネチアと、映画祭全て受賞と言うことですね〜36歳でこれは凄い!
 確かに凄いわ・・・。

2011/03/29 (Tue) 10:53 | latifa | 編集 | 返信

オリーブリー

migさんへ

こちら、ホームドラマな感じかな〜と思っていたら、コメディタッチだったんですね。
そこそこの笑いで楽しめました。

2011/03/30 (Wed) 13:31 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

latifaさんへ

こんにちは。

面白いことは面白かったけど、自分のイメージとちょっと違ってたんで、私もlatifaさんの言われる意味が良く分かりました(*^-゚)vィェィ♪笑。

>ストーリーがそれほど・・・

ふつうにベタでしたね(爆)
乱交(?)パーティーみたいにもなっちゃってたし(;^_^A アセアセ・・・
これまでの監督作品とも全く別物でした。

2011/03/30 (Wed) 13:37 | オリーブリー | 編集 | 返信

sakurai

3月頃の

公開って、あのあわただしい時だったんですね。
なんか、あれからものすごく時間が経ったような気がします。
私、ドイツ映画のなんとも節操のないところが好きで。
フランス映画の難解さもなく、イギリス映画の慇懃さもなく、イタリア映画の解放感もなく、どこかアメリカに媚を売ってるような、自分らしさが出せないけど、そこをあえて押しだしてるところみたいなのが、妙に気に入ってるんですよ。
これもその常道で、とっても好み。
いつも行く映画館での上映じゃなかったので、見逃すとこでした。

2011/08/10 (Wed) 08:22 | sakurai | 編集 | 返信

オリーブリー

sakuraiさんへ

こんにちは。

地震のあと、でした。
今日で5ヶ月ですか、、、ニュースでまだ避難所にいらっしゃる方を拝見すると、あちらも暑いだろうに、早くなんとか、と思うばかりですが。

おお~そのヨーロッパ分析(?~笑)なるほど、御もっともですね!!
イギリス映画の慇懃ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
ウケル!!

2011/08/11 (Thu) 17:17 | オリーブリー | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック
  •  ソウル・キッチン
  • 『ニューヨーク、アイラブユー』の監督の一人ファティ・アキン最新作。ハンブルクにある大衆レストランのオーナーと、その兄を中心とした仲間たちを描いたヒューマンコメディだ。主演に本作の脚本も務めるアダム・ボウスドウコス。共演に『es[エス]』のモーリッツ・ブラ...
  • 2011.03.22 (Tue) 00:32 | LOVE Cinemas 調布
この記事へのトラックバック
  •  ◇『ソウル・キッチン』◇
  • 2009年:ドイツ+フランス+イタリア合作映画、ファティ・アキン監督、アダム・ボウスドウコス、モーリッツ・ブライブトロイ、 ビロル・ユーネル、モニカ・ブライブトロイ、 ウド・キアー出演。
  • 2011.03.24 (Thu) 12:38 | 〜青いそよ風が吹く街角〜
この記事へのトラックバック
  •  ソウル・キッチン / SOUL KITCHEN
  • ランキングクリックしてね ←please click アン・リー絶賛! 「この映画に嫉妬せずにはいられない!」と言わしめたドイツ映画 「愛より強く」「そして、私たちは愛に帰る」のファティ・アキン監督が、様々な民族が集うハンブルクの大衆食堂を舞台に、個性豊か
  • 2011.03.24 (Thu) 18:21 | 我想一個人映画美的女人blog
この記事へのトラックバック
  •  ソウル・キッチン
  •  『ソウル・キッチン』を渋谷のシネマライズで見てきました。 (1)事前の情報を全く持たずにいたものですから、最初は韓国の首都にあるレストランの話なのかなと思ったりしていたのですが(『カフェ・ソウル』の連想から)、実際には映画は、ドイツのハンブルグにあるレ...
  • 2011.03.24 (Thu) 19:14 | 映画的・絵画的・音楽的
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ドイツ映画祭2009...「SOUL KITCHEN」
  • 「Soul Kitchen」 2009 ドイツ 監督、脚本に「太陽に恋して/2000」「愛より強く/2004」「そして、私たちは愛に帰る/2007」のファティ・アキン。 ジノス・カザンツァキスにアダム・ボウスドウコス(アキンと共同脚本)。 イリアス・カザンツァキスに「太陽に恋して...
  • 2011.03.24 (Thu) 22:56 | ヨーロッパ映画を観よう!
この記事へのトラックバック
  •  ソウル・キッチン
  • 絶対ほしいあの粉 【Story】 レストラン「ソウル・キッチン」を経営するジノス(アダム・ボウスドウコス)。恋人とは遠距離恋愛になり、腰を痛め、仮出所してきた兄のイリアス(モーリッツ・ブライブ...
  • 2011.03.25 (Fri) 01:29 | Memoirs_of_dai
この記事へのトラックバック
  •  「ソウル・キッチン」感想
  • ファティ・アキンの新作。コメディ映画。面白く見たのだけれど、すごい好みってわけじゃないかも・・・3つ★半
  • 2011.03.29 (Tue) 10:50 | ポコアポコヤ 映画倉庫
この記事へのトラックバック
  •  ソウル・キッチン(2009)◎●○SOUL KITCHEN
  •  心(ソウル)も満たすレストラン こんなレストランなら、行ってみたい!! 遅ればせながら、観て参りました。とても良いとの評判だったので、楽しみしていた作品です。その噂通り、本当に楽しくてパワーに溢れていました。 「そして、私たちは愛に帰る」のファティ・...
  • 2011.04.07 (Thu) 22:08 | 銅版画制作の日々
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ソウル・キッチン
  • 劇中で使用されている音楽がイイ!
  • 2011.10.07 (Fri) 00:02 | だらだら無気力ブログ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。