FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

6683_10760171177SHUTTER ISLAND
ボストンの遥か沖合に浮かぶ孤島“シャッター アイランド”。
厳重な監視の下、精神を患った犯罪者を収容するアッシュクリフ病院から、レイチェルという女性患者が忽然と姿を消してしまう。
事件の担当になった連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)は、相棒チャック(マーク・ラファロ)と共に島を訪れた。

不可解な事件が起きた孤島を舞台に、謎解きを展開するミステリー。
原作は「ミスティック・リバー」デニス・ルヘインの同名小説。
マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオの4度目のタッグとなる作品。


このパターンはもう飽きてるのに…{★★★3/5}

連邦保安官のテディと相棒のチャックは、
女性患者レイチェル(エミリー・モーティマー)の失踪事件を捜査するため島へやって来た。
レイチェルは自らの手でわが子三人を溺死させた精神疾患を持つと言う。
病院長ジョン・コーリー(ベン・キングズレー)、職員、患者、誰もが怪しく何かを隠して不自然な様子を感じるテディだが、戦場やアパート火災で死んだ妻ドロレス(ミシェル・ウィリアムズ)のトラウマを抱えていて何度となく幻覚を見る。
テディがこの島へやって来たのには、別の目的があった。
あえなく何事もなくレイチェルが戻ってくると、ますます不信感を拭えなくなったテディは、重症患者が隔離されるC棟に忍び込みジョージ・ノイス(ジャッキー・アール・ヘイリー)から非難と警告を受ける。
崖の洞窟に隠れていた(レイチェルに仕立て上げられた?)女性(パトリシア・クラークソン)から、灯台で行なわれている脳手術の事を聞かされて…。

「謎解きに参加せよ」「あなたの脳を信じてはいけない」などの宣伝文句や予告と、字幕に気をとられて重要なシーンを見逃さなよう“超日本語吹替版”まで導入した本作。
こちらの公式ページによれば、
近年、字幕が疲れるとの声があるシニア層や、邦画を見るように洋画を見たい若いDVD世代を中心に、劇場でも吹き替え派が増えてきている、のだそう。
私は役者本人の声あっての演技であると思っているので、字幕で観ましたが、
結論から言わせてもらえば、そんなに難解な内容ではなかったので、字幕でも十分理解できると思います。
5935_7148656351SHUTTER ISLAND
50年代の背景が重要である作品の雰囲気は良かったと思います。
絶壁な岩場や波のうねり、激しい雨や林の鬱蒼とした雰囲気は、テディの内面を表すかのようでした。
また幻覚シーンでも、ナチ収容所で血に染まる床に空を舞う書類、焼死した妻が黒い灰になって朽ちていく様が混沌としていて幻想的で美しくもあったと思います。


以下ネタバレです


多分、早いうちに気づかれる人が多いのではないでしょうか。
始まる前に目線など細部まで気をつけて~と、ご丁寧に書かれてるので、最初はスクリーンの隅から隅まで目で追い、上陸してから病院に着くまで大袈裟な音楽が気になったけど、どんなヒントが隠されてるのか逃してはなるものかと目を皿のようにしました。
頭を使うような緻密な謎解きが仕掛けられてるのかと想像したら、アレとかコレとかみたいなドンデン返しのオチかもしれない、、、嫌な予感が当たってしまいました。

病院長の指示が絶対だそうで、連邦保安官であろうとそれには逆らえなく、拳銃まで没収されてしまいます。
まずそこのシーンで少しだけ?な行動…(新人って年でもないし)
船酔いしたテディがアスピリンを求め、病院長が差し出しますがその手際の良さに?…
男性患者に事情を聞きながら、メモ帳の同じ場所を強く黒く塗りつぶしていくテディに?…
レイチェルの担当医師の事を聞いたとき、女性患者がチラリと横の人に目がいったような?…
焚き火を挟んでパトリシア・クラークソンと会話するシーンに?…
テディの幻覚は火に関係するのか…

トラウマを抱えながら脆くてナイーブな面と激しく使命感の強いレオの演技は良かったし、キャストも豪華。
ガッカリなオチではあるけれど、本当のオチは心の傷跡が癒えず精神を崩すしかなかった人間の究極の選択のようにも感じたので、この映画はこんなジャンルの宣伝にしない方が良かったのではないかと思えてきました。
「カッコーの巣の上で」を思い出しますが、
テディのラストのセリフは、当時、精神疾患の治療に用いられていたロボトミー手術を受け入れたものであろうと、どこかやるせない絶望すら感じるのに、宣伝等の変な先入観でそこが活かされなかったのが残念です。

2010年 4/9公開 アメリカ映画
監督 マーティン・スコセッシ 
2010.04.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/624-de0535fd