2007_02
12
(Mon)19:38

ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド



結合体双生児のトム(ハリー・トレッダウェイ)とバリー(ルーク・トレッダウェイ)は、
外界から隔離された人里離れた場所で暮らしていたが、 18歳の時、父親からある興行主に売られてしまう。

2人は音楽の訓練を受け、1975年、ロックバンド「ザ・バンバン」としてデビュー。
「ザ・バンバン」は、イギリスのロックシーンで一躍スターとなっていく・・。

ドキュメンタリー手法で描いたロックミュージシャンのニセ伝記映画。
撮影や関係者の証言、ライブ映像に至るまですべてが徹底していて、
フィクションなのかノンフィクションなのか解らなくなるほどです。

この独特な世界観を言葉で現すのは難しいので、
私はこの映画が好きとだけにしておきます。

とにかくこの双子がとっても美しい!!
この美しさにチョットヤラレてしまったから、この映画が好きなのかな!
ロック・スターを演じる“美しい”双子の数々のシーンは、
破滅的で繊細で、切なくて、衝撃的・・・
二人の横顔と正面の顔が重なる瞬間~眼の美しさ、鼻筋の綺麗さにはため息も!

2007年 1/20公開 イギリス映画

監督 キース・フルトン ルイス・ペペ

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド

 『結合体双生児ロックバンド ザ・バンバン 衝撃デビュー 1975年、新たなスター誕生にブリティッシュ・ロックが揺れた!』  コチラの「ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド」は、1/20公開になったロック・バンド"ザ・バンバン"のフロント・マンを務めたシャム双生児(結合...

2009.06.25 (Thu) 21:22 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡