2010_02
21
(Sun)23:41

抱擁のかけら

8207_4992769748LOS ABRAZOS ROTOSBROKEN EMBRACES
新進気鋭の映画監督だったマテオ(ルイス・オマール)は、14年前の事故で視力を失った。
現在は脚本家としてのペンネームであるハリーと名乗るマテオは、かつて、主演女優のレナ(ペネロペ・クルス)と恋に落ちるが、彼女の愛人であるエルネスト(ホセ・ルイス・ゴメス)の激しい嫉妬をかうことに…。

ペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスの4度目のコラボレートとなる恋愛ドラマ。
過去の出来事を封印して生きる男の愛と再生の物語。


アルモドバル監督が撮るペネロペは特上の美しさ{★★★㊦3/5}

エルネストの死去を知ったハリーの元に、ある日、ライ・X(ルーベン・オカンディアノ)という男が訪ねて来る。
彼は共同で映画の脚本を書きたいと申し出るが、ハリーはそれを断った。
ハリーは、エルネストの愛人だった新人女優レナとの日々を思い出す。

ライ・Xと名乗る男の正体をすぐに見破ったハリーの隠された過去が徐々に明らかになっていくお話です。
深い喪失感から封印した感情を、マネージャー・ジュディット(ブランカ・ポルティージョ)の息子ディエゴ(タマル・ノバス)に話し出すことで、自身を冷静に見つめ直し再生する力を取り戻していきます。
人間の欲望、愛、嫉妬、どうしようもない喪失感など、ミステリアスにコメディタッチにと伏線を引きながら、
情熱的な色彩、光と影のアングル、逃避行先での美しい景色やモニュメントを揺らす風など、アルモドバル監督独特の世界観で描かれていました。
6315_6264361010.jpg
ペネロペが本当に綺麗♪
新人女優ってことなので、色んなショットのスチール撮影が、美しいやらキュートやら、女から見ても惚れ惚れします。
今回も綺麗な胸をご披露してくれました!
レナを巡っての三角関係や彼らを取り巻く人たちの様々な感情など、人間の本質が随所で見せられます。
かなりのご老人エルネストが、息子にレナの行動をビデオに収めさせて監視したり、読唇術の女性を雇ったり、嫉妬ぶりが凄い。
読唇術で解読されるのはエルネストの悪口で、それを淡々と語る女性と、エルネストがスクリーンを凝視する顔が妙に可笑しい。
何だか最近、歳老いても性欲旺盛な男の映画が続いてるけど…(笑)
後半はマテオとレナの逃避行と破滅、ジュディットの告白、破られた写真を貼りあわせていくディエゴ、そしてハリーは映画とレナへの愛をもう一度繋ぎ合わせようとします。
過ぎ去ったことはもうどうしようもないけれど、新たな形で蘇らせることはできる。
人が前向きに生き続ける道は、たくさんあるのだと感じさせてくれます。
5526_7048605114.jpg
アルモドバル監督作品では「ボルベール<帰郷>」が一番好きなので、それに比べると少し物足りなさがある内容でした。
冒頭からハリーが行きずりの若い女性と関係を持つのですが、
個人的にはそんな魅力的なキャラには見えないので、レナみたいな美しい人がどうして彼?と、ずっと(多分最後まで)感じていたので愛物語には入り込みにくかったです。
愛人生活の疲れや、監督は女優に取って特別な存在だろうな~とは思いますが、もう少し素敵な男優さんいなかったのかな。
って、ペネロペはおじさん率が高いのでは…?!(苦笑)

どうしてもペネロペが目立ってしまうけど、
この映画の登場人物は誰からの側面でも観ることができて、エルネストの息子もジュディットの息子も、そしてジュディットもまたレナに劣らない生き方だと感じました。
一見複雑そうな人達ばかりだけども、誰の心の中にもある感情や人物像の描き方は、やはり上手い監督だと思いました。

2010年 2/6公開 スペイン映画
監督 ペドロ・アルモドバル

C.O.M.M.E.N.T

こんばんは^^

実に色んなペネロペが見られてよかったです。キュートだったりゴージャスだったり、真面目なスーツだったり。やっぱ何着ても似合いますね〜。
劇中のレナの美しさはこれで永遠になった訳でまさにこれこそが映画なんですよね。
マテオ=アルモドバル監督で、彼はこの作品でレナ=ペネロペの色んな美しさを永遠に残そうとしたのかななんて思いました。

2010/02/22 (Mon) 01:04 | KLY #5spKqTaY | URL | 編集 | 返信

同じ感想〜

>何だか最近、歳老いても性欲旺盛な男の映画が続いてるけど
だよねぇぇ・・(笑)
あの初っ端の好意で信号を渡らせてくれたお嬢さんの時から、
ちょっと引いて観てしまったので(^^A
あの二人の出会いからあんなに激しい関係になるまでのハリーの描写がなかった分、
心情的について行けなかったわ(^^;

いろんな意味でやっぱり「ボルベール」の方が好きです、私も♪

2010/02/22 (Mon) 22:00 | kira #klq26XPE | URL | 編集 | 返信

KLYさんへ

こんにちは。

>マテオ=アルモドバル監督で、彼はこの作品でレナ=ペネロペの色んな美しさを永遠に残そうとしたのかななんて思いました。

ああ〜何だかそんな気がします〜分かります。
私は恋愛映画が苦手な方なので、内容にはあまり感じるものがなくて残念でした。
「ボルベール」が良かったので、少しハードル上げてしまったのかもしれません(;^_^A アセアセ・・・

2010/02/23 (Tue) 16:39 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

ボルベール

オリーブリーさんこんにちは☆
さきほどはコメントいただきありがとうございました!

>アルモドバル監督作品では「ボルベール<帰郷>」が一番好きなので、それに比べると少し物足りなさがある内容でした。

実は「ボルベール」を私は見逃しておりまして(汗)。比較ができないのです(悲)。「ボルベール」と較べていまいち、という感想を書いている人がたくさんいるので、「見たい!」と思っています♪

2010/02/24 (Wed) 17:44 | Bell Bottom Blues #1VuCtGsk | URL | 編集 | 返信

オリーブリーさんこんばんは★

>何だか最近、歳老いても性欲旺盛な男の映画が続いてるけど

ほんとそうですねー(笑)
ボルベール<帰郷> 人気ですね、わたしはバッドエデュケーションが一番好きだな♪

でもぺネの魅力存分なこの作品もなかなか好きです♪

2010/02/26 (Fri) 17:50 | mig #- | URL | 編集 | 返信

kiraたんへ

こんばんは〜連日、オリンピックモードで、お返事が遅れました(;^_^A アセアセ・・・
今日の真央ちゃんの銀メダルは、金に値すると思いましたヽ(^◇^*)/ ワーイ
頑張ったよね!!!

>あの初っ端の好意で信号を渡らせてくれたお嬢さんの時から、

あのお嬢さんは、男性の方にはお綺麗と評判が宜しいようですよ(笑)
わたしなんぞ、こんなシーンは別に要らないでしょ!でしたもん(汗)
何だかな〜最近の傾向なのか、
若い女の子が、そう素敵とも思えないようなおじ様と行きずっちゃうのが分からんのよねぇ〜(汗)
男性との愛に身を置くペネロペも魅力的だけど、一本スパンと筋の通った、「ボルベール」のペネロペが好きなんです♪

2010/02/26 (Fri) 19:16 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

Bell Bottom Blues さんへ

こんばんは。

男性を魅了する色香あるペネロペも素敵ですが、
「ボルベール」のように、芯があって肝っ玉の座ったペネロペにとても好感持てました。
是非時間がありましたらご覧下さいませねっ(^_-)-☆

2010/02/28 (Sun) 23:03 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

migさんへ

こんばんは。

「ずっとあなたを〜」のコメント欄閉じてあるのね。
あちらもこちらも殆どmigさんと同じ感想でしたよ(笑)
こちらはペネロペの美しさを存分に堪能できましたね♪

「バッドエデュケーション」は別意味(?〜爆)興味深々でしたよん(*^-゚)vィェィ♪
印象に残ってるわぁ〜あんなこんなのシーン(笑)

2010/02/28 (Sun) 23:08 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

マテオさん

あはは、マテオさんがなんでプレーボーイ??というのが、難点だったかもですね。
どう見てもフェロモンたっぷり!!には見えませんでしたもんね。
まあ、年行ってからの、枯れた感じも悪くはなかったのですが、あたしは、パトリッ・スウェイジに見えてしまって・・・・。妙な感覚にとらわれてしまいました。
しっかし、ペネロペさんには、感服しますね。
もうこれだけの女優になったら、別にあんなシーンで、見せなくてもいいのに、ちゃんと見せてくれる。そっちに感動です。

2010/04/15 (Thu) 22:56 | sakurai #8zie0QSw | URL | 編集 | 返信

sakuraiさんへ

こんばんは。

これは女の勝手な意見かも知れませんが、
美しい女性とのラブものは、有る程度のラインの男性じゃないと入り込み難いです(苦笑)
そうでなければ、内面に魅力がある人。
マテオさんの場合、そのどちらもあまり感じませんでした。
ぺネが何をどうしてもあまりにも美しいから余計にそう思うのかも知れませんね(笑)
なんで?これに?勿体無い…って(;^_^A アセアセ・・・

2010/04/19 (Mon) 22:01 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

こんばんは

いつもお世話になり、ありがとうございます。
この映画は、ほんとにペネロペが、きれいでしたよね。特にぼくは、彼女がオーディションで、ハリーと会ったときの表情に、思わず目を見張ってしまいました。
それでは、またよろしくです。

2010/08/05 (Thu) 22:26 | デイヴィッド・ギルモア #- | URL | 編集 | 返信

デイヴィッド・ギルモア さんへ

こんばんは。
こちらこそ、いつもありがとうございます。
お返事が遅れてすみません。

ほんと、ぺネは綺麗でした♪
衣装の着こなしも素敵だったし、ちょっとヘップバーン風もあり、女の私も目を楽しませてもらえました(笑)
ついにハビの妻になっちゃいましたね…(;^_^A アセアセ・・・

では、また宜しくでーす(*^-゚)vィェィ♪

2010/08/09 (Mon) 23:28 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

抱擁のかけら

『ボルベール<帰郷>』のペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスのコンビが贈る4本目の作品。今回は愛と同時に視力までも失った老脚本家が封印してきた過去を紐解き、再び活きる喜びを見出していく様子を描く。共演は『バッド・エデュケーション』のルイス・オマー...

2010.02.22 (Mon) 01:02 | LOVE Cinemas 調布

[映画『抱擁のかけら』を観た]

☆やや長さを感じるが、よくよく考えるとどこのシーンも省けない、そんな傑作であった。  ペドロ・アルモドバル監督は、私の認識では「映画文法に忠実なデビッド・リンチ」で、  多くの斬新な構図や、一風変わった登場人物、暗喩に充ちた物語を展開させつつも、多くの...

2010.02.22 (Mon) 03:26 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

抱擁のかけら

 『愛から逃げて、愛と出逢う』  コチラの「抱擁のかけら」は、4度目のコンビとなるペドロ・アルモドバル監督、ペネロぺ・クルス主演で、<究極の愛>の誕生から崩壊、そして再生を描いた2/6公開のPG12のラブ・サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪14年...

2010.02.22 (Mon) 05:49 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

抱擁のかけら

視力を失くし、エージェントのジュディエット(ブランカ・ポルティージョ)と彼女の息子ディエゴ(タマル・ノバス)の助けを借りて、脚本家として生活するハリー・ケーン(ルイス・オマール)。ある日、知人だったというエルネスト(ホセ・ルイ・ゴメス)の死亡記事を読んだ..

2010.02.22 (Mon) 07:11 | シネマ大好き

抱擁のかけら

1月28日(木)二回目の観劇@一ツ橋ホール ゲストは山本モナ。 真っ赤なドレスに身を包んでやって来た。 映画の見所を語る。 KYなこともある彼女だが、今日の話は参考になった。 最後に「すなおさ」についての持論を展開。 すなおになりすぎるのも考え物というよ...

2010.02.22 (Mon) 07:19 | あーうぃ だにぇっと

抱擁のかけら

公式サイト。原題:LOS ABRAZOS ROTOSのスペイン映画。英題:BROKEN EMBRACES。ペドロ・アルモドバル監督、ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ、ホセ・ルイス・ゴメス、ルーベン・オチャンディアーノ、タマル・ノバス、キラ・ミロ。主演はペネロ...

2010.02.22 (Mon) 08:11 | 佐藤秀の徒然幻視録

抱擁のかけら /LOS ABRAZOS ROTOS/BROKEN EMBRACES

{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ペドロ・アルモドバル×ペネロペの4度目タッグ{/kirakira/} ゴールデン・グローブ賞「外国語映画賞」にノミネート。 アルモドバル監督作は、 「オール・アバ...

2010.02.22 (Mon) 10:24 | 我想一個人映画美的女人blog

美しすぎる女〜『抱擁のかけら』

 LOS ABRAZOS ROTOS  BROKEN EMBRACES  盲目の脚本家ハリー・ケイン(ルイス・オマール)は、ある日ライ・Xと名乗る男 から映画を共作しよ...

2010.02.22 (Mon) 19:42 | 真紅のthinkingdays

◆『抱擁のかけら』◆ ※ネタバレ有

2009年:スペイン映画、ペドロ・アルモドバル監督&脚本、ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ、ホセ・ルイス・ゴメス、ルーベン・オカンディアノ出演。

2010.02.22 (Mon) 19:50 | 〜青いそよ風が吹く街角〜

抱擁のかけら☆LOS ABRAZOS ROTOS

 愛から逃げて、愛と出逢う MOVX京都にて鑑賞。いやあこれだけぺネロぺちゃんを見るだけでも価値がある作品ではないでしょうか?まさに彼女あっての、この作品だと思いました。いろんなぺネロぺに出会えます。モンロー風だったり、ヘップバーン風だったり。。。。同性...

2010.02.22 (Mon) 20:17 | 銅版画制作の日々

抱擁のかけら

愛から逃げて、愛と出逢う 原題 LOS ABRAZOS ROTOS/BROKEN EMBRACES 製作年度 2009年 上映時間 128分 脚本・監督 ペドロ・アルモドバル 音楽 アルベルト・イグレシアス 出演 ペネロペ・クルス/ルイス・オマール/ブランカ・ポルティージョ/ホセ・ルイス・ゴメス/ルーベン...

2010.02.22 (Mon) 21:50 | to Heart

『抱擁のかけら』

(原題:Los abrazos rotos) ----これって、今日から始まった映画だよね。 ペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスの黄金コンビ! 「そう。始まった映画について話すときの通例で、 ストーリーはほとんど省略しちゃうけど、 ざっと、こういう流れ。 主人公は執筆

2010.02.22 (Mon) 22:54 | ラムの大通り

抱擁のかけら はい!ペネロペ目当てだけでした!r(^ω^*)))テレマスナ

【 {/m_0167/}=10 -4-】 いやはや、もちろんPenelope Cruzが観たいから、それだけがこの映画を見た動機ですわ・・・(///o///)ゞ テレテレ 今日はかなり緊張高めの一日やったし、精神的に癒されたかったのだ〜もちろん視覚的にも〜。  盲目の脚本家のハリー・ケインは...

2010.02.22 (Mon) 23:23 | 労組書記長社労士のブログ

「抱擁のかけら」感想

ペネロペの魅力が満載の映画。

2010.02.23 (Tue) 09:24 | ポコアポコヤ 映画倉庫

抱擁のかけら (試写会)

ある愛の記憶読唇術の女性はプロフェッショナル[E:good]公式サイト http://www.houyou-movie.com2月6日公開監督: ペドロ・アルモドバル盲目の脚本家ハリー・ケイン(ルイス

2010.02.23 (Tue) 20:17 | 風に吹かれて

抱擁のかけら

「抱擁のかけら」を見ました。 いろんなペネロペ・クルスが見れて嬉しい映画でした。

2010.02.24 (Wed) 18:13 | memphis blues again

「抱擁のかけら」:浅草雷門バス停付近の会話

{/hiyo_en2/}まっ赤な人力車なんて、派手ねえ。 {/kaeru_en4/}「抱擁のかけら」にでも出てきそうな人力車だな。 {/hiyo_en2/}ああ、ペドロ・アルモドバル監督の新作ね。赤いドレスに、赤い靴、赤いセーターに、赤い車。たしかに、赤が目立つ映画だった。 {/kaeru_en4/}情

2010.02.25 (Thu) 20:23 | 【映画がはねたら、都バスに乗って】

「抱擁のかけら」

「Los abrazos rotos」...aka「Broken Embraces」「Broken Hugs」 2009 スペイン レナに「ノエル/2004」「ボルベール/帰郷/2006」「恋愛上手になるために/2007」「エレジー/2008」「それでも恋するバルセロナ/2008」のペネロペ・クルス。 ハリー・ケイン(マテ

2010.02.28 (Sun) 18:10 | ヨーロッパ映画を観よう!

抱擁のかけら

■ 新宿ピカデリーにて鑑賞抱擁のかけら/LOS ABRAZOS ROTOS 2009年/スペイン/128分 監督: ペドロ・アルモドバル 出演: ペネロペ・クルス/ルイ...

2010.03.02 (Tue) 00:19 | 映画三昧、活字中毒

抱擁のかけら

 『ボルベール』、『エレジー』や『それでも恋するバルセロナ』で見た妖艶なペネロペ・クルスの映画だというので、まあ前田有一氏が言うように「罪作りなおっぱいの物語」かもしれないと思いつつも、映画館に足を運んでみました。 (1)この映画は、どうしてどうして、な

2010.03.04 (Thu) 05:56 | 映画的・絵画的・音楽的

抱擁のかけら [監督:ペドロ・アルモドバル]

きれいすぎる起承転結の構成と、複雑な人間関係で血の通ったキャラクターを作り出した見事な脚本。そしてペネロペ・クルス。華やかで激しくて美しい。見応えたっぷりの女優の映画にして緻密なドラマ。やっぱりアルモドバルは外さない。観てよかったぁぁぁ!!!っと心の底か

2010.03.10 (Wed) 23:38 | 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ

『抱擁のかけら』

3月は本当に個人的に色々とあって、なかなか映画が観られていないのですがー、どうにかこうにか先日ペドロ・アルモドバル監督作品『抱擁のかけら』を観てきましたー。 今月後半に向けて、少しでも観賞本数増やしたいなーとは思ってるんですが、ちょっと厳しいかもー。 ...

2010.03.19 (Fri) 00:22 | Cinema + Sweets = ∞

抱擁のかけら

絶妙な邦題。。。。

2010.04.15 (Thu) 22:52 | 迷宮映画館

[映画]抱擁のかけら

レネ(ペネロペ・クルス)が太陽なら、ジュディット(ブランカ・ポルティージョ)は月だ。 マテオが魅惑されたように、レネはあまりに眩しい輝きを放っている。 それも闇に脅かされて、いつ散るかもしれない儚さを予感させるだけに、 いっそう美しさが際立つ。 一方のジュデ

2010.04.24 (Sat) 13:38 | 余白日記

mini review 10475「抱擁のかけら」★★★★★★★☆☆☆

『ボルベール<帰郷>』のペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスにとって、4度目のコラボレートとなる恋愛ドラマ。愛と視力を同時に失った男の過去へとさかのぼり、男と運命の女との愛に満ちた日々と悲劇を描く。過去の出来事を封印して生きる男を演じるのは、『バ

2010.07.31 (Sat) 02:24 | サーカスな日々

「抱擁のかけら」(BROKEN EMBRACES)

スペインのオスカー女優、ペネロペ・クルス主演のミステリ仕立てのラブ・ロマンス「抱擁のかけら」(2009年、西、128分、PG−12指定、ユニバーサル映画配給)。この映画は、生涯をかけた愛が崩壊し、視力や人生までも失った映画監督が、これまで封印していた悲...

2010.08.01 (Sun) 19:39 | シネマ・ワンダーランド

『抱擁のかけら』'09・西

あらすじ14年前、映画監督のマテオは、女優を夢見る女性レナと出逢い、恋に落ちるが、レナには富と権力で彼女を支配するパトロンのエルネストがいた・・・。感想ゴールデングロー...

2011.01.15 (Sat) 21:06 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...