心のままに映画の風景

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP映画 は行 ≫ フローズン・リバー

フローズン・リバー

frozenriver_galleryposterFrozen River
カナダの国境に面するニューヨーク州の最北部。
レイ(メリッサ・レオ)は、新しいトレーラーハウスの購入費用をギャンブル好きの夫に持ち逃げされた。
ビンゴ会場の駐車場で夫の車を発見するが、モホーク族のライラ(ミスティ・アッパム)が車に乗り込み立ち去ってしまう。
拾ったと主張するライラだが、ビジネスの為にこの車が必要だと言う。
金に困っているレイは、凍りついたセント・ローレンス川を渡り移民をアメリカへ不法入国させる仕事をライラとすることになる…。

アメリカが直面する社会問題を背景に、
2人のシングルマザーが抱える苦境と密入国を手助けする仕事に手を染めていくさまを描くヒューマン・ドラマ。
2008年サンダンス映画祭ドラマ部門グランプリ作品。
メリッサ・レオは、81回アカデミー賞主演女優賞にノミネート。


女には生きる強さがある{★★★㊤3/5}

1ドルショップで働くレイには、5歳と15歳の息子がいる。
車のダッシュボードに隠していたお金を夫に持ち逃げされ、涙ながら落胆する顔の深いシワや指先の剥げ落ちたマニキュアに、これまでの生活苦が刻まれたかのようで、既に張りのない身体のタトゥーもどこか物悲しく感じるオープニング。
ポップコーンが食事代わりなのに、リビングには大きな液晶テレビが置かれていて、消費を止められないアメリカ人の金銭感覚がリアルな反面、そこには子供たちに弱みを見せたくない母親の覚悟が映し出されているようでもあります。
夫に先立たれ、赤ん坊を義母に奪われたモホーク族のライラは、ぶっきらぼうで愛想がなく、人種差別で職に就くのが困難な上に逮捕歴まである。
ギリギリでも生活するため、子供を守る為、不法侵入の手助けをするふたりの母親。
何かと反発し合う二人だけれど、お金のため犯罪に手を染めても子供を愛する気持ちとモラルは失わない。

舞台になる町の景色がストーリーに深みを与えています。
一見、アメリカとは思えないような国境、雪景色で曇りがちなダーク色、ラジオから流れる気温の予報、暗くて冷たい空気感…。
極寒の中での貧しい暮らしが、モホーク族も白人もただ毎日を必死に生きているのだとじわりじわりと伝わってきます。
また国境地帯のモホーク族保留地の立ち位置も重要です。

ある時、パキスタン人夫婦がテロリストの可能性もあると、彼らの荷物を途中で捨ててしまうのですが、
中身が何であるか知り、リスクを承知で取りに戻ります。
この出来事がきっかけに、半ば強引にレイを引き込んだライラは生活を改める決意をし、逆にレイが新しいトレーラーハウス購入の為にあと少しだけとライラを誘う。
091221_frozen_sub3Frozen River
タランティーノが絶賛したそうですが、
実はもっとサスペンス色が濃くスリリングな内容かと思っていたので、差別、貧困、母性を描いた生活感のある地味な印象ではありました。
でも凍結した川を往復するダッジに、いつ氷が割れるのだろうか...など緊張はありますし、レイの息子達は(詐欺行為以外は)良い子たちで、ラストも悲劇ではなくどこか安心した気持ちにもなります。

不法侵入者が何を持ち込むか、当然国の危機に陥ることもあるわけで、罪は罪である事には変わりはないのですが、
少なくともレイとライラに取っては、貧しさから生活や子供を守る事以外に目的はなく、悪意によるものではありません。
やむにやまれず犯罪を犯してしまうアメリカの現状に問題の根深さを感じ、また本当の意味での母性に彼女たちが回帰することができたのではないかと思えます。
しかしお金と言うものは、あればあるだけ幸せとも思いませんが、無いよりあれば不幸は防げると改めて感じました。

2010年 1/30公開 アメリカ映画
監督 コートニー・ハント

Comment

そうですね
編集
無いよりあれば防げることは多いですよね。そもそも彼女たちだって別にセレブな生活がしたいわけじゃなくて最低限の生活がしたいだけですもん。
一瞬で6000ドル稼ぐ破綻企業のCEOも居れば、それを稼ぐために犯罪をしなくてはならない人もいる。アメリカって本当にこれでいいのかって思いました。そして日本はこんなアメリカを追いかけていたのかと思うとぞっとします。
2010年04月13日(Tue) 23:04
おはよう
編集
小春日和に栄5番出口からの距離も気にならなかったでしょう^^
ワタシ、長い道のりを歩く最中にいつも「今度こそ車で来よう」と心に誓うのですが
駐車場がいまいち分りません(爆)

「おばあちゃんに謝れ」
「・・・モス!」
「もっとこっちに来てちゃんと謝れ」
「・・・ごめんなさい」
「これでいいかい」

このシーン、なんともいえない情けなくも切ないシーンで
簡単な台詞でしたが、監督さんの感性に唸りました。

栄5→劇場→新栄というルートで行けばずっと下る方に歩いていけるのでしょうか〜(爆)
2010年04月14日(Wed) 07:24
KLYさんへ
編集
こんばんは。

最低限の生活も人それぞれでしょうが、
本来、犯罪に手を染めるような金額でもないのですよね。
でも水道管が凍結するようなこの環境で、
町自体に活気があるとも思えず、稼ぐ手段ってそうなさそうなことからも、彼女たちに同情的にはなりました。
2010年04月14日(Wed) 20:11
itukaさんへ
編集
こんばんは。

あれで許してくれたお婆ちゃんが、穏やかな人で良かったです(笑)
まあ、あれ、何?バーナーみたいの…
あれで水道管あぶることから、まだまだ子供なんだな(苦笑)
紙袋で匂い取ったりして(笑)
でも母親を助けてくれる青年になるでしょうね〜弟思いだし!

今回は車で行きました。
あっ、駐車場ですか。
裏にあるんですよ、裏と言うか、ビジネスホテルかな?そこです!
2010年04月14日(Wed) 20:19
そうそう。
編集
お金がなくても愛があればなんて所詮理想論ですよ。
やっぱりある程度なければ、不幸を防ぐことができませんもんね。

しかしこの映画は本当に女性にしか作れない映画だと思いましたよ。
つくづく女性は本当に強いなと思いました。
2010年04月14日(Wed) 20:48
空気感。
編集
オリーブリーさん、こんばんは。
トラックバック&コメントありがとうございました。(*^-^*

>一見、アメリカとは思えないような国境、雪景色で曇りがちなダーク色、ラジオから流れる気温の予報、暗くて冷たい空気感…。

まるで、ヨーロッパ映画のような重い空気感でしたよね。

>少なくともレイとライラに取っては、貧しさから生活や子供を守る事以外に目的はなく、悪意によるものではありません。

レイとライラはそうせざるおえない状況に追い込まれていたから
そういう仕事に手を染めてしまっただけにやるせなかったです。
2010年04月15日(Thu) 23:37
うーん!
編集
>ポップコーンが食事代わりなのに、リビングには大きな液晶テレビが置かれていて、消費を止められないアメリカ人の金銭感覚がリアルな反面、そこには子供たちに弱みを見せたくない母親の覚悟

ここ!!お見事に言い当ててますね。
もっと根っこの所から考えれば生活を立て直すことも出来るんじゃないかと思うんですが、そう簡単にもいかないんでしょうね。
豊かで貧しいアメリカを見たような気がしました。
2010年04月16日(Fri) 08:13
にゃむばなな さんへ
編集
こんにちは。

オープニングの素顔と仕事へ向かう時にメイクする、ああいった細かい描写も女の感性ならではと思いました。
あの年代、生活に疲れきると女の顔は正直なんですよ(汗)
男勝りな作品作る女性監督がいれば、このように女性ならでの映画作りにも好感もてます。

私も愛があれば何もいらない…みたいなのはちょっと(;^_^A アセアセ・・・
何事もバランスが取れていないと、ね?(笑)
2010年04月17日(Sat) 11:56
こんにちは★
編集
コメ返遅れてすみません。

にゃむばななさんもおっしゃっていますが、
女性ならではの視点で描かれた作品ですよね。
男にはない感性がうかがえた作品でした。
2010年04月17日(Sat) 14:01
BCさんへ
編集
こんばんは。

本当にこの空気感も貧困も、アメリカと言う国であるのに違和感すら覚えました…(;^_^A アセアセ・・・
この国は問題山済みなのですね(人の国のことは言えないけど…汗)
2010年04月19日(Mon) 22:23
sakuraiさんへ
編集
>豊かで貧しいアメリカを見たような気がしました。

本当にそうですね。
わたしなんて食べることが一番と思ってますから(笑)
お国柄の違いはあっても、ポップコーンは有り得ません・゚・(ノД`;)・゚・

私の親戚のおばさんの話ですが、
子供の頃貧乏だったそうで、それでも母親が食事だけは工夫しながら手の込んだものを作ってくれたそうで、ひもじい思いはしなかったそうです。
今は情報社会で物が溢れている時代だからでしょうか、貧しいながらも楽しい我が家、の質は違うのでしょうか。
2010年04月19日(Mon) 22:32
daiさんへ
編集
こんばんは。

スリリングな出来事でもあるかような予告に、それを期待したのであっさり感はあったのですが、後々であれもこれもと静かですが思い出されました。
このように与えられる余韻が女性らしいのかもしれませんね。
良しとは言えないのですが、決して否定出来ないものが物悲しくあり、また希望あるものでもありました。
2010年04月19日(Mon) 22:56












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

フローズン・リバー
評価:★★★★【4点】 寒冷地区、貧困、夢のトレーラーハウス、犯罪。
2010年04月14日(Wed) 06:52
フローズン・リバー /FROZEN RIVER
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 去年のサンダンス映画祭でグランプリ、 同じく去年のアカデミー賞で脚本賞と主演女優賞にノミネート。 この時の審査員の一人に、映画オタクで数多く観てるタ
2010年04月14日(Wed) 18:51
フローズン・リバー
公式サイト。コートニー・ハント監督、メリッサ・レオ、ミスティ・アップハム、チャーリー・マクダーモット,マイケル・オキーフ,マーク・ブーン・ジュニア。1ドルショップで働く白人のレイ(メリッサ・レオ)が客の警官と顔を向き合う時の、化粧なし、日焼けしたまま皺が目
2010年04月14日(Wed) 18:59
フローズン・リバー・・・・・評価額1650円
「フローズン・リバー」は、タイトル通り、凍りついた大河の様に厳しく困難な人生を歩む、二人の女性の物語である。 これが長編デビュー作と...
2010年04月14日(Wed) 19:56
フローズン・リバー
足の親指のタトゥー、よれたジーンズ、手の中のタバコ、そして女の顔と涙が映る。二人の息子を抱え、1ドルショップで働いているレイ(メリッサ・レオ)。夫が、家を買うため金をもって失踪したのだ。彼女は、夫を探してモホーク族の保留地のビンゴ会場を訪ね、夫の車に乗っ..
2010年04月14日(Wed) 20:03
『フローズン・リバー』
これは女性にしか作れない映画です。母親にはなれない男性には決して作れない映画です。サンダンス映画祭であのクエンティン・タランティーノが絶賛したのも納得できる、近年のアメリカインディペンデント映画の秀作。これは社会派サスペンスが好きな方には是非オススメし...
2010年04月14日(Wed) 20:49
『フローズン・リバー』・・・ ※ネタバレ有
2008年:アメリカ映画、コートニー・ハント監督&脚本、メリッサ・レオ、ミスティ・アップハム、チャーリー・マクダーモット、マーク・ブーン・ジュニア、マイケル・オキーフ出演。
2010年04月14日(Wed) 21:12
凍河を渡る〜『フローズン・リバー』
 FROZEN RIVER  カナダ国境近く、ニューヨーク州最北端の町。先住民モホーク族の保留地に接 する厳寒の地に暮らすレイ(メリッサ・レオ...
2010年04月14日(Wed) 21:32
「フローズン・リバー」
「Frozen River」 2008 USA レイに「21グラム/2003」「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬/2005」のメリッサ・レオ。 ライラにミスティ・アッパム。 レイの長男T.J.にチャーリー・マクダーモット。 監督、脚本にコートニー・ハント。 カナダ国境に近い
2010年04月14日(Wed) 21:48
『フローズン・リバー』
(原題:Frozen River) ----「凍りついた川」?ニャんだか寒そうな映画だニャあ。 「その背景はね。 でも、映画はほんとアツい。 川の氷を溶かしてしまいそうなくらいだ」 ----へぇ〜っ。それはまた…。 どういうお話ニャの? 「新居購入のために貯めていた大金をギャン...
2010年04月14日(Wed) 21:52
フローズン・リバー FROZEN RIVER
家族のために必死に生きる! 京都シネマにて。ようやく鑑賞出来ました。1日、2回の上映です。しかも朝10時と夕方18時過ぎだけです。上手く時間が取れず、ずっと見逃していました。ようやく仕事帰りに滑り込みましたが、意外にお客さんは少なくてゆったりと鑑賞出来...
2010年04月14日(Wed) 22:24
フローズン・リバー
 『フローズン・リバー』を渋谷シネマライズで見ました。  予告編を見てこれは良い映画に違いないと思ったので、公開されたら早速見に行ってきました。 (1)実際にも、予想に違わず感動的な映画でした。  映画は、アメリカ東部のセントローレンス川を間に挟んでカナダ
2010年04月15日(Thu) 05:14
フローズン・リバー
善なるものとして生きて行きたい・・・。
2010年04月16日(Fri) 08:13
フローズン・リバー
フローズン・リバー'08:米 ◆原題:FROZEN RIVER◆監督・脚本:コートニー・ハント◆出演:メリッサ・レオ、ミスティ・アップハム、チャーリー・マクダーモット 、マーク・ブーン・ジュニア、マイケル・オキーフ ◆STORY◆夫に新居購入費用を持ち逃げされた妻のレイは、...
2010年04月16日(Fri) 22:36
フローズン・リバー
彼女らの行為を100%否定できるか? 【Story】 夫に新居購入費用を持ち逃げされた妻のレイ(メリッサ・レオ)は、支払期日までに金を工面す...
2010年04月17日(Sat) 13:45
フローズン・リバー
■ シネマライズにて鑑賞フローズン・リバー/FROZEN RIVER 2008年/アメリカ/97分 監督: コートニー・ハント 出演: メリッサ・レオ/ミスティ...
2010年05月04日(Tue) 08:30
『フローズン・リバー』:凍った河、凍てつく心 @ロードショウ・ミニシアター
サンダンス映画祭で喝采を浴びた女性ふたりを主役に据えたリアルな映画である。 タイトルの「フローズン・リバー」はアメリカとカナダの国境の河。 冬の寒さで凍ってしまう。
2010年05月12日(Wed) 22:59
映画『フローズン・リバー』を観て
10-6.フローズン・リバー■原題:FrozenRiver■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:97分■字幕:石田泰子■鑑賞日:1月30日、シネマライズ(渋谷)スタッフ・キャスト(...
2010年12月31日(Fri) 00:13
フローズン・リバー
【FROZEN RIVER】 2010/01/30公開 アメリカ 97分監督:コートニー・ハント出演:メリッサ・レオ、ミスティ・アッパム、チャーリー・マクダーモット、マーク・ブーン・ジュニア光を信じてニ ...
2011年01月16日(Sun) 22:26
フローズン・リバー
FROZEN RIVER/08年/米/97分/サスペンス・ドラマ/劇場公開 監督:コートニー・ハント 脚本:コートニー・ハント 出演:メリッサ・レオ、ミスティ・アッパム、チャーリー・マクダーモット <ストーリー> 夫に逃げられふたりの子供を抱えて貧困生活を送る白人女...
2011年07月04日(Mon) 00:06
フローズン・リバー
ブログネタ:日曜の夜って憂鬱?  参加中 明日は連休でお休みですが、 日曜の夜って憂鬱ですよね。 夜21時からの映画を観て、 ますます終わりに近づく日曜にため息をつく。 そんな感じですね。 でも明日は祝日。 もっと映画を観てしまえ! さてこれは、 気
2011年10月09日(Sun) 18:16