--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_04
26
(Mon)18:56

プレシャス


1987年、ニューヨークのハーレム。
16歳のクレアリース“プレシャス”ジョーンズ(ガボレイ・シディベ)は、父親にレイプされ2人目の子供を身ごもっていた。
母メアリー(モニーク)には精神的にも肉体的にも虐待を受ける日々。
妊娠を知った校長の勧めでフリースクールに通うことになったプレシャスは、レイン先生(ポーラ・パットン)と出会い、読み書きを学び、次第に希望の光を見出し始める…。

悲惨な家庭環境で育った16歳の肥満少女が、
フリースクールに通い始めたことをきっかけに、人生の喜びを掴むため踏み出そうとする物語。
原作は、ハーレムでソーシャルワーカーや教師の経験を持つ女性詩人のサファイア著「プッシュ」。
サンダンス映画祭でグランプリを受賞したほか、
モニークはアカデミー賞助演女優賞、ジェフリー・フレッチャーはアカデミー賞脚色賞を受賞。
新人ガボレイ・シディベが主人公プレシャスを熱演。


無知であるのをやめたとき{★★★★4/5}

“愛しい”“貴い”の意味を持つミドルネーム“プレシャス”の現実は、名前とは真逆で苛酷なもの。
12歳の時に出産した娘はダウン症で祖母の元へ預けられ、今は2人目を妊娠中。
子供の父親は、プレシャスの実の父親。
生活保護を受けながら、何をするわけでもない母親に虐待されても、ただ従うしかない毎日。
これだけでも彼女が置かれている境遇は絶望的で耐え難いのですが、
そんな痛ましい現実よりも、輝きや希望を感じさせてくれるタフで力強さがある作品でした。

プレシャスのナレーションで進行しながら、辛い逃避の手段として妄想シーンや過去のフラッシュバックが時折挟まれます。
特に妄想シーンには、人から注目される人気者のプレシャスが存在し、そのユーモラスな雰囲気はティーンエイジの願望がよく表されていて微笑ましいものです。
とてつもない巨体ではありますが、オシャレにも気遣い、登校前の鏡に写る姿は、スレンダーな金髪白人の美少女だったりするシーンも、こうした空想で現実逃避でもしないと、押し潰されてしまうプレシャスの気持ちが痛いほど伝わってきます。
100205_precious_sub7.jpg
どうしてメアリーような母親が存在するのか…。
“プレシャス”と名付けたからには愛しかったはず。
生活保護に頼り自分では何もしない。
プレシャスが夫を奪ったと憎み嫌い、酷い言葉で追い詰める。
娘を犯し続けた挙句に失踪してしまった夫への怒りは、娘へと向けるしかない。
産まれた子供も夫に似ていると床に落とし、逃げるプレシャスにテレビを投げつける。
その理由は、福祉課のワイス(マライア・キャリー)との三者面談で語られますが、とても同情できるものではなく…
ただ、彼女も愛が欲しかった、愛に飢えていた、そして差別や偏見の社会で貧困を強いられ、学ぶこと、知ることが出来ずに無知だった。
鬼畜な親は、負の連鎖からの誕生だったのかもしれません。
が、いくら時代の犠牲者として捉えようとしても、許せるものではありません。
100205_precious_sub8.jpg
プレシャスは字が読めません。
日本の教育では考えられないことですが、アメリカではこのような例はよくあるそうです。
代替学校の教師レインは、プレシャスに文字を書くことを教え、愛すること愛されていることを教えます。
この出会いがなかったら、プレシャスも自分の力で歩き出すことはできなかったのかもしれません。
レイン先生の教育は知識を教えるだけではなく、人間が知的な存在になっていく為にレベルアップの手伝いをしているように感じました。
プレシャスが2人の子供のために生きていこうと決意をする強い心は、先生の教えに答えを出したのだと思いました。
100319_precious_main.jpg
同じ親として、このロクでもない母親には疑問がイッパイですが、モニークのモンスターぶりはさすがにオスカー受賞の迫力あるものでした。
モニークと同じくらいに熱演だったのは女性教師を演じたポーラ・パットンです。
彼女には母性も感じました。
原作ではもっと教育について書かれているようですが、
自分を変えてくれる人との出会いは、人生で重要なことであると感じさせてくれる存在でした。
スターのオーラを100%消し去ったマライア・キャリー、看護士ジョンのレニー・クラヴィッツも良かったです。

80年代の貧困、社会福祉制度、教育制度、エイズが異性間でも広がり始めた問題が鋭く描かれ、社会の底辺や弱者に“プッシュ”と希望を与えてくれ、
ガボレイ・シディベの自然な演技と存在感が、この物語が決して絵空事ではない現実的なものであるという感覚にさせられました。
最初はどこか頼りなさそうで虚しささえ感じた大きな体が、ラストは2人の子供を連れ、背筋が張り自信たっぷりの貫禄ある体に見えました。

2010年 4/24公開 アメリカ映画
監督 リー・ダニエルズ

C.O.M.M.E.N.T

素晴らしい作品でした

そう、メアリーも愛されたかっただけなんですよね。もちろんその行為は許されませんけど。
プレシャスにワイス先生がいてあなたは愛されているのだということを教えてもらえたのに対して、彼女にはそうした存在がいないまま大人になってしまった。だからある意味最初の頃のプレシャスはメアリーと似ているのでしょう。自分の映し鏡を見ているからよけいメアリーはいらだったのかもしれません。
それにしても最初は何投げたのか解らなかったんですよ。あとからフライパンだとわかって「おう、なにすんじゃこら!」って。流石にフライパンはないだろと。^^;

2010/04/27 (Tue) 23:56 | KLY #5spKqTaY | URL | 編集 | 返信

こんばんは!

2人の子を抱いて歩き始めるプレシャスの強さに・
胸を打たれました〜。
でもそこには「母(メアリ-)のようにはならない」という決意があったんですよね。
この親の存在は絵空事ではないから恐ろしいです。
子に強くなれなんていう前に親が自分を正さなくてはですよね(涙)

2010/05/01 (Sat) 01:06 | くろねこ #9ddgPdqs | URL | 編集 | 返信

KLYさんへ

こんばんは〜相変わらずノロコメですみません(;^_^A アセアセ・・・

そうそう、フライパンもどうかなのに、階下目掛けてテレビ落とすか、コラッ!!!でしたよね。
ま、赤ん坊も落とすんだもん…(怒)

何だかね〜この人も恵まれなかったの気の毒かもしれないけど、アンタ、子供産んでもそれか?!と不思議でたまりませんわ。
でね、、、
観終ってから友人と、実の父親にレイプされたって言ってたよね?!と確認し合いながら、もうため息しかでないですよ(;´Д`A ```
それを阻止せず何が愛されたかっただよぉ〜。

2010/05/01 (Sat) 19:43 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

くろねこさんへ

こんばんは。
お返事が遅れてしまい、ほんと、申し訳ありませんでしたペコリ(o_ _)o))ペコリ(o_ _)o))
GWの疲れからか、寝込んでおりましたぁ〜・゚・(ノД`;)・゚・

自分の年齢や経験からか、
プレシャスより母親立場で観てしまいましたが、現実、日本でも事件等を聞くと、人間と思えないような親の存在は恐ろしいですね。
しかし、こうやって手を差し伸べ親身になってくれる人って、またそうもいないような気がします…。
人生のキーポイントとなる出会いは、良いも悪いもあるものだと思うので、やはりプレシャスの決意には力強さを感じましたね。

2010/05/10 (Mon) 18:38 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

>ただ、彼女も愛が欲しかった、愛に飢えていた、そして差別や偏見の社会で貧困を強いられ、学ぶこと、知ることが出来ずに無知だった。
>鬼畜な親は、負の連鎖からの誕生だったのかもしれません。

私もそう思いました。
何の希望も感じられないあの状況では、悪魔のような夫でも、唯一、側にいてくれる人は、失いたくないと思ってしまったのだろうな、と。

子どもの頃から何も考えずに「当然のこと」と思って学校に行き、読み書きを習いましたが
それがいかにありがたいことであることか!

プレシャスも、フリースクールに行く前と行き始めてから、表情が変わってきました。
「教育」って、「読み書き」だけじゃなくて、人の心を豊かにするものなのだな、と思いました。

2010/06/07 (Mon) 21:07 | vic #- | URL | 編集 | 返信

vicさんへ

こんにちは〜お返事が遅れてすみませんでしたペコリ(o_ _)o))


>「教育」って、「読み書き」だけじゃなくて、人の心を豊かにするものなのだな、と思いました。

本当に仰る通りです。
昔は学校でも心の部分はもっと教えてくれたように記憶しますが、最近は基本、私的なことまで関わることは避けられているのでしょうね。
どちらにしても、まず家庭がちゃんとしていないと…と思いますが、私達には当たり前のことですらそうでない現場があると言うショックな映画でした。
プレシャスは、決して諦めず後戻りもせず、自分を信じて歩いていくと思わせてくれるラストは救われますね。

2010/06/12 (Sat) 17:54 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

堂々とした

最後のあるきっぷりが、決して明るくはないだろうけど、母として愛を与え続けられる人間になっていく・・・という未来を感じさせてくれました。
もう、モニーク母の独白のあたりから、号泣状態でした。
あんな母の気持ちはわかりたくもないけど、でもわかってしまう。
娘を本当は愛したかったはずなのに、こうなってしまった憤り。
あの独白のインパクトは、ちょっとなかったですね。
いまだにうるうるしてきますわ。

プレシャスはミドルネームですから、神父さんとか、洗礼を受けた際にもらうパターンが多いと思いますわ。どうなんでしょ。

2010/07/07 (Wed) 17:19 | sakurai #8zie0QSw | URL | 編集 | 返信

sakuraiさんへ

>あんな母の気持ちはわかりたくもないけど、でもわかってしまう。

そう感じさせてくれるモニークの絶妙な演技でしたよねぇ〜。
とんでもないけど、彼女も犠牲者であったのだと思いました。
プレシャスの名前から、母が娘を愛したかったのは感じられますものね。

2010/07/21 (Wed) 22:41 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

◆プレシャス/Precious: based on the novel “Push”by Sapphire80点

2010年4月24日(土) 公式HP 監督: リー・ダニエルズ 出演:  ガボレイ・シディベ (プレシャス)  モニーク (メアリー )  ポ...

2010.04.27 (Tue) 20:29 | 明日も晴れ

プレシャス(2009)

原題:PRECIOUS: BASED ON THE NOVEL PUSH BY SAPPHIRE 24日から公開となった「プレシャス」。初日に鑑賞しました。 クレアリース・プレシャス・ジョーンズは16歳の女の子。彼女のミドルネームのプレシャスは「愛しい、貴い」という意味を持つ愛情溢れた名前だった

2010.04.27 (Tue) 20:39 | 銅版画制作の日々

プレシャス/ガボレイ・シディベ、モニーク

サンダンス映画祭でグランプリを受賞し各国映画祭でも注目され、今年のアカデミー賞ではモニークが見事に助演女優賞を獲得した話題作。監督のリー・ダニエルズは『チョコレート』でプロデューサーを務めていた方だそうですね。この映画のことは以前から耳にしていて興味を...

2010.04.27 (Tue) 21:09 | カノンな日々

プレシャス

1987年のハーレムを舞台に、読み書きが全く出来ない少女プレシャスが人を愛し、愛されることに気付き力強く生きていく様を描いたヒューマンドラマだ。アカデミー賞ではモニークの助演女優賞と脚色賞の2冠を獲得、他にも作品賞、主演女優賞、監督賞、編集賞にノミネー...

2010.04.27 (Tue) 21:55 | LOVE Cinemas 調布

『プレシャス』・・・ ※ネタバレ有

2009年:アメリカ映画、リー・ダニエルズ監督&脚本、ガボレイ・シディベ、モニーク、ポーラ・パットン、マライア・キャリー、シェリー・シェパード、レニー・クラヴィッツ出演。

2010.04.27 (Tue) 22:27 | 〜青いそよ風が吹く街角〜

プレシャス

4月12日(月)@ニッショーホール とても4月とは思えない寒い日だった。 おまけに冷たい雨まで降り出した。 ひえたココロに凍みるような雨また雨。 そんな中、自転車漕いで出かけてきた。

2010.04.27 (Tue) 22:29 | あーうぃ だにぇっと

プレシャス/PRECIOUS BASED ON THE NOVEL PUSH by SAPPHIRE

{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click アカデミー賞作品賞、ゴールデン・グローブ賞ノミニー、 トロント映画祭、サンダンス映画祭などでも観客賞受賞{/kirakira/}で注目の1作いよいよ日本上陸{/at...

2010.04.27 (Tue) 23:32 | 我想一個人映画美的女人blog

『プレシャス』

(原題:Precious) ----あらら。日本映画のお話かと思ったら、 まさか『プレシャス』とは? これって、アメリカで大旋風を巻き起こした映画だよね。 体型にコンプレックスを持つ16歳の少女の悲惨なお話でしょ。 文字も読めず、母親に虐げられ、 しかも実の父親の子ども

2010.04.27 (Tue) 23:42 | ラムの大通り

『プレシャス』

貧困、肥満、母親からの虐待、父親からの近親相姦、2度の出産、アルファベットさえ読み書きできない、それがプレシャス・ジョーンズ。 そんな過酷な人生を送る16歳の少女が夢と希望を抱くまで描いたこの映画は、アカデミーで絶賛されるのも、マライア・キャリーやレニー...

2010.04.28 (Wed) 21:38 | めでぃあみっくす

映画:プレシャス Precious アカデミー作品賞、音楽賞じゃないのは全く謎!

圧倒されっぱなしの 104分間。 アカデミー賞が、あくまでお祭りという認識はあるが、それにしても「ハートロッカー」vs「アバター」なんていう図式が吹き飛んでしまう! 少なくともこの映画を観た後では。。。 第82回アカデミー賞では、作品賞、監督賞、主演女優賞、助

2010.04.29 (Thu) 08:16 | 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜

「プレシャス」感想

過酷過ぎる・・・

2010.04.29 (Thu) 17:42 | ポコアポコヤ 映画倉庫

プレシャス

アカデミー主演女優賞にノミネートされてた百貫デブの女の子のインパクトと、助演女優賞を受賞したモニークがベタ褒めされてたのが印象的な『プレシャス』を観てきました。 ★★★★ 父からの日常的なレイプによる出産、母による虐待、余りに辛い現実を受け入れられず、

2010.04.30 (Fri) 15:31 | そーれりぽーと

プレシャス

公式サイト。原題:PRECIOUS: BASED ON THE NOVEL PUSH BY SAPPHIRE。リー・ダニエルズ監督、ガボレイ・シディベ、モニーク、ポーラ・パットン、マライア・キャリー、シェリー・シェパード、レニー・クラヴィッツ。1987年のニューヨークのハーレム。家庭内暴力、幼児虐待

2010.04.30 (Fri) 16:30 | 佐藤秀の徒然幻視録

プレシャス

メアリ-さん。子供を生むと決めた時から女は「母」にならなきゃね〜(涙)

2010.04.30 (Fri) 23:01 | ★ Shaberiba 

映画「プレシャス」自分には、この映画の意味が分かりませんでした

「プレシャス 」★★★☆ ガボレイ・シディベ、モニーク、ポーラ・パットン主演 リー・ダニエルズ監督、109分 、 2010年4月24日公開、2009,アメリカ,ファントム・フィルム (原題:PRECIOUS: BASED ON THE NOVEL PUSH BY SAPPHIRE )               

2010.05.01 (Sat) 09:02 | soramove

『プレシャス』 貧乏人と金持ちを分けるもの

 まさに奇遇というべきか、同時期に2人の16歳の少女が話題になった。  1人は、ロンドン郊外の中流家庭の娘ジェニー・ミラー。オックスフォ...

2010.05.03 (Mon) 23:36 | 映画のブログ

プレシャス

評価:★★★☆【3,5点】こっちのメアリーは鬼畜にも近い母やね(汗)

2010.05.04 (Tue) 01:59 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

『プレシャス』:なんだか微妙な出来栄えの映画だなぁ @ロードショウ・ミニシアター

16歳のアフリカ系アメリカ人の少女プレシャス。 呼び名のプレシャスは宝物の意味。 そんな彼女が辿る過酷な人生・・・

2010.05.04 (Tue) 09:41 | りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど

Precious / プレシャス

オーバーウェイトで文盲かつ2番目の子供を妊娠しているティーンエイジャーの物語がPrecious based on the novel `Push` by Sapphire(プレシャス)。子供の親はプレシャスの父親ですが映像では登場しません。 代わりに家庭内暴力と暴言でMo`Nique(モニーク)演じる母親...

2010.05.07 (Fri) 23:17 | Akasaka high&low

「プレシャス」圧倒的に不幸で理不尽!

[プレシャス] ブログ村キーワード  “本年度アカデミー賞・2部門受賞!”「プレシャス」(ファントム・フィルム)。「おしん」も真っ青!な、不幸のテンコ盛り映画。はたしてプレシャスの未来に、希望はあるのか…?  1987年のハーレム。16歳のプレシャス(ガボレイ

2010.05.14 (Fri) 10:44 | シネマ親父の“日々是妄言”

プレシャス

最優秀助演女優のラスト5分間。 私の宝物“プレッシャス”が生きてきたことと、その先のこと。 モニークの最後のうっちゃりが素晴らしい!!! 先週末に、まさかのアイロン切り忘れの恐怖に敗走して、途中退席した『プレシャス』。 リベンジに出かけたものの、TOHOシネマ...

2010.05.16 (Sun) 23:55 | ここにあるもの

プレシャス

2010年5月15日(土) 17:20〜 TOHOシネマズ シャンテ1 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:未確認 『プレシャス』公式サイト 生活保護の金だけをあてにしている駄目な母親と暮らしている黒人のデブ少女。 何と父親の子供を孕んでしま...

2010.05.17 (Mon) 03:19 | ダイターンクラッシュ!!

映画 ■■プレシャス■■

この映画を見終わって 自分は希望を感じたような、絶望的と感じたような 「良かった!」と感じたような 「今ひとつ、スッキリしない、不完全燃焼」と感じたような 自分の気持ちを何処に降ろしたらいいか分からなくて ハーレムの雑踏で迷っているような気分になりま...

2010.06.07 (Mon) 21:08 | Playing the Piano is ME.

「プレシャス」

「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire」 2009 USA プレシャスにガボレイ・シディベ。 メアリーにモニーク。 ミズ・レインに「デジャヴ/2006」のポーラ・ハットン。 ミセス・ワイズに「ワイズ・ガールズ/2002」のマライア・キャリー。 ナース・ジョン...

2010.06.14 (Mon) 21:08 | ヨーロッパ映画を観よう!

プレシャス

 映画『プレシャス』に出演したモニークという俳優が、アカデミー賞助演女優賞を獲得しているというので、それならばいい映画に違いないと見込んでTOHOシネマズ・シャンテで見てきました。 (1)この作品の主人公プレシャスは、恐ろしいほどの肥満体質に加えて、読み書き

2010.06.17 (Thu) 05:40 | 映画的・絵画的・音楽的

■映画『プレシャス』

「愛」と言う言葉の意味を「たたかれたり、レイプされたりすること」だと思っている16歳の少女・プレシャスの生活を描いた映画『プレシャス』。 実の娘を、性の道具や家政婦としか思っていないような両親に育てられ、文字も満足に読めず、友人もいない少女・プレシャス...

2010.06.17 (Thu) 16:46 | Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>

プレシャス

ブログネタ:昨日一番うれしかったこと 参加中 久しぶりに試写会に招待して頂きました。 観たかった映画なので嬉しい〜。(*^^*) 妹と行ってきました。 1987年、ニューヨークのハーレムに暮らす16歳の黒人少女、 クレアリース・プレシャスジョーンズは、 ...

2010.06.23 (Wed) 04:15 | 映画、言いたい放題!

プレシャス

胸に迫った!!どころではないくらいにがしっと来ました。

2010.07.07 (Wed) 17:20 | 迷宮映画館

プレシャス

2人目の子供を身ごもり、愛を受けずに育った少女。

2010.08.13 (Fri) 11:26 | Addict allcinema おすすめ映画レビュー

mini review 10504「プレシャス」★★★★★★★☆☆☆

ハーレムを舞台に、過酷な運命を生きる16歳のアフリカ系アメリカ人少女、クレアリース“プレシャス”ジョーンズの人生を描く人間ドラマ。サンダンス映画祭でグランプリを受賞したほか、各映画賞...

2010.11.22 (Mon) 09:49 | サーカスな日々

「プレシャシャス」嗚咽が止まらず・・・

公開当時、残念ながら見逃してしまった映画。 アカデミー賞ほか、数々の賞を取ったこの映画、年末にきて私の今年の映画ベスト3入りが決定! 間に合ってよかった☆

2010.12.05 (Sun) 07:51 | ノルウェー暮らし・イン・London

【映画】プレシャス…マライアの話でもしとけば無難なのでしょうが…

先日2010年12月5日(日曜日)の事… 当日のブログにも書きましたが、その日は夕方までほとんど何もしていなかったのですが、夕方から近所の家電量販店に出かけまし...

2010.12.08 (Wed) 00:01 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

『プレシャス』('09)

社会の底辺、人生の底辺、いや、ドン底にもほどがあるだろうと、ガツンドカンとやられる。 とりあえずおおまかなあらすじは↓な感じです。 <あらすじ> 実父によって妊娠を2度させられ、母親(モニーク)からは精神的にも肉体的にも虐待を受ける16歳の少女プレシャ

2010.12.08 (Wed) 18:42 | 国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ

映画『プレシャス』を観て〜アカデミー賞受...

10-28.プレシャス■原題:Precious■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:109分■鑑賞日:5月1日、シネマライズ(渋谷)■料金:1,000円スタッフ・キャスト(役名)...

2011.01.25 (Tue) 22:22 | KINTYRE’SDIARY

プレシャス

最近少し避けていたのもあって、 久々にヘビーな後味の映画 内容も体重もヘビーだ プレシャスとは宝物という意味 わたしの宝物 人は生まれるとき誰しも何かになれる可能性と 愛される未来を含んでいる 宝物という名の子供 それがこの映画の主人

2011.02.06 (Sun) 00:47 | ハクナマタタ

『プレシャス』'09・米

あらすじ1987年のニューヨーク、ハーレム。16歳の少女プレシャスのお腹の中には子供がいた・・・。感想アカデミー賞脚色賞『ファット・ガール 愛はサイズを超える』のモニー...

2011.04.03 (Sun) 09:13 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。