FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

8808_9676658174Knight and Day

ボストンへの帰路に発とうとしていたジューン(キャメロン・ディアス)は、空港で笑顔の素敵なロイ(トム・クルーズ)と名乗るハンサムな男性と出会い、胸をときめかせる。
しかし、恋の予感は一瞬にしてパニックへと変わり、ジューンは嵐のような大事件に巻き込まれてしまう……。


トム・クルーズとキャメロン・ディアスが「バニラ・スカイ」以来の再共演を果たしたアクション・エンターテインメント。
平凡なヒロインがスパイの男と出逢ってしまったことから、世界中をめぐる壮絶な逃走劇に巻き込まれていくさまとロマンスの行方をコミカルかつスタイリッシュに描く。
監督は「17歳のカルテ」「3時10分、決断のとき」のジェームズ・マンゴールド。

2010年 10/9日公開 アメリカ映画
監督 ジェームズ・マンゴールド
二大スターのロマコメアクション{★★★㊤3/5}

トムの日、先行上映で観てきました(笑)
アクションとコメディを楽しめる映画でしたが、それだけではなく、パロディかオマージュか…そんな要素も含まれていると思いました。
オープニングの飛行機シーン、ジューンがトイレに入ってる間、客室で格闘が起こるのは「007/ロシアより愛をこめて」の列車のシーンのようだったし、隠れ家の島で海から上がって来たロイはまんま「カジノ・ロワイヤル」のダニちゃんですよぉ!!(笑)
予告で流れたキャメロンのバイクシーンも、ピアース・ブロスナンの007シリーズで観たような気がしていたのですが…。
ロケ地もそれを狙ったのかな~♪
オーストラリアの鉄道とかザルツブルクの夜のシーンとかも雰囲気ありました。
観た後で思い起こしてみると、単なるアクション映画でなく、細部までジェームズ・マンゴールド監督の拘りがあったような気がします。
そのような感じで、まるでイーサン・ハントとジェームズ・ボンドが一体化したぐらい、とにかくロイは強いのなんの!!
336078_01_03_02Knight and Day
アクション映画はどれも似たか寄ったか同じ感じで、特徴的な物や目新しい物を考えるのは難しいとは思いますが、こちらの作品で特記するアイテムは“薬”です。
もう既に死んでるよ、、、と思うアクションの連続で、ギャーギャーとパニくるジューンをなだめるロイが、これ以上は無理!(それとも邪魔!)と判断するのでしょうか(笑)
ピンチになると、「これ飲んで」と渡されたものをジューンは素直に飲んで眠らされます。
途中何度か朦朧としながらも意識は戻るけど、半日以上寝ている間によその国へ移動しているのですね(笑)
目覚めると「ここは何処??」な状況で、どうやって運ばれたのか、どうしてこんな服を着てるのか、ジューンの戸惑いが可愛い。
後から、ああして、こうしてなんて聞かされたら卒倒しちゃいそうですよね。
私はスカイダイビングなんて寝ている間に終っていれば有り難いです(笑)

トムとキャメロンの息の合った掛け合いは面白くて、アクションのテンポも悪くないけれど、ハラハラドキドキする緊張感が少ないと感じるのは、やはり薬のせいなのかなぁ~。
この効果はラストにも活かされますが、眠らされたジューン側で物語が進んでいくので、襲って来た敵とどう決着つけたのよ?!と、物足りなさは残りました。
その代わり、朦朧とするジューンに大丈夫だからと声をかけたり、目覚めた時の為にメモを残しておくなど、ロイの優しさが伝わります。
電池の心配をするサイモンとジューンの心配をするロイの全く噛み合わない会話は可笑しかったです。
ここ暫く二人ともシリアスな映画が続いたので、久しぶりにトム・クルーズとキャメロン・ディアスの本領発揮で魅力を全開にしたエンタメ作品です♪
細かいツッコミは笑って流し、気軽に観賞するのが良いです。

ロイが善か悪かはハッキリさせないまま、ジューンが何を信じて良いのか彼女と一緒に疑心暗鬼になるストーリー展開。
「ソルト」もそうでしたが、やはりこちらもキャスティングですぐ分かっちゃいますね。
ピーター・サースガードもこんな役柄多いですから。
天才オタクのサイモンにポール・ダノ、CIAの上司にヴィオラ・デイビス 。
彼女は「食べて、祈って、恋をして」もそうだったけど、特別彼らでなくても良かったんじゃないの?な役でした。
knight(騎士)に伏線を掛けるのは洒落ていました。
トムのママ役、「運命のボタン」でキャメロンのママだった女優さんで、ちょこちょこお顔を拝見してますし、「デスパ4」にもゲスト出演されていましたが、1951年生まれだそうで、本当はトムのママ役なんて気の毒な年齢かも(エライ、婆ちゃん顔ですね~苦笑) 

*ジョニーの「ツーリスト」予告が流れました
映像とナレーションでしたが、サプライズにニンマリ
2010.10.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/697-a7491129