FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

4997_5898066157.jpg

失業中のベッキー(レイチェル・マクアダムス)は、ニューヨークのローカルTV局に採用され、朝の情報番組を任される。
超低視聴率番組を建て直すため、大御所の報道キャスター、マイク(ハリソン・フォード)を起用し、局内で注目の的となる。
同僚のアダム(パトリック・ウィルソン)と恋に落ち、公私共に順調なスタートを切ったベッキーを、思わぬ事態が待ち受けていた…。


華やかなテレビ業界を舞台に、ヒロインがさまざまなトラブルに振り回されながら、恋に仕事に頑張る姿を描いたサクセスストーリー。
「ノッティングヒルの恋人」のロジャー・ミッシェル監督と、「プラダを着た悪魔」の脚本家アライン・ブロッシュ・マッケンナがタッグを組む。

2011年 2/25公開 アメリカ映画
監督 ロジャー・ミッシェル
フワフワが言えた時{★★★㊤3/5}

超低視聴率の朝番組“デイブレイク”のプロデューサーに採用されたベッキーは、メインキャスターにマイク・ポメロイを起用するが、報道一筋のマイクは、朝の情報番組でもニュース以外にやる気を持たない。
パートナーのキャスター、コリーン(ダイアン・キートン)とはプライドの張り合いばかり。
スクープは他局へ取られ、視聴率は下がる一方…。
このままでは番組を打ち切ると上司に宣告され、恋人になった同じ局のアダム(パトリック・ウィルソン)と過ごす時間も仕事で頭が一杯。
トラブルとプレッシャーに追われながら、番組の建て直しを計るベッキーの奮闘コメディ。
2614_388275753Morning Glory
邦題では「恋と…」とあるから、一応ラブコメジャンルになるのでしょうけど、あまり恋の部分はそう重要ではないですね。
でもこの軽快なノリの映画、久しぶりに笑える楽しい作品でしたぁ~♪
「ワーキング・ガール」ではヒロインの恋人役だったハリソン・フォードがお歳を召され、予想外と言ったら何ですが、ムスッとしたひねくれた感じが無理に作られてなくて凄くいい!!
低俗な番組には絶対に屈しないと、頑固なプライドの塊りが、まんまな状態で笑えました。
毎日、朝からこんな不機嫌顔は見たくないかも(笑)

ダイアン・キートンの「ON」と「OFF」の切り替えや、コスプレやらカエルとディープキスやら、年甲斐もないハッチャケがチャーミング(笑)
どちらが挨拶に来るか、最後の言葉を〆るのは私だと、「Good buy」を被せ合っていく。
熟年(老年)男女が、火花を散らす様が面白くて!
できればこちらのお二人の貶し合いをもっと観たかったかなぁ~。
9326_11309253589 Morning Glory
出来る女を熱く自己アピールしたベッキーが、上からの圧力と我儘な大御所抱えながら下をまとめようと頑張る姿は、働く女性に元気を与えるのではないでしょうか。
何事にも前向きで、落ち込んでも、途中で投げ出したり他人のせいにしない。
このヒロインに好感持てるのは、男にこびず、自ら切り開いていくパワーと、女性らしい可愛らしさがあるからかな。
熱くなりすぎて猪突猛進、強引な部分もあるんだけど、気持ちにブレがなく一貫性があり、きっと根っからテレビの仕事が好きなんだと感じました。
レイチェル・マクアダムスのコロコロと変わる豊かな表情が、漫画のヒロインみたいで可笑しかったです♪
何をやっても嫌味のない可愛さは女性に受けません?

王道のラブコメ、シニアも若手もキャストが抜群なのが評価の重要ポイントです。
ハリソン・フォードとダイアン・キートンのお陰で、若い人だけではなく、シニアにも楽しめる内容だと思います♪
3317_8962423219 Morning Glory
2011.02.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/758-a42ee1b9