2010_06
14
(Mon)21:50

マイ・ブラザー

3019_11512021239BROTHER.jpg
グレース(ナタリー・ポートマン)の元に、アフガニスタンで兵役に当たっている夫サム(トビー・マグワイア)の突然の訃報が届いた。
問題ばかり起こしてきたサムの弟トミー(ジェイク・ギレンホール)は、絶望のふちにいるグレースと二人の娘を兄の変わりに支えようとする。
ある日、サムの生存が確認され家族の元へと戻ってきたが…。

デンマーク映画「ある愛の風景」をリメイクした家族ドラマ。
戦地から帰還した男の苦悩と、葛藤する家族の姿を描く。


再生可能なのか…{★★★★4/5}

オリジナル「ある愛の風景」は未見ですが、評判の高い作品と記憶しています。
若手役者さん達によるこちらのリメイクは、「マイ・レフトフット」「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」など、ジム・シェリダン監督作品が好きなので、期待の1本です。
反戦映画ではあると感じますが、深く考えさせられるような強いメッセージより、帰還兵の過酷な経験が重くのしかかった家族の物語でした。
そんな戦争の後遺症を題材にした映画は最近多く観られますけど、こちらは3人の素晴らしい演技と、恐るべし子役の名演でひたすら引き込まれました。

物語はシンプルです。
賢い兄とデキの悪い弟。
元軍人の父親のハンク(サム・シェパード)は、何かにつけてサムとトミーを比較する。
トミーの出所と入れ違うかのようにサムが戦地へ。
ところが、サムの戦死の知らせが入り、悲しみにくれるグレースと娘達を慰めたのはトミー。
家族は次第に明るさを取り戻し、トミーとグレースも意識し合うようになった時、サムの生存が確認される。
捕虜になっていたサムは、虚ろで神経質になり、ついにはトミーとグレースの関係を疑い、自分を追い込んでいく…。
100223_mybrother_sub1BROTHERS.jpg
1ヶ月ほどで10㌔減量してサムを演じたトビー・マグワイヤですが、ジャーヘッドに刈り上げ、げっそりと痩せた顔で抜け殻のようなたたずまいかと思うと、突然、神経質にキレ始め、家族の元で居場所も癒しも求められなくなってしまっている複雑な感情を熱演でした。
わたしは「スパイダーマン」がダメなので、他の作品ではお芝居が上手だけど何だかパッとしない人だな~と思ってましたが、こちらは本当に凄かったです。

トミーを演じたジェイク・ギレンホールは、グレースや娘を支えている内に自身も癒され、邪険に扱われていた父親との関係も修復されていく過程、また兄の帰還は嬉しいけれどどこか複雑な心情が見え隠れするのも上手でした。
サムがどんな状態になっても自分だけは彼を理解していると、強い意思の持ち主でした。
ちょっと濃い顔だけど、無邪気な表情が若い頃から変わらなくて、子供達と遊ぶ姿はどこか悪戯坊主みたいで可愛い。

妻で母を演じたナタリーポートマンはしっとりとして美しかった。
哀しみを抱えながらも気丈な女性でした。

二人の娘の姉イザベルを演じたベイリー・マディソンちゃんが物凄く良かったです!
変わり果てた父親に戸惑いながらも、受け止めようと必死に堪える様子や、大好きなトミーが妹のバースデー・パーティに女性同伴で現れたことで色んな気持ちが複雑に絡み合う迫真の演技!!
引きつる笑顔、震える唇、あの風船の音は思い出す度に背筋がゾクゾクする…お見事でした。
さすがジム・シェリダン監督、子供の目線や感情にこの上ない真実を見せられますから、今作も見事に伝わりました。
100223_mybrother_sub3マイ・ブラザー
でも欲を言うと、サムはアメフトの選手で明るく人気者だったそうですが、最初から生真面目で神経質そうなので、ビックリするほど激変した、って感じではなかったです。
ジェイクも刑務所に入るような悪には見えなかった。
トミーとグレースの関係、特にサムが帰還してからの微妙な空気とか、もう少し描いても良かったかと思います。

一番残念と思ったのは、
アフガニスタンでのサムですが、事の成り行きを全て見せないで、ラストにサムの告白で明かされる流れでも良かったかな。
戦場で何があったのか…腫れ物に触るように接してきたグレースだけど、そんな行為は想像もしなかったろうし、「17歳の肖像」のキャリー・マリガンが、幼い我が子を抱きかかえ「夫は見事だったでしょう」とサムに問いかけるわずかな場面も重要なので、“別人のようになって帰還した”という設定に、もっとリアルさが加わったかもしれないと感じました。

苛酷な状況を経験した者と、普通の暮らしをしている一般人では、いくら肉親であっても共感することができなくなってしまうのは当然のことでしょう。
吐露したところで、同じ経験をした者でなければ本当の気持ちなんて分からないし、受け入れようと試みても壁や距離を感じてしまうのも無理は無い。
「ハートロッカー」、スーパーでズラリと並んだシリアルの前で呆然となるように…。
告白を聞いたグレースは、優しくサムを抱きしめるけど、果たして彼らはこれからどうするのか…。
生き延びることが死ぬことよりも辛いサムに、もう一度家族を信じる力と家族の強い絆を願わずにはいられませんでした。

2010年 6/4公開 アメリカ映画
監督 ジム・シェリダン

C.O.M.M.E.N.T

ヘリウム入りの風船はいかが?^^;

早々にサムの身に起こった事件が観られるのは納得できたけど
オリーブリーさんの言われるように、ラストでその辺りを持ってきた方が衝撃を受けますね。

あのお姉ちゃんの演技は熟練の技とも言えそうです^^
ワタシには娘がいないので風船のシーンは深読みできなかったわ〜^^;

2010/06/14 (Mon) 23:42 | ituka #r4tB/SwE | URL | 編集 | 返信

そうですね

この話、見ている私たちには全てが解っていますもんね。ただそれだけに3人や子供たちの心情が理解しやすく、彼らの演技に身を委ねられたという部分もあるのかもしれません。イザベル役の女の子に驚かされましたよ、スケートに行くシーンを伏線にしながら、子供らしい嫉妬心を表現するという話の流れを見事に表現できていたと思います。

2010/06/15 (Tue) 01:27 | KLY #5spKqTaY | URL | 編集 | 返信

ジム・シェリダン作品

映画的にはラストにサムの告白で謎解きするようにアフガンでの出来事を明かすのもいいかも知れませんが、でもそれはジム・シェリダン監督が絶対に許さないと思いますよ。
この監督は戦争とは兵士とその家族の心に傷を残すものだということを描いてきてますから、家族だけに重点を置くような演出は彼のスタンスに合わないような気がしますから。

2010/06/15 (Tue) 17:45 | にゃむばなな #- | URL | 編集 | 返信

itukaさんへ

こんばんは、

風船が苦手なのは、
多分、トラウマと言うのでしょうか〜不明ですが…(爆)
昔々の幼い頃、お祭りで売っていたボンド?みたいな、ねちねちしたのをストローにつけてふくらます風船(かなり古い?)で、ほっぺたが炎症を起こして高熱で寝込んだのです。
それ以来、ああやって膨らますのが苦手みたいです〜ハハハ~(;^_^A アセアセ・・・
子供がお店からおまけで風船もらってくると、どんだけ恐怖だったか(爆)
膨らませる…それが嫌なんでしょう(;^_^A アセアセ・・・
まあ、あんな音やいつ割れるやら、、、も苦手なんですけど!

パーティーのシーンは見せ場でしたね!
子供とはいえ、lまだ幼い女子が、色んな側面から本心を見せてくれた印象的なシーンでした。

2010/06/18 (Fri) 00:04 | オリーブリー #- | URL | 編集 | 返信

KLYさんへ

こんにちは。

>見ている私たちには全てが解っていますもんね

仰るように、そうだから役者に魅せられたのは確かですが、サムの行動を知ってしまったら、グレースが話して欲しいと、じゃなきゃもう会わない(だったかな)なセリフに少し違和感が残ったので…。
サムが抱えてるものと家族の戸惑いがあまりにも違いすぎますものね・゚・(ノД`;)・゚・

子役は凄かったね!!
またまた注目される一人でしょう!
子供の素直さや真直ぐな感情って、時に残酷ですから。
パパとのことがトラウマにならなければ良いけど、理解するには時間がかかるでしょうし。

2010/06/18 (Fri) 13:50 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

にゃむばななさんへ

こんにちは。

ジム・シェリダン監督作品は、「マイ・レフトフット」「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」しか観てなくて、あまり詳しくないので教えて頂いてありがとうございますペコリ(o_ _)o))
ついつい衝撃的なものを映画に求めてしまう、悪い癖です(苦笑)

アイルランドの方は家族の繋がりを大切にされると思いますが、そんなこだわりを感じる物語だったと思いました。
キャストもみんな上手だったし、見応えがありましたね!

2010/06/18 (Fri) 14:07 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

あくまでも

スザンネ・ビアの世界だったなあと改めて感じました。
あえて、ほとんど同じつくりにして、アメリカに問うたのではないかと。
オリジナルに風船のシーンがあったかは覚えてないのですが、妻と弟のアイコンタクトみたいなもんがあるんですよね。で、兄がどうにも抑えられなくなる。
その辺は、こっちのもさすがにうまい俳優さんたちで、ぐぐっときました。
トビマグの「楽園をください」ってのは、ご覧になったことあります?これ絶品ですよ。
クモ男はあれはあれで別物で、この人の才能は昔からすげーーと思ってます。

2010/09/15 (Wed) 22:21 | sakurai #8zie0QSw | URL | 編集 | 返信

sakuraiさんへ

トビマクは色々な作品でチョコチョコと拝見してますが、彼が主役って作品は、「サイダーハウス・ルール」「シービスケット」ぐらいしか見てないかもと思います。
その作品、頭に入れておきますね(笑)
蜘蛛は、彼がどうこうより、蜘蛛が苦手なんです(爆)
あっ、でも一応、WOWOWで見てはいますが、あまり好みではなかったです(;^_^A アセアセ・・・

こちらの作品はとても良かったですよ。
ほんと、上手いと思います。
とにかく子役が凄かったですね。

2010/09/19 (Sun) 00:36 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

マイ・ブラザー

<<ストーリー>>アフガニスタンで兵役に当たっている夫・サム(トビー・マグワイア)の帰りを待つグレース(ナタリー・ポートマン)の元...

2010.06.14 (Mon) 22:31 | ゴリラも寄り道

マイ・ブラザー

2004年のデンマーク映画『ある愛の風景』のハリウッドリメイク版。アフガニスタンで心に深い傷を負ってしまった兵士とその家族の再生を描いている。主演は「スパイダーマン」シリーズのトビー・マグワイア、『プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂』が現在公開中のジェ

2010.06.14 (Mon) 22:35 | LOVE Cinemas 調布

マイ・ブラザー/ BROTHERS

ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 2004年作デンマーク映画「ある愛の風景」のリメイク 監督は「マイ・レフトフット」「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」などのジム・シェリダン。 オリジナルは観てないんだけど、この監督...

2010.06.14 (Mon) 23:07 | 我想一個人映画美的女人blog

マイ・ブラザー

評価:★★★☆【3,5点】 主要人物3人を完全に食っていた名子役ここに見参!

2010.06.14 (Mon) 23:26 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

マイ・ブラザー

公式サイト。原題:BROTHERS。2004年のデンマーク映画「ある愛の風景」のリメイク。ジム・シェリダン監督、トビー・マグワイア、ジェイク・ギレンホール、ナタリー・ポートマン、サム・シェパード、ベイリー・マディソン、テイラー・ギア。米海兵隊員の兄サム(トビー・マ

2010.06.14 (Mon) 23:45 | 佐藤秀の徒然幻視録

『マイ・ブラザー』・・・帰還兵とPTSD

捕虜に対する虐待以上の残酷な仕打ち。アフガン兵から生き残る条件としてある行為を迫られた海兵隊大尉サム(トビー・マグワイア)は、一度は拒否するものの生きて家族の元に帰るためアフガン兵に従ってしまう。

2010.06.15 (Tue) 00:35 | SOARのパストラーレ♪

マイ・ブラザー○◆BROTHERS(2009)

 世界の果てをみた兄に、まだ声は届くだろうか。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。これってリメイクだったんですね。オリジナル版は2004年のデンマーク映画「ある愛の風景」。上映されたけど、行けなかった。未見なので、比べようがありません。オリジナル版をちょっと調...

2010.06.15 (Tue) 11:08 | 銅版画制作の日々

マイ・ブラザー/トビー・マグワイア、ジェイク・ギレンホール

ジェイク・ギレンホールの出演作の公開が立て続けになるのもスゴイと思うのだけど、それよりもやっぱり予告編で目にしたトビー・マグワイアの変貌ぶりには驚かされました。この映画は2004年のデンマーク映画『ある愛の風景』をジム・シェリダン監督がリメイクした作品です...

2010.06.15 (Tue) 11:27 | カノンな日々

『マイ・ブラザー』

子供が笑顔でいる同じ時間、父親は戦地で地獄を見る。弟が人生に立ち直りかける同じ時間、兄は戦地で世界の果てを見る。 オリジナルであるデンマーク映画『ある愛の風景』は未見ですが、やはりジム・シェリダン監督が描く作品は静かに心に響いてくる秀作。私生活でもお互...

2010.06.15 (Tue) 17:46 | めでぃあみっくす

映画レビュー「マイ・ブラザー(2009年・米/2010年・日本公開)」

JUGEMテーマ:映画戦争にテーマを置いた映画を観る場合、覚悟がいる。それは、俳優が演じる演技とはいえども、戦争が続く現代においては真実を映し出しているのだと思われるから。娯楽作品としての戦争映画もあるけれど、この作品は違うのです。デ ンマークの作品「ある

2010.06.15 (Tue) 23:40 | Cinema*Eyes log

マイ・ブラザー ・・・・・(´Д`|||) ドヨーン

【{/m_0167/}=27 -10-】 このブログのコンセプトはたしか「社会保険労務士」と「労働組合」のことを綴ることのはずなんだが・・・プー!(*≧m≦)=3  海兵隊員のサムは、よき夫でよき父。厄介者の弟トミーが出所するのと入れ替わりに、妻のグレースと二人の娘を残し、ア...

2010.06.16 (Wed) 09:39 | 労組書記長社労士のブログ

映画「マイ・ブラザー 」人間は頭で想像する全部を実際にすることができる

「マイ・ブラザー 」★★★★ トビー・マグワイア、ジェイク・ギレンホール、ナタリー・ポートマン、サム・シェパード出演 ジム・シェリダン監督、105分、2010年6月4日公開、2009,アメリカ,ギャガ (原題:BROTHERS)                     →  

2010.06.17 (Thu) 07:36 | soramove

静かなる反戦映画〜『マイ・ブラザー』

 BROTHERS  米軍大尉のサム(トビー・マグワイア)は退役軍人の父(サム・シェパード)を 持ち、妻グレース(ナタリー・ポートマン)の...

2010.06.18 (Fri) 13:04 | 真紅のthinkingdays

マイ・ブラザー

 『マイ・ブラザー』(原題は「Brothers」)を恵比寿ガーデンシネマで見てきました。  予告編で見たときからこの映画はいい作品ではないかと思っていましたので、公開されると早速出向いてみました。 (1)実際にも、マズマズの出来栄えだなと思いました。.  戦争で傷つ...

2010.06.22 (Tue) 06:14 | 映画的・絵画的・音楽的

マイブラザー

アフガニスタンに赴任が決まったサムトビーマグワイアには美しい妻グレースナタリーポートマンと可愛い娘が2人。サムの弟のトビージェイクギレンホールは強盗をして刑務所から出所してきたばかり。ベトナム戦争の英雄の父親サムシェパードは自分の後を継いで軍人になった...

2010.06.22 (Tue) 10:22 | シネマ日記

『マイ・ブラザー』

  □作品オフィシャルサイト 「マイ・ブラザー」□監督 ジム・シェリダン □脚本 デヴィッド・ベニオフ □キャスト トビー・マグワイア、ジェイク・ギレンホール、ナタリー・ポートマン、サム・シェパード、       メア・ウィニンガム、ベイリー・マディ...

2010.06.23 (Wed) 12:35 | 京の昼寝〜♪

マイ・ブラザー (試写会)

戦場の傷を癒せるのは誰公式サイト http://my-brother.gaga.ne.jp6月4日公開デンマーク映画、スザンネ・ビア監督の「ある愛の風景」のハリウッドリメイク作。 監督: ジム・シェリ

2010.06.26 (Sat) 14:53 | 風に吹かれて

マイ・ブラザー

死んだはずの兄が生きていた!愛が交錯する人間ドラマ女性監督スザンネ・ビアのデンマーク映画『ある愛の風景』(2004)を、ハリウッド版では『マイ・レフトフット』などで何度もアカデミー賞ノミネート経験がある、ジム・シェリダン監督がメガホンをとる。物語:兄のサム...

2010.07.29 (Thu) 13:47 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ

「マイ・ブラザー」

「Brothers」2009 USA サムに“スパイダーマン、シリーズ”のトビー・マグワイア。 トミーに「プルーフ・オブ・マイ・ライフ/2005」「ゾディアック/2006」のジェイク・ギレンホール。 サムの妻グレースに「宮廷画家ゴヤは見た/2006」「パリ、ジュテーム/2006」

2010.08.05 (Thu) 20:37 | ヨーロッパ映画を観よう!

『マイ・ブラザー』

衝撃のエンディングに試される、「生きること」、「愛すること」の意味――

2010.08.28 (Sat) 17:13 | シネマのある生活〜とウダウダな日々

マイ・ブラザー

何と贅沢な配役陣!!

2010.09.15 (Wed) 22:21 | 迷宮映画館

マイ・ブラザー

BROTHERS/09年/米/105分/戦争サスペンス・ドラマ/劇場公開 監督:ジム・シェリダン 主題歌:U2『WINTER』 出演:トビー・マグワイア、ジェイク・ギレンホール、ナタリー・ポートマン、サム・シェパード <ストーリー> 戦地で心に傷を負ったサム、それを支え...

2011.02.08 (Tue) 20:08 | 銀幕大帝α

【映画】マイ・ブラザー…の記事と九重夢大吊橋を観に行った件

昨日の記事にも少し書きましたが、昨日2011年5月4日(緑の日・水曜日)は、大分県九重(くじゅう)にある“九重夢大吊橋(ここのえおおつりばし)”って所に行ってきました。 北九州からこの場所に行くには大まかに以下の二コースがあります… 九州自動車道で福岡方面...

2011.05.05 (Thu) 10:46 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

マイ・ブラザー(2010年公開)

予告編を見て、興味がありました。 トビー・マグワイアの激ヤセぶりにびっくりです。 兵役でアフガニスタンでに行っている夫・サムの帰りを待つグレースの元に、 サムの訃報が届く。 絶望のふちにいるグレースと二人の娘たちを慰めてくれたのは、 サムの弟のトミー...

2011.05.20 (Fri) 18:53 | 映画、言いたい放題!