スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白いリボン 

2011, 01. 21 (Fri) 09:42

White_ribbonThe White Ribbon

第一次世界大戦前、ドイツ北部の小さな田舎町。
地主である男爵が支配するこの町で、不可解な事故が次々と襲い掛かる。
プロテスタントの教えを信じる村人たちは疑心暗鬼に陥り、子どもたちは苦悩を感じ始めていた。


ドイツの田舎町を舞台に、人間の心の闇を痛烈に描き出すミステリー・ドラマ。
2009年のカンヌ国際映画祭ではみごと最高賞のパルム・ドールを受賞。

2010年 12/4公開 ドイツ/オーストリア/フランス/イタリア映画
監督 ミヒャエル・ハネケ
腕に巻かれた白いリボンは…{★★★★4/5}

ハネケ作品はそんなに観ていないのですが、「ファニーゲーム」なんかは、もういい加減にやめてくれ…と、胸糞が悪くなるほど後味が悪かったけど、こちらの作品がカンヌでパルム・ドールを受賞とあらば、恐る恐るですが楽しみにしていました。
結論から言えば、ハネケ独自の超ドS級な不快場面もなく、凄く良かったです。
後からあれこれと思い返し、じわりじわりと染み込んでくるような余韻のある作品でした。
大人も子供も登場人物がかなり多く、男爵(ウルリッヒ・トゥクール)、牧師(ブルクハルト・クラウスナー)、医者、助産婦、家令など、家族構成が分かりにくかったのもあるので、すぐにとは思わないけど、また観てみたい作品です。
静かな田舎を舞台に、一人の教師を語り部とした回想で進み、モノクロ画像が美しくもあり怯えでもあるかのように淡々と流れ、村を包み込む空気や村人の感情が重苦るしく伝わってきました。
336174_01_02_02白いリボン
ある日、村のドクターが自宅前で落馬。
骨折して入院するが、木の間に針金が張られていたのが原因らしい。
納屋の床が抜けて小作人の妻が命を落とし、男爵の息子が暴行を受け、平穏だった村に次々と事件が起こる。
帰宅が遅れた娘と息子に、牧師である厳格な父は、無垢で純白を意味する白いリボンを付けるよう命じる。
大人からは躾であっても、子供に取っては抑圧と服従の印のようなもの。
親から叱られただけでなく、他人の前でさらし者にもなってしまう。

物語は犯人を明白にして事件解決を求めるような内容ではありません。
けれど観客は、犯人が誰であるか理解できると思います。
そして、なんと恐ろしい犯人(たち)だ、と言うような捉え方をさせません。
ここにあるのは、支配、偽り、嫉妬、裏切りや不信であり、これだけ多くの登場人物の中、誰か一人だけを突起させず、それぞれの胸に秘める悪意や反抗と言ったものが、全体像として非常に不気味に描かれているのです。
理不尽な躾、性的虐待、抑圧される封建的な日常が積み重なる環境で、人間の中には何が芽生え、どんな人格が形成されるのか。
潔癖なまでに善を求めると、何に結びついていくのか…。
336174_01_06_02白いリボン
サラエボで大公が暗殺された事件が村に伝わり、第一次大戦へと進んで行くのが分かります。
倫理だの秩序だのを重んじながら、利己主義で醜い権力者。
表向きは素直に振る舞いながら、冷淡に大人を見ている表面的な子供。
無音のエンドロールを観ながら、純粋で無垢である証の白いリボンは、やがて赤いナチの腕章へと変わっていったのだろうか、と。
眼を覆いたくなるような暴力描写は全くなかったけれど、白いリボンに植えつけられたであろう暴力性が、負の歴史に繋がったのかもしれないと思うと眼を覆いたくなりました。

教師と男爵家の乳母の純愛が、異様な空気の中で浮いたようでもあり、一服の清涼剤のようであり、また事件の真相に近づくけど有耶無耶で済ませてしまう辺りが、あたかも普通の人間であることを最後まで強調したようでした。
多分、私達は彼と同じ目線でこの作品を見届けることになるのでしょう。

コメント

KLY

確かに目に見えた暴力はないんですよね。
ただ長いスパンでみると、このこども達が戦争の狂気を演出し、一個人の暴力をはるかに超えた暴力をふるうきっかけを作るのだと考えると空恐ろしかったです。
しかし…過ぎたるは及ばざるが如しとはよく言ったもので、程ほどが良いんですよねぇ。

2011/01/21 (Fri) 22:17 | KLY | 編集 | 返信

mig

こんばんは★

色々なシーンが興味深くて、また観たくなっちゃってまだ行けてませんの。

躾、教育。がんじがらめにしていたって良い事ないですね、
むしろある程度自由の方が、伸び伸び育っていいとおもう。
自分がもし子育てするとしたら怖いけど縛り過ぎも構わな過ぎもよくないなと肝に命じてます 笑

2011/01/22 (Sat) 00:21 | mig | 編集 | 返信

オリーブリー

KLY さんへ

こんばんは。

>長いスパンでみると、このこども達が戦争の狂気を演出し

そうなんですよね。
ダイレクトに描く作品はあっても、こういう形はお見事ですね。
最初に、第一次大戦前とか、何かテロップ等ありました?
最後になって、「ああ、そういうことか…」と思ったので、何だか背筋がゾッとしまして(;^_^A アセアセ・・・
そんなこともあり、また是非ゆっくりと観たいです。

>程ほどが良いんですよねぇ。

ほんと、そうですよ。
期待も理想も、相手からはただの押し付けになるだけですもん。

2011/01/24 (Mon) 02:37 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

migさんへ

こんばんは。

経験上、一人目は何もかも初めてだから、頑張りすぎて失敗もあるんだけど、二人目は案外、適当でした…(;^_^A アセアセ・・・
持って生まれた性格はあるけど、やはり育て方と環境よね。
大らかが一番だと思わない?(笑)
migサンなら大丈夫よ!

これ、確かめながら注意深く観たいです〜劇場は無理なので、早くDVDかな(*^-゚)vィェィ♪

2011/01/24 (Mon) 02:53 | オリーブリー | 編集 | 返信

リバー

TB ありがとうございます

スッキリせず 難解ではありますが
引き込まれる作品 ゾクゾクとした不気味さがあった

作品としてレベルが高いなぁと

2011/01/31 (Mon) 18:16 | リバー | 編集 | 返信

オリーブリー

リバーさんへ

おはようございます。

モノクロ画像が不気味でした。
何がどう解決するわけではないけど、先に何が起こるか史実で分かっているので、ゾーッとしますね。

2011/02/02 (Wed) 11:16 | オリーブリー | 編集 | 返信

sakurai

やっと

最後になって、「あぁ、そういう時代だったのね」と得心しました。
最後までわかんなかったと思う。
といっても1月にごらんになったんですもんね。
こっちにくるまで数ヶ月!フィルムの少なさがまじまじとわかります。
最近とみに年取ってきたせいか、もやもやのもんもんのどよよーーんというのを見るのが辛くなってきました。
見ごたえあったんですが、単純なものを求めるようになってます。
見すぎが原因かしらん。

2011/05/16 (Mon) 11:00 | sakurai | 編集 | 返信

オリーブリー

sakuraiさんへ

こんばんは。

抑圧する者、される者、モノクロ画像から、一層の重苦しさを感じました。
サスペンスのように進むストーリーも面白かったです。
最後は、そこと結びつくんだぁ~と納得でした。

まあ、このような作品は、年齢と言うより、気分や環境によって受け方が左右されるんじゃないですか?(笑)
仰る通り、見すぎって反省…
頭が空っぽになる期間って、大事なのかも(;^_^A アセアセ・・・

2011/05/19 (Thu) 00:24 | オリーブリー | 編集 | 返信

yukarin

こんにちは♪

モノクロの映像が重々しさを出してましたね。
長いけど少しずつ引き込まれていく作品でした。

2011/07/10 (Sun) 12:13 | yukarin | 編集 | 返信

オリーブリー

yukarinさんへ

こんにちは。

大人も子供も、結局、人間って、何か、怖かったです(苦笑)
モノクロ画像がよりそういった重苦しさを見せ付けていましたね。

2011/07/13 (Wed) 15:46 | オリーブリー | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック
  •  白いリボン
  • 公式サイト。ドイツ映画、原題:DAS WEISSE BAND、英題:THE WHITE RIBBON。ミヒャエル・ハネケ監督、ウルリッヒ・トゥクール、ブルクハルト・クラウスナー、ヨーゼフ・ビアビヒラー、ライナー ...
  • 2011.01.21 (Fri) 19:09 | 佐藤秀の徒然幻視録
この記事へのトラックバック
  •  白いリボン/クリスティアン・フリーデル
  • ドイツの鬼才、ミヒャエル・ハネケ監督によるクライム・ミステリー。2009年カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作品です。ぜひ観たいなとかねがね思ってはいたのですが、なかなかそ ...
  • 2011.01.21 (Fri) 21:32 | カノンな日々
この記事へのトラックバック
  •  白いリボン
  •  2009年のカンヌ国際映画祭でパルムドール大賞を受賞した作品というので、『白いリボン』を見に銀座テアトルシネマに行ってきました。 (1)カンヌ国際映画祭でパルムドール大賞を受賞した作品というと、『ピアノ・レッスン』(1993年)、『パルプ・フィクション』(1994...
  • 2011.01.21 (Fri) 21:39 | 映画的・絵画的・音楽的
この記事へのトラックバック
  •  白いリボン
  • 『ピアニスト』『隠された記憶』のミヒャエル・ハネケ監督最新作。昨年のカンヌ国際映画祭のパルム・ドール授賞作品だ。第一次世界大戦直前の北部ドイツの村を舞台に次々と起こる不可解な事件と、そこに暮らす人々の心の闇を描き出す。出演は『善き人のためのソナタ』のウ...
  • 2011.01.21 (Fri) 22:03 | LOVE Cinemas 調布
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ■『白いリボン』■ 
  • 2009年:オーストリア+フランス+イタリア+ドイツ合作映画、ミヒャエル・ハネケ監督、クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルトリッヒ・トゥクール、フィオン・ムーテルト、ミヒャエル・クランツ出演。
  • 2011.01.21 (Fri) 23:33 | 〜青いそよ風が吹く街角〜
この記事へのトラックバック
  •  白いリボン/Das weisse Band/Eine deutsche Kindergeschichte
  • ランキングクリックしてね ←please click 2009年 カンヌ映画祭にて、パルムドール受賞他、 世界の映画祭32部門で受賞、54部門ノミネート! 待ちに待ったハネケ新作 わたしなんかが言うのはおこがましいけど、間違いなくハネケの傑作。 のちのファシズム、ナチズ
  • 2011.01.22 (Sat) 00:19 | 我想一個人映画美的女人blog
この記事へのトラックバック
  •  白いリボン
  • ■ 新宿武蔵野館にて鑑賞白いリボン/DAS WEISSE BAND - EINE DEUTSCHE KINDERGESCHICHTE 2009年/ドイツ、オーストリア、フランス、イタリア/144分 監督: ミヒャエル・ハネケ 出演: クリスティアン・フ...
  • 2011.01.22 (Sat) 07:47 | 映画三昧、活字中毒
この記事へのトラックバック
  •  映画「白いリボン」その白いリボンが象徴するものは?
  • 「白いリボン」★★★★ クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルリッヒ・トゥクール、 フィオン・ムーテルト、ミヒャエル・クランツ、ブルクハルト・クラウスナー出演 ミヒャエル・ハネケ監督、145分、2010年12月4日公開、 2009,ドイツ、オーストリア、フ
  • 2011.01.23 (Sun) 12:53 | soramove
この記事へのトラックバック
  •  白いリボン
  • 明るいモノクロの映像が解決しない事件をより一層際立たせる。 静かで重く、引き込まれた映画の中の映画。巧い。巧すぎる。 以前から気になって前売券を用意していたのに、 ついつ ...
  • 2011.01.25 (Tue) 13:31 | ここにあるもの
この記事へのトラックバック
  •  白いリボン
  • 水曜日はハシゴの日。 私にとって水曜日は「映画ハシゴの日」です。 関東圏の多くの映画館では「レディースデイ」と称して女性のみ¥1000で映画が見られます 最近でこそ「メンズデイ」なる日を設定する映画館もありますが、まだまだ少ない。 「メンズ」があって「レデ...
  • 2011.01.27 (Thu) 23:34 | 映画の話でコーヒーブレイク
この記事へのトラックバック
  •  「白いリボン」
  • 「Das weisse Band - Eine deutsche Kindergeschichte」…aka「The White Gibbon」2009 ドイツ/オーストリア/フランス/イタリア 学校教師にクリスティアン・フリーデル。 男爵家で働くエヴァにレオニー・ベベシュ。 男爵に「善き人のためのソナタ/2006」「アイガ...
  • 2011.01.29 (Sat) 00:53 | ヨーロッパ映画を観よう!
この記事へのトラックバック
  •  『白いリボン』 恋の行方も?
  •  【ネタバレ注意】  涙を流す少年のアップ。ポスターのこんなモノクロ写真を見て、私はてっきり『白いリボン』は暗くて退屈な映画だろうと思い込んでしまった。よもやミステリ仕立てでワクワクさせる、こ...
  • 2011.01.30 (Sun) 12:18 | 映画のブログ
この記事へのトラックバック
  •  不可解な事件
  • 9日のことですが、映画「白いリボン」を鑑賞しました。 第一次世界大戦前夜のドイツ北部のある村 そこで不可解な事件が次々と起こり・・・ なんだろうか ジワジワと感じる恐ろしさというのか 事件の犯人は誰か? なぜ起きたのか・・・ しかし 明確な理由はわからず ...
  • 2011.01.31 (Mon) 18:17 | 笑う学生の生活
この記事へのトラックバック
  •  『白いリボン』
  • '10.12.22 『白いリボン』@銀座テアトルシネマ rose_chocolatさんのお誘いで見に行く! 共通のお友達migちゃんが大好きなハネケ作品。気になってたのでもちろん行く! *ネタバレありです 「第一次世界大戦直前のドイツの小さな村。ある朝、村でただ1人の医者が何者かに...
  • 2011.02.04 (Fri) 00:35 | ・*・ etoile ・*・
この記事へのトラックバック
  •  白いリボン(2009)☆★DAS WEISSE BAND
  • 美しい村 静かな暮らし 聴こえてくる魔物の足音 京都シネマにて鑑賞。公開2日目でしかも日曜日、その上第1回目の上映ということもあってか、多くのお客さんでロビーは賑わっていました。1時間前に行ったのですが、すでに64番目。 ハネケ監督作品がカンヌでパル...
  • 2011.02.07 (Mon) 23:53 | 銅版画制作の日々
この記事へのトラックバック
  •  「白いリボン」
  • 見終わっても、戦争、ナチスということと、この映画は結びつかなかったけど?
  • 2011.02.26 (Sat) 15:24 | 或る日の出来事
この記事へのトラックバック
  •  白いリボン
  • ある意味、怖かったけれど「隠された記憶」より、観終えた時にすっきりとした印象を受けました。
  • 2011.02.28 (Mon) 06:43 | eclipse的な独り言
この記事へのトラックバック
  •  映画『白いリボン』を観て
  • 11-7.白いリボン■原題:DasWeisseBand(TheWhiteRibbon)■製作年・国:2009年、ドイツ・オーストリア・フランス・イタリア■上映時間:144分■字幕:齋藤敦子■鑑賞日:1月15日、新...
  • 2011.02.28 (Mon) 23:03 | KINTYRE’SDIARY
この記事へのトラックバック
  •  白いリボン
  • 好きか嫌いかと問われれば、決して好きではない。でも、目が離せない。。
  • 2011.05.16 (Mon) 11:01 | 迷宮映画館
この記事へのトラックバック
  •  『海の沈黙』『白いリボン』:モノクロ、ドイツ、戦争の2本立て @名画座
  • キネカ大森にて鑑賞です。名画座としてはトップクラスのラインナップを連発している感があります。 鑑賞から1週間、じっくりレビューを書こう・・・と思いましたが、映画の出来栄えをうまく伝えられるか、自信がありません。 とはいえ・・・
  • 2011.05.22 (Sun) 22:42 | りゃんひさ MyBlog~映画レビューなど
この記事へのトラックバック
  •  白いリボン
  • 「美しい村 静かな暮らし 聴こえてくる魔物の足音」…観る人を不快にさせる作品を作る奇才ミヒャエル・ハネケ監督の新作。 決して万人受けする作品ではありませんし、結局なんだったのといわれればそれまで。でもまるで本当にあったことのような錯覚に囚われてしまうほ...
  • 2011.06.30 (Thu) 10:00 | いやいやえん
この記事へのトラックバック
  •  白いリボン
  • 【DAS WEISSE BAND - EINE DEUTSCHE KINDERGESCHICHTE/THE WHITE RIBBON】2010/12/04公開 ドイツ/オーストリア/フランス/イタリア 144分監督:ミヒャエル・ハネケ出演:クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルリッヒ・トゥクール、フィオン・ムーテル...
  • 2011.07.10 (Sun) 12:09 | 新・映画鑑賞★日記・・・
この記事へのトラックバック
  •  白いリボン
  • 『白いリボン』---DAS WEISSE BAND - EINE DEUTSCHE KINDERGESCHICHTE  THE WHITE RIBBON---2009年(ドイツ/オーストリア/フランス/イタリア )監督:ミヒャエル・ハネケ 出演:クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ 、ウルリッヒ・トゥクール...
  • 2011.07.10 (Sun) 22:52 | こんな映画見ました~
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。