心のままに映画の風景

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP映画 ら行 ≫ レオニー

レオニー

337305_02_01_02 LEONIE

1901年、ニューヨーク。
レオニー・ギルモア(エミリー・モーティマー)は、日本から来た詩人、野口米次郎(中村獅童)出会い、編集者として彼の英詩を手伝うようになる。
やがて恋に落ちた2人だったが、妊娠したレオニーを残し、米次郎は日本へ帰国してしまう。
未婚のまま男子を産んだレオニーは、米次郎からの誘いを受け息子と日本へと向かうのだったが…。


世界的彫刻家イサム・ノグチの母レオニー・ギルモアの波乱の生涯を映画化した伝記ドラマ。

2010年 11/20公開 日本/アメリカ映画
監督 松井久子

人それぞれってことで{★★2/5}

彫刻家イサム・ノグチを育てた母、レオニーの半生が描かれています。
アメリカ、日本と色んな場面の映像は美しく、芸術や文学的なセリフに心地の良い音楽、殆ど出ずっぱりのエミリー・モーティマは上手です。

女性の権利が認められ、教育を受けたり仕事を持つことが一般的になり、自己主張出来る強い意思のレオニーは、自立した女性のお手本のようなのでしょう。
日本に来てみたらヨネには妻がいて、いわゆるレオニーは「未婚」のシングルマザーになってしまったわけですが、この未婚で自立した女性の人生を綺麗に見せようとした結果(これが事実としても)出来過ぎているような気がしてならなかったです。
この時代に日本語を話せないアメリカ人とハーフの子供ってだけでも気苦労を背負うの間違いないでしょう。
慣れない地で必死で子育てするのかと思ったら、ヨネが紹介した家庭教師をする生徒さんたちは既に英語は話せるエリート揃いで、逆に何故日本語を教えて貰おうとしないのか、覚えようとしないのか、それがずっと不思議でしたし、ラフカディオハーン(小泉八雲)の妻セツ(竹下景子)と知り合ったり、アメリカにはお金持ちに嫁いだ親友がいたり、結構、良いブレーンに恵まれています。
ドロドロした演出は必要ないにしても、未婚であろうとなかろうと、逆境を跳ね除けて生きていく姿に共感や勇気を貰うわけで、レオニーにあまりそういった見方を持つことが出来ませんでした。
337305_01_04_02 LEONIE
当時としては、レオニーがいかにも新しい女性像であったかのように描かれていますが、決断力は凄いと感じながら、逆に軽いとも取れ、強い人だと思うけど、可愛げがないようにも思う。
生まれた我が子が日本に来るまで名無しの権兵衛なんて有りえないし、いつの間にか日本で妊娠した下の子は誰の子供?
娘が父親を教えて欲しいと言っているのに、知らなくても良いと言うのは親のエゴなのではないのかな…。
子供の才能や可能性を広げるのは親の役目と思いますが、イサムの芸術的才能を信じきるレオニーの感性(父親DNAのリスペクト?)が良く分からないし、後半イサムがアメリカに渡ってからは、もう時間の経過で何がどうなったのかぐずぐずな展開。
津田塾で働くのかと思ったら、津田梅子(原田美枝子)がそんな事情でお断りするなら、わざわざ登場しなくても良かったんじゃないの。
同じ自立する女性でも、思考タイプの違うお二人だとは思いましたが…。

全体的に掘り下げられていなくて、一体彼女の人生、どの部分を一番メインにしたかったのか。
また、彼女のどんな生き方に共感を持たせたかったのか、一向に伝わりませんでした。
もう少し彼女に人間らしい感情や人間くささを与えてドラマティックな演出があれば良かったかと思いますが、何と言うか、私には肌が合わない映画でした。

中村獅童にはこんな身勝手な役がお似合いですが、取ってつけたような丸暗記なセリフ回しで大根。 
終ってみれば、吉行和子や大地康雄、ハルさんのような、こんなにあたたかで親切な日本人がいたんだなぁ~とそれだけが印象に残りました。
イサム・ノグチが設計したモエレ沼公園の映像は素敵なラストでした。

Comment

中村獅童って
編集
なんか彼の私生活とダブって見えてしまいました^^;

そうか〜!オリーブリーさんには合わなかったのね。
映画ってやっぱり感じ方がちがうところが面白いですよね^^

>終ってみれば、吉行和子や大地康雄、ハルさんのような、

そうそう!こういう脇役の名演技によって高評価となったワタシです^^
ただ、レオニー自身の大胆さはアメリカ的であり
失敗しても、結果すべてが良い方向に向かっていったことが
ある意味、結果オーライ的で爆笑ものでした^^;

エアポート2本立て鑑賞お疲れさま。
もしかしてもう1本行っちゃったとか?^^
2010年11月21日(Sun) 17:55
ほんとだ(^^)
編集
いやぁ、まったくもって意見が一緒です。
中村獅童が好きじゃないにヨネのあまりの身勝手さにダブルで辟易、レオニーにもちっとも共感できないのに極めつけで妹の父親を名を告げるのを拒否したところで完全に不愉快でいっぱいになりました。
私もたくましいハルさんや心優しいキクさんに拍手してましたよ(^^)
2010年11月21日(Sun) 19:59
No title
編集
だいたいね、5年も日本にいて全く日本語喋れないってのは、本人が日本に溶け込む気が無いわけですよ。日本式の奥さんの風習が云々言う以前の問題で、だったらとっとと帰れと言いたい…。津田さんが断ったのは表向きあなたのようなってことだったけど、要はそういうレオニーの姿勢に疑問を感じたからじゃないかなぁ。

中村獅童はブラック過ぎて笑えました。良くこの仕事請けましたよね。あ、地で出来るからいいのかな?(笑)
2010年11月21日(Sun) 22:12
itukaさんへ
編集
こんばんは。
あらぁ〜まさか、こちらとは思いませんでしたよ(爆)

ホント、獅童って素だろう?!と思いますよね(^_^;)
本人も自虐コメしてるくらいだし(爆)
「日本じゃ、別宅あるのが当たり前じゃっ!」みたいなセリフ(爆)
あなたの口から発せられると納得せざる終えない、みたいな(;^_^A アセアセ・・・

itukaさんは良かったようですね。
私はエミリー・モーティマーが結構好きなんですよ。
顔は置いといて、「マッチポイント」や「ラースとその彼女」未公開ですがライアン・レイノルズ「カオス・セオリー」も良かったので。
「ピンクパンサー」のコミカルな演技も上手な幅広い女優さんで、彼女だからと思って観たのですが、何だか最後までノレませんでした。

>脇役の名演技によって高評価となったワタシです^^

大爆!
タイトルロールを食っちゃったのね(^_^;)

こちらはエアポートのポイントが溜まったので無料で観ました(丁度良かったわ〜笑)
ハリーは金曜のレイト、イオンで(モチロン、スッピン〜♪)
2010年11月22日(Mon) 01:09
No title
編集
そうなんですか!
観に行こうと思っていましたがもう少し考えます。
しかも長い作品だし…
2010年11月22日(Mon) 17:05
たいむさんへ
編集
こんにちは。

こちらの作品、応援団(?)あるのでしょう?
どちら様の評価も宜しいので、自分の見方が悪かったのかと不思議だったですよ(苦笑)
たいむさんの感想読んで同じだわ!!と安心しました(笑)

中村獅童って、結構、人気薄っ(爆)
まあ、イメージがねぇ〜地でいってるみたいだったけど、身勝手なヤツでしたよね〜調子が良くて。

場面が変わった途端、お腹大きかったでしょう?
会場も一瞬ザワザワしまして(苦笑)
何で?って(;^_^A アセアセ・・・
短い出演ですが、ハルさんやキクさんの方が共感持ちましたよね(笑)
2010年11月23日(Tue) 11:50
KLYさんへ
編集
こんにちは。

>5年も日本にいて全く日本語喋れないってのは、本人が日本に溶け込む気が無いわけですよ。

そうなんですよ。
ここに不信感を持って、この人の生き方に共感できないんですよ。
ハルさんやキクさんのような気持ちの温かな人間が側にいるのに、もっと交流持ちたいと思わないのが寂しい。
子供が通訳するから、ますます覚える必要がなかったのでしょうが、観ていて日本人として悲しく感じました。

>日本式の奥さんの風習が云々言う以前の問題で

これは都合の良い逃げだと…。

>そういうレオニーの姿勢に疑問を感じたからじゃないかなぁ。

のっけに「あなた日本語は?」と聞きましたものね。
同じくそう思います。
何だか最初から生意気と言うか(苦笑)
自信過剰のような印象を受けて…。
結局、彼女は何をしに日本に来たのでしょう〜(苦笑)
2010年11月23日(Tue) 12:21
めえめえさんへ
編集
こんにちは。

これ賛否分かれてるのよ…。
良い評価さんトコは大絶賛で、それはもう人それぞれなんだろうな…。
映像は綺麗だよ、ただ、ホント、乗れなかったから余計に長かったわ(;^_^A アセアセ・・・
2010年11月23日(Tue) 12:35
子。
編集
オリーブリーさん、こんばんは。

>決断力は凄いと感じながら、逆に軽いとも取れ、強い人だと思うけど、可愛げがないようにも思う。

レオニーは物事を深く考えない人ですよね。
全て思いつきや行きあたりばったりな感じ・・・。
わがままな子供が何も学ぼうとせずに大人になったみたいな印象です。

>いつの間にか日本で妊娠した下の子は誰の子?

私はてっきり柏原崇が演じた青年だと思ったんだけど、
真相は具体的には描かれていなかったですね。
2010年11月25日(Thu) 20:58
BCさんへ
編集
こんばんは〜お返事が遅れてすみませんでした。

>てっきり柏原崇が演じた青年だと思ったんだけど

あの3人の誰かでしょうね〜別れ際(?)の感じで私も柏原かな〜と思いました。
でも結局は、娘の問いにも明かせないって、観る方には、じゃあ、このプロットは何よ?…って思うんですけど。
そんなこんなも含めて、伝記モノとしても女性共感作品としても、ちょっとどうかな〜と思う内容でした。
2010年11月29日(Mon) 00:08
No title
編集
私も駄目でした…
これだけ波乱万丈の女性の生涯取り上げて
どうしたらここまで感動できない作品ができるの!?と不思議なくらい。
結局、レオニーの表面的なエピソードしか取り上げてなくて
彼女の内面が伝わってこない。
自分勝手な行動しか取らない(としか描かれてない)レオニーを好きになれないのですよね。
こちらのブログ、ブックマークさせて頂きますね。
2010年12月09日(Thu) 13:32
zooeyさんへ
編集
こんばんは〜お返事が遅れてすみませんでしたペコリ(o_ _)o))

>これだけ波乱万丈の女性の生涯取り上げて
どうしたらここまで感動できない作品ができるの!?と不思議なくらい。

全く仰る通りです。
レオニーの意思の強さだけを、淡々と描きすぎているのではないでしょうかねぇ〜。
同じ女性として母として、共感できる部分よりもそうでない部分の方が多いなんて致命傷でした(苦笑)

ブックマークのお誘い、ありがとうございますo(*^▽^*)o~♪
どうぞ宜しくお願いします!
2010年12月12日(Sun) 19:31
いやいやいや
編集
話がどうのより、一緒の回になった方々のでっかい声のうなづきに辟易でしたわ。。。
あれ、どうにかなんないかねえ。
まったく!
というのは、どうでもよくて、いつもならさっさと見るんで、いろんな意見を見る機会も無く、撃沈・・・というのが多いのですが、これはスタートダッシュを遅らせてしまい、芳しくない評判をかかえてみた結果、ショックは少なかった・・という感じです。
なんでしょね、時代はわかるんですが、傲慢な女性に見えましたね。
逆境の中、妥協せず、強く生き抜いたのかもしれませんが、不遜な人間に見えた。
そういう環境に自らを置くためには、耳をふさいだ方が生きやすかったのかなあ、とも思ったりして。
言葉を理解したら、逆に生きていけなかったのもしれないですね。
後半のぐずぐずは、監督の力量のなさを感じました。
一番わかんないのは、昨日の朝日新聞で、佐藤忠男がベスト3に入れてた・・。
やっぱ評論家はあてになんないです。
2010年12月20日(Mon) 08:15
sakuraiさんへ
編集
こんにちは。
お返事が遅くてすみませんでしたペコリ(o_ _)o))

>やっぱ評論家はあてになんないです

絶対に、しがらみとか色々あるんでしょうね(爆)
特にこちらの作品は熱心な親衛隊があるみたいだし、そのお茶の間感覚のおばちゃん含めて、普段映画館に来ないような人たちが煽られてるような気もしなくはないです…。
私が観た時もご年配の方ばかりだったし、上映劇場のミニシアターが高齢者で溢れてるの初めて見ましたよ(笑)
そんなにイサム・ノグチの母って有名なのか?(苦笑)

女性の生き方を題材にするのなら、広く共有できるような感情を少しは持たせて欲しいですね。
事実に反することは描けないにしても、何故に彼女を映画化?と思いまして、これって、もしかして、受ければ良い層を限定でもして狙ったのか…と思いましたもん。
2010年12月25日(Sat) 16:46












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

レオニー
評価:★★★★☆【4,5点】 鑑賞前の個人的不安要素は、鑑賞後にはすべて消えていた。
2010年11月21日(Sun) 17:41
レオニー
公式サイト。英題:Leonie。松井久子監督、エミリー・モーティマー、中村獅童、原田美枝子、竹下景子、柏原崇、中村雅俊、吉行和子、クリスティーナ・ヘンドリックス、メアリー・ケイ・プレイス、山野海、大地康雄、勅使河原三郎。彫刻家イサム・ノグチの母レオニー・ギル
2010年11月21日(Sun) 17:58
『レオニー』
(英題:Leonie) ----レオニーって人の名前だよね。 だれのこと? 「彼女は、天才彫刻家イサム・ノグチの母親」 ----えっ。外国人っぽい読み方と思ってはいたけど、...
2010年11月21日(Sun) 21:12
映画「レオニー」を観ました
みんみんです。映画「レオニー」を初日で観てきました。初日は混むのでいつもは行きませんが、案の定かなりの混雑。しかも、シニアに人気の高い映画です。イサムノグチは1988年に亡くなってます。アメリカのNYと日本では香川などにもアトリエを持って行き来して名作の...
2010年11月22日(Mon) 09:30
*『レオニー』* ※ネタバレ有
2010年:日本映画、松井久子監督&脚本&制作、エミリー・モーティマー、中村獅童、原田美枝子、竹下景子、クリスティーナ・ヘンドリックス、メアリー・ケイ・プレイス、柏原崇、山野海、大地康雄出演。
2010年11月23日(Tue) 13:35
『レオニー』お薦め映画
明治の外国人女性の一代記。隣の芝生は青い。自分は平凡な人生を送っていると思っている方は、その幸せを噛みしめて欲しい。困難でも妥協せず自分流にという方は彼女の生き方を参考にして欲しい。お薦め作品だ。
2010年11月23日(Tue) 23:34
レオニー
2010年11月23日(火) 16:15〜 TOHOシネマズプレミアスクリーン 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 『レオニー』公式サイト フリーパス22本目。 1900年初頭、主人公のレオニーは、ニューヨークに来ていた野口ヨネなる日本人詩人の編集者となり、そのう...
2010年11月24日(Wed) 11:16
レオニー
世界的彫刻家イサム・ノグチの母親、レオニー・ギルモアの波乱の生涯を描いた伝記映画だ。ニューヨークで野口米次郎と出会い、イサムを出産し、来日と様々な環境に身を置きながらも息子を愛し続ける母親を演じるのは『マッチポイント』のエミリー・モーティマー、野口米次...
2010年11月25日(Thu) 16:30
レオニー
ある母の生涯公式サイト http://www.leoniethemovie.com彫刻家イサム・ノグチ(1904-1988)の母の生涯を描いた映画監督: 松井久子 「ユキエ」 「折り梅」1901年のニ
2010年11月26日(Fri) 14:51
レオニ―(2010)◆◇LEONIE
世界的に有名な彫刻家、イサム・ノグチの母・レオニ―・ギルモアの物語を映画化。イサム・ノグチの展覧会に今から4年前に滋賀県にて開催さ...
2010年11月27日(Sat) 17:44
「レオニー」異国の地で育て旅をさせた先にみた実践に勝る勉強なしの天才教育
11月20日公開の映画「レオニー」を鑑賞した。 この映画は世界的彫刻家イサム・ノグチの母親である レオニー・ギルモアがイサムを産んで、 日本でイサムを育てそしてイサムが ...
2010年11月28日(Sun) 23:26
レオニー
レオニー’10:日本◆原題:LEONIE◆監督:松井久子「折り梅」「ユキエ」◆出演:エミリー・モーティマー、中村獅童、原田美枝子、竹下景子、クリスティーナ・ヘンドリックス、メアリ ...
2010年12月03日(Fri) 17:29
*レオニー*
              ***STORY***           2010年  日本                   1901年、米国の名門女子大学を卒業し教職に就いていたレオニー・ギルモアは、ニューヨークで新進気鋭の日本人詩人ヨネ・ノグチこと野口...
2010年12月03日(Fri) 22:01
突き進む母〜『レオニー』
 LEONIE  1901年、ニューヨーク。平凡な人生を嫌い、自然と芸術への強い憧憬を持つ レオニー・ギルモア(エミリー・モーティマー)は、ヨネ・ノグチ(中村獅童)という 名の詩人と出逢う。 ...
2010年12月06日(Mon) 20:49
「レオニー」
彫刻家のイサム・ノグチの母、レオニーの物語。 20世紀初頭、ニューヨークで日本の詩人と出会い、その子を生んで日本に渡ってくる。 でも、この詩人が不誠実な男で、日米で腐れ縁みたいになっていくんだけど、それで...
2010年12月18日(Sat) 23:26
レオニー
彫刻家イサム・ノグチを育てた母の物語。
2010年12月20日(Mon) 08:15
天国のレオニー
「レオニー」 「天国の日々」 
2011年08月10日(Wed) 10:48
レオニー(DVD)
日本人の父とアメリカ人の母の間に生まれた芸術家イサム・ノグチの母レオニー・ギルモア。20世紀初頭を生き抜いたその波乱の生涯を、日米両国を舞台に描く。出演は「シャッターア ...
2012年02月08日(Wed) 19:39