--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_06
21
(Mon)13:18

告白

告白
とある中学校の1年B組。
終業式後のホームルームで、担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。
「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘の愛美は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」と衝撃的な告白をする。

2009年本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラー小説を原作に、事件にかかわった関係者たちの告白によって真相が明らかになっていく中学校教師の復讐を描くミステリー。


ホント、どっか~んです{★★★★㊤4/5}

いやもう、凄い映画でした!!!
去年、韓国映画「母なる証明」を観た時、日本はまだまだ遅れていると思いましたが…撤回ですね(笑)
私達が抱える社会問題に対して、綺麗ごとを省き負の部分を見事に描いたのではないでしょうか。
賛否も好みも分かれると思いますが、妥協をせず世に出されただけでも評価は高いと思います。

携帯を離せず、私語が飛び交い、ざわつく生徒達。
教室で森口先生が語ります。
生徒達は、教師が居ようが居まいがお構いなし。
森口先生も生徒の態度にお構いなしで淡々と話し続けます。
今日限りで退職するという森口先生の話は、次第に核心に向かっていきます。

この異様なクラスの生徒達に苛立ちを感じながら、松たか子の冷静で冷淡な一人芝居にいきなり引き込まれました。
森口先生は「命」について話しはじめ、娘の愛美はこのクラスの生徒に殺されたと明かします。
「犯人A、犯人B」と匿名で語りだしても誰なのかあっさり分かり、事故の経緯も既にその二人の生徒から事情を聞き、彼らも犯行を認めているという。
警察は事故死と判断し、犯人は少年法で守られる以上、事件を蒸し返すつもりはないと森口先生は続けます。
それならば、どうしてクラスメート達に真実を明かしたのか…。
森口先生は、HIVに感染し余命少ない愛美の父親の血液を二人が飲んだ牛乳に混ぜたと言いました。
命の重さを知るために…。
プロローグのような森口先生の衝撃的な告白から物語りは始まります。

この後は何を書いてもネタバレになるし、語りだすとキリがなくなりますが、新学期になり熱血教師ウェルテルこと寺田良輝(岡田将生)が新しい担任となったクラスで、犯人Aの渡辺修哉、犯人Bの下村直樹、下村直樹の母優子(木村佳乃)、委員長の北原美月の告白が続いていきます。
100223_kokuhaku_main告白
ラストまで観る者に様々な感情が与えられると思いますが、
明確な答えがあるわけではないし、善悪を解いたり、良心だとか倫理だとか、決して命の尊さを問う作品でもないと私は思いました。
母親で教師だった女性が、稚拙な動機で奪われてしまった我が子の命に復讐をするお話です。
守るものも失うものもなくなった彼女には、復讐の条件が当て嵌まったのです。
絶望から立ち上がろうとする時、復讐にかられたとしたら人はどうなるか?
そこには一切、偽善的な要素はありません。
なので、とっても不快だったり、救いがなかったりと感じる方も多いでしょう。

親であれば、森口先生に共感することができる反面、「犯人側」になることも無視はできません。
罪を犯してしまった子供とどう向き合うか、どう贖罪させるか、更には子供を産んで育てることが親としてどんなに責任があることなのかを考えさせられます。普通は…。
なのに、この作品、復讐に駆られてしまった森口先生や犯人より、娘を失った先生の哀しみを知ろうとせず、クラスに殺人者が居る日常に甘んじ、イジメを続ける生徒達の愚かさ、モンスターな母親など、人間として持つべき当然の感情に、誰も真面目に向かい合おうとしない性質に嫌悪を感じてしまったのは私だけでしょうか。
もちろん、森口先生も含め、登場する人間の本質が邪悪なのだとすると、それはとても怖いのです。
けれど、なぜかそれに強い違和感を感じないのは、こんな犯罪者、こんな復讐者は想定済みで、それを危機と感じない現代の社会状況のゆがみのようなものに気持ちが悪くなる、そんな映画でした。
それでも私はこの作品に肯定的ですし、被害者家族が抱えこむ感情も当然と思います。
映像は、森口先生の落とした影を与えながら、良くも悪くも生徒たちの日常や感情、表情をスクリーンに映し出し、結末に至ります。
335612_01_05_02.jpg
終盤、森口先生と美月がファミレスで交わす会話で新たなことを見せられます。
森口先生は、はっきり言いました。
「バカだ」と。
子供と大人の狭間にいるこの年代、親は当然、周りも含め「思春期だから」と都合の良い解釈をしてしまいますが、担任の先生の娘が殺されたという話を聞かされた直後でも、さぞ春休みが嬉しいのか、その軽快な足取りが描かれた映像が目に残こっていて、森口先生が言うようにバカなんだ、何も考えていないのだ、と思わずにはいられません。

ファミレスの帰り道、たまたま近くにいた子供からもらったキャンデーに、ふと我に返ったようにその場に泣き崩れ嗚咽しはじめた森口先生に、初めて人間らしい共感が…と思えた途端、彼女は「ばかばかしい」と己の行動を一喝します。
これは、くだらない同情など持たずに覚悟して観ろよと思わせるように…。
犯人Aが持つコンプレックスに高々に声を上げて大笑いした森口先生。
牛乳の件も爆破の件も、現実のことか脳内に植えつけただけか、その真実はそれぞれの見解に委ねられたのかもしれませんが、何がどうあろうとも一切の感傷など持つのも許さない復讐者なのだと思いました。
個人的にやるからには私は赦しませんけど。
「な~んてね」と「どっか~ん」は、しばらく心に残りそうです。

子役の演技は残念でした。
志田未来やジャニーズ・Jなんかキャスティングせず、どこにでも居そうなリアルさはありますが、犯人男子の演技はモロ素人で、そこはしっかり演じて欲しかったです。

2010年 6/5公開 日本映画
監督 中島哲也

C.O.M.M.E.N.T

v-238オリーブリーさんこんにちは★

お祝いコメントありがとうございました!

告白、ブロガーさんに絶大人気ですね!
わたしはちょっと綺麗すぎるのがいやだったけど
でもやっぱり面白かったですね♪

これからもよろしくです

2010/06/21 (Mon) 16:35 | mig #- | URL | 編集 | 返信

凄い映画でしたね

バカな生徒、バカな親、バカなKY教師。
みんな見事に森口先生の手のひらの上で踊らされてましたね。
やっぱり13歳は所詮13歳。知識は大人と比べてもわずかなもの。
大人が本気になればどれだけ怖いかをもっと子供も知るべきですよ。

2010/06/21 (Mon) 18:04 | にゃむばなな #- | URL | 編集 | 返信

こんばんは

コメありがとうございます。
こんなガキは私も心情的には許さないだろうなあと思います。
甘ったれんなよ、という大人から子どもへのメッセージにしたいなー、なんてね。

2010/06/21 (Mon) 21:57 | ボー #0M.lfYJ. | URL | 編集 | 返信

オリブリたん〜☆

わ〜〜い♪
「下妻」も「告白」も観たのねんv-222
中島監督。1作毎に話題性も期待度も高くなって、
きっと大変だったんだろうなぁ、、、というのが先ず感想でした。
この作品を観終わって監督や、恭子ちゃん、松さんの挨拶あったので、
その時の話を総合すると、
気合が入りすぎて、ちょっと奇を衒いすぎた感が否めませんでした。
才能を感じる方ですし、センスも好きですが、
大絶賛にはならなかったかな〜。いろいろと(笑)

2010/06/21 (Mon) 22:17 | kira #klq26XPE | URL | 編集 | 返信

オリブリたん〜□(←まねすんなよ)^^

森口先生のメイクと衣装はお通夜の帰りみたいに感じました。
これも彼女の内面から湧き出る復讐心をイメージするにはバッチリだなと思いました^^

本作の内容は良かったと思います。
ただ、犯人役の子の演技がな〜^^;
『マイブラザー』を観た直後だったのでそう感じたのかもしれません^^

2010/06/21 (Mon) 22:29 | ituka #r4tB/SwE | URL | 編集 | 返信

原作を読んだだけなのですが、
映像にするともっと怖いのかな〜?
登場人物の顔が目に焼きつきそうで、映画館に行けない私です…

2010/06/21 (Mon) 23:19 | めえめえ #- | URL | 編集 | 返信

わたしもね〜

にゃむばななさんや、ボーさんと同じですね。
高々中学生のクソガキなんぞ大人がちょっと本気を出せば、簡単に再起不能に出来るのだと。恐怖だけで子供を従わせることは出来ないけれど、少なくとも私が子供の時には教師には一定の恐怖感はありましたもん。

2010/06/22 (Tue) 00:22 | KLY #5spKqTaY | URL | 編集 | 返信

こんにちは♪

本当にすごい!!と一言につきる作品でしたね。
社会問題をここまで描いてしまう中島監督もすごいです^^

2010/06/22 (Tue) 11:20 | yukarin #- | URL | 編集 | 返信

あたしゃ

kiraさんとおんなじ派。
そう思う人は、少数派みたいですが、凄いけど好きじゃないって言う感じでしょうか。
最悪な読後感を二度もありがとう・・ですわ。

子供たちの演技、だめでしたか?
そつなく、さらっと演じられるよりは、まだ救いがあったように思えます。

2010/06/23 (Wed) 13:22 | sakurai #8zie0QSw | URL | 編集 | 返信

衝撃的でした--!

私はこの監督さんの下妻もパコにも心を揺らしちゃったんですけど。
この作品もやられました---!
人を殺しても・いじめても 罪のかけらもない彼らに・
ほんと気分が悪くなりましたよ--。
勝手な理由で何をやっても許されると思っている・・
先生の復讐はいいカンフル剤なったにちがいない!なんて
この行為を肯定している自分にもびっくりだったりして・。はぁあ。
このところ同じように安易に人を殺す事件が多発しているのが
悲しいばかりですよね--!

2010/06/25 (Fri) 00:02 | くろねこ #9ddgPdqs | URL | 編集 | 返信

migさんへ

こんにちは〜お返事が遅くてすみませんでした。

ブログ5周年、おめでとうございます!
これからも楽しい記事を書いてくださいね〜こちらこそ、宜しくお願いします。

この作品、分かれてますね。
賛否が集うのはそれだけ話題作って事なんでしょうかね(*^.^*)

2010/06/27 (Sun) 15:43 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

にゃむばななさんへ

こんにちは〜お返事が遅れてすみませんでした。

>やっぱり13歳は所詮13歳。知識は大人と比べてもわずかなもの。

自分の子供も含めてですが(苦笑)
何様ですか?と問いたいくらい勘違いしてるトコありますから、不謹慎かもしれないけど、ある意味小気味の良い感じを受けました。
ほんと、なめんなよ、です。

2010/06/27 (Sun) 15:46 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

ボーさんへ

こんにちは〜お返事が遅れてすみませんでした。

>甘ったれんなよ、という大人から子どもへのメッセージにしたいなー、なんてね。

あと、自己中でナルシスト(笑)
悲劇のヒーロー(ヒロイン)になって、自己陶酔したいのでしょうかね(苦笑)
強くたくましくって、どこか行っちゃったのか…。

2010/06/27 (Sun) 15:52 | オリーブリー #- | URL | 編集 | 返信

kiraさんへ

こんにちは〜お返事が遅くてごめんなさい。
サッカーで少し寝不足&やっぱりこの梅雨時期は体調が…・゚・(ノД`;)・゚・

恥ずかしながら、監督作品はお初で(苦笑)
これも娘が岡田君と言うので一緒に出かけてみました(笑)
予告からは犯人探し的に想像してて、まさかここまでの作品とは思ってなかったので、こんな映画が日本で出来たんだ…って、そんな思いの方が強かったわ。

ジャンルに拘らず、斬新で新感覚の映画を作る監督さんですね。
確かに、センスは高いと思う。
あとは好みの問題かな〜監督業って、それぞれの色があるからね♪





2010/06/27 (Sun) 16:12 | オリーブリー #- | URL | 編集 | 返信

itukaたんへ(爆)

男性から呼ばれるのは新鮮かも(爆)
すみません〜朝方のサッカーやら鬱陶しい天候で体調がイマイチでした・゚・(ノД`;)・゚・

そうそう、「マイ・ブラザー」の後にあの子役の演技はね〜。
自然と言えばそうなんだけど、力の差が歴然としてました。
松たか子はコミカルな役柄からこんな不気味と言うか何と言うか、上手ですね。

2010/06/27 (Sun) 16:18 | オリーブリー #- | URL | 編集 | 返信

めえめえさんへ

こんにちは〜お返事が遅くてすみませんでした。

原作読んだんだ!
きつい?(;^_^A アセアセ・・・

映像の使い方とか色彩とか、色々と作りこんであるな〜と思いました。
なので怖いと言うか、不気味な雰囲気はあったかも。
是非、劇場へ(笑)

2010/06/27 (Sun) 16:23 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

KLYさんへ

こんにちは〜お返事が遅くてすみませんでした。

R-15でしたっけ?
この映画を中学生に見せる勇気はまだ日本にはないのかな〜勿体無いですよね(苦笑)

私の頃はKLYさんの頃よりもっと怖かったと思いますよ〜先生って!
立たされたり殴られたりって、男子では当たり前でした。
それが良しかは分かりませんけど、今の子供は殴れないことを逆手に取って教師を脅しますから。
とんでもないですよ!
二人子育てしましたが、問題児とどう折り合いつけるかって、親も教師も大変でした。

2010/06/27 (Sun) 16:33 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

yukarinさんへ

ほんと、容赦が無くて、凄いの一言に尽きるような映画でした。
監督には更に期待が集まるのでしょうけど、マイペースでいてもらいたいですね。

2010/06/27 (Sun) 20:54 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

sakuraiさんへ

意見分かれるのは必須(笑)な問題作ですものね。

「マイ・ブラザー」なんてビックラする子役の演技を見た後でしたので、何となくね〜素人だな〜と思っちゃいました(;^_^A アセアセ・・・

2010/06/27 (Sun) 21:40 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

こんばんは〜♪

難しい作品でした。。。
冒頭の森口先生が話しているのに、生徒達が各々自分勝手に何かをしてる。。。
この場面を見ただけで、ろくな子供たちではないと思いました。

子供の躾がなってないんですよね。
昔は、先生の言う事を聞くのは当たり前だったのに、昨今は先生をバカにする。。

第一に、親が先生を尊敬してないから、子供も尊敬しないのかも知れませんね。
今後どのようになっていくんでしょう?恐ろしいです。

2010/06/29 (Tue) 00:32 | にくきゅ〜う★ #- | URL | 編集 | 返信

くろねこさんへ

こんにちは〜いつもお返事が遅くてすみませんペコリ(o_ _)o))

>この行為を肯定している自分にもびっくりだったりして・

全くそうですよ(汗)
本来なら良しとしてはならない行為なのに、この矛盾(?)は一体何なんでしょう(;^_^A アセアセ・・・

先日どこだったか忘れましたが、溺れていた子供を中学生が助け心臓マッサージまでしたと言うニュース。
こんな中学生の方が、絶対に多いと思いたいです。

なのに、後輩を裸にして携帯動画を友人達に回していたと言う中学生のニュースもあり、もうガッカリです。

2010/07/01 (Thu) 16:54 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

にくきゅ〜う★さんへ

こんにちは。

学校の先生をとやかく言う前に、家庭環境、親の躾だよね!
一時期は教師のレベル低下が問題になったけど、今は生徒のレベルの方が問題でしょう。
それ以前に、親のレベルが低いのか(;^_^A アセアセ・・・
もう一度、子育てをしっかり考えないとね〜子供手当てより(汗)

2010/07/03 (Sat) 17:37 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

違う意見

初コメになります。コメントを残している皆さん大多数は、「森口先生の復讐はスカッとした。甘ったれたガキが好き勝手やっているとこういう目に遭うんだよ。自業自得だ」という意見のようですが、自分は少し違います。最終的に大多数の無関係の人間を殺す結果を招いた森口先生は、同じ事をしようとしたAはともかく、Bよりは罪が重いのでは、と思うのです。

2010/10/14 (Thu) 22:47 | 違う意見の者 #- | URL | 編集 | 返信

違う意見

初コメになります。コメントを残している皆さん大多数は、「森口先生の復讐はスカッとした。甘ったれたガキが好き勝手やっているとこういう目に遭うんだよ。自業自得だ」という意見のようですが、自分は少し違います。最終的に大多数の無関係の人間を殺す結果を招いた森口先生は、同じ事をしようとしたAはともかく、Bよりは罪が重いのでは、と思うのです。

2010/10/14 (Thu) 22:48 | 違う意見の者 #q//gdlBE | URL | 編集 | 返信

違う意見の者さんへ

こんにちは。
コメントありがとうございました。

こちらの作品は賛否両論、好き嫌いがあるのは当然な内容でしたね。
愛する我が子の復讐をと思う気持ちは分かりますが、復讐は不幸の連鎖でしかないと個人的に考えているので、当然森口先生の行為が許されるものではないと思ってます。
ただ、少年法と言う法律がある限り、被害者家族が加害者に転じてしまう可能性があると言う警告、また、子供達はその少年法を利用しているしたたかさ、そういったもので森口先生よりの意見が多いのだろうと思います。

罪の重さについての違いは私には分かりませんが、この映画が高評価されるのは、今の日本の司法制度に幾分かの問題があるのだと思うと同時に、家庭教育をもう一度見直すべきと思いました。

2010/10/16 (Sat) 13:15 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

告白

命を知るための課外授業。  

2010.06.21 (Mon) 15:26 | Akira's VOICE

告白 13歳ってこえ〜っノォオオオオオ!! な〜んてねっ。

【{/m_0167/}=24 -9-】 映画の予告編を映画館で観るようになって、是非見たいと思ったこの「告白」だけど、ちょうどそのころ、母が読み終えた本をいつもながら何冊かあったので、なんだか解らずにしばらく読み進めていたら、なんと偶然、この映画の原作の「告白 (双葉文

2010.06.21 (Mon) 15:37 | 労組書記長社労士のブログ

告白

苦手な分野の話だと踏んで、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえさんの原作は未読。映画もノーチェックで観る気はなかったが、評判がいいようなので、悩みに悩んだ挙句恐る恐る観に行ってみた―【story】とある中学校の1年B組、終業式後のホームルームで、担任の森口悠子(

2010.06.21 (Mon) 16:23 | ★YUKAの気ままな有閑日記★

告白

ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 去年、本屋大賞受賞した、湊かなえの同名ベストセラー小説の映画化{/ee_3/} 本は読んでないんだけど、 娘を殺された教師が教室で、犯人はこの中に二人いる。と告白。 それだけでもう既に面白...

2010.06.21 (Mon) 16:36 | 我想一個人映画美的女人blog

「告白」

自分の3歳になる娘を担任する中学生に殺されたシングルマザーである教師の命の授業は、あまりにも冷酷に計算された復讐だった。緊張感溢れる映像から感じる興奮を日本映画では久しぶりに味わった。世界配給も可能な出来栄えだ。

2010.06.21 (Mon) 16:55 | とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver

『告白』

蝕む、潜伏期間、発症。HIVウィルス、イジメ、復讐。「な〜んてね」という一言に救いを見出すか、それとも悪魔を見出すか。 ここまで鳥肌が立つほど恐ろしく、そして人間心理の闇に目を背けない映画は初めてです。やはり中島哲也監督の「ぜんざいに塩を入れる」ような...

2010.06.21 (Mon) 16:56 | めでぃあみっくす

告白(2010)

公式サイト。中島哲也監督、松たか子、岡田将生、木村佳乃。終業式の日のホームルームで突然生徒たちに告白する先生悠子(松たか子)。冒頭でネタバレしているように見えるけれど、実はこの告白が始まりでの仕掛け。「告白が、あなたの命につきささる」というキャッチコピ...

2010.06.21 (Mon) 17:12 | 佐藤秀の徒然幻視録

告白

<<ストーリー>>とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。...

2010.06.21 (Mon) 17:17 | ゴリラも寄り道

『告白』

  □作品オフィシャルサイト 「告白」□監督・脚本 中島哲也□原作 湊かなえ□キャスト 松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、下村直樹、橋本愛■鑑賞日 6月13日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> こ...

2010.06.21 (Mon) 17:27 | 京の昼寝〜♪

『告白』・・・ ※ネタバレ有

2010年:日本映画、中島哲也監督&脚本、湊かなえ原作、松たか子、岡田将生、木村佳乃共演。

2010.06.21 (Mon) 19:09 | 〜青いそよ風が吹く街角〜

告白

2010年6月14日(月) 21:50〜 TOHOシネマズ日劇3 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:600円(買っていない) 『告白』公式サイト 中学校が舞台。 松たか子演じる教師、娘が生徒に殺されたと復讐に燃えるミステリー。 原作は本屋大賞受賞。例によって

2010.06.21 (Mon) 20:15 | ダイターンクラッシュ!!

告白/松たか子、岡田将生、木村佳乃

湊かなえさんの原作小説はハードカバーで平積みされていた頃から気になっていたんですが、文庫本になったら買おうかなと保留。2009年の本屋大賞を受賞したときにやっぱり買ってしまおうかなと思ったんですけど、これを何とかやりすごしたら案の定映画化されることに。それ...

2010.06.21 (Mon) 21:01 | カノンな日々

告白

評価:★★☆【2,5点】 変わった映画を観させてもらいました。

2010.06.21 (Mon) 21:19 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

告白・・・・・評価額1800円

中島哲也の才気が大爆発した様な一本である。 一人の女性教師の「告白」から始まる壮絶な復讐劇。 人間の心が抱える負の情念を、これほどス...

2010.06.21 (Mon) 21:32 | ノラネコの呑んで観るシネマ

『告白』・・・“なーんてね”

2009年本屋大賞を受賞した湊かなえの原作を、今年4月の文庫化と同時に手にし数時間で読了した。・・・最悪の読後感だった。何の救いもなく、歪みきった登場人物の誰一人として共感できる者もなく・・・。

2010.06.21 (Mon) 21:50 | SOARのパストラーレ♪

「告白」

間違いなく、私の今年度の邦画第1位だろうなあ。ただし、そもそも、観る邦画の数は少ないんだけど。なーんてね。

2010.06.21 (Mon) 22:00 | 或る日の出来事

告白

「娘の愛美は、このクラスの生徒に殺されました」と言う衝撃的な台詞が印象的な、2009年度「本屋大賞」授賞作品が原作。実は、「娘の愛美は、このクラスの生徒に殺されました」のセリフが物凄く印象に残ったので、原作を読もうと思っている間に、映画化されてしまいました...

2010.06.21 (Mon) 22:22 | 勝手に映画評

「告白」えげつない…。

[告白] ブログ村キーワード  「下妻物語」「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也 監督最新作。「告白」(東宝)。公開前から『かなりの問題作』って声が聞こえてましたが、なるほどこれは、予想された以上に“衝撃の問題作”でございましたよ。  とあ...

2010.06.21 (Mon) 22:47 | シネマ親父の“日々是妄言”

告白

な〜んてね 【Story】 とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出...

2010.06.21 (Mon) 22:52 | Memoirs_of_dai

愛情から生まれた欲望の数々。『告白』

教え子に幼い一人娘を殺された中学校教師の告白から様々な人間模様を描いた作品です。

2010.06.21 (Mon) 23:04 | 水曜日のシネマ日記

告白(2010)

告白が、あなたの命につきささる。 遅まきながら、鑑賞して参りました。実は6月の気になる映画、観たい映画には入れてなかった。「嫌われ松子の一生」の中島監督作だということを知ったのと、そしてブロガーさんの評価もかなり良いこともあって、、、、。これはやはり観...

2010.06.21 (Mon) 23:43 | 銅版画制作の日々

告白

2009年の本屋大賞・湊かなえの同名ベストセラー小説を映画化。自分の教え子に愛娘を殺されたとある中学校の女教師がそれをクラスで発表し徐々に復讐をを始める…。主演は『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』の松たか子。共演に『重力ピエロ』の岡田将生と『キラー・...

2010.06.21 (Mon) 23:44 | LOVE Cinemas 調布

告白

『嫌われ松子の一生』では重い原作からキラキラポップな大泣き映画を生み出した中島哲也監督。 今度も問題作をどう料理するのか、『告白』を観てきました。 あ、原作は未読です。 ★★★★★ 怪傑作!! とある中学校、三学期の最終日、騒がしい教室。 進級を前にこのク...

2010.06.22 (Tue) 00:08 | そーれりぽーと

告白

2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを基に、愛する娘が 自分の教え子に殺された中学校の女性教師がその教え子に復讐する様を 描いたサスペンスドラマ。 『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜』の松たか子を主演に迎え、『パコと 魔法の絵本』の中島哲也監督..

2010.06.22 (Tue) 01:09 | だらだら無気力ブログ

『告白』 はじけたのは何か?

 「私には判っている。」  『告白』の登場人物たちが、何度か口にするセリフだ。  「私には判っている。」  そう云いながら、判ってい...

2010.06.22 (Tue) 07:08 | 映画のブログ

告白

2010/06/05公開 日本 R15+ 106分監督:中島哲也出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃告白が、あなたの命につきささる。ある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は...

2010.06.22 (Tue) 11:16 | 映画鑑賞★日記・・・

『告白』

----ニャに。この変なハート? 「超話題の映画『告白』の試写でいただいたもの。 あまりに緊張感がスゴイので、これを握って…ってことらしい。 実はこの映画、 ずいぶん前に、とある仕事の関係で その内容を調べてみたことがあったんだけど、 どこにもストーリーが紹介さ...

2010.06.22 (Tue) 23:02 | ラムの大通り

【告白】悪夢の教室

告白 監督: 中島哲也    出演: 松たか子、岡田将生、木村佳乃、橋本愛、西井幸人、芦田愛菜 公開: 2010年6月 中島哲也監督は、...

2010.06.23 (Wed) 01:07 | 映画@見取り八段

告白

試写会にて鑑賞。見せる力は圧巻。

2010.06.23 (Wed) 13:23 | 迷宮映画館

告白

■ 試写会にて鑑賞告白 2010年/日本/106分 監督: 中島哲也 出演: 松たか子/岡田将生/木村佳乃 2010年06月05日公開 公式サイト 「私の娘が...

2010.06.23 (Wed) 15:23 | 映画三昧、活字中毒

「告白」:白河バス停付近の会話

{/hiyo_en2/}この建物は? {/kaeru_en4/}学校経営支援センター。 {/hiyo_en2/}最近は学校でもいろいろなことが起こるから、こういう施設の重要性も高まっているのかしらね。 {/kaeru_en4/}「告白」みたいな事件も起こっているのかな。 {/hiyo_en2/}もちろん中島哲也監督の...

2010.06.23 (Wed) 22:23 | 【映画がはねたら、都バスに乗って】

[映画『告白』を観た]

☆仕事を定時で終え、近所のプールに行き、サウナに入り、イオンモールに行き、フードコートで食事をして、レイトショーで映画を観てくるという充実した一日でした。  明日も仕事があるので、このレビューは短信でごめんなさい。  でも、みんなに評価の高いこの作品だ...

2010.06.24 (Thu) 06:42 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

告白

告白’10:日本 ◆監督:中島哲也「嫌われ松子の一生」「下妻物語」◆出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃◆STORY◆女教師・森口悠子の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見された。数ヵ月後、森口は終業式後のホームルームにて「私...

2010.06.24 (Thu) 11:16 | C'est joli〜ここちいい毎日を〜

告白☆独り言

中島監督というだけで興味津々(笑)その上、実は松たか子は好きな女優のひとりであり楽しみにしてました。試写会で一足早くの鑑賞です。原作読んでいる友人からは、どっぷり、めり込むという情報は入っていました。なんせ、今までカラフルポップな世界を繰り広げてきた作風

2010.06.25 (Fri) 02:40 | 黒猫のうたた寝

告白

命の重さを考える公式サイト http://kokuhaku-shimasu.jp2009年本屋大賞を受賞した同名小説(湊かなえ著)の映画化監督: 中島哲也 「下妻物語」「嫌われ松子の一生」ある中学校の

2010.06.26 (Sat) 14:48 | 風に吹かれて

告白

中島哲也監督といえば下妻物語や嫌われ松子の一生ですよね。 この2作品は作りがよく似ていたのでああ、同じ監督だとすぐわかる映画のはずな...

2010.06.26 (Sat) 21:59 | 単館系

告白 (松たか子さん)

映画『告白』は、『嫌われ松子の一生』、『パコと魔法の絵本』などで有名な中島哲也監督が、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえ氏の同名小説にほれ込んで映画化した作品です。 松たか子さんは、主演の教師・森口悠子 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●...

2010.06.29 (Tue) 00:57 | yanajun

告白

信じることと、憎むことばかりが心を支配している蛹の時。 ひとつのパーツが、全てを粉々に壊してゆく。そこに救いはない。 都合よく救われない。要するに、そういうこと。 2009年本屋大賞受賞した湊かなえ『告白』の映画化。 本屋大賞といっても、読書が苦手な私には全

2010.07.03 (Sat) 15:27 | ここにあるもの

告白

物語は【告白】で始まり、【告白】で繋がり、【告白】で終わる。 09年本屋大賞に輝き、上半期単行本フィクション部門第1位(日販調べ)を記録したベストセラー、『告白』(湊かなえ/双葉社)。「生徒に娘を殺された」という女教師の告白からはじまり、殺人事件に関わった登...

2010.07.07 (Wed) 20:56 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ

『告白』@テアトルダイヤ

とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この...

2010.07.18 (Sun) 10:27 | 映画な日々。読書な日々。

告白

松たか子主演「告白」を見ました。 岡田将生 余談ですが…… 「雷桜」 「瞬」もうすぐ公開ですね。

2010.07.20 (Tue) 23:12 | memphis blues again

映画:告白

 予告編の短い告白だけで惹き付けられてしまった映画、告白を観てきました。

2010.07.30 (Fri) 22:49 | よしなしごと

映画「告白」

映画「告白」公式サイト 映画「告白」映画情報(eiga.com) ○作品情報(eiga.comより) 監督・脚本:中島哲也 プロデューサー:石田雄治、鈴木ゆたか、窪田義弘 原作:湊かなえ 撮影:阿藤正一、尾澤篤史 照明:高倉進 美術:桑島十和子 製作国:2010年日本映画 上映時間:1...

2010.07.31 (Sat) 13:51 | itchy1976の日記

告白

10年/日本/106分/学園サスペンス・ドラマ/R15+/劇場公開 監督:中島哲也 原作:湊かなえ『告白』 脚本:中島哲也 主題歌:レディオヘッド『Last Flowers』 出演:松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、藤原薫、橋本愛 <ストーリー> 「生徒に娘を殺され...

2011.01.18 (Tue) 01:48 | 銀幕大帝α

告白(感想202作目)

告白はWOWOWでして6月に観たけども 結論は昨年の話題が納得の凄い復讐劇だった 内容は中学校の教室で担任である森口が

2011.07.17 (Sun) 11:08 | 別館ヒガシ日記

別館の予備(感想202作目 告白)

7月17日 告白 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10955203104/188b5f83 さや侍&X-MEN:ファースト・ジェネレーション& エクスペンダブルズ&ディア・ドクター& ...

2011.07.17 (Sun) 11:08 | スポーツ瓦版
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。