FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

2425_4700440965Town.jpg

全米屈指の強盗多発地区、ボストンのチャールズタウン。
完璧に仕事をやり遂げてきたプロの強盗一味は、ある銀行を襲った時に、支店長のクレア(レベッカ・ホール)を人質にする。
クレアは無事解放されるが、奪った免許証から同じ街の住人だと知った強盗一味は、正体がバレることを恐れる。
リーダー格のダグ(ベン・アフレック)が偶然を装いクレアに近づくが、彼女は強盗たちの影におびえる日々を過ごしていた…。


強盗が家業と引き継がれる街に育った主人公が、ある女性との愛をきっかけに、新たな人生の狭間で苦悩するさまを描くクライム・サスペンス。
「ゴーン・ベイビー・ゴーン」に次ぐ、ベン・アフレック監督の2作目。

2011年 2/5公開 アメリカ映画
監督 ベン・アフレック

ありきたりなラストが残念{★★★㊤3/5}

年間300件以上の銀行強盗が発生するボストン。
その一角にあるチャールズタウンは、かつて重刑の刑務所があり、刑期が終わるのを待つために囚人の家族が移住し、親から子へ強盗術が受け継がれていったそうです。

オープニングの銀行襲撃シーン。
大金を盗むだけでなく、監視カメラ映像のディスクを電子レンジに入れてチン、塩素を撒き散らしてDNA鑑定を困難にする。
限られた短い時間の中で行なわれる作業が手際よく、スカル風のマスクと修道女のマスクは、「ダークナイト」のピエロ同様、インパクトがあって印象に残りそう。
縦横無尽に広範囲であれこれと見せられるアクションに慣れているからでしょうか、狭い街中での逃走シーンは、もうダメだと何度も思わせながら、カメラのアングルがリアリティで緊迫感があり、ダイナミックでした。
3695_4333895313Town.jpg
クレアに近づく目的はあったけど、最初からダグは彼女を好意的に見ていたのでしょう。
怖い経験で怯えているクレアに、贖罪の気持ちもあるダグでしたが、二人は次第に惹かれ合っていきます。
ここは同じくベン・アフレックの「偶然の恋人」をちょっと思い出します。
犯人の顔は見ていないけど、声は聞いているクレア。
首の後ろに彫られたtattooを目撃している彼女が、ジェム(ジェレミー・レナー)と遭遇する場面は、ダグが犯人一味だと気づいてしまうのか、ハラハラしながら観ていました。
派手さばかりが目立つアクションでは無いけれど、緊張感があって面白く、ファミリービジネスを操ってきた元締め(?)のように君臨している花屋ファーギー(ピート・ポスルスウェイト)の存在が、離脱したいからと言って簡単には行かない構図を上手く描いていました。
8450_5709394227Town.jpg
アクションやサスペンス映画と言うよりは、人生をやり直したいと感じ始める人間ドラマが中心だったかと思います。
重苦しい余韻を残し、日本未公開の「ゴーン・ベイビー・ゴーン」とは違い、娯楽性の強い作品なので、ウケは良いかと思いますが、残念ながら「ゴーン・ベイビー・ゴーン」のように、恐るべしベン・アフレック監督!!と思えるような作品ではありませんでした。
襲撃シーンの見せ場を挟みながらのストーリー運びは良いし、年老いても血気盛んな囚人を、刑務所面会シーンだけで演じきるダグの父親役クリス・クーパー、出演俳優さんの演技はどの方も存在感があってお上手です。
それなのに丁寧に描かれているのはダグだけであって、兄弟同然の短絡的で激情型なジェムや彼の妹クリスタ(ブレイク・ライヴリー)をもう少し掘り下げてみるとか、1度の強盗でかなりの額を稼いでいると思うのに、危険を犯してまでも間隔を置かずにヤマを潜るのは、金目当てと言うよりそれから抜け出せない、ある種の中毒症状のような感覚になってしまう心理とか…。
3131_4887964209Town.jpg
球場襲撃まではそれなりに面白く観ていたのですが、あの、何ですか、FBIがタルくなかったですか?(苦笑)
捜査官のフローリー(ジョン・ハム)が、バーでクリスタと会うシーンが唐突だし、クールだった彼女がダグが恋人と街を出ると知って、急に感情的になるのもの解せなかった。(娘は結局ダグの子供ってことでしょうか…)
クレアの家でダグを張り込むなら、姿見えないようにしましょう~窓際に近づいちゃダメなの素人でも分かるわ。
花屋はああなるのが正解ですが、ダグとクレアが何だか都合よく感じてしまうラストでした。
4時間近い長編をカットしたらしいですが、存在感がある割にはあまり描かれていなかった人物像などなど、カットされてしまったのでしょうか。
せっかく面白かったのに、ラストに向けてどんどん荒くなってしまったようで、個人的に好みの終り方ではありませんでした。

花屋さんのピート・ポスルスウェイトが、先月お亡くなっていたそうで…。
とても痩せたと思いましたが、ご冥福をお祈りいたします。
2011.02.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/752-1b8eec56