2010_11
26
(Fri)23:30

リトル・ランボーズ

sonoframbow_galleryposterSon of Rambow

1982年、イギリス郊外。
11歳のウィル・プラウドフット(ビル・ミルナー)は、戒律の厳しい教会に属しているため、テレビや映画などすべての娯楽を禁じられる窮屈な日々を送っていた。
ある日、学校一の問題児リー・カーター(ウィル・ポールター)と出会い、生まれて初めて観た映画「ランボー」に強い衝撃を受ける。
二人は、見よう見まねで始めた映画作りを通して友情を深めていくが…。


「銀河ヒッチハイク・ガイド」のガース・ジェニングス監督が、自らの少年時代の体験をモチーフにした作品。
対照的な2人の少年が映画作りのとりこになり、友情を深めていく過程をユーモラスに綴るハートフルドラマ。

2010年 11/6公開 イギリス/フランス映画
監督 ガース・ジェニングス
“W”は要らない{★★★㊤3/5}

プリスマ同胞教会の戒律で、一切の娯楽を禁止されているウィルの楽しみは、空想世界を絵に描くことだけだった。
学校では悪ガキのリーだが、家業の老人ホームでリッチな母は不在がちで、兄に言われるがままこき使われていた。
ある日、ウィルはリーの家で映画「ランボー」を観て衝撃を受ける。
すっかり「ランボー」の虜になり「ランボーの息子!!」と成りきるウィルに、ビデオコンテストに応募する作品を撮ろうとしていたリーは、二人で映画製作をしようと提案する。
337480view003リトル・ランボーズ
環境も性格も正反対の二人のキャラが際立つ、ハートウォーミングなストーリーでした。
厳しい戒律と質素な環境からか、ウィルは真面目で世間知らずで純粋無垢な少年です。
彼の絵には、抑制された気持ちや思春期にさしかかろうとしている心の迷いを感じます。
片や、子育て放棄の母と横暴な兄を持つリーは、悪戯や万引きなど生きるたくましさはあるけれど、どこか寂しさを抱える少年です。
自分の居場所がなく、孤独を感じていた二人の少年は、1本のアクション映画「ランボー」に魅せられ、映画製作に意欲を燃やしていきます。
何故、「ランボー」だったのか…。
二人には父親がいないという共通点がありました。
ランボーが傷だらけで戦う姿に、男らしさや強さを教えてくれる父親の愛情を求めたのでしょう。

最初、リーは成り切るウィルを利用したようですが、何事にも直向で一所懸命なウィルに対して次第に友情を感じ、彼の為に制作しようと考えるようになります。
ところがリーが1週間の停学処分を食らってしまった間、映画に参加したいと同級生やフランスからの留学生の申し出を受け、ウィルが撮影したことから二人の間はギクシャクとしていきます。
ウィルと二人だけで映画を完成したかったリーと、映画を完成したかったウィル。
戒律に抑制されていたウィルは、違う世界を知り周りに感化された結果、予想外の出来事が起こってしまいます。
337480view002リトル・ランボーズ
後半から、多少の荒さを感じましたが、ウィルの描く絵のアニメーションが差し込まれファンタジー感覚だったり、怖いもの知らずでのびのびと草原を駆け回ったり湖に飛び込んだりする子どもの遊びが、どことなく懐かしい気持ちにさせてくれます。
無邪気であるけれど、傷つきやすくもろくもある友情と切なさ、家族の再生、自分を押し殺さず人生は楽しむことだと言わんばかりに描かれています。
開放感と同時に、映画愛も感じる作品でした。
ユーモアと手作り感が溢れ、ちょっとホロリとなるラストも良かったです。
337480_01_02_02リトル・ランボーズ
フランスの留学生少年は、ウィルの学校ではカリスマ扱いされたけど、あれはフランスの学校では浮いてる存在なのだろうな。
歳の離れた大人の存在であるリーのお兄さんも、母親から弟を押し付けられたように感じていたのでしょう。
この兄弟が互いに送ったメッセージに、ホッとさせられました。

主役の二人が良かったです。
ビル・ミルナーのか細さとランボーが面白い(笑)
笑顔がどことなくフレディ・ハイモア君に似ていました。
ウィル・ポールター、タバコを吸う生意気な悪ガキは「スタンド・バイ・ミー」の頃のリバー・フェニックスとダブりました。

C.O.M.M.E.N.T

No title

誰しも子供の頃にこんな経験をしたことがあるんじゃないでしょうか。特に男の子は。
苛めているといったような、はっきり悪いことなら大人も叱れるんですが、そうじゃない子供の社会ならではの出来事でしたね。そんなつもりが無くても他人を傷つけてしまうことがある、きっとこういったことから経験しながら成長していくんだろうなと思いました。
それにしてもとんでもない宗教ですな。(笑)

2010/11/27 (Sat) 02:58 | KLY #5spKqTaY | URL | 編集 | 返信

No title

おはよう〜☆

これ、少年、とくにイジワルなカーターの変化がとくに良かったですよね〜。
随所面白いし、フランス人の男の子のキャラも良かった☆
こういうの好き〜♥

2010/11/28 (Sun) 09:01 | mig #- | URL | 編集 | 返信

KLYさんへ

こんばんは。

こんな体験、男子は多分にあるのでしょうね〜。
今、家でゲーム(外にいてもゲーム〜汗)ばかりはオカシイもの…。
って、現実の環境では難しいだろうけど、逆にこんな遊びをして欲しいと思いますよo(*^▽^*)o~♪
子供達のイマジネーションで生まれる世界の素晴らしさ、大人が縛られる世界への忠告、そんな目線も良かったです。

2010/11/29 (Mon) 00:25 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

migさんへ

こんばんは。
やっぱりmigさんもお気に入りなんだねっ(^_-)-☆

カーター君、実は繊細なんだよね。
ウィルに自分と同じものを感じていく過程が良かったね。
ほんと、演技初心者とは思えないんだけど、自然体な子供達にグスッとさせられました。

2010/11/29 (Mon) 23:23 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

No title

こんにちは。
kiraさんのところから参りました。

この映画、話題にあまりならなかったのによかったですね!

>フランスの留学生少年は、ウィルの学校ではカリスマ扱いされたけど、あれはフランスの学校では浮いてる存在なのだろうな。

ディディエね。
イギリス人女子からはモテモテだったけど
フランス人女子からは無視されてたしね。
ディディエの取り巻きもおかしかったけど
カーター少年の兄にいつもくっついてる二人の腰巾着もあれは何だったのでしょうね?

2010/12/02 (Thu) 23:38 | zooey #Rob.C4Q. | URL | 編集 | 返信

zooeyさんへ

こんばんは〜初めまして、いらっしゃいませo(*^▽^*)o~♪
コメントありがとうございます♪
kiraさんにはいつもお世話になってます。

良い作品なのに、寂しい(?)単館系ですよね〜こんな作品、シネコンで上映する余裕が欲しいものです(苦笑)

>フランス人女子からは無視されてたしね。

イギリス人にはカルチャーショックのようだったけど、フランス人には半ばバカにされたような存在だったですね。
なので、彼もまた自分の存在を確かめたいと思ったのだろうと感じました。
主役2人だけでなく、周りの人たちの心情を自然と感じさせるような描き方が良かったです。
私は老人ホームのランボーに設定されたおじいちゃんがツボでした。
あのコスプレでの吐露が可笑しくもあり切なくもあり、ユーモアあるな〜と(笑)

お兄さんの舎弟のような二人(笑)
まさに金目当てな御機嫌取りでしたね(^_^;)

2010/12/03 (Fri) 23:50 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

だしょ!だしょ!

見た瞬間、「リバーとハイモアだあ!!」と思いました。二人の夢の共演みたいな。
とっても良かったです。この二人でもうぴたり!
いろんなものが見事に表現されて、こういう映画を見れるとうれしくなりました。
いちゃもんつけるとしたら、邦題だけっすかね。
リトルつけりゃ、いいもんでもないんではないかと。

2011/02/10 (Thu) 11:46 | sakurai #8zie0QSw | URL | 編集 | 返信

sakuraiさんへ

こんばんは。

少なからず、子供の頃の“ごっこ”を思い出す良い作品でした。
ほんと、主役二人の少年が良かった。
リヴァーとハイモア君の面影を見ましたよね〜。

2011/02/13 (Sun) 23:50 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

ほんとだー!

オリーブリーさん、こちらにも☆
>ビル・ミルナーのか細さとランボーが面白い
ホントですよね。ま逆なイメージなんだもの。

>笑顔がどことなくフレディ・ハイモア君に似ていました。
 そうだっ!!誰かに似てる・・誰だろう?って、ずっと気になってたんだけれど、今解りました☆ あ~すっきり!

>ウィル・ポールター、タバコを吸う生意気な悪ガキは「スタンド・バイ・ミー」の頃のリバー・フェニックスとダブりました。
 うん!似てる!^^
ちょっと可哀想な処も、なんだか似てますね。
今後の活躍は、いかに? 

2011/06/17 (Fri) 15:02 | latifa #SFo5/nok | URL | 編集 | 返信

latifaさんへ

2人とも、家庭的に恵まれていない共通点はあったけど、対照的な子役が絶妙に可愛かったわ~。
ほのぼのとするお話は、心が洗われますね(^_^;)

2011/06/19 (Sun) 16:23 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

こんにちは♪

主演の二人がとっても可愛かったです。
それぞれ大作に出てるし今後が楽しみですね。
映画づくりが楽しそうでした。
ラストもほわっとした気分で良かったです♪

2011/07/05 (Tue) 14:42 | yukarin #- | URL | 編集 | 返信

yukarinさんへ

こんばんは。

この対照的な2人、外見的には、ハイモア君とリヴァーでしたが、「小さな恋のメロディ」のダニエルとトムの友情を思い出しましたo(*^▽^*)o~♪
ほんわかとして、子供時代を思い出させてくれる映画でしたね。

2011/07/08 (Fri) 23:29 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

リトル・ランボーズ

誰もが自分の子供時代を思い出すハートフルなヒューマンドラマ。「ランボー」が公開された1982年のイギリスを舞台に、映画作りに夢中になる2人の少年の心の変化を丁寧なタッチで描き出す。主演は新人のビル・ミルナーとウィル・ポールター。監督は『銀河ヒッチハイク...

2010.11.27 (Sat) 02:56 | LOVE Cinemas 調布

リトル・ランボーズ

10月20日(水)@九段会館。 開映は若干遅い19時。 この30分の時間差は大きい。 一般サラリーマンが18時半の試写会に参加するのは通常の場合厳しい。 最近はわたくしですら、もうちょっと遅くしてくれないかなあと思う。(笑) 最初から、マスである男性サ...

2010.11.27 (Sat) 21:45 | あーうぃ だにぇっと

『リトル・ランボーズ』

  □作品オフィシャルサイト 「リトル・ランボーズ」□監督・脚本 ガース・ジェニングス□キャスト ビル・ミルナー、ウィル・ポールター、エド・ウェストウィック、ジュール・シトリュク、ゾフィア・ブルックス、ニール・ダッジェオン、タルラー・エバンス■鑑賞...

2010.11.28 (Sun) 18:41 | 京の昼寝〜♪

大佐と「ランボーの息子」 〜『リトル・ランボーズ』

 SON OF RAMBOW  父を亡くした少年ウィル(ビル・ミルナー)は、厳格な戒律の教会に属する家庭 に育ち、テレビをはじめ映画、ポピュラー音楽など「俗世の娯楽」全てを禁じられ ていた。そんな彼...

2010.11.28 (Sun) 20:39 | 真紅のthinkingdays

リトル・ランボーズ  Son of Rambow

なんともまぁ、かわいくて、おかしくて、泣ける、今年3本目の超お薦め映画です。 日本での公開に3年もかかってしまったのは、 日本で馴染みのある俳優さんが出ていないことや子供が主役ってことでしょうか? 2007年制作の英国作品です。 いい、この映...

2010.11.28 (Sun) 23:58 | 映画の話でコーヒーブレイク

リトル・ランボーズ/ビル・ミルナー、ウィル・ポールター

主人公の少年たちがシルヴェスタ・スタローン主演の『ランボー』に魅せられて映画製作に夢中になっていく中での友情のドラマを描いていくという予告編にとても惹かれて観る気満々 ...

2010.11.29 (Mon) 23:31 | カノンな日々

リトル・ランボーズ

原題 SON OF RAMBOW 製作年度 2007年 製作国・地域 イギリス/フランス 上映時間 94分 映倫 PG12 監督/脚本 ガース・ジェニングス 出演 ビル・ミルナー/ウィル・ポールター/ジェシカ・スティーヴンソン/ニール・ダッジェオン/ジュール・シトリ...

2010.12.01 (Wed) 00:52 | to Heart

映画「リトル・ランボーズ」初めて見た映画は「ランボー」だった

「リトル・ランボーズ」★★★☆ ゾフィア・ブルックス、ニール・ダッジオン、タルラー・エヴァンス 出演 ガース・ジェニングス 監督、113分 、2010年11月6日より順次公開、 2007,フランス、イギリス,スタイルジャム (原題・作:Son of Rambow )        

2010.12.01 (Wed) 18:48 | soramove

映画:リトル・ランボーズ

 12/10までで終わっちゃうと言うのでリトル・ランボーズを観てきましたが、16日まで延期ですって。仕事を早く切り上げて急ぐ必要もなかったかな。

2010.12.18 (Sat) 00:46 | よしなしごと

リトル・ランボーズ

とびきりポップな感動に包み込んでくれる遊びごころがギッシリ詰まった少年たちの友情と絆の物語。彼らを救ったのは、愛でもなく、神様でもなく、たった一本の映画だった。物語:1 ...

2010.12.28 (Tue) 17:21 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ

【映画】リトル・ランボーズ

<リトル・ランボーズ を観て来ました> 原題:Son of Rambow 製作:2007年イギリス・フランス合作 ←クリックしてね。ランキング参加中♪ 題名からすでに観たいと思っていた作品! だって!ランボーで、リトルって!しかも画像を見ると小さな男の子がランボーの...

2010.12.30 (Thu) 22:02 | ★紅茶屋ロンド★

リトル・ランボーズ(2007)◎●SON OF RAMBOW

 ランボーに愛を込めて・・・!でもアメリカ映画じゃなかったのね。ボクたちの、想像力と友情が世界をちょっとだけ変えるんだ。 京都シネマにて鑑賞。日曜日の夕方、映画館へ・・・・。休日ということで、お客さん多かったです。 さて本作は、2人の少年が主人公です。...

2011.02.01 (Tue) 00:06 | 銅版画制作の日々

リトル・ランボーズ

リバー・フェニックスと、フレディ・ハイモア君を共演させると、こんな感じかなあ・・。

2011.02.10 (Thu) 11:47 | 迷宮映画館

■映画『リトル・ランボーズ』

「少年を主人公にしたイギリス映画には名作が多い」と言い張っている私。 この映画『リトル・ランボーズ』は、そんな私の仮説を見事に実証してくれている作品です。 なんと言っても、主人公の少年二人がいいんだよなぁ。 やせっぽちでひ弱な空想少年・ウィルと、ふて...

2011.02.27 (Sun) 00:11 | Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>

リトル・ランボーズ

「銀河ヒッチハイク・ガイド」のガース・ジェニングス監督が、自らの 少年時代の体験をモチーフに、対照的な2人の少年の出会いと成長を描く 感動ドラマ。シルヴェスター・スタローン主演の「ランボー」が大ヒット していた1982年のイギリスを舞台に、厳格な家庭で子供ら…

2011.04.11 (Mon) 00:30 | だらだら無気力ブログ

リトル・ランボーズ

リトル・ランボーズ’07:イギリス+フランス◆原題:SON OF RAMBOW◆監督:ガース・ジェニングス「銀河ヒッチハイク・ガイド」◆出演:ビル・ミルナー、ウィル・ポールター、ジェシカ・ス ...

2011.05.19 (Thu) 10:31 | C'est joli~ここちいい毎日を~

リトル・ランボーズ

SON OF RAMBOW/07年/英・仏/94分/青春ドラマ/PG12/劇場公開 監督:ガース・ジェニングス 脚本:ガース・ジェニングス 出演:ビル・ミルナー、ウィル・ポールター、ジェシカ・スティーヴンソン、エドガー・ライト <ストーリー> 教会の厳しい規律の下ですべて...

2011.06.02 (Thu) 22:20 | 銀幕大帝α

リトル・ランボーズ (Son of Rambow)

監督 ガース・ジェニングス 主演 ビル・ミルナー 2007年 フランス/イギリス/ドイツ映画 94分 ドラマ 採点★★★★ 子供の頃、『キングコング』でその面白さを知り『ランボー』にハマっちゃったことで、その後映画浸りの人生を送ることになっちゃった私。出会いっ…

2011.06.04 (Sat) 16:16 | Subterranean サブタレイニアン

「リトル・ランボーズ」感想

最後の方の展開が良かったです。4つ★

2011.06.17 (Fri) 14:58 | ポコアポコヤ 映画倉庫

リトル・ランボーズ

映画「ランボー」に魅せられた少年2人が、ランボーもどきの自主製作映画を作るという友情学園物語。 家庭の環境が全く正反対のウィルとカーターの2人が、映画ランボーを通じて仲良くなっていくわけです。概略と雰囲気だけを考えるともっと感動作になるのかと思えば、実...

2011.06.19 (Sun) 11:00 | いやいやえん

リトル・ランボーズ

【SON OF RAMBOW】 2010/11/06公開 イギリス/フランス PG12 94分監督:ガース・ジェニングス出演:ビル・ミルナー、ウィル・ポールター、ジェシカ・スティーヴンソン、ニール・ダッジェオン、ジュール・シトリュク、エド・ウェストウィック ボクたちの、想像力と友情...

2011.07.05 (Tue) 13:37 | 新・映画鑑賞★日記・・・

『リトル・ランボーズ』

リトル・ランボーズ 父親のいない娯楽を禁止された少年と 校内一の悪童が自主映画を製作 そこに仏の交換留学生も加わり... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:Son of Rambow

2012.07.29 (Sun) 09:01 | cinema-days 映画な日々