心のままに映画の風景

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP映画 は行 ≫ 瞳の奥の秘密

瞳の奥の秘密

Cartel-nuevo-de-el-secreto-de-sus-ojos12.jpg
刑事裁判所を定年退職したベンハミン(リカルド・ダリン)は、25年前の事件をテーマに小説を書くことにした。
かつての職場を訪ね、当時の上司であるイレーネ(ソレダ・ビジャミル)と再会する。
1974年、銀行員のモラレス(パブロ・ラゴ)の妻が自宅で暴行殺害され、ベンハミンは容疑者の検挙に執念を燃やすが…。

長年勤めた刑事裁判所を退職した男が、過去の思い出と向き合うサスペンス・ドラマ。
第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞。


目は口ほどにものを言う{★★★㊤3/5}

こちらの作品はミステリー仕立てのラブロマンス映画です。
犯人逮捕は出来たものの、解決には至らなかった事件を回想しながら、自分の人生を見つめ直していく男の物語。
事件当時のアルゼンチン情勢と絡み、意外なラストが用意されています。
必須ではありませんが、アルゼンチンの政治や司法制度を少しだけ調べておいたら良いかも知れません。
こんな恩赦がなされるなんて、かなり極端な左翼狩りか何かで官体制が腐敗していたのでしょう。

死刑が認められていないアルゼンチンで、「犯人は終身刑」と望んでいたモラレスだったので、ラストの展開は何となく予想が付きましたが、丁寧に紐解くような謎解きと、登場人物の深い内面、満員のサッカースタジアムのシーン、容疑者ゴメス(ハビエル・ゴディノ)をイレーネが自白に導くシーン、エレベーターのシーンなど、インパクトがある映像が多々あって、それらと共に物語りに惹き込まれていきました。
337041view003瞳の奥の秘密
事件を追いながら、モラレスの妻に対する深い愛、ベンハミンと同僚パブロ(ギレルモ・フランセーヤ)の信頼関係や友情、そしてイレーネへの身分違いの恋を封印していく経緯を回想しながら、人間感情をしっかりと描いてあります。
サスペンスとロマンス、一時の清涼剤のようなコミカルさが、どれも相殺することがない良いバランスで仕上がっています。
アル中だけど仕事はデキる男パブロの言動が笑わせてくれ、彼の電話の受け答えに、次は何処だろう?と期待したり(笑)
勝手な捜査に上司からお目玉喰らうシーンも面白かった。

役者さんたちは、25年の時の経過でそれぞれが変わった部分、変わらない部分を巧みに演じ、若返りメイクにも全く違和感を与えられなかったのが良かったです。(モラレスの老いたハゲはチョット…でしたが)
337041view012瞳の奥の秘密
ベンハミンが小説を執筆しながら過去に向き合う流れなので、ラストのエピソードを事実か否か?どう受け取ろうかと感じはしましたが、サスペンスを土台にして、一度は封印したイレーネへの愛に向き合った大人向けのラブ・ストーリーなので、登場人物の瞳に隠された真意を推理しながら楽しむ映画だと思います。
色んな目線がありました。
Aが上手く打てない古いタイプライターや、ドアの開閉など、細かい伏線が洒落ている作品です。

2010年 8/14公開 スペイン/アルゼンチン映画
監督 フアン・ホセ・カンパネラ

Comment

こんばんはー♪
編集
おっ、そこそこの評価ですね〜☆

あまりに前評判がいいと、時としてこういう肩透かし的な思いに沈むことがアリマス(^^ゞ

どこがそんなに評価されてアカデミー賞なのか、ちと不思議な感じがしましたが、
意外にこれは若い方の方が高評価なのではないかと思います。
どこといって目新しくもないラブでしたもん (´艸`)あわわ

で、ヒロインの女優さんは賠償美津子似でしたね!
昨日テレビで見てホントに似てると思ったわ!

オリブリたんとこ、また暫くお休みなんてサビシイです〜。お帰りをお待ちしてるざんすv-267
2010年08月28日(Sat) 18:34
編集
オリーブリーさんこんばんは♪

コメTBありがとです!最近めっきりブログに裂いてる時間とれなくて更新止まっちゃってるよ〜(泣)

これは面白かったですね☆久々に人にオススメできるなって。
ラブの方はどうでもいいんだけど、サスペンスな部分、とくにラストにはちょっとびっくり。
よく考えれば想像つくんだろうけど
意外なオチが良かったです♪

まだまだ暑いケド、身体に気をつけていきましょう〜☆
2010年08月29日(Sun) 00:57
こんばんは
編集
事件の謎の話とラブストーリーの2つ共に25年越しで続き、それぞれにしっかり伏線がおかれている。けれどそれをそうと感じさせない話の展開はお見事だったなと。私一点、パブロの最後の行動が唐突でちょっとわからなかったです。
2010年08月29日(Sun) 01:35
こんばんは!
編集
お休みするんだねー。
もう毎日暑くて気が狂いそうになるよ〜

アルゼンチンのこと知っておくべきだよね。
わからないことあって戸惑いましたよ。
老いたメイク、まったく違和感なくてびっくりしました。
じろじろみちゃったけど。笑
2010年08月29日(Sun) 22:28
kiraたんへ
編集
こんばんは〜お返事が遅れてすみませんでした。
少しずつ復活しますわ(笑)
この暑さで、何に対してもやる気ゼロなのぉ〜(;^_^A アセアセ・・・
疲れが取れません(泣)
早く涼しくなって欲しいよねぇ〜。。。

私もアカデミー外国語賞と言うと、少し不思議。
ラブもサスペンスも普通だったものね。
ただ、時間軸のような絡みの見せ方が上手かったのと、案外笑いがあったのが良かった。

>ヒロインの女優さんは賠償美津子似でしたね!

ああ!!
確かに!
40代みたいけど、若返りも老けもあまり違和感がなかったわ。
エレベーターと犯人に詰め寄るシーンの緊張感は伝わってきたね。
2010年09月05日(Sun) 18:14
migさんへ
編集
こんばんは〜お返事が遅れてすみません。
migさんもお忙しいのねぇ〜。
体調、気をつけてね。
自分のブログも放置で(汗)みなさんのところにもお邪魔できずに、浦島さん状態です(;^_^A アセアセ・・・

変に懲りすぎてないところや心理などは、誰が観ても納得できそうだね。
笑いがあるのもお勧めしやすかな♪( *^-゚)/⌒☆゙

2010年09月05日(Sun) 18:31
昔の映画風。
編集
オリーブリーさん、こんばんは。

細部にもこだわっていたし、エンドロールも洒落ていたので、
作り的に悪い映画ではなかったけど、
どことなく昔の映画風な既視感があり、新鮮味に欠けましたよね・・・。
2010年09月06日(Mon) 20:12
KLYさんへ
編集
そうそう、パブロさん、なかなか良い味出して笑わせてくれてたから、あの最後はえっ?!でした。
結局、身代わりになってしまったにしても、同じくあまり分からなかったです。
あれって、あくまでもベンハミンの想像ってコトなんでしょうか…。
サスペンスとミステリーの絡みの見せ方は上手かったですね。
2010年09月07日(Tue) 00:13
アイマック さんへ
編集
夕べは窓開けて扇風機だけで寝れましたが、朝方(と、言っても8時過ぎ)暑くて呼吸困難になりそうで目が覚めました(爆)
台風も近づいてるみたいね。。。

実はわたしもアイマックさんと同じで、途中までスペインかと思ってた(爆)
ブエノスアイレスってセリフで、あ、そー言えばアカデミーでアルゼンチン映画だと言ってたわ〜と思い出して(;^_^A アセアセ・・・
アルゼンチンは、マラドーナとかワインとかタンゴとか(笑)
映画ではマドンナの「エビータ」の舞台だったり、ガエルの「ブエノスアイレスの夜」とか。
こちらの司法云々はモチロン知らないので、事件への介入とか捜査の打ち切りとか犯人釈放とか、ちょっとおいてけぼりな感はあったよね(;^_^A アセアセ・・・
2010年09月07日(Tue) 00:32
BCさんへ
編集
こんにちは〜お返事が遅くてすみませんでしたペコリ(o_ _)o))

本当、仰るように雰囲気もあるし凝った作りの映画でした。
でもアカデミーって事で、少しハードルを上げての観賞だったからでしょうか…
そこまでな感じは受けず、普通と思いました。
2010年09月12日(Sun) 12:19
タイプライター
編集
Aが打てないタイプライターなんて使い物にならんやろと思っていたのが、まさかラストであんな形で繋がってくるとは思いもしませんでしたよ。
あれは本当に大人の洒落た演出ですよね。
2010年10月04日(Mon) 20:20
にゃむばななさんへ
編集
こんばんは。

伏線がたくさん散りばめられて、綺麗に回収されたし、雰囲気も良かったですね。
何でもなさそうなセリフや小道具が活かされてくる映画って作り手の拘りを感じます。
2010年10月05日(Tue) 19:38
ラブストーリー&犯罪
編集
秋になって活動復活ですか?(冬ごもりと逆?)
舞台がアルゼンチン。やはり私もスペインかと思ってました。スペイン映画が多いですからねー。
パブロの行動は、ベンハミンの想像か真実か、よくわからないですね。
雰囲気ある、いい映画ですけど、手放しで絶賛まではいかないような…。そんな秋の日。(?)
2010年10月17日(Sun) 06:58
ボーさんへ
編集
おはようございます。

途中までスペインと思ってました〜ブエノスアイレスってセリフで、あれ?と(爆)
雰囲気あったし、伏線も上手く出来てると思いましたが、サスペンスは普通かな〜。
小説と過去を絡ませるので、妄想もあるんだろうし、ちょっと分からないこともあったかも。
ラブストーリーだったんですよね〜結局(ははは〜)
2010年10月17日(Sun) 09:51
私は
編集
これは手放しで絶賛です。
お見事、素晴らしかった!
役者も見事なら、脚本の素晴らしさ、それぞれの嫌みない伏線の引き方に、息をのんで見惚れました。
味のあるパブロの言動に笑わせてもらいながら、男気ある行動にぐぐっと来て。
あれは単にベンハミンの想像にすぎないのかもしれないけど、自分の中で納得させた倒した鏡の秘密。
酒におぼれ、自分を見失い、これからの生きる道を模索できないパブロが、せめてと取った最後の道・・みたいなもんに、やられました。
結局、パブロに全部やられたのかも。
2010年11月19日(Fri) 09:15
sakuraiさんへ
編集
こちらはラブストーリーになるのでしょうが、パブロのキャラを置くことで広がりがありましたね。
彼の最後の一件、事実か否かは観客に委ねるような手法も、小説執筆ってことで辻褄(と言うか)違和感なく受け取れるし。
ミステリーサスペンスの部分も緊迫感があって、伏線が上手いと思いました。
アカデミーの看板を背負うと相当の期待値が上がってしまうので、そこがちょい良いような悪いような感じは受けましたが。

それにしても日本人は「アカデミー」に弱いのですね。
「おくりびと」の受賞で再上演した劇場は、朝から長打の列でしたが、こちらの作品はいつもはそこそこの入りの単館劇場なのに、平日(レディースデーだったかな)そりゃ物凄い人で溢れておりました(;^_^A アセアセ・・・
当然ながら(?)
平日の午後は主婦かご老人ばかりです(苦笑)
2010年11月21日(Sun) 12:05
公開当時は・・・
編集
映画館はかなり混んでいたのですね。

私は、この映画かなりインパクトが強かったです。

アルゼンチンの俳優さんって知らないので、
若い俳優が老け役を上手く作っているのか、
ベテラン俳優が若い頃を上手く作っているのが、
しばし見分けられず、DVDを蒔き戻して比べました。

普通はフラッシュバックが作り物の方ですね(笑)。

2011年07月19日(Tue) 13:55
小米花さんへ
編集
こんにちは。

「アカデミー」ってだけで混雑しますねぇ~。
年配の方が大勢でしたよ。

ストーリーはそう珍しいサスペンスではなかったけど、サッカー場やエレベーターは緊迫感がありました。
そうそう、回想シーンのメイクとか、どっちが本当なの?ぐらい上手かったです!
2011年07月21日(Thu) 10:57












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

瞳の奥の秘密
7月5日(月)@都内某所で鑑賞。 この日は、本作を観たあと帰社して仕事を片付け、再度渋谷へ「ぼくのエリ」を観るために出かけた。 某所での鑑賞後、建物の外に出ると雨が降り出した。 一時は土砂降りのような雨でめげました。(笑) どこか天候がおかしく感じる今...
2010年08月28日(Sat) 15:24
瞳の奥の秘密
第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したアルゼンチン映画。25年前の未解決事件をモチーフに小説に書き始めた主人公が、当時に置き忘れた事件の真相に迫ると同時に、とある女性への愛を思い出す。主演はリカルド・ダリン、共演にソレダ・ビジャミル。監督はフアン・...
2010年08月28日(Sat) 18:55
『瞳の奥の秘密』
(原題:El secreto de sus ojos) 「う〜ん。これは体調がいいときにもう一回、じっくりと観たい…。 そういう手合いの映画だね」 ----へぇ〜っ。そうニャンだ。 アカデミー賞外国語映画賞受賞とは聞いていたけど、 いったい、どんなお話ニャの? 「それは、比較的簡単
2010年08月28日(Sat) 21:12
瞳の奥の秘密/リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル
本国アルゼンチンでは大ヒットを記録し第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品です。70年代の軍事政権下のアルゼンチン社会を背景に過去の記憶に支配され苦悩する男の姿を描くサスペンス・ドラマ。 出演はその他に、パブロ・ラゴ、ハビエル・ゴディーノ、カルラ...
2010年08月28日(Sat) 21:41
瞳の奥の秘密・・・・・評価額1700円
人の目は、心の窓とも鏡とも言うが、なるほど本作の登場人物は皆「瞳の奥の秘密」を抱えている。 これは、社会全体に不穏な空気が充満する、...
2010年08月28日(Sat) 22:10
瞳の奥の秘密/El secreto de sus ojos
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 今年のアカデミー賞外国語映画賞受賞{/m_0151/} ええもうそれだけの理由で、全く内容も知らないままで観て来ました〜 アルゼンチンアカデミー賞17部門ノミネ...
2010年08月29日(Sun) 00:54
『瞳の奥の秘密』・・・ ※ネタバレ有
2009年:スペイン+アルゼンチン合作映画、フアン・ホセ・カンパネラ監督、リカルド・ダリン、ソレダー・ビジャミル、パブロ・ラゴ、ハビエル・コディノ出演。
2010年08月29日(Sun) 20:38
瞳の奥の秘密
EL SECRETO DE SUS OJOS(2009/スペイン・アルゼンチン)【劇場公開】 監督: ファン・ホセ・カンパネラ 出演:リカルド・ダリン/ソレダー・ビリャミル/パブロ・ラゴ/ハビエル・ゴディノ ブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年── 未解決の謎を小説にする
2010年08月29日(Sun) 22:12
瞳の奥の秘密
闇に葬られた事件を小説にすることで、失われた過去と向き合う男の物語。本年度アカデミー賞で最優秀外国語映画賞を受賞し、アルゼンチンのアカデミー賞でも13部門を制覇。物語:刑事裁判所を定年退職したベンハミンは、25年前の殺人事件を題材に小説を書こうと決意す...
2010年08月30日(Mon) 13:54
瞳の奥の秘密
目は口ほどにものを言う 公式サイト http://www.hitomi-himitsu.jp2010年米アカデミー賞外国語映画賞受賞のアルゼンチン映画定年退職した元検事補のベンハミン・エスポシトは、2
2010年09月08日(Wed) 08:51
瞳の奥の秘密 -初アルゼンチン映画
ちょっと前に見てきたので感想なぞを・・・ 刑事裁判所を退職したベンハミンは、残された時間で25年前に 起きた忘れ難い事件をテーマに小説を書くことを決心し、かつての 上司で今は判事補のイレーネを訪ねる。それは1974年、銀行員の 夫と新婚生活を満喫していた女性
2010年09月08日(Wed) 19:50
瞳の奥の秘密
一月に一回開催している、映画を観る会。 今回の作品の選択権は私です。 第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞しているこの作品を選びました。 「海を飛ぶ夢 」等など、この作品の受賞作品は 私の好みのものが多いし、 おすぎさんが褒めていることもあって。 っ
2010年09月08日(Wed) 23:53
映画「瞳の奥の秘密」人は誰も決して忘れてはならない秘密を持っている
「瞳の奥の秘密」★★★★ リカルド・ダリン、ソレダー・ビリャメル、パブロ・ラゴ、ハビエル・コディノ 出演 フアン・ホセ・カンパネラ 監督、129分 、2010年8月14日公開、2009,スペイン、アルゼンチン,ロングライド (原題:EL SECRETO DE SUS OJOS )      ...
2010年09月09日(Thu) 07:30
瞳の奥の秘密
裁判所を定年退職したベンハミン・エスポシト(リカルド・ダリン)は、25年前に起きた事件を小説に書こうと、久しぶりに昔の職場を訪れ、かつての上司だったイレーネ(ソレダ・ビジャミル)と再会した。当時判事補で婚約者のいた彼女は、今は判事に昇進し、二人の子持ち...
2010年09月11日(Sat) 19:49
瞳の奥の秘密
 本年度のアカデミー賞の最優秀外国語映画賞受賞作ということであればぜひ見てみたいと思い、『瞳の奥の秘密』を日比谷のTOHOシャンテに行ってみました。 (1)この映画では、裁判所の書記官のベンハミンと、彼の上司だった判事補イレーネとの時を隔てた愛の物語と、彼ら
2010年09月15日(Wed) 06:15
「瞳の奥の秘密」
「El secreto de sus ojos」…aka「The Secret in Their Eyes」2009 スペイン/アルゼンチン ベンハミン・エスポシトにリカルド・ダリン。 イレーネ・メネンデス・ヘイスティングスにソレダ・ビジャミル。 リカルド・モラレスに「今夜、列車は走る/2004」のパブロ
2010年09月16日(Thu) 21:28
瞳の奥の秘密(2009)
 EL SECRETO DE SUS OJOS 9月25日から、京都でも公開開始されました。数々の賞に輝いた「瞳の奥の秘密」を先日鑑賞して参りました。本国アルゼンチンで封切られた本作は歴史的な大ヒットを記録。34週にわたってロングラン上映されたらしいです。もちろん本国の...
2010年09月30日(Thu) 00:56
『瞳の奥の秘密』
瞳の奥に秘められたのは愛が隠した正義という名の狂気か、それとも正義を貫けなかった後悔が隠した真実の愛なのか。 第82回アカデミー外国語映画賞に輝いたこのアルゼンチン映画。静かで上質な大人のサスペンスドラマが最後に辿り着く2つの秘密に、まるでビターコーヒー...
2010年10月04日(Mon) 20:23
「瞳の奥の秘密」
何十年か越しのラブストーリーだったのだね、この話。
2010年10月16日(Sat) 11:42
瞳の奥の秘密
これはすごい!!傑作だ。
2010年11月19日(Fri) 09:16
「瞳の奥の秘密」
ああいうテクニックで罪を自白させるって場合もあるのね。 いままで見たことないテクニックだ。 さすが、情熱の国アルゼンチンの映画というかなんというか…。 いちばんの誇りを踏みにじって真実を吐...
2010年11月20日(Sat) 22:17
瞳の奥の秘密
瞳の奥の秘密’09:スペイン、アルゼンチン◆原題:EL SECRETO DE SUS OJOS/THE SECRET IN THEIR EYES◆監督:フアン・ホセ・カンパネラ◆出演:リカルド・ダリン、ソレダー・ビヤミル、パブロ・ラ ...
2011年01月02日(Sun) 23:29
瞳の奥の秘密
瞳の奥の秘密 ★★★★☆(★4つ) 2009年のアルゼンチン映画。 第82回(2010年度)アカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品です。 今、向き合う 事件の真相と 25年もの秘めた想いに・・・ ブエノスアイレスの連邦刑事裁判所を定年退職したベンハミンは、忘れられ
2011年03月16日(Wed) 00:41
mini review 11520「瞳の奥の秘密」★★★★★★★★☆☆
長年勤めた刑事裁判所を退職した男が、25年前の未解決殺人事件をモチーフに小説を書き出すものの、過去の思い出に支配され苦悩するサスペンス・ドラマ。アルゼンチンを代表する名監督ファン・J・カンパネラが1970年代の祖国の姿を背景に、過去と現在を巧みに交差させ、一...
2011年03月28日(Mon) 23:59
「瞳の奥の秘密」(スペイン/アルゼンチン 2009年)
25年の歳月。 情熱。 『A』。
2011年06月12日(Sun) 14:16
瞳の奥の秘密
『瞳の奥の秘密』---EL SECRETO DE SUS OJOS THE SECRET IN THEIR EYES---2009年(スペイン/アルゼンチン)監督:フアン・ホセ・カンパネラ 出演:リカルド・ダリン、ソレダ・ビジャミル 、パブロ・ラゴ 、ハビエル・ゴディーノ 2009年に本国アルゼンチンで公...
2011年07月19日(Tue) 13:40
『瞳の奥の秘密』'09・西・亜
あらすじ刑事裁判所を引退したベンハミンは、忘れ難いある事件を題材に小説を書き始める・・・。感想ブラジル映画は、何本か観た事あるけどアルゼンチンの映画観るの、初めてかもな...
2011年11月26日(Sat) 22:28
『瞳の奥の秘密』'09・西・亜
あらすじ刑事裁判所を引退したベンハミンは、忘れ難いある事件を題材に小説を書き始め
2011年11月26日(Sat) 22:28