心のままに映画の風景

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP映画 さ行 ≫ ザ・ウォーカー

ザ・ウォーカー

9022_8547064992The Book of Eli
世界で一冊だけとなった本を西へ運ぶため、30年間歩いて旅をしているイーライ(デンゼル・ワシントン)は、立ち寄ったある町で独裁者カーネギー(ゲイリー・オールドマン)と出会う。

文明が崩壊した終末世界のアメリカ大陸を舞台に、ある本を襲撃者から守る男の運命を描くSFサスペンス・アクション。


このオチが…{★★★㊦3/5}

ネタバレです
加えて、辛口

映像の質感は荒廃した世界の雰囲気あって、問答無用のデンゼルも強くて渋かったです。
近未来が舞台設定とされているけど、西部劇だったり黒澤作品だったり、色んな映画へのオマージュも感じられました。

残った一冊の本が聖書だとすぐに分かります。
始まりからはサバイバルのようなアクション映画かと思ったので、イーライって名前にも多分宗教的な何かがあるんだろうなぁ~と、ちょっと思惑が違ってきました。(旧約聖書に出てくる預言者「エリヤ」だそうです)

聖書を手に入れようとイーライを追うカーネギー達悪党が小粒。
必死で奪った聖書は点字。

あれれ??
これって、もしや、イーライが盲目だってこと??
それじゃ、まるで、まんま座頭市じゃないかい!
聖書を守る意味は何だったのかって、カーネギーの愛人で盲目のクローディア(ジェニファー・ビールス)に解読させられるのを恐れたのか、それとも点字の聖書自体が超貴重なのかもしれないと、(ワールドカップで早起きしたから、脳みそぼんやりしたの)持ち直して…。
5543_10697225165The Book of Eli
途中、イーライは怪我(瀕死かと思ったら結構頑張った)をしたので、ソラーラ(ミラ・クニス)の運転する車に乗り、ウォーカー中断。
物資も壊滅状況なのに、ガソリンあるんだ…。

無事到着した西の目的地はアルカトラズ島。
アルカトラズ島と言えば、イーストウッドが苦労して脱獄した「アルカトラズからの脱出」。
オールバックヌードを思い出す(笑)

と、余計なことが頭を過ぎり――

なんと!!
イーライは聖書を丸暗記してるし!!
この時点まで、点字の聖書と差し替えて本物隠し持ってるのかもと思ってた(笑)

観終えた後は物足りないながらも、言わんとすることはそれなりに分かったつもりだったけど、イーライはやっぱり盲目か~のオチを知って、何だかとてもがっかりしてしまった。
匂いだとか音だとかに敏感な伏線は多々ありましたが、逆に色んな場面を思い出すとあまりにも出来すぎ感がして、このオチは絶対必要なのかと、余計に???ばかりが残る作品になってしまいました。
エリヤは聖書に登場する人物の中で、たいへん特異な存在であったそうなのですが、まあ、そんな事知らない無宗教者には、何を伝えたかったのかよりは結局アクションをもっと観たかったし、人物像も中途半端で、デンゼルでなければ★は少なかっただろうなぁ~めちゃくちゃ残念な作品でした。

(ロクちゃん、鑑賞券プレゼントしてくれてありがとう~♪)

2010年 6/19公開 アメリカ映画
監督 アレン・ヒューズ アルバート・ヒューズ

Comment

このオチはないよね〜^^;
編集
できれば、ウィゴの『ザ・ロード』と比較したかったんですが
そちらは8月上旬にミリオンで公開ということで、鑑賞する頃には
こっちの作品を忘れてしまってる気がします^^;

寡黙な主人公に子供付きってことですが勝敗はいかに〜!^^
2010年06月27日(Sun) 19:51
あら、ご丁寧に(^^ゞ
編集
でもさ、タダでちょうどよかったよね(笑)

初めの方は意味が分からないし淡々としててイヤな予感がしたわ(^^;)
私なんて鈍感だから観終わってもイーライが○○だと気付かず
帰宅して色々レビュー読んで初めて「へえ〜」って(笑)
ホント、あの設定はなくても成り立ったよね。

デンゼル&ゲイリーが上手いからなんとか観られたのかも・・・
ほぼB級っぽい地味な映画だったなあ。
特に宗教がらみだから日本人にはイマイチなんだとも思うね。
2010年06月27日(Sun) 21:54
編集
デンゼル・ワシントン版座頭市、、、
でも私は気づかなかったうちのひとりです、笑。
よく考えてみると伏線ありましたもんね。
2010年06月27日(Sun) 23:19
編集
オリーブリーさんこんばんは☆
TBありがとです
ほんとだー、間違っちゃってたゴメンなさい
削除しちゃって下さいね
最近ボケばっかり!
というかすごい似てるんですもんなんか(笑)
オチだめでしたか〜?
わたしは意外とOKでした☆
2010年06月28日(Mon) 01:01
その通りですね
編集
デンゼルとゲイリーで無かったらもっと駄目駄目
だったと思うなぁ。
もう突っ込み始めたらね、そもそも30年て…
どこほっつき歩いたらそうなるのかって誰しも思う
だろうし。そうした有象無象を全てぐっと飲み込ん
で見る必要がある作品でした。
点字は意外だったけど、なんでアルカトラズなんだ
ろうね〜?
2010年06月28日(Mon) 02:10
B級作品
編集
何なら主演をクリストファー・ランバードにすれば、もっとB級作品っぽくて良かったかも知れませんね。
しかしこの内容で劇場公開とは・・・。
ほんと、この2人が主演でなかったら、もっと評価が低くなるでしょうね。
2010年06月28日(Mon) 13:24
編集
こんにちは〜♪

ジメジメした嫌な天気が続いていますよね〜
毎日だるいし、サッカーは観ちゃうし・爆

で、、、映画ですが、ほとんど同じような感想で〜す。
何なんでしょうね、このストーリー展開にオチは。
私も座頭市かい!!って思いましたし、何だか根本的なところで馴染めない題材でしたよ〜
2010年06月28日(Mon) 17:43
itukaさんへ
編集
こんにちは。

久々のヴィゴなので、楽しみなんですよ〜「ザ・ロード」♪

こちらのオチは、あーやっちゃった〜でしたね…特に日本人には馴染みの市じゃねぇ。

2010年07月01日(Thu) 17:01
ロクちゃんへ
編集
言えてる!
これ、金返せ〜って思ったかも(;^_^A アセアセ・・・
ほんと、サンキューでしたペコリ(o_ _)o))

私も最後までそう思いたくなかったよ。
それじゃいくらなんでもね〜それに盲目である意味が分からなかったし。
でも俳優はちゃんとしてたね(笑)
あの婆さんなんて、アリスのまんまじゃなかった?(爆)
あの場面でも盲目じゃ無理でしょうに〜(苦笑)
キリスト教が絡んでくると、無知にはキツイわ。
2010年07月01日(Thu) 17:13
yukarinさんへ
編集
こんにちは。

これ、気づかずに通り過ぎたいくらいなオチですよね(爆)
そう思える伏線はあるけど、そうである意味が分からないのが致命傷でした。
2010年07月01日(Thu) 17:25
migさんへ
編集
こんにちは。

いえいえ、大丈夫だよ〜ほんと、紛らわしいよね。
こちらは公開まだだけど、時期も被ってるし(;^_^A アセアセ・・・
私もいつもボケボケだから。。。(爆)

で、オチでしょう〜ちょっとね〜わたしはダメでしたわ。
2010年07月01日(Thu) 17:28
KLYさんへ
編集
こんにちは。

>そもそも30年て…
どこほっつき歩いたらそうなるのかって

あっはっは〜o(*^▽^*)o~
そうだよね〜いくら徒歩だって、30年は長すぎる(爆)
って、ブロガーさん、みなさん同じ疑問を持つって不可思議な内容ですなあ〜(;^_^A アセアセ・・・
2010年07月03日(Sat) 17:15
にゃむばななさんへ
編集
こんにちは。

何故にデンゼルはこのオファー受けたのでしょう?と思わざる得ないような作品でした(笑)
ほんと、有名どころ器用じゃなく、良質なB級を目指しても良かったのに…(苦笑)
でも予告だけ観ると、メチャ感じが良いんですけどねぇ〜。
2010年07月03日(Sat) 17:22
由香さんへ
編集
こんにちは〜日本、残念だったね。
でも良い試合ばかりで楽しませてもらいました♪
お疲れ様でしたね!

じめじめでやだよねぇ〜。
今日もずっと雨。。。
で、こちらの感想ですが、
由香さんが座頭市のようにズバッと切ってくれたので、スッキリしてまーす(*^-゚)vィェィ♪
2010年07月03日(Sat) 17:26
神の啓示!!
編集
ときどき、あたしにも降りるんですよ。
たまにあたしって預言者かも・・・ってマジで思うときがあるんですが、この組み合わせもまるで神の啓示のようでした・・・。
午前に慎吾ちゃんの「座頭市」見て、午後からこれですから・・。
なはは。
そうそう、思い返してみても、どう考えてもあれは見えない人の行動力じゃないよなあ、ですよね。
マルコム・マクダウエルさんの使い方とか、もったいない。。。
やけに出演料が高くつきそうな映画でしたが、なんぼだったんでしょうね。
2010年07月07日(Wed) 17:10
sakuraiさんへ
編集
こんばんは〜お返事が遅れてしまい、すみませんでしたペコリ(o_ _)o))ペコリ(o_ _)o))

あらら〜思いもかけない和洋「座頭市」のハシゴになっちゃったんですね(苦笑)

>どう考えてもあれは見えない人の行動力じゃないよなあ、ですよね。

仰る通りで…。
しかも内容が、そうである意味がなかったような(;^_^A アセアセ・・・
2010年07月21日(Wed) 22:30
結局
編集
オリーブリーさん、こんにちは☆
TBありがとうございます。
最後、結局覚えていたんじゃん!って驚いちゃいましたよね。
だったら、本人触った人を切ったりしなくても、ちゃんと本を「運ぶ」ことができたでしょうに。
2010年07月27日(Tue) 10:42
ノルウェーまだ〜む さんへ
編集
こんばんは。

うん。
実力派のデンゼルってだけで、ハードルは上がりますから、これはちょっと、あれれ〜?!でしたね。
見えていてもいいじゃん!!でしたよ(;^_^A アセアセ・・・
どーしても座頭市をモデルにしたかったのかしらん(苦笑)
2010年07月31日(Sat) 01:53












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

[映画『ザ・ウォーカー』を観た]
☆どうあっても、B級にしか為り得ない、最終戦争後の時代の戦いの物語を、思った以上に格調高くセピアチックに撮り、見せ場もふんだんで面白かったのではないでしょうか?  アクションが西部劇スケールなので、『マッドマックス』よりも表現が退化したと思われそうだが...
2010年06月27日(Sun) 18:38
ザ・ウォーカー
公式サイト。原題:THE BOOK OF ELI。アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ監督、デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン、ジェニファー・ビールス、フランシス・デ・ラ・トゥーア、マイケル・ガンボン、トム・ウェイツ
2010年06月27日(Sun) 18:52
ザ・ウォーカー / The Book of Eli
“何らか”の原因に依って文明が崩壊してしまっている社会が舞台。 とは言うものの、“何らか”が示すものは、核戦争である事を映像的に表現しています。“何らか”と記したのは、明示的に台詞として語られていなかったから。冒頭のシーンから、核の灰の降るシーンですか...
2010年06月27日(Sun) 18:52
ザ・ウォーカー
評価:★★★【3点】 西へ西へって、最後は東から現れるパターンではなかったのね。
2010年06月27日(Sun) 19:28
ザ・ウォーカー
<<ストーリー>> 世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ(デンゼル・ワシントン)。本に触れる者をためらわずに誰...
2010年06月27日(Sun) 20:06
◆『ザ・ウォーカー』◆ ※ネタバレ少々
2010年:アメリカ映画、アルバート・ヒューズ、アレン・ヒューズ監督、ジョエル・シルバー製作、デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、トム・ウェイツ出演。
2010年06月27日(Sun) 20:20
ザ・ウォーカー
荒廃した大地。西へ往く男。‘両刃の剣’。
2010年06月27日(Sun) 20:55
ザ・ウォーカー・・・・・評価額1400円
最終戦争で人類文明が滅亡した後の世界を舞台に、この世に残されたたった一冊の貴重な本を、ひたすら西へと運ぶ男を描いた、デンゼル・ワシ...
2010年06月27日(Sun) 22:08
ザ・ウォーカー/デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン
『ハリポタ』でのシリウス・ブラック役もお気に入りですが、やっぱりこの人には強烈な悪役を演じてほしいゲイリー・オールドマンと対照的に正義の味方が似合いそうなオスカー俳優デンゼル・ワシントンによる近未来サスペンス・アクション大作です。 出演はその他に、ミ...
2010年06月27日(Sun) 22:09
ザ・ウォーカー
『サブウェイ123 激突』のデンゼル・ワシントン主演最新作。戦争で文明が崩壊した世界を歩いて旅する男を描いたSFアクションムービーだ。男がが運ぶこの世にたった一冊の本とは何なのか…。その本を狙う男に『ダークナイト』のゲイリー・オールドマン、他に『マック...
2010年06月27日(Sun) 22:22
ザ・ウォーカー
【THE BOOK OF ELI】 2010/06/19公開 アメリカ PG12 118分監督:アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ(ザ・ヒューズ・ブラザーズ)出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン、ジェニファー・ビールス、フランシス・...
2010年06月27日(Sun) 23:16
『ザ・ウォーカー』
※カンの鋭い人は注意。 ※映画の核に触れる 部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:The Book of Eli) 「これはもう珍作。 そう呼ぶしかないね」 ----えっ。それはまた挑発的な…。 デンゼル・ワシントンの超大...
2010年06月27日(Sun) 23:20
ザ・ウォーカー
久々の極悪人役を演じたゲイリー・オールドマン目当てで『ザ・ウォーカー』を観てきました。 ★★★ すばらしい! ゲイリー・オールドマンだけが燦然と輝いてる映画でした。 子供が成長しちゃったんでしょうか、一番のはまり役な悪役を演じなくなって久しかったのが、突...
2010年06月27日(Sun) 23:44
ザ・ウォーカー
文明が崩壊した近未来の世界を舞台に、一冊だけ残ったある本をひたすら西 へと運ぶ男の姿を描いたSFサスペンスアクション。 主演の本を運ぶ男には『サブウェイ123 激突』のデンゼル・ワシントンが 、共演の本を奪おうとする男には『レイン・フォール/雨の牙』のゲー..
2010年06月28日(Mon) 00:19
ザ・ウォーカ―(2010)THE BOOK OF ELI
運べ、西へ。世界に残るたった一冊の本を──。 20日(日)は、MOVXディ。1000円で鑑賞出来るということで行って来ました。観たのは、19日より公開されたこの作品です。アカデミー賞受賞俳優、デンゼル・ワシントンとゲイリー・オールドマンの共演ということで、...
2010年06月28日(Mon) 00:30
『ザ・ウォーカー』・・・終末の先に
事前情報をほとんど入れずに鑑賞。正直思っていたよりはるかに地味な作品だった。しかしながら切って捨てるにはもったいないだけの魅力も十分にあり、見応えはなかなかのもの。テイスト的には平日昼過ぎのテレビ東京行き確定のB級作品なのだが、そこはデンゼル・ワシント
2010年06月28日(Mon) 00:32
ザ・ウォーカー/ THE BOOK OF ELI
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ゲイリー目当て{/3hearts/} だったけど、最高にカッコよかったのはデンゼルの方{/kaminari/} 期待はしてないまでも、ずーっと楽しみだったから初日に観てきま...
2010年06月28日(Mon) 01:02
映画「ザ・ウォーカー」ただ一つ守りたい本があった
「ザ・ウォーカー」★★★☆ デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、ジェニファー・ビールス出演 アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ監督、118分 、2010年6月19日、10,アメリカ,角川映画、松竹 (原題:THE BOOK OF ELI )        ...
2010年06月28日(Mon) 07:34
ザ・ウォーカー 感想書いたらネタバレなるから自粛・・・
【{/m_0167/}=31 -10-】 今日は訳あってTOHOシネマズ川崎にて鑑賞、そのわけはまた書きます。 で、観た映画は「ザ・ウォーカー」、原題は「The Book of ELI」(イーライと発音するようだ)。 原題が大事、なぜ邦題をザ・ウォーカーにしたのかは不明、少なくても原題の方
2010年06月28日(Mon) 11:51
『ザ・ウォーカー』
世紀末西部劇。のような雰囲気はあるので、それなりには面白い映画でした。ただ『許されざる者』や「北斗の拳」のような突き抜けた格好よさというか面白さというか、とにかくキレがないのが残念。 ヒューズ・ブラザーズ、ゲイリー・オールドマン、そして爆破魔。この映画...
2010年06月28日(Mon) 13:25
ザ・ウォーカー
世界はすべてを失った。残されたのは、たった一冊の本!男はそれを抱え、ひたすら歩き続ける。運べ、西へ。その本を__。 男はなぜ、歩むのか?、何が書かれた本なのか?、戦慄の新世紀サスペンス・アクション。 物語:近未来、人類はほぼ滅亡しており、生き長らえた
2010年06月30日(Wed) 12:25
ザ・ウォーカー
30年もかからないでしょう 公式サイト http://www.thewalker.jp製作: ジョエル・シルバー監督: アレン&アルバート・ヒューズ  「フロム・ヘル」大規模な戦争により文明が崩壊した
2010年07月01日(Thu) 15:01
ザ・ウォーカー
狙ったわけじゃないんですよ。・・・「座頭市」と続けて見てしまったあたし。
2010年07月07日(Wed) 17:11
「ザ・ウォーカー」 信じるものは救われる、信じないものは・・・
<今回はネタバレ含みますので、観ていない方はご注意!> 原題は「THE BOOK
2010年07月11日(Sun) 15:27
西へ旅する者〜『ザ・ウォーカー』
 THE BOOK OF ELI  近未来。戦争によって「空に穴」が開き、人類がほぼ滅亡した後の地球。一人 の男が、アメリカ大陸を西へ向かって歩き...
2010年07月12日(Mon) 18:46
ザ・ウォーカー/THE BOOK OF ELI
かなり予告編が謎が多くて、期待を煽られた作品。 デンゼル・ワシントン主演ということで、さらに期待も大きくなった「ザ・ウォーカー 」を、金曜日の夕方に鑑賞。 「UCとしまえん 」は、平日の夕方としては、普通かなぁ。 「ザ・ウォーカー 」は、大きめのス...
2010年07月19日(Mon) 23:18
ザ・ウォーカー/THE BOOK OF ELI
かなり予告編が謎が多くて、期待を煽られた作品。 デンゼル・ワシントン主演ということで、さらに期待も大きくなった「ザ・ウォーカー」を、金曜日の夕方に鑑賞。「UCとしまえん」は、平日の夕方としては、普通かなぁ。 「ザ・ウォーカー」は、大きめのスクリーンで、3...
2010年07月23日(Fri) 14:35
「ザ・ウォーカー」スタイリッシュな映像
機内上映2本目は「ザ・ウォーカー」 こちらも、ただカッコイイだけという前評判だったので、期待しすぎないように気をつけて鑑賞。 なるほどー、確かにカッコイイ!! まるでモノクロの写真集をめくっているような映像と、無駄のないシャープな動きが、単純なストーリ
2010年07月27日(Tue) 10:31
ザ・ウォーカー(アメリカ)
なーんか気になる映画だったので「ザ・ウォーカー」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン 上映時間:118分  世界で1冊だけ残る本を運ぶため30年間も旅を
2010年08月03日(Tue) 13:51
ザ・ウォーカー (The Book of Eli)
監督 アレン・ヒューズ/アルバート・ヒューズ 主演 デンゼル・ワシントン 2010年 アメリカ映画 118分 SF 採点★★★★ 中・高・大学とミッション系の学校に通ってたせいか、それこそ何度も何度も聖書を読んだ私。様々な角度から聖書を読みとる宗教学の授業も、…
2010年11月13日(Sat) 16:37
mini review 10507「ザ・ウォーカー」★★★★★★☆☆☆☆
世界が崩壊した近未来を舞台に、この世に一冊だけ残った本を運び、ひたすら西へと孤独に旅する男の姿を描くサスペンス・アクション。主人公イーライを演じるのは『クリムゾン・タイド』のデンゼル・ワシントン。本...
2010年12月04日(Sat) 21:46
【映画】ザ・ウォーカー…邦題がウォーカーなのは配給会社が角川だから?
またまた昼過ぎまで寝てしまったピロEKです そこから今までの時間「たかじんのそこまで言って委員会」を観た以外には何もしていません。 …天気良いのになぁ というこ...
2010年12月05日(Sun) 16:15
『ザ・ウォーカー』
ザ・ウォーカー ”空が光って”30年。 本を持ってひたすら西に向う ”ウォーカー”旅する男の目的とは... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:The Book of Eli
2011年04月05日(Tue) 01:33
「ザ・ウォーカー」(THE BOOK OF ELI)
デンゼル・ワシントンを主演にした近未来アクションドラマ「ザ・ウォーカー」(原題=イーライの本、2010年、米、118分、ヒューズ兄弟監督作品)。この映画は、文明が崩壊した終末世界のアメリカ大陸を舞台に、世界に1冊だけとなったある本を襲撃者から守り、西へ...
2011年05月08日(Sun) 03:59
世紀末救世主デンゼル ザ・ウォーカー
ザ・ウォーカー / THE BOOK OF ELI 文明が崩壊した近未来。 弱者は強盗の餌食となり、食糧難から人肉に手を出すことも厭わない悲惨な世界。 そんななか、一人の男が歩き続ける。 「俺に触れるなよ 死ぬ...
2011年05月28日(Sat) 17:49