心のままに映画の風景

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP映画 は行 ≫ プチ・ニコラ

プチ・ニコラ

LE PETIT NICOLAS

天真爛漫な小学生のニコラ(マキシム・ゴダール)は、大好きな家族と友達に囲まれ楽しい毎日を送っていた。
ある日、両親の会話をこっそり聞いたニコラは、弟が生まれると勘違いしてしまい、自分が森に捨てられると思い込み、友達と一緒にとんでもないことを思いつく…。


フランスで50年以上愛され続けている絵本「プチ・ニコラ」を実写映画化したハートフルなキッズ・コメディ。
弟が生まれると勘違いした少年が巻き起こす騒動をユーモラスに描く。

2010年 10/9公開 フランス映画
監督 ローラン・ティラール

漫画のページを開くように{★★★3/5}

1960年代、パリの小学校を舞台にした、子供目線の可愛らしい作品でした。
今時の(ゲーム漬け)小学生には思いも浮かばないような、なんて無垢で素朴な思考回路なのでしょう(笑)

飛び出す絵本のように次々と現れる原作画の楽しそうなオープニング。
作文「将来なりたいもの」の課題にのせて、ニコラの個性豊かなクラスメートが紹介されます。
男の子は、やはり父親と同じ職業に付きたいのかな~。

ある日、弟ができたクラスメートが、自分は森に捨てられてしまうかもと悩み、次の日から学校を休みました。
ニコラの家でも、パパ(カド・メラッド)が急にママ(ヴァレリー・ルメルシェ)に優しくなったり、森へ行こうと言い出したり、ママが妊娠したと勘違いしてしまいます。
日常の学校生活、クラスメートと色々な計画を企てるニコラたち、そこに大人社会の諸事情をユーモラスに絡めて、絶妙なタイミングで笑わせてくれます。
特にパパの昇進を掛けたお食事会が、次から次と愉快な展開に。
ママの運転免許取得のオチも最高。
正直、子供達のネタだけだったら、「一人ぐらい兄弟姉妹いる子はいないのかいな…」とツッコミたいぐらい、めちゃくちゃ純粋なので、大人のドタバタなテイストがギュッと笑いを引き締めていたと思いました。
433147543Le Petit Nicolas
'50年代の街並みや暮らしが色鮮やかに映し出され、洋服や小物、キッチンなどインテリア、ポップで軟らかく温かそうな感覚は見ているだけで明るい気分になります。
花屋のお姉さんに「アデル/ファラオと復活の秘薬」のルイーズ・ブルゴワンや、合唱の指導をする教師が振り向いたら「コーラス」のジェラール・ジュニョだとか、おっ!となる楽しさもあって、4コマ漫画の数々なエピソードが散りばめられたような単純明快な楽しさがあります。
「ヤバイ!!もうダメ!!…」となった時、バタッと倒れるのも漫画チックな面白さです。
子供らしいオチのラストと、「将来の夢は皆を笑わせること」ちょっぴり成長したニコラでした。
子役達の自然な演技を微笑ましく感じました。
1831888540Le Petit Nicolas
色白でポッチャリ系のニコラは可愛い男の子でしたが、ちょっとトッチャン坊や系だったので、私はどちらかと言うと秀才メガネのアニャンが一番ツボだったかな。
勉強はできるけど体育は苦手そう、目立ちたがりで口達者。
クラスに一人は居たような…でも憎みきれないキャラでした。
成積が悪いクロテールも良かった。
「セーヌ川!」と答えられてクラスメートも先生も大喜びするシーンは、見ていて安心できます。
この時代は学校にイジメなど陰険で悪質なものは存在していない。
子供も大人もそれぞれの個性を尊重しながら楽しく付き合うことを心得ているようでした。
小難しい映画の合間に、何も考えずホッとできる1本でした。

Comment

No title
編集
>とっちゃん坊や…確かに!(爆)
私のツボはセーヌ川の坊やです。
合言葉を忘れてしまった場面では、「オデブさん、負けてやってよ〜」と懇願しました(汗)
それにしても、男の子はこの位までが一番可愛いですね。
高学年になると臭くなります…
パパとママも面白かったわ♪
2010年12月08日(Wed) 00:29
No title
編集
めっちゃツボな作品でした。
何て可愛らしいんだろう!何かもう観てる間ずーっと笑ってたきがします。劇場の雰囲気もなんだか凄く柔らかくなってたし♪
『リッキー』とか『ウキとニナ』とかでも思ったんですが、フランス人のおこちゃまって、漫画のキャラクターのように純粋に見えます^^;
2010年12月08日(Wed) 00:50
めえめえさんへ
編集
こんばんは。

アニャンやクロテールが美味しいトコもって行ったよね。
演技に幅もあったような(笑)

>高学年になると臭くなります…

ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
そうそう、この頃はまだくっ付いてくるけど、その内、ちょっと近づいても「気持ち悪い!」って言われるし。
ファブリーズは必需品(爆)
2010年12月08日(Wed) 21:56
KLYさんへ
編集
こんばんは。

本当に可愛い映画でしたね♪
私も久々に頭がカラッポになりました。

会場も終始、くすくす笑いでしたよo(*^▽^*)o~♪
合間にイビキも聞こえましたが(爆)
2010年12月08日(Wed) 22:29












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プチ・ニコラ
フランスの国民的絵本「プチ・ニコラ」を実写映画化。60年代のフランスを舞台にニコラとその友達たちが巻き起こす大騒動を描いたキッズコメディだ。監督・脚本は『モリエール 恋こそ喜劇』のローラン・ティラールが務める。主人公ニコラには本作が長編デビュー作となる...
2010年12月08日(Wed) 00:43
映画・プチ・ニコラ
フランスで50年間愛され続けている国民的絵本の実写版原作は全く知りませんでした日本でいえば「サザエさん」「ちびまるこちゃん」のような存在なのだそうです1960年代のフランス両親からたっぷりの愛情を受...
2010年12月08日(Wed) 19:41
「プチ・ニコラ」
「Le petit Nicolas」…aka「Little Nicholas」 2009 フランス ニコラにマキシム・ゴダール。 ママに「モンテーニュ通りのカフェ/2006」「輝ける女たち/2006」のヴァレリー・ルメルシェ。 パパに「コーラス/2004」「幸せはシャンソニア劇場から/2008」のカド・メ...
2010年12月08日(Wed) 23:41
*プチ・ニコラ*
Le Petit Nicolas - bande annonce FR   学校で「将来なりたいもの」という題の作文を書くことになったニコラは悩む。だってニコラは毎日が楽しく、変わる事を望んでいないから。優しい両親、そして一緒に遊べる仲間たちがいれば十分。ところがある日、両親の
2010年12月10日(Fri) 21:51
プチ・ニコラ
2011年3月5日(土) 16:40〜 キネカ大森2 料金:0円(二本立ての二本目) パンフレット:非売 『プチ・ニコラ』公式サイト キネカ大森名画座、フランスの子供主演映画の二本立て。 こちらは、一部大人がコメディ・シーンを攫うが、基本的には子供中心のコメディだ...
2011年03月06日(Sun) 22:29
プチ・ニコラ
フランスで50年以上愛され続けている国民的絵本「プチ・ニコラ」を、 『モリエール 恋こそ喜劇』のローラン・ティラール監督が実写映画化した ハートフル・コメディー。 両親の会話を立ち聞きして、弟が生まれたら自分は捨てられると思い込んだ 少年が巻き起こす騒動を描…
2011年05月12日(Thu) 01:15
ニコランボーズ
「プチ・ニコラ」 「リトル・ランボーズ」 
2011年06月07日(Tue) 15:42
プチ・ニコラ
なんて可愛らしくて暖かい作品なんだろう。 「プチ・ニコラ」は、フランスで50年以上も愛され続ける児童書シリーズ。冒頭の漫画絵も飛び出る絵本のようでとても良く出来ていて好感度アップ。 男の子達がとにかく可愛らしくって、個性的なんです。でもそれだけじゃなくて...
2011年06月14日(Tue) 11:33
プチ・ニコラ (Le petit Nicolas)
監督 ローラン・ティラール 主演 マキシム・ゴダール 2009年 フランス/ベルギー映画 91分 コメディ 採点★★★★ 如何せん末っ子なもんで、“お兄ちゃんになる”ってのがどんな感じなのかさっぱり分からない私。じゃぁ、ウチの子供らはどんな感じなんだろうと見て…
2011年09月14日(Wed) 15:43
『プチ・ニコラ』 ('11初鑑賞146・WOWOW)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 10月23日(日) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。
2011年10月26日(Wed) 20:23