心のままに映画の風景

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP映画 か行 ≫ ゴールデンスランバー

ゴールデンスランバー

ゴールデンスランバー
仙台。
宅配ドライバーの青柳は、金田首相が凱旋パレードを行う日に、大学時代の同級生・森田(吉岡秀隆)に呼び出された。
パレード中に爆発音ととも首相が暗殺され、森田に言われるまま逃げ出した青柳は、見えない力によって無実の首相暗殺犯に仕立て上げられていく。

伊坂幸太郎のベストセラー小説を映画化。
巨大な陰謀に巻き込まれ、首相暗殺の濡れ衣を着せられた男の決死の逃避行をスリリングに描く。


面白いけど…{★★★3/5}

「おまえオズワルドにさせられるぞ」森田の忠告どおり、青柳は首相暗殺事件の犯人にでっち上げられてしまいます。
逃走劇は、時系列あり、伏線あり、笑いを誘うコネタがあるかと思えば、突然の発砲や激突など、時間を感じさせない面白さです。
途中で何人もの協力者が現れるのは、青柳の人望とも言えるのでしょうか。
ちょっとご都合主義ではありますが、彼を良く知る人は、そんな大それたことが出来るような人物ではないのは承知の沙汰で、この辺りは、堺雅人の人柄そのままな感じでもありました。
同時に描かれるのは、学生時代の思い出です。
30代になって、今はおそらく日々の生活に追われ、疎遠気味になっていたのでしょう。
ビートルズの“ゴールデンスランバー”がどこかノスタルジックな雰囲気で、青春の思い出と友人との絆が描かれています。

俳優さんたちが皆さん個性豊かな演技で魅力的でした。
堺さんは今更ながら何も言うことはないですが、
父親の伊東四朗、ターミネーターみたいな永島敏行、通り魔の濱田岳が最も印象に残りました。
竹内結子の娘ちゃん、おませでクールで可愛かったです。
334768view002ゴールデンスランバー
概ね面白く観れたのですが、
パレードが通るのに行き届いていない警備とか、長年放置されてる車とか、マンホールから打ち上げられた花火とか…それはどうよ???と気になる箇所はあり、暗殺犯に仕立て上げられるなんて、一体どんなからくりがあるのかと思いながらも、逃走の緊張感みたいなものが少しずつ薄れていきました。
それでも伏線の回収やオープニングとラストの繋ぎ方はお見事で、ラスト、親指で押すとかハンコとか上手いな~と感じました。
でもやっぱり何だかこれで本当に良かったのかな~と気楽に受け入れられない後味の悪さは残りました。
無実の青柳の戦いは、結局、有耶無耶で何も解決していないような…。
明らかにはされませんが、おそらく黒幕は国家の権力者であって、野心のために一般市民を巻き込んで、人の人生まで変えてしまって良いのだろうか、とか。
原作は読んでいないのですが、ベストセラー作品の映画化だから、やはり読んでいる人が多いことが前提の作りになっちゃってるのかな。
黒幕の背景や、何故青柳が選ばれたのかとか、事件に関しての事がもう少し知りたかったです。
サスペンス映画ではなく、友情ドラマとして観た方が良さそうです。

2010年 1/30公開 日本映画
監督 中村義洋

Comment

ゴールデンスランバー見ました!
編集
オリーブリーさん、こんばんは!
私も「ゴールデンスランバー」見ました。とても面白かったのですが……

>パレードが通るのに行き届いていない警備とか、長年放置されてる車とか、マンホールから打ち上げられた花火とか…それはどうよ???と気になる箇所はあり(以下略)

そうですよねぇ〜。
特に(長年放置された)車のエンジンがかかったシーンは、「ガソリンは入っているのかな?」と気になってしまいました(笑)。
よいシーンでしたけどね☆

>黒幕の背景や、何故青柳が選ばれたのかとか、事件に関しての事がもう少し知りたかったです。

私もその部分が気になりましたね〜。
映画の最後には、謎が明らかになると期待して見ていましたから、少しすっきりしない感じが残りました。
2010年02月11日(Thu) 18:56
既読者のための・・
編集
そうですよね。
読んでるの前提みたいな、まるで「ハリーポッター」みたいな作りでしたよね。
この監督の撮り方っていつもそんな感じがするもんで、さっさと本は読んでおりました。
それってどうよ??ですよね。
本読んでて、ボロ車が一番引っかかった。
他は結構、納得がいきます。
ぜひ、この監督には、オリジナルで撮っていただきたい。
小さくまとまらないで欲しいですわ。
2010年02月11日(Thu) 20:29
結末は…
編集
このパターンは伊坂作品にはありがちですねぇ。『重力ピエロ』とかも全く同じで「おいおい、それでいいのかい?」って終わり方だったし。(笑)
もともと私は中村監督との相性が最悪に近いのでかなり不安になりつつ見たんですがこれに関しては杞憂でした!原作に忠実な作り+オリジナルの冒頭とラストは秀逸だったと思います。
2010年02月11日(Thu) 21:11
同感です。
編集
同感です。

車、協力者、通り魔、花火。おこること、出てくる人があまりにも突拍子なくて、ちょっとついていけませんでした。

レビューを見ると、あらかじめ原作を読んでいた人の評価はおおむね高いようです。

僕は堺雅人の大ファンですが、映画自体の完成度を考えると、青柳の内面の描写を大幅にカットして、思い切って群像劇にしてしまった方がよかったのではないかと思います。
2010年02月11日(Thu) 21:38
TB&コメントありがとうございました♪
編集
こんばんはv-222

この映画は多くの方が絶賛されているようですが、
結構ツッコミ所も多く、疑問も多く残されたままだったので、
私もイマイチな感想を書いてしまいましたv-12

国家権力を持つエラい人たちだから
一般人を捨て駒にしても良いなんて結末は
全く共感できませんでしたし、
あんな形で生き残る事に対して
「よくできました」とも私個人的には思えませんでした。

私も原作を読んでいないので
映画には描かれていなかった謎の部分が
本当に謎のままです…v-39
2010年02月12日(Fri) 01:06
Bell Bottom Blues さんへ
編集
こんばんは。

>(長年放置された)車のエンジンがかかったシーンは

何故に晴子はあれを動かそうと思ったんですかね?!
私、何か見逃したのかなぁ〜。
気持ち分からないでもないけど、あまりにも唐突であまりにも非現実的で、置手紙も黒やぎさんの歌も感動シーンなんでしょうが、腑に落ちなかったなぁ(;^_^A アセアセ・・・
まあ、そんな事を気にしていたら楽しめない映画なんだと思いました。
2010年02月12日(Fri) 01:25
こんにちは!
編集
伊坂作品でもありますし、サスペンスというよりはヒューマンに近いですよね。
いろいろとツッコミどころも多いけれど、とにかく最後の安否報告が心地よかったので、私は細かいところはスルーしてもいいやね。
すっかり気に入りました♪
2010年02月12日(Fri) 20:18
sakuraiさんへ
編集
総理暗殺犯に仕立て上げられるって、原作未読者は、どーしてもサスペンスみたいなもの想像してしまったので、ちょっと肩透かしではありました。
でも映画全体としては伏線の回収も素晴らしく、よく考えられてるな、と。
出演者も皆さんお上手だしね(^_-)-☆

車など、気になりだしたらキリがなく(苦笑)
カローラのCMソングすら記憶にないわたし(爆)
2010年02月13日(Sat) 12:12
KLYさんへ
編集
こんにちは。

( ゚ー゚)( 。_。)ウン♪
冒頭とラストはホント、これまであまり味わった感覚がないほど、ほおほお、そー言うことか!!!!!でした(笑)
てっきり、キリオっぽいのか、リモコン操作してた男かと思っていたので(*^-^)
この監督さんの他の作品は観ていないので、これから気をつけておきます(笑)
2010年02月13日(Sat) 12:19
がくさんへ
編集
こんにちは〜コメントありがとうございます。
同じ感想の方がいらして安心しました(笑)

>あらかじめ原作を読んでいた人の評価はおおむね高いようです。

そのようですね〜。
でもせっかく映画にするなら、限られた時間の中で見読者に消化不良を残さないようにするのが親切だとも思うのですが(笑)
一応大きな事件と黒幕の背景なんだから、謎解きぐらい明かして欲しかったです。
私も堺さん目当てです(笑)
本当にどんな役柄をさせてもお上手ですよね♪
2010年02月13日(Sat) 12:28
テクテクさんへ
編集
こんにちは。

テクテクさんの感想を読ませて頂いて( ゚ー゚)( 。_。)ウン♪( ゚ー゚)( 。_。)ウン♪でした(笑)
コメント拝見していると、そう感じた方も結構いらして安心(?)しましたよ〜。
何だかこんなに高評価で絶賛が多いと、あれれ??私、へん??ってなりますよね(笑)

もちろん、全体的には楽しめるし伏線のはり方も回収もお見事、オープニングとラストの繋ぎも好きだし、娯楽として楽しめる要素は満載です。
でもひとつ気になりだしたら腑に落ちないまま…スッキリできませんよね。
テクテクさんが言われるように、悪がそのままのさばる社会って印象も…(^_^;)

>「よくできました」とも私個人的には思えませんでした。

私も複雑でした。
とにかく生き延びることだったのでしょうけどねぇ…(;´Д`A ```
2010年02月13日(Sat) 12:42
たいむさんへ
編集
こんにちは。

>サスペンスというよりはヒューマンに近いですよね。

ですね!そうでした!
絆とか信頼とか、そのようなメッセージは伝わりました。
お父さんにあんなこと言われたら泣きそう・゚・(ノД`;)・゚・

>ツッコミどころも多いけれど

これが引っかかるかどうかが、分かれ目なんだろうな〜と思います。
とにかく生きる、生き延びること、目的は達成してましたものね!
2010年02月13日(Sat) 16:17
こちらにも。
編集
>何だかこれで本当に良かったのかな〜と気楽に受け入れられない後味の悪さは残りました

ホントv-222
最近、同じ作家の「重力ピエロ」でも感じたのですが
この手のラストが受け入れられている現実が、私もしっくり来ないです。
数々の突っ込みどころよりも、笑えない人生ですよね?
この方の作品にはこういう問題提起をしたものが多いのですが、
正義は映画の中には無いとでも言っているようなラストが多い気がします。
あ、「フィッシュ・ストーリー」は違いますよ、珍しく(^_−)☆
2010年02月19日(Fri) 23:23
kiraたんへ
編集
伊坂幸太郎の作品は、全部?映画化されてるのかな?
その内、観てみようかな〜と思います。

意外なラストの面白さはあるし、関係者からすれば、生きていると知るだけで嬉しいとは思いますけど、なんだかなぁ〜と思いました。
2010年02月21日(Sun) 11:40
編集
オリーブリーさん、こんにちは!
私も同じく後半の花火とか色々なところが、ありえんだろう・・・ってちょっと冷めてしまったんですよ。
小説で先に読んだ時は、そんなに思わなかったんですが、映像として見てると、捕まるだろ〜普通!とかツッコミ入れたくなったり・・・(^^ゞ

私も印象に残った人ほぼ同じです。イトーシローさんは普段お笑い番組やバラエティで見てるせいか、どうもしっくり来なかったんですけれどもね^^
2010年03月13日(Sat) 14:19
latifaさんへ
編集
こんばんは。

あの始まりから逃走劇を期待しちゃったので、
時間的にも有り得ないだろう?!!!と、ひとつ気になりだしたらどんどん冷静になっちゃいました(笑)
日本の映画って、役者が少ないのでしょうかぁ〜同じようなキャストがよく使われるので、数ヶ月前観た「なくもんか」の竹内結子のまんまだったです(汗)
2010年03月14日(Sun) 18:29












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

『ゴールデンスランバー』 片目を開けて眠れるか?
 " きっと、つながる " というコピーのもと『フィッシュストーリー』が公開され、『サマーウォーズ』では " 「つながり」こそが、ボクらの武器...
2010年02月11日(Thu) 15:55
ゴールデンスランバー
「よく出来ました」止まりだけど面白い。  
2010年02月11日(Thu) 16:36
ゴールデンスランバー
首相公選制が実現している時代が舞台。当選後初めてのお国入りの首相を暗殺した濡れ衣を着せられた男の二日に渡る逃亡劇。原作の舞台は、仙台市。映画も、全編仙台での撮影を敢行しています。 映画化を知ったのが先だったか、原作を読んだのが先だったか忘れてしまいまし...
2010年02月11日(Thu) 17:03
『ゴールデンスランバー』
  □作品オフィシャルサイト 「ゴールデンスランバー」□監督・脚本 中村義洋□脚本 林 民夫、鈴木謙一□原作 伊坂幸太郎(「ゴールデンスランバー」新潮社刊)□キャスト 堺 雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、貫地谷しほり、相武紗季       大森
2010年02月11日(Thu) 17:30
ゴールデンスランバー
2008年の本屋大賞や山本周五郎賞を受賞した人気作家・伊坂幸太郎の同名 ベストセラーを『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』 に続いて中村義洋監督が映画化。 仙台を舞台にある日、首相暗殺犯の濡れ衣を着せられた男が、決死の 逃避行をする様をスリリ..
2010年02月11日(Thu) 17:33
ゴールデンスランバー
かなり大きく宣伝してるけど、実はそれほど大きな期待はしてなくて。 でも、なんとなくストーリーが面白そうで、「ゴールデンスランバー」を鑑賞。「UCとしまえん」は、土曜日の朝にしては少なめ。 「ゴールデンスランバー」は、中くらいのスクリーンで、6〜7割。 【
2010年02月11日(Thu) 18:49
ゴールデンスランバー
「ゴールデンスランバー」を見ました。 とても面白かったです。 先が全く見えない展開も素晴らしく、最後までどうやって決着をつけるのか...
2010年02月11日(Thu) 18:58
ゴールデンスランバー
無実の男、首相暗殺犯に断定 製作年度 2009年 上映時間 139分 原作 伊坂幸太郎 脚本 中村義洋/林民夫/鈴木謙一 監督 中村義洋 音楽 斉藤和義 主題歌 斉藤和義『Golden Slumbers』 エンディングテーマ 斉藤和義『幸福な朝食 退屈な夕食』 出演 堺雅人/竹内結子/吉岡秀...
2010年02月11日(Thu) 19:00
ゴールデンスランバー
一番描きたかったテーマは、一体何だったのか・・・
2010年02月11日(Thu) 20:25
ゴールデンスランバー
伊坂幸太郎が2008年の本屋大賞と山本周五郎賞を受賞したベストセラー小説の映画化。監督は『アヒルと鴨のコインロッカー』、『フィッシュストーリー』と伊坂作品お馴染みの中村義洋。主演はこれまた中村監督の『ジェネラル・ルージュの凱旋』で共演した堺雅人と竹内結...
2010年02月11日(Thu) 21:12
ゴールデンスランバー
 『無実の男、首相暗殺犯に断定』  コチラの「ゴールデンスランバー」は、The Beatles最後のアルバム「Abbey Road」に収められている「Golden Slumber」をモティーフに仙台で凱旋パレードをしていた首相暗殺事件の犯人に仕立てられた男の逃走劇を描いた伊坂幸太郎の同
2010年02月11日(Thu) 21:15
ゴールデンスランバー
黄金のまどろみ。父と息子。ロックだよ。(試写会にて)
2010年02月11日(Thu) 21:18
ゴールデンスランバー/堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆
とても楽しみにしていた伊坂幸太郎原作小説の映画化作品です。といっても相変わらず験を担いで?伊坂幸太郎さんの原作小説には手をださずにいます。一冊だけ買ったんですけどね、いまだに読んでません(苦笑)。監督したのは同じ伊坂幸太郎作品である『アヒルと鴨のコインロ...
2010年02月11日(Thu) 21:55
映画 ゴールデンスランバー
・ゴールデンスランバー(1月30日より公開 堺雅人,竹内結子 出演) ごく普通の青年が首相暗殺犯に仕立て上げられ、警察という国家権力からの2日間の逃亡劇を描いた、人気小説家伊坂幸太郎の原作を映画化したもの。 2時間30分とそれほど短くはないが、現実逃亡劇と大
2010年02月11日(Thu) 22:19
「ゴールデンスランバー」とりあえず逃げろ!
「ゴールデンスランバー」★★★★ 堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、香川照之主演 中村義洋 監督、139分 、 2010年1月30日公開、2009年、東宝 (原題:ゴールデンスランバー)                     →  ★映画のブログ★      ...
2010年02月11日(Thu) 23:07
『ゴールデンスランバー』
新宿厚生年金会館であった『ゴールデンスランバー』の試写会に行ってきました。 ここで行われる試写会には過去にも何度か訪れているけれど、一番の混みだったんじゃないかと思うくらいに座席の数が次々と人で埋まっていったような印象が強いかも。 ********************
2010年02月12日(Fri) 00:09
真実は闇の中で終わらせていいのか?!『ゴールデンスランバー』
伊坂幸太郎の同名小説を映画化した作品。首相暗殺事件の犯人にでっち上げられた男性の逃走劇を描いた物語です。
2010年02月12日(Fri) 00:22
[映画『ゴールデンスランバー』を観た]
☆面白かった。  この原作者は、主に仙台を舞台にして数々の作品をものしているとのことで、  総理大臣の暗殺犯とされた主人公・青柳は、自分を陥れた奴らと戦うために、仙台市街を『ダイハード』風に縦横無尽に走る。  もちろん、アクションもあるのだが、『ダイハ...
2010年02月12日(Fri) 00:55
ゴールデンスランバー (堺雅人さん)
◆堺雅人さん(のつもり) 堺雅人さんは、伊坂幸太郎さんの同名小説を中村義洋監督が映画化した『ゴールデンスランバー』に青柳雅春 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
2010年02月12日(Fri) 11:33
ゴールデンスランバー
JRの横浜駅で、auとコラボした堺さんのビックリ顔の本作ポスターを見かけました。 本作は今週末(1月30日)ロードショー公開なんですね。 そんな中、知人に誘われプロデューサー遠藤氏の会見付きの試写会に行ってきました。                     ...
2010年02月12日(Fri) 12:43
ゴールデンスランバー [映画]
公開:2010/01/30製作国:日本上映時間:139分監督:中村義洋出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、柄本明、濱田岳、渋川清彦、竜雷太、伊東四朗、香川照之、貫地谷しほり、永島敏行無実の男、首相暗殺犯に断定事件のガギを握るのは、ビートルズの名曲Story:凱...
2010年02月12日(Fri) 12:52
ゴールデンスランバー
強大な権力の犠牲になりそうになったお人よしの男性が、大学時代の友人たちや見ず知らずの人間の助けによって生き延びる様子を描いている。爽快な仕上げは、杜の都に吹く風のようにさわやかだ。「JFK」や「ダラスの熱い日」に負けない邦画の勢いが感じられる。
2010年02月12日(Fri) 14:36
ゴールデンスランバー  レビュー
ゴールデンスランバー観てきました。 ゴールデンスランバーってご存じビートルズのヒット曲で 「黄金のまどろみ」ってな意味のようですな...
2010年02月12日(Fri) 15:48
ゴールデンスランバー
ある日突然、首相暗殺犯人に仕立てられた平凡な男の2日間にわたる逃亡劇。 原作はベストセラー作家の伊坂幸太郎。監督は『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』についで、伊坂作品3度目の挑戦となる中村義洋。完成した本作は、大人気コンビによる最高....
2010年02月12日(Fri) 17:41
ゴールデンスランバー
立て続けに期待してた割りにつまらなかった映画を観てしまった勢いで、あんまり期待していなかった『ゴールデンスランバー』を観てきました。 ★★★★★ 考えてみると、邦画のサスペンス逃亡劇でこんなにワクワクした記憶がないかもしれない。 ベースにあるのは学生の
2010年02月12日(Fri) 20:39
No.202 ゴールデンスランバー
仙台での首相パレード中に起きた爆破事件。 そこに出くわした一般市民が暗殺犯人に仕立て上げられる。 10年ぶりに再会した友人から、”オズワルド”にされるぞ… (ジョン・F・ケネディ暗殺事件で犯人にされた人物) と告げられ、爆破が起こり訳も分からず警官から逃げる
2010年02月13日(Sat) 09:09
『ゴールデンスランバー』・・・「信じてるんじゃない、知ってるんだ!」
逃げること、生きること。 冒頭で旧友の森田(吉岡秀隆)からこの二つを言い聞かされ、青柳(堺雅人)の逃走が始まる。前置きにさして時間は割かれず、明かしてしまえばラストも実にシンプルだ。しかし最初から最後までこれでもかと張り巡らされる伏線が、前後しながら絶...
2010年02月13日(Sat) 09:18
『ゴールデンスランバー』
----これは超話題の映画だニャ。 「うん。人気の伊坂幸太郎原作。 小説は読んでいないけど、 発表されたとき、そのタイトルを聞いて うわあ。やるな…と思った」 ----タイトルで? 「そう。これは有名なビートルズの『アビーロード』のB面。 メドレーが始まっていく最初に...
2010年02月13日(Sat) 11:55
「ゴールデンスランバー」:新橋駅前バス停付近の会話
{/kaeru_en4/}お。こんなところで牛タンとは珍しい。 {/hiyo_en2/}牛タンといえば、仙台よね。この店も仙台にあるお店らしいわよ。 {/kaeru_en4/}杜の都でモリモリと、牛タン食ったか、永島敏行。 {/hiyo_en2/}なに、それ? {/kaeru_en4/}いや、仙台を舞台にした映画「ゴ
2010年02月13日(Sat) 22:33
【映画】ゴールデンスランバー
▼動機 小説買うより安いから ▼感想 中村義洋監督による贖罪? ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 凱旋パレード中に首相が暗殺された仙台、宅配ドライバーの青柳(堺雅人)は、久々に再会した旧友の謎の言葉を聞いた直後、警官から突然銃を向けられ
2010年02月16日(Tue) 07:56
ゴールデンスランバー
満 足 度:★★★★★★★☆☆☆    (★×10=満点)      試写 にて鑑賞      10年01月30日公開   監  督:中村義洋 キャスト:堺雅人       竹内結子       吉岡秀隆       劇団ひとり、他 ■内容■  凱
2010年02月20日(Sat) 20:29
ゴールデンスランバー
 『ゴールデンスランバー』を吉祥寺で見てきました。  伊坂幸太郎氏の原作を映画化したものは、これまで『アヒルと鴨のコインロッカー』、『フッシュストーリー』、それに『重力ピエロ』を見てきましたし、『クヒオ大佐』で類い稀な演技を披露した堺雅人が主役を演じも...
2010年02月21日(Sun) 21:49
ゴールデンスランバー 原作の世界で忠実に作り込むとやはりいいのだ!
【 {/m_0167/}=11 -4-】 上映時間が17時20分からとちょっと平日には行きにくい時間のこの映画、今日は仕事だったので、だから海は無し、そのおかげで封切りしてかなり時間が経ってからながらようやく今日観に行けた。 以前に友人が貸してくれたので読んだ原作、むちゃく
2010年02月22日(Mon) 00:32
舞台挨拶へ行けなかったので1000円で見てきた『ゴールデンスランバー』
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w 今回は、速記というよりただ書き殴ったメモから、エジプトの象形文字を解読するようにしてお届けする、超アナログ式“そんじょそこらの映画サイトやワイドショー、芸能誌、スポーツ新聞より無駄に詳しい舞台挨拶レポ
2010年03月10日(Wed) 22:42
「ゴールデンスランバー」感想
だいぶ前に見て来たのに、感想書くのがやたら遅れてしまいました・・・。 結果から言えば、原作を2時間でよくまとめたなー、そこそこ良かっ...
2010年03月13日(Sat) 14:16
ゴールデンスランバー
作品情報 タイトル:ゴールデンスランバー 制作:2009年・日本 監督:中村義洋 出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、柄本明、濱田岳、渋川清彦、ベンガル、大森南朋、貫地谷しほり、相武紗季 あらすじ:凱旋パレード中に首相が暗殺された仙台、宅配ドライ
2010年08月10日(Tue) 00:38
ゴールデンスランバー(映画/DVD)
[ゴールデンスランバー] ブログ村キーワードゴールデンスランバー(GOLDEN SLUMBER)キャッチコピー:無実の男、首相暗殺犯に断定事件のガギを握るのは、ビートルズの名曲製作国:日本製作....
2010年08月21日(Sat) 23:40
ゴールデンスランバー
首相暗殺犯に仕立て上げられた主人公が仙台の中をひたすら逃げ回る! 彼は何もしていないから逃げているわけですが・・・ 話の展開は...
2010年08月27日(Fri) 23:27
『ゴールデンスランバー』'10・日
あらすじ首相の金田が、仙台市内で凱旋パレードを行うその日、数年ぶりに大学時代の友人・森田に呼び出された青柳は「お前、オズワルドにされるぞ」という忠告を受け・・・。感想本...
2010年12月30日(Thu) 09:46
映画「ゴールデンスランバー」感想
映画化された時に原作読みたいなと思いつつ、文庫化されるのを待っていて、文庫化されたのを読んでからDVDで映画を観ました。監督:中村義洋 出演:堺雅人(青柳雅春)、竹内結子(樋口晴子)、吉岡秀隆(森田森吾)、劇団ひとり(小野一夫)、香川照之(佐々木一太郎) 2...
2011年01月28日(Fri) 11:16