FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

7479_5854506402INVICTUS.jpg
1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)は南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。
いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差が残る国をまとめるため、翌95年に自国で開催するラグビー・ワールド・カップに向け、チームのキャプテン、フランソワ・ピナール(マット・デイモン)を官邸に招く…。

ジョン・カーリン原作のノンフィクション小説をクリント・イーストウッド監督が映画化。
ネルソン・マンデラと、同国のラグビー代表チームのキャプテンとの人種を越えた友情を描く。


「1つのチーム、1つの祖国」{★★★★㊤4/5}

今年最初のウルウル感動作品でした。
これまでのイーストウッド監督とは、ちょっと違う爽やか感動系でしょうか。
こんな引き出しもお持ちだったんですね~さすがです。

27年間の投獄後、黒人の熱狂的な支持で大統領に就任したマンデラは、黒人と白人の共生が国家の再建であると考えます。
官邸にも護衛にも人種の隔たりなく雇用し、
復讐よりは赦しを、そして歩み寄ることで、支配階級であっても少数の白人の不安を取り除き社会の安定を目指そうとします。
そこで彼は、1年後に自国で開催されるラグビーワールドカップがチャンスであると、スプリングボックのキャプテン、フランソワにコンタクトを取ります。
突然の大統領からの誘いに戸惑いながら官邸へと向かったフランソワと対面するシーンは、特別具体的な話をするわけではないのですが、
マンデラが着用していたジャケット、もてなしたアフタヌーンティーから、多くを語らずともマンデラの人となりが現れていて、それはフランソワに伝わるものがあったのだと思いました。
アパルトヘイト政策で国際試合が禁止されていたスプリングボックは、弱小でどん底の状態。
フランソワはマンデラの意向をくみ、自分達も変わることで徐々にチームに力を与えていきます。
6765_2626467256INVICTUS.jpg
前半はマンデラの伝記映画として、後半はスポーツ映画へ…
小難しくもなくスポ根でもない政治とスポーツを融合させ、スタジアムでの決勝戦は、男達の熱い闘志の肉体のぶつかり合いでカメラワークも素晴らしく臨場感があってライブ気分。
いがみ合っていた黒人と白人のSPが次第に打ち解ける演出を始め、ゲームを通じ人種を越え一体となる南アフリカ国民の様子は予想の範囲だけれど、そのストレートさが逆に胸に染みてきて良かったです。
いつも穏やかで心使いを忘れないマンデラ、彼に共感したフランソワ、諦めなかったチームのメンバー。
どの側面からも力を感じる作品でした。
3452_4809740024INVICTUS.jpg
スポーツ選手であるフランソワに、更に求められる思慮深さを、マット・デイモンが好演だったと思います。
やはりこの人は身体使っていた方が好き。
マンデラとは長年の付き合いがあるモーガン・フリーマンは、アクセントなど人物像に成りきりだったと思います。
強いリーダーシップと政治能力は、説得力があって肯けます。
時代も国も超え、今でも求められているのではないでしょうか。
過去は過去…
憎むことより赦すこと…
こう考えて生きていきたいものです。
お2人ともアカデミー賞ノミネートですね。

2010年 2/5公開 アメリカ映画
監督 クリント・イーストウッド
2010.02.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/592-1029d005