2010_04
08
(Thu)18:24

デスパレートな妻たち シーズン5

第1話 「時の激流」(4/7放送)
57025b645ad9aa3afdc70ae5a7a559e8DESPERATE HOUSEWIVES
5年後、ウィステリア通りにイーディデーブという男性と結婚して戻ってきた。
相変わらず皮肉屋で無神経なイーディだが、人当たりの良いデーブの忠告には素直に従う変わりように皆は驚く。
5年の歳月、変わったのはイーディだけではない…

リネットは双子の息子プレストンポーターに頭を悩ませていた。
双子に言い聞かすようリネットに頼まれたトムは、カジノの話は独創的なことだから騒ぐことではないと言い切る。
呆れたリネットは、パーティに出かける双子にトムのお宝である愛車の鍵を渡す。
門限時間に戻らない双子(愛車)を心配でならないトムに、「小さい頃のやりすぎ行為はいずれ分かると言えてきたが、もう16歳になるのにまだ分かっていない。ちゃんと分別付けさせるには親が足並み揃えていないと無理」とリネットに言われ、帰宅した双子を叱りつけ外出禁止を言い渡す。
「心配していたのは車の方だろう」と双子に言われたトムは、サイドミラーを蹴飛ばし壊す。

ガブリエルは娘を2人出産し、子育てと目の見えない夫カルロスの世話でかつての美貌からは縁遠い生活を送っている。
長女ホワニータの肥満と変わり果てた己の劣化した姿に悩んでいるが、カルロスはまだ小さい子供にダイエットは酷だと言い、何年経ってどうなろうとガブリエルを愛していると告げる。
f5f1a009abd32aeede3e451e41508bb3DESPERATE HOUSEWIVES
ブリーキャサリンと始めたケータリング業が成功し、料理本の出版で大忙し。
別居していたオーソンも戻り、息子アンドリューはマネージャーとなっている。
ダニエルが産んだベンジャミンを育てるのを生き甲斐にしていたブリーは、弁護士と結婚したダニエルが現れベンジャミンを連れていかれてから、ビジネスに打ち込むしかなかった。

自分が考えたレシピを勝手に使われたキャサリンは不満でいっぱい。
ひとりで脚光を浴びるブリーに、テレビ取材で恥をかかせる。
241483Desperate Housewives
結婚記念日のディナーに出かけたスーザンマイクが交通事故を起こしてから2人は別居(離婚?)状態。
ライラという女性とその娘を殺してしまったのだと自分を責め続けたスーザンに、不運な事故だったのだと慰めるマイクだが、そんな言い争いが続く中、マイクは耐え切れなくなり出て行ってしまった。
スーザンは息子のMJと暮らしているが、ペンキ屋のジャクソンと肉体関係にある。
ジャクソンは隠される身より正式に付き合いたいと言うが、スーザンは事故からまだ立ち直っていなかった。

ウィステリア通りの住人達に好印象のデーブには、この街にやって来た理由があった…。
241484Desperate Housewives

始まりましたぁ~~
5年も経つとそれぞれ環境は変わったようですが、本質的にはやっぱり変わっていない妻たち┐(^-^;)┌笑。
子供達は当然成長していますね。
リネットの双子なんて、まあ、よくこうも似た子たちを見つけてきたものだと感心です
ワルとは違うけど、かなりの問題児ですねぇ~(苦笑)
リネットがトムに言った言葉は説得力がありました。
相変わらずお子チャマなトムの操縦方法はさすがにお見事でした。

ガブリエルの娘達が笑える
特大バースデーケーキの半分を一人で食べちゃうホワニータ、見た目はガブリエルに似てないけど性格は似てるんじゃない(笑)
これまで子供が居なくて優雅だったソリス家の変化が、このシリーズの目玉でもあるのかな。
しかしあのガブリエルでもママになったら、あんな姿になっちゃうの(爆)

完璧主婦のブリーは、カリスマ主婦としてビジネスウーマンになってますます高ビーに磨きがかかった感じ
オーソンはどうやって許されたのだろう~自首したのだろうか…それとも寂しくなって呼び戻されたとか(苦笑)
キャサリンとのバトルも白熱しそう

辛いことがあってもやっぱりいつも男にだらしないスーザン
しかもマイク以外、趣味の悪い男ばかりと思うんだけどなぁ…(^_^;)
なんだかんだ言っても結局マイクだけなのに…
今回もウザそう笑。

イーディの夫役デーブが今回の新しい顔でキーパーソンのようです。
1ヶ月に1度は医者にコンタクトを取らなくてはならない条件で退院したらしいデーブ。
妙に人当たりの良いデーブが怪しくて不気味です。
演じるニール・マクドノーは、「守護神」やショーン・ビーンの「ヒッチャー」など数多くの作品に出演。
「バンド・オブ・ブラザース」も評判良いですね。
4670703948826e9289130fbc3221d0ba.jpg
さて今回のオープニング、偶然は必然であるかのように運命を感じるものでした。
出産した時、カフェや病院、公園などで何度もすれ違っていたスーザンとライラは、お互いの存在に気づいたことがなかったのに、初めての出会いが車の大事故となってしまいました。
自分に取って当たり前で何気ない日常が、他人のそれと交差した時にどんな反応を起こすことになるのだろうか…。
誰にでも起こりうる事で、少し怖くなる始まりでした。
母として、女として、人として、崖っぷちの主婦たちのこのシーズンも見応えありそうな予感がします

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック