FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

2243_3584725976KILLERS.jpg

お嬢様のジェン(キャサリン・ハイグル)は、家族旅行先の南フランスでスペンサー(アシュトン・カッチャー)と出会う。
3年後、郊外で幸せな結婚生活を送るジェンだったが、ある日、命を狙われたスペンサーが元CIAのエージェントだったと知り、2人は数々のピンチに見舞われていく…。


元CIAの凄腕エージェントとその妻が、騒動に巻き込まれるラブ・コメディー。

2010年 12/3公開 アメリカ映画
監督 ロバート・ルケティック
中途半端{★★2/5}

お約束通りの王道な作品でしたが、正直、あまり面白くなかったです。
オープニングのニースは、スタイリッシュなスパイアクションの予感がありましたけど、ラブコメの定番ネタが雑すぎてメリハリがなく、笑いもアクションも中途半端な印象でした。
平凡を望んだスペンサーには懸賞金がかけられていて、ご近所さんや会社の同僚など、身近な知り合いが突然襲って来るので、その展開だけはやや緊張感があるけれど、他は特別目新しいものも楽しい笑いもなかったです。

スパイのアシュトン狙いでしたが、素敵だったのはニースのシーンだけだったかなぁ~。
爽やかな笑顔と肉体をご披露してくれますが、結婚と同時に引退したからでしょうか、凄腕と言われるような腕前はあまり感じませんでした。
アシュトンの持ち味が活かされていなくて残念。
337643view008.jpg
“新・ラブコメの女王”なの?キャサリン・ハイグル…。
これまでそう言われて来たチャーミングな女優さん達に比べると、可愛げがなくてとげとげしい印象なので、女性ウケが良さそうとは思えないのですが…。
あくまでも個人的な見解です(笑)

途中で観るのをリタイアしたけど「グレイズ・アナトミー」の役柄があまり好きじゃなかったのと、「男と女の不都合な真実」「無ケーカクの命中男/ノックトアップ」と、男性陣にはアピール出来る肉体をお持ちなんでしょうが、彼女の下ネタって、何かいつも生々しくて笑えない(苦笑)
でも今回の役柄は合っていませんでしたね。
親離れできないお嬢様キャラなんて、彼女のイメージには無理だと思いました。
髪型ひとつでおばさん臭く見えちゃうし…。

パイロットの(そうは見えない)パパ(トム・セレック)と(アル中?)ママ(キャサリン・オハラ)が何かと絡んでくるので、オチも予想通り。
でもこの流れはいささか強引かも。

一般人と元ズパイの巻き込まれストーリーが「ナイト&デイ」と比較されてますけど、あちらの方が断然上でしょう。
タイトルまで似てるけど、キャラの勢いやスピード感からして比べ物にならなかったです。
ジェンとスペンサーのキャラクターをもう少し踏み込んでいたら、役者さんの個性が反映された作品になったかと思いました。
2010.12.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/717-da5a7ee0