心のままに映画の風景

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP映画 ら行 ≫ ロビン・フッド

ロビン・フッド

8079_8378023700ROBIN HOOD

12世紀末。
弓の名手、ロビン・ロングストライド(ラッセル・クロウ)は、イングランドの獅子心王、リチャード1世(ダニー・ヒューストン)率いる十字軍の兵士としてフランスでの戦闘に加わっていた。
王が落命し、王冠を持ち帰る騎士ロバート・ロクスリーが闇討ちされる現場に遭遇したロビンは、ロバートからノッティンガム領主である父ウォルター・ロクスリー卿(マックス・フォン・シドー)に剣を届けて欲しいと頼まれる。
ノッティンガムにやって来たロビンは、ウォルターからロバートの身代わり役を頼まれる…。


12世紀のイギリスを舞台に、伝説の義賊“ロビン・フッド”の物語を映画化した歴史スペクタクル大作。
ロビン・フッドが民衆のヒーローへと成長していく過程に焦点を当て、史実とフィクションを織り交ぜたストーリーと迫力のアクションで描き出す。

2010年 12/10公開 アメリカ/イギリス映画
監督 リドリー・スコット監督

史実と架空の絶妙なバランス{★★★㊤3/5}

政治的なメッセージや社会批判を含めた、リドリー・スコットらしいエンタメ歴史活劇でした。
帝政期ローマの「グラディエーター」、十字軍遠征「キングダム・オブ・ヘブン」に続く、ヨーロッパ史3部作のようでもあり、光と影の中に漂う特徴ある映像も細部まで丁寧で美しいです。

ストーリーは至ってシンプル。
騎士ロバートの最期の願いを引き受けたロビンは、リチャード王の弟ジョン(オスカー・アイザック)に王冠を渡した後、ノッティンガムにやって来る。
ロックスリー卿に剣を返したロビンは、息子の身代わりになって欲しいと頼まれ、引き受けた。
ロバートの未亡人マリアン(ケイト・ブランシェット)と次第に心が通い合うが、新王ジョンの悪政に怒りや反乱でイングランドが混乱する中、ゴドフリー(マーク・ストロング)の導きで、フランス王フィリップの軍勢が海峡尾を渡り、イングランドに危機が迫ってくる。

シャーウッドの森に住み、伝説の“義賊”となったロビン・フッドの、いわばビギニング・ストーリーです。
もしかするとシンプルすぎて雑かも知れませんが、複数の実在する人物と史実を上手く混ぜ合わせ、ロビン・フッドを実在感のあるヒーローとして描いているのはお見事です。
剣に刻まれた「ライオンハート」の文字や「マグナ・カルタ」など、ロビンが運命に導かれていくプロセスは、リアリティーな歴史観を与えられます。
8185_4687583366ROBIN HOOD
クライマックスは、「プライベート・ライアン」のノルマンディー上陸シーンを思わせるような戦闘シーン。
緑の大陸、白い崖、青い海岸と、迫力あるスペクタクル映像はハリウッド大作の定番。
独自の視点で捉え、あたかも事実であるかのように描いていくリドリー作品に、更に説得力を加えるのは俳優さんたちの演技でしょう。

リドリー作品の常連、男臭いアウトローがしっくりと嵌るラッセル・クロウは、きっちりと体も作り、ロビン・フッドが実在したヒーローであるかのような体感をさせてくれます。
男勝りなマリアンを演じたケイト・ブランシェット。
時折見せる大人女性のコミカルさにクスッとなります。
甲冑姿は黄金期クイーンと重なる人がたくさんいらっしゃるかも。
ハリウッドスターの共演は、華やかで楽しく観れますが、お二人の安定した演技があって、またこの作品に実在感があるのでしょう。
9306_3432828208ROBIN HOOD
二時間半は超えたかと思いますけど、長さは感じず、大きな可もなく不可もなく、誰でもそこそこ楽しめる映画と思います。
これから冬休みやお正月、もし観るものがない…なんて時に、お勧めの1本です。

Comment

こんばんは♪
編集
クライマックスの戦闘シーンはなかなか見応えありましたね。
ケイト・ブランシェットがこちらでもオトコマエに登場してておおっと思いましたケド。
私も長さを感じさせずに観られました。
2010年12月11日(Sat) 23:28
こんばんは
編集
歴史モノ、コスモノ、アクション大好きとあって全ての要素がツボでした。まあ流石に「グラディエーター」には及ばないものの、それでも本当にヒーローの活躍を純粋にワクワクしながら見た感じです。
あの弓をいるシーンは震えが来るほど好きなのですが、予告編で見せずに隠しておいてくれたらもっと興奮したのになぁと、そこがちょっと勿体無く思いました。
2010年12月11日(Sat) 23:53
yukarinさんへ
編集
こんばんは。

海からの上陸シーンって「トロイ」なんかも迫力ありましたが、こちらは上空から一望する映像と矢の雨が迫力ありました。
ケイトが戦いに参加したのは、監督のサービスですかね(笑)
エリザベスがやって来たと思っちゃった(^_^;)笑。
2010年12月12日(Sun) 22:18
KLYさんへ
編集
こんばんは。

「グラディエーター」と比べれば、内容も迫力もガクンと落ちますが、分かりやすい軽めの娯楽として楽しめました。
父息子や民の繋がりに重点があったようですが、欲を言えば、もっと弓矢のシーンは観たかったかなぁ。
戦闘場面はわりとあっさりしてましたね〜最近は飛び散る血肉の見せ方が数々ありますけど、凝った描写がなく、そんな意味でも正統派で定番な感じでしょうか。
2010年12月12日(Sun) 22:32
迫力の戦闘シーン
編集
オリーブリーさん、こんばんわ☆
最後の迫力シーンは、見応えバッチリでしたね!
確かに史実とうまくくっつけることで、話が盛り上がってました。
ラッセル・クロウは本当にこういうのに会いますね。
出来ることならもう少し、体を引き締めてほしかったかも。人のこと言えないけど・・・(汗)
2010年12月13日(Mon) 03:14
ヒロイン
編集
ケイト・ブランシェットは強い女性を演じさせれば素晴らしい女性なんですが、恋する女性を演じるとどうも絵にならない気がするんですよね。
まぁ私の個人的趣味の問題なんですが、ラッセル・クロウとの色恋沙汰も大人な雰囲気にしてほしかったですよ。
2010年12月13日(Mon) 17:38
こんにちは
編集
>ノルマンディー上陸シーン
そうそう、敵?ながら不憫に思っちゃいました(笑)

今年も年末年始はパっとした作品がないし、オススメを聞かれたらコレを紹介するかなぁ(^^)

2010年12月13日(Mon) 17:46
本日2回目鑑賞
編集
今日は今年最後の有給休暇でした。
ということで地元のTOHOでは月曜メンズデーなので
本作2回目と『ノルウェイの森』を観てきましたよ。

2回目で判ったことは最後の戦闘シーンにマリアンが引き連れてきたのは少年盗人集団だったこと。
ここで思い出したのが『七人の侍』で村の長老のひとこと。
「首取られるかもしれないのに髪の心配してどうするぅぅぅ!」でした(爆)
畑の穀物を盗まれていても、ここでは国のために力を合わせるんですね^^
2010年12月13日(Mon) 21:25
可も無く不可も無く・・
編集
って言葉がぴったり。
安心して見てらるし、話も山あり谷あり、それぞれかっこいいし、スマートなんですが、やっぱちいと魂にぐわああーと来るもんが少なかったかなあ。
これでものすごいカタルシスまで求めたら、贅沢ってもんなんでしょうか。
こう考えると、「グラディエーター」は、傑作だったと思います。
すぐさま、二回目見に行きましたもん。
もう一回行こ!って思わせる映画は、なかなかないですねええ。

あたしがハマったのは、何といっても「ER」のモリス先生で、超目が点でした。
2010年12月14日(Tue) 08:52
まだ〜むさんへ
編集
こんばんは〜お返事が遅れてすみませんペコリ(o_ _)o))

監督やキャストの割には、敷居が高い大作って感じでもないので、丁度良いあんばいで軽く観て楽しめますね。
ラッセルは歴史物もコスプレも似合うねっ!
現代劇ではボッテリ系のおっちゃんのイメージが定着しちゃってるから(笑)
こんなジャンルの方が良いかも。
(あっ、私も人のこと言えない…夏太りとかいいながら、もう冬だぁ〜泣)
2010年12月17日(Fri) 18:47
にゃむばななさんへ
編集
そんなケイトのイメージは定着してきましたもんね。
まあ、私はどちらかと言えばラッセルのラブものはご遠慮しますが、今回は時代モノなので許せる範疇ではありました(笑)
2010年12月17日(Fri) 18:56
たいむさんへ
編集
こんばんは〜お返事が遅れてごめんなさいペコリ(o_ _)o))

「プライベート・ライアン」は、いきなりキツイ映像だったけど、この程度なら万人さんにお勧めできそうですよね。

そう、今年は前半に良作が揃ったのに、ドンドン枯れていきましたね…(^_^;)
あと、数作、どんなもんでしょうか(ちと、不安)
2010年12月17日(Fri) 18:59
itukaさんへ
編集
こんばんは〜お返事が遅くてすみませんペコリ(o_ _)o))

えっ、もう既に2回ご覧になったの?
ケイトファンでしたっけ?(笑)
あっ、そう、少年強盗集団って、必要なのか?と思ってましたが、あれ、アウトロー仲間を少年に設定したんでしょうか。
でもあの集団引き連れて戦場は大丈夫なのか?とは思いましたが(;^_^A アセアセ・・・
皆無事のようで良かったです。

えー、その「七人の侍」ネタがわかりません(滝汗)

「ノルウェーの森」は昔小説読みましたが、
混沌としていて皆目理解不能な世界でしたぁ〜なので映画もパスです(;´Д`A ```
2010年12月17日(Fri) 19:23
sakuraiさんへ
編集
お返事が遅れてすみませんでしたペコリ(o_ _)o))

>これでものすごいカタルシスまで求めたら、贅沢ってもんなんでしょうか。

どのエピもそこそこ無難に納めてあるって印象だったので、入りやすいかったですが、確かにカタルシスを感じるまでは及びませんでしたね。
万人ウケする娯楽作品としては最適かも。
「グラディエーター」のような復讐劇は、どうしても感情移入しちゃいます。
あれは面白かったね〜ホアキン王もピッタンコでした!(笑)

「ER」観てないので分からないですけど、ご贔屓のテレビドラマの人が映画に登場すると、結構テンションあがりますよね(笑)
2010年12月17日(Fri) 19:41
そうですね^^
編集
長尺ですが、それを感じずに、楽しめました。
でも、しっかりと見せる映画ですし、
映画を観たなぁ〜って言う満足感を得られますので、
あたしもオススメしてました♪
2011年01月16日(Sun) 19:17
miyuさんへ
編集
こんにちは。

最近の歴史大作では、娯楽に徹したなかなか面白い作品でしたよね。
小気味も良いし、ラストもハッピーだし♪
お勧め間違いなし(*^-゚)vィェィ♪
2011年01月19日(Wed) 15:00












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ロビン・フッド(2010)
公式サイト。原題:Robin Hood。リドリー・スコット監督、ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、ウィリアム・ハート、マーク・ストロング、マーク・アディ、オスカー・アイザッ ...
2010年12月11日(Sat) 17:07
ロビン・フッド
ロビンの名を借りた英国奮起ドラマ。   
2010年12月11日(Sat) 17:12
Robin Hood / ロビン・フッド
暴れん坊、ラッセル・クロウ×リドリー・スコット、5度目のタッグ よっぽど好きなのね
2010年12月11日(Sat) 18:57
ロビン・フッド
12月1日(水)@よみうりホール。 “ロビン・フッド” は早く観たくて一所懸命葉書で応募した。 ところが、現実は厳しい! まあったくカスリもしなかった。 しょうがない映画館で観よう! と思っていたら、美女様から嬉しいお誘いがあった。 いつもありがとうご
2010年12月11日(Sat) 19:03
グラディエーターの再来?『ロビン・フッド』
12世紀のイギリスを舞台に伝説の義賊ロビン・フッドを描いた作品です。
2010年12月11日(Sat) 19:53
『ロビン・フッド』
オッサンとオバハンの年齢不相応の色恋沙汰をジィさんが撮った、既視感だらけの時代活劇。これって正直どうなん?という感想しか出てこない映画でした。 本当にリドリー・スコッ ...
2010年12月11日(Sat) 20:30
[映画『ロビンフッド』を観た]
☆仕事の後のレイトショーで見て、上映前まで多少の眠気があったのだが、すぐに吹っ飛んだ。  燃える男の作品だった。  私は、いわゆる「ロビンフッド」の定番の流れを知らなくて、この作品ではじめて知ったのだが、今回のリドリー・スコット監督版が...
2010年12月11日(Sat) 20:52
「ロビンフッド」だんだん暑苦しく
日本公開は12月なんだー? ラッセル・クロウ演じるマッチョなロビンフッドと共に、額に汗を滲ませながら熱く戦う戦士たち。 やっぱり日本の暑い夏に観るのは、辛いよね。 子供の頃に親しんだ『ロビンフッド』は、緑のタイツで弓の名手の爽やかな青年。 それがいつの...
2010年12月11日(Sat) 22:33
ロビン・フッド
【ROBIN HOOD】 2010/12/10公開 アメリカ 140分監督:リドリー・スコット出演:ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、マーク・ストロング、ウィリアム・ハート、マーク・アディ、オ ...
2010年12月11日(Sat) 22:48
ロビン・フッド
伝説の義賊、ロビン・フッドの物語を『グラディエーター』の巨匠リドリー・スコット監督が壮大に描くスペクタクル大作だ。主演は同作でアカデミー賞に輝いたラッセル・クロウ。共演に『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のケイト・ブランシェット、『シャーロック・ホー
2010年12月11日(Sat) 23:51
『ロビン・フッド』(リドリー・スコット&ラッセル・クロウ)
(原題:Robin Hood) ----リドリー・スコット&ラッセル・クロウ。 この顔合わせって多いよね。 「そうだね。 ふたりの代表作は アカデミー作品賞に輝いた
2010年12月12日(Sun) 00:34
ロビン・フッド
『ワールド・オブ・ライズ』『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・ スコット監督が同じく『ワールド・オブ・ライズ』『アメリカン・ギャング スター』のラッセル・クロウを主演を迎え、イギリスの伝説の義賊“ロビン・ フッド”の誕生を描いた歴史スペクタクル大作…
2010年12月13日(Mon) 00:17
ロビン・フッド/ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット
『グラディエーター』のリドリー・スコット監督が同作でオスカーに輝いたラッセル・クロウと再びタッグを組んだ歴史スペクタクル・アクションムービーです。ロビン・フッドのお話 ...
2010年12月13日(Mon) 09:30
ロビン・フッド
誰もが知っている中世の吟遊詩人が生んだという伝説の義賊、ロビン・フッド。『グラディエーター』のリドリー・スコット監督と主演のラッセル・クロウのコンビで映画化した歴史ス ...
2010年12月13日(Mon) 16:57
ロビン・フッド / Robin Hood
12世紀の伝説の人物、ロビン・フッドを描いた映画。 ロビン・フッド自身は、その実在性が疑われている人物ですが、言い伝えられている伝承を下に上手く描かれています。劇中では、ロビン・フッドはロビン・ロングストライドと呼ばれていますが、何故ロビン・ロン...
2010年12月13日(Mon) 20:33
ロビン・フッド
評価:★★★★【4点】 さすがはリドリー・スコット!映像演出の重量感は凄い。
2010年12月13日(Mon) 21:05
ロビンフッド
いかにもブライアン・ヘルゲランドの脚本!!
2010年12月14日(Tue) 08:53
ロビン・フッド
羊が獅子になるまで 公式サイト http://robinhood-movie.jp監督: リドリー・スコット12世紀末、イングランドの獅子心王リチャード1世が率いる十字軍遠征隊の兵士に、弓の名手ロビン
2010年12月16日(Thu) 14:34
『ロビン・フッド』 歴史が生み出すヒーロー像の違いとは?
 ユーラシア大陸の西端と東端に、それぞれちっぽけな島国がある。  12世紀末、東端の島では源頼朝が征夷大将軍になり、武家政権を確立していた。  同じころ、西端の島では十字軍と称して大陸へ侵攻してい...
2010年12月17日(Fri) 00:29
映画:ロビンフッド Robin Hood 運命的にヒーローになる男の姿。すぐにでも続きが見たい(笑)
2時間20分もあるというので、実は、ちょっと焦っていた。 (最近、ちょっと根性ない) のだが、 始まって早々に悟る。 リドリー・スコット印で「つまらない訳ないじゃない」と! ストーリー構成が見事。 物語を紡ぐベースとな...
2010年12月18日(Sat) 06:46
『ロビン・フッド』(2010)/アメリカ・イギリス
原題:ROBINHOOD監督:リドリー・スコット出演:ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット(TOHOシネマズ1か月フリーパス鑑賞 9本目)公式サイトはこちら。<Story>時代は12世...
2010年12月19日(Sun) 06:33
ロビン・フッド/ROBIN HOOD
土日も仕事を持ち込んだせいで、書いてない映画が4本も溜まってるwww まずは、その1本目。 ずいぶん前から予告編が流れていたけど、最初は、あんまり興味がなくて、どうしようかと思ってたんだけど。 公開前になって、結構面白そうに思えてきて、「ロビン・フッド...
2010年12月19日(Sun) 18:33
ロビン・フッド/ROBIN HOOD
土日も仕事を持ち込んだせいで、書いてない映画が4本も溜まってるwww まずは、その1本目。 ずいぶん前から予告編が流れていたけど、最初は、あんまり興味がなくて、どうしようかと思ってたんだけど。 公開前になって、結構面白そうに思えてきて、「
2010年12月19日(Sun) 23:40
映画「ロビン・フッド」
映画「ロビン・フッド」を鑑賞。
2010年12月20日(Mon) 22:48
映画『ロビン・フッド』劇場鑑賞
 久しぶりに映画館へ行きまして、リドリー・スコット監督&ラッセル・クロウ主演の『ロビン・フッド』を観て来ました。  舞台は12世紀末のイングランド。  弓の名手のロビン・ロングストライド(ラッセル...
2010年12月22日(Wed) 19:34
ロビン・フッド
<<ストーリー>>12世紀末、ロビン(ラッセル・クロウ)は十字軍の兵士として フランスでの戦闘に加わっていた。ある日、イングランドの騎士ロバートの暗殺現場に居合わせた彼は その遺言を受け、ロバー...
2010年12月23日(Thu) 01:15
映画 「ロビン・フッド」
ロビンが無法者として 森で暮らすようになるまでのストーリーが 描かれています。
2010年12月23日(Thu) 12:22
伝説となった無法者〜『ロビン・フッド』
 ROBIN HOOD  12世紀末。ロビン・ロングストライド(ラッセル・クロウ)はイングランド王リチ ャード一世の十字軍遠征に従軍していた。帰国途中、ロビンは瀕死の騎士、 ロバート・ロクスリーか...
2010年12月23日(Thu) 22:13
ロビン・フッド
 きっと痛快無比な映画に違いないという予感がして、『ロビン・フッド』を見に、TOHOシネマズ日劇に行ってきました。こうした冒険活劇を見るなら、大画面を備えた劇場に限ると思ったものですから。...
2010年12月25日(Sat) 11:46
ロビン・フッド■反体制ゲリラのすすめ
ロビン・フッドといえば、シャーウッドの森の義賊ということでスポーティーなイメージなのであるが、ここでは全く違う。重く、肉食系のヒーローである。ケビン・コスナーの軽量級ロ...
2010年12月26日(Sun) 07:34
ロビン・フッド Marionよ、そこに来たらあかんやろ!ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ
【{/m_0167/}=56 -16-】 年末年始になって、観たい映画目白押しなのに、自分自身が忙しくて観に行けない!(ノ_<。)ビェェン 年末年始に掛けて精力的に見なければ!p(。・_;。)qガンバルッ  12世紀末。イングランドの獅子心王リチャード1世率いる十字軍遠征隊...
2010年12月27日(Mon) 10:57
ロビン・フッド・・・・・評価額1650円
これは“ロビン・フッド:ザ・ビギニング”だ。 リドリー・スコット監督とラッセル・クロウの五度目のコンビ作は、永遠のヒーロー“ロビン・フッド”の大胆な再解釈。 「L.Aコンフィデンシャル」の脚本家、ブラ...
2010年12月31日(Fri) 00:30
ロビン・フッド
ロビン・フッド'10:米、イギリス◆原題:ROBIN HOOD◆監督:リドリー・スコット「グラディエーター」「プロヴァンスの贈りもの」◆出演:ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、ウィ ...
2011年01月02日(Sun) 00:24
ロビン・フッド
ロビン・フッド / ROBIN HOOD 12世紀末のイングランド。弓の腕を買われて傭兵として十字軍遠征に参戦していたロビン・ロングストライドは 騎士ロバート・ロクスリーの暗殺を目撃。自分の剣を故郷に届...
2011年01月03日(Mon) 11:55
映画:ロビン・フッド
 キック・アスを観に行ったら最前列3列しかあいていないと言われ、翌日のチケットを購入。そのまま帰るのもしゃくなのでロビン・フッドを観てきました。2010年に鑑賞したのですが、レビューアップは年を越えてしまいました(汗)。  しつこいようですがこの映画も株主優...
2011年01月07日(Fri) 03:12
ロビン・フッド
 『彼は闘いのカリスマ。その生き様は伝説。』  コチラの「ロビン・フッド」は、中世イングランドの伝説の義賊”ロビン・フッド”を映画化した12/10公開のヒストリカル・アクショ ...
2011年01月16日(Sun) 19:16
映画『ロビン・フッド』を観て
10-79.ロビン・フッド■原題:RobinHood■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:140分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:12月11日、渋東シネタワー(渋谷)■料金:1,600円...
2011年01月30日(Sun) 17:10
「ロビン・フッド」
「Robin Hood」2010 USA/UK ロビン・ロングストライドに「プロヴァンスの贈りもの/2006」「アメリカン・ギャングスター/2007」「ワールド・オブ・ライズ/2008」「消されたヘッドライン/2009」のラッセル・クロウ。 マリアンに「ベンジャミン・バトン 数奇な人生...
2011年02月11日(Fri) 20:18
ロビン・フッド
ROBIN HOOD/10年/米・英/156分/アクション・アドベンチャー/劇場公開 監督:リドリー・スコット 製作:リドリー・スコット、ラッセル・クロウ 出演:ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、マーク・ストロング、ウィリアム・ハート、マックス・フォン・シ...
2011年04月17日(Sun) 22:34
ロビン・フッド (Robin Hood)
監督 リドリー・スコット 主演 ラッセル・クロウ 2010年 アメリカ/イギリス映画 156分 アクション 採点★★★★ なんとも当たり前の事なんですが、伝説の人物って、その伝説の部分が面白いから人気があるんですよねぇ。実在の人物の伝説であっても、本当か嘘かを…
2011年04月20日(Wed) 16:11
ロビン・フッド
『ロビン・フッド』---ROBIN HOOD---2010年(アメリカ/イギリス)監督:リドリー・スコット出演:ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、マーク・ストロング 、ウィリアム・ハート マックス・フォン・シドー 12世紀末。 イングランドの獅子心王リチャー...
2011年04月26日(Tue) 23:53
『ロビン・フッド』 (2010年版)
ロビン・フッド 12世紀末、十字軍遠征に参加していた射手が 騎士に成りすまし、戦死した王の王冠を持って 帰るが内乱に巻き込まれ... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:Robin Hood
2011年12月03日(Sat) 03:32
『ロビン・フッド』'10・米・英
あらすじ12世紀末。イングランド獅子心王リチャード1世が率いる十字軍遠征隊の中に、弓の名手であるロビン・ロングストライドがいた・・・。感想デキてんのか?『グラディエータ...
2011年12月21日(Wed) 08:40
『ロビン・フッド』'10・米・英
あらすじ12世紀末。イングランド獅子心王リチャード1世が率いる十字軍遠征隊の中に
2011年12月21日(Wed) 08:41