2010_02
05
(Fri)23:45

インビクタス/負けざる者たち

7479_5854506402INVICTUS.jpg
1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)は南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。
いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差が残る国をまとめるため、翌95年に自国で開催するラグビー・ワールド・カップに向け、チームのキャプテン、フランソワ・ピナール(マット・デイモン)を官邸に招く…。

ジョン・カーリン原作のノンフィクション小説をクリント・イーストウッド監督が映画化。
ネルソン・マンデラと、同国のラグビー代表チームのキャプテンとの人種を越えた友情を描く。


「1つのチーム、1つの祖国」{★★★★㊤4/5}

今年最初のウルウル感動作品でした。
これまでのイーストウッド監督とは、ちょっと違う爽やか感動系でしょうか。
こんな引き出しもお持ちだったんですね~さすがです。

27年間の投獄後、黒人の熱狂的な支持で大統領に就任したマンデラは、黒人と白人の共生が国家の再建であると考えます。
官邸にも護衛にも人種の隔たりなく雇用し、
復讐よりは赦しを、そして歩み寄ることで、支配階級であっても少数の白人の不安を取り除き社会の安定を目指そうとします。
そこで彼は、1年後に自国で開催されるラグビーワールドカップがチャンスであると、スプリングボックのキャプテン、フランソワにコンタクトを取ります。
突然の大統領からの誘いに戸惑いながら官邸へと向かったフランソワと対面するシーンは、特別具体的な話をするわけではないのですが、
マンデラが着用していたジャケット、もてなしたアフタヌーンティーから、多くを語らずともマンデラの人となりが現れていて、それはフランソワに伝わるものがあったのだと思いました。
アパルトヘイト政策で国際試合が禁止されていたスプリングボックは、弱小でどん底の状態。
フランソワはマンデラの意向をくみ、自分達も変わることで徐々にチームに力を与えていきます。
6765_2626467256INVICTUS.jpg
前半はマンデラの伝記映画として、後半はスポーツ映画へ…
小難しくもなくスポ根でもない政治とスポーツを融合させ、スタジアムでの決勝戦は、男達の熱い闘志の肉体のぶつかり合いでカメラワークも素晴らしく臨場感があってライブ気分。
いがみ合っていた黒人と白人のSPが次第に打ち解ける演出を始め、ゲームを通じ人種を越え一体となる南アフリカ国民の様子は予想の範囲だけれど、そのストレートさが逆に胸に染みてきて良かったです。
いつも穏やかで心使いを忘れないマンデラ、彼に共感したフランソワ、諦めなかったチームのメンバー。
どの側面からも力を感じる作品でした。
3452_4809740024INVICTUS.jpg
スポーツ選手であるフランソワに、更に求められる思慮深さを、マット・デイモンが好演だったと思います。
やはりこの人は身体使っていた方が好き。
マンデラとは長年の付き合いがあるモーガン・フリーマンは、アクセントなど人物像に成りきりだったと思います。
強いリーダーシップと政治能力は、説得力があって肯けます。
時代も国も超え、今でも求められているのではないでしょうか。
過去は過去…
憎むことより赦すこと…
こう考えて生きていきたいものです。
お2人ともアカデミー賞ノミネートですね。

2010年 2/5公開 アメリカ映画
監督 クリント・イーストウッド

C.O.M.M.E.N.T

こんばんは〜^^

私は今回モーガン・フリーマンに完全にやられましたよ。彼がスクリーンに登場した瞬間から持ってかれました。なんて素晴らしく魅力的な俳優なんだろう…。
マット・デイモンも素晴らしい俳優ですけど、今回はまさしくマンデラ大統領とフランソワのお茶会のような状態だったなって思いました。
しかし、凄い体でしたねぇ。「インフォーマント」のメタボが…。

2010/02/06 (Sat) 01:05 | KLY #5spKqTaY | URL | 編集 | 返信

あ〜そうでしたね

あのアフターヌーンティーのシーンで、
帰って来たマット・デイモンが奥さんに「多分ワールドカップで優勝しろってことだと思う」
と言っていたように具体的に何かを言われたワケではないけど、
きっと魂の深いところで繋がったのでしょうね。
そんな共感が赦しへと繋がり、やがて国が1つにまとまっていく
なんて、素敵なお話ですよね〜。

2010/02/06 (Sat) 20:55 | miyu #- | URL | 編集 | 返信

KLYさんへ

こんばんは。

モーガン・フリーマン、アクセントのある英語とか熟知したのでしょうね〜歩き方も似ているとどこかに書いてありましたが、
お顔はいじってないしそのままなんですけどね〜マンデラに見えてきましたよね!

マッドはやっぱりこうでなくちゃって感じo(*^▽^*)o~♪
自分がやるべきことをきっちりとやり遂げた彼もまた素晴らしい人ですわ♪

2010/02/07 (Sun) 01:40 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

こんにちは

オリーブリーさん、こんにちは!

とても王道な感動ものに仕上がっていましたよね。
最近のニ作品に比べてストレートですけれど、最後にスタジアムが一体になったときはやはり感動してしまいました。
劇中で出た言葉「自分自身の指揮官である」というのはイーストウッドもそのように生きているのだよな、と思いました。

2010/02/07 (Sun) 06:59 | はらやん #- | URL | 編集 | 返信

こんにちは

マンデラさんって穏やかなのだけど、かなり頑固ですよね(笑)
家族の話になると哀しい顔なのがとても気になりましたが、
試合に一喜一憂する娘さんの様子が印象深いです。

マット好きなので、見事なリーダーシップも満足でした♪

2010/02/07 (Sun) 09:40 | たいむ #qdEfw9RA | URL | 編集 | 返信

miyuさんへ

こんにちは。

アフタヌーンティーのシーンは、大統領はウインドウズチェックでしたっけ?イギリスの伝統的な柄のジャケットをお召しになっていたと思うので、
白人に敬意を示してるのかな〜と、それだけで察するものがあったのかな〜なんて思いました。
私達ならあれですかね、着物でお抹茶でも点ててくれるような(爆)

SP達が解りやすい象徴でしたね。
きっと国民もああやって少しずつまとまっていったのでしょうね。
素敵な感動がある映画でした!

2010/02/07 (Sun) 12:23 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

「インビクタス」感動しました!

オリーブリーさん、こんばんは。
先ほどはコメントいただきまして、ありがとうございました。

オリーブリーさんは以前「インビクタス」について『イーストウッド監督作品楽しみですが、「グラントリノ」良すぎたので過剰な期待は避けます(笑)』と仰っていらっしゃいましたが、「インビクタス」も優れた映画でしたよねぇ。大感動しました。

話は変わりますが、オリーブリーさんの今月の公開映画紹介の記事を参考にしております♪
とてもよくまとまっていて、見やすいですね〜。

2010/02/07 (Sun) 18:22 | Bell Bottom Blues #1VuCtGsk | URL | 編集 | 返信

TB&コメントありがとうございました!

今晩は☆彡
イーストウッド監督作品、今までとは違い爽やか系ですね。
スポーツ音痴の私としては、ちょっと物足りない感じも
ありましたが。。。。。でもこういう伝記的なものって
映画化するの難しいのに、監督の手にかかるとこんなに
素晴らしい作品に仕上がるのかと感心しました。
フリーマンも、マットも凄いけど・・・・。

2010/02/07 (Sun) 21:22 | mezzotint #za3Mv/QM | URL | 編集 | 返信

期待しても大丈夫

本当に近年のイーストウッド監督はいい作品が多いよね e-420
CG映画も嫌いじゃないけど
こういう心に訴えて来る作品はやっぱり素晴らしいです!

主役2人以外はほとんどが南アフリカの俳優やエキストラを使ったり
地元で撮影したりとこだわりやリアリティもすごいよね〜
こんなドラマのような実話があったなんて全く知らなかったよ(^^;)

モーガンもマットもピッタリの役どころをちゃんと演じきってて
アカデミー賞ノミネートも納得です。
マットは久しぶりにステキだったわ (笑)

確かにスポーツを通じて自国を応援する時は人の心は一つになるもんね。
そこでの喜びや感動は何ものにも代えられない力になるんだと思いました。

マンデラの人間性と一つの国の統一とスポーツの良さ、
いろんな面で楽しめて満足出来て爽快な後味の映画でした。
ラグビーのルールは全く知らないけど気にならなかったね。
「チェンジリング」「グラントリノ」とは違う直球な感動を味わえました(*´∀`*)

2010/02/07 (Sun) 23:48 | ロク #z6GZigPw | URL | 編集 | 返信

引き出しの多さに

こんにちわ!!
イーストウッドの引き出しの多さに、いつもながら感心してしまいます。
こういう話もやれんのかよ!と、このじいさんのキャパのでかさに感服します。
まっすぐ王道!びっくりするくらいの正統でしたが、マンデラって言う人物を描くには、これが最良だと思いますわ、やっぱ。
今の南アの状況を見るにつけ、きっとマンデラさんは頭を悩ましてると思います。
すべての人がマンデラのように生きるのは到底無理だし、負の遺産は大きすぎた。
これが前進の大きな一石になってほしいなあと思ったのでした。

2010/02/08 (Mon) 13:45 | sakurai #8zie0QSw | URL | 編集 | 返信

はらやんさんへ

こんにちは。

直球勝負のような内容だったので、これまでの印象からは戸惑いも感じるかもしれないけど、これはこれで心に染みる良い作品でした。
仰るように、どんな作品を作られても、監督の人柄や信条は観客に伝わりますね。

スポーツは世界共通ですものね〜エネルギーや精神力の強さは、人の心を動かすと思います。
今年は冬季オリンピックも開催されるので、そんな感動に出会えるかな((o(^∇^)o))わくわく

2010/02/08 (Mon) 17:32 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

たいむさんへ

こんにちは。

マット、良かったわ〜。
彼もチームのキャプテンとして、リーダーシップを発揮しましたね。
フランソワが察しの鈍い人物だったら、こうはいかなかっただろうし。

マンデラ氏は人望が厚いのに、家族にはちょっと恵まれてなかったのかな…
娘さんはやはりあの試合で、感ずるものが多々あったのだと思いました。

2010/02/08 (Mon) 17:42 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

Bell Bottom Blues さんへ

こんばんは〜こちらこそ、いつもありがとうございます。

そうそう(笑)
期待するとかなりテンション高くなっちゃって、それで失敗した経験から、
なるべく気持ちを抑えてクールに観賞することにしてるんです(爆)
イーストウッド、モーガン・フリーマンなんて、期待するなと言われても無理ですよね(爆)
でもそんなどちらの気持ちも裏切らない、素晴らしい作品だったと思います。

今月の映画、参考にしてくださってありがとうございます。
こちらは単館などは遅れてやってくることがあるのですが、チェック忘れないようにしています(*^-^)

2010/02/08 (Mon) 17:52 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

こんばんは(^○^)

オリーブリーさん、こちらにも♪
スポーツものって、やっぱり熱くなる作品が多いですよねー。
私はラグビーについてあまり知識がなかったのが残念でした。
サッカーとか野球とかだったらもうちょっと解ったんだけどな〜。

そうそう。アクセント!
私も気がついてました。
モーガンフリーマンは、なまりをちゃんと入れた英語で喋ってましたよね☆さすが演技者です。

2010/02/09 (Tue) 08:41 | latifa #SFo5/nok | URL | 編集 | 返信

mezzotintさんへ

こんにちは。

スポーツモノってだけで、苦手意識とか好みがありますね。
私もあまりラグビーとか馴染みないですが、結構楽しめました。
選手たちに相応しい人物をクラブ回りして探したそうですね。
そこに混ざっても、マットは違和感なかったわ(笑)
カッコよかったです(v^▽)oィェーィ!

2010/02/10 (Wed) 11:06 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

ロクちゃんへ

監督の作風(?)からすると、爽やか感動って珍しいよね。
直球な描き方だけど、そこはやはりイーストウッド、どんな映画を作っても、絶対に嘘がない。
私はもう最初からフリーマン爺様にやられっぱなしだったわ(笑)
マンデラさんのような指導者が日本にもいてくれれば良いのに(苦笑)

>地元で撮影したりとこだわりやリアリティもすごいよね〜

観客は余計に心を掴まれるよね。
細かい演出も彼ならではって感じがして、ユニフォームも当時を忠実に再現したとか。
勝ち越しのドロップキックを決めた俳優は、監督の息子だったね(笑)

>こんなドラマのような実話があったなんて全く知らなかったよ

同じく…(;^_^A アセアセ・・・
またもや、勉強になるわ〜映画(笑)

マット、カッコ良かったよね(≧∇≦)
肉体だけでなく、人柄も良かったし、この人は真のスポーツマン精神ある人だと思った。
スタンドの観客はCGで増やしたんでしょう〜そんなさりげないCGの使い方なら違和感ないね(笑)

2010/02/10 (Wed) 11:35 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

sakuraiさんへ

こんにちは。

この直球さが逆に感動でしたね。
伝記モノは単調になりそうだけど、何と言うか、じんわーーりとくる作品でした。
イーストウッドにはまだまだ頑張ってもらって、秀作を生み出してもらいたいですよね((o(^∇^)o))わくわく

>これが前進の大きな一石になってほしいなあと思ったのでした。

日本の政治家にも観てもらいたいわ。
変わる、変えると言いながら、何だかこちらのテンションは上がりませんものね(アメリカもか?〜苦笑)

2010/02/11 (Thu) 14:26 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

latifaさんへ

こんばんは。

私もあまりラグビーは分からないんだけど、男の熱い肉のぶつかり合いに興奮しました(爆)
マットの体は、エキストラに劣らず鍛えられてましたよね♪

モーガンは、アクセントをこなす事がマンデラに成りきる事と思ってたみたいですが、本当にお見事でした。

2010/02/11 (Thu) 19:43 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

こんにちは!

実話というのがびっくりしました。
イーストウッド監督、こういう作品もつくれるんですね。
試合シーンも高揚感たっぷりで胸が熱くなりました。
マット・デイモン、本物の選手にみえた。
人種を越えていくのが平和への道、マンデラ大統領が教えてくれたわ。

2010/02/12 (Fri) 12:51 | アイマック #mQop/nM. | URL | 編集 | 返信

アイマックさんへ

こんにちは。

>実話というのがびっくりしました。

知らないことがイッパイあるよね〜映画ってそんな意味でも勉強になります。
試合の場面は当時の様子を忠実に再現することに徹したらしいけど、本当に臨場感がたっぷりでドキドキしました!
どんな作品でも真実を追究する監督らしい♪
マンデラさんって人物、奥深くて魅力的な人だと感じました。

2010/02/13 (Sat) 16:10 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

今晩は〜

コメントくださってありがとうございました。

イーストウッド監督の映画は、胸が締め付けられるようなラストが多いですが、
この映画は、爽やか〜で終わりましたね。

そして私もスポーツ映画のように感じました。
もっと社会派ドラマ仕立てかと思っていましたので。。。
スポーツで爽やかな〆は、また違うイーストウッドの魅力でした。

2010/02/14 (Sun) 22:03 | 小米花 #ujlw5tTk | URL | 編集 | 返信

赦すことで前へ

オリーブリーさん、こんにちは〜♪
イーストウッド監督の引き出しの多さ、
そして題材選びのアンテナ感度の良さには唸ってしまいますね。
『チェンジリング』『グラン・トリノ』が公開され、
1年も経たない内にコレですからね〜
余裕で、まだまだイケそう!って思えてしまいますわ(笑)

仰る通り、アフタヌーンティーのシーンだけでも、
マンデラ氏の人となりが現れていましたね。
想いを受けてやり遂げたピナールさんも又素晴らしい人格者だったと思います。
スポーツの持つ力って、ホント凄いですね〜
お互い、オリンピック☆の応援も頑張りましょう!!

2010/02/17 (Wed) 11:04 | Any #PTRa1D3I | URL | 編集 | 返信

小米花さんへ

こんにちは〜こちらこそ、ありがとうございます。

本当にこの爽やかなラストを、イーストウッド監督作品で見せられるとは思ってもいなかったです(笑)
マンデラさんの就任はきっと重苦しい中でのことだったと思いますが、このような史実に目を向けて描かれたことで感動の質も違いました。
自分の国の選手が活躍していると思うと、高揚感は出て来ますね。
今オリンピックでそんな感じでしょうか!
日本頑張れ!ですね((o(^∇^)o))わくわく

2010/02/17 (Wed) 17:26 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

Anyさんへ

こんばんは〜。
連日、オリンピックモードですよ(笑)
メダル取れてるけど、惜しいゲームもあるのでねぇ〜力が入っちゃう((o(^∇^)o))わくわく
Anyさんも寝不足とか大丈夫?(;^_^A アセアセ・・・

人間って勝手だから(汗)
分かっていても赦すって難しいことですよね。
なのにマンデラさんはそれをスポーツと絡めて自然とやっちゃう。
言葉よりも強いものがそこにあるのではないかな〜と感じました。

イーストウッド監督、隠しているなら(笑)もっともっと引き出し見せて欲しいですよね(^_-)-☆

2010/02/20 (Sat) 00:11 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

これは押さえておこうと

今月は熟年カップルの恋をテーマにしたものが多いですね。
そんななか、遅れた鑑賞となりましたが観て良かったです。
前作『インフォーマント!』と同一人物とは思えないキャラの変わりようにビックリでした。
マット・デイモンファンにとっては、初期の頃のインテリ少年を観ているようで懐かしかったです。


2010/02/20 (Sat) 21:22 | ituka #r4tB/SwE | URL | 編集 | 返信

itukaさんへ

こんにちは〜お帰りなさい(笑)

>今月は熟年カップルの恋をテーマにしたものが多いですね。

そうなんですよね〜itukaさんはどのパターンがお気に召すか興味あります(爆)
私は地味だけど「新しい人生のはじめかた」が一番良かったです。
まだミリオンで上映してると思いますが、いかがでしょうか(笑)

こちらの作品はとっても良かったですね。
復活第一作に相応しかったでしょ(*^-゚)vィェィ♪
マットの役柄には彼の持ち味である知性も感じましたよね。
「グッドウィル〜」のマットも良かったです♪

2010/02/23 (Tue) 15:40 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

インビクタス 負けざる者たち

『チェンジリング』、『グラン・トリノ』と素晴らしい名作を世に送り出し続けているクリント・イーストウッド監督の最新作。アパルトヘイト撤廃後のラグビー南アフリカワールドカップを巡りマンデラ大統領を中心とした実話を映画化したヒューマンドラマだ。主演はマンデラ...

2010.02.06 (Sat) 01:03 | LOVE Cinemas 調布

映画:インビクタス Invictus 開始5分で既に号泣(笑) これまた強烈な1発にノックアウト!

昨年は「チェンジリング」で、まずファースト・ダウン。 続いて、ヤバイかもと身構えたにもかかわらず、ぶっ飛ばされた超魔球「グラントリノ」 そして今日、 三たびふっ飛ばされノックアウト! ナゼここまで書くかというと..... 過去触れているように、私はずっと「イ

2010.02.06 (Sat) 01:19 | 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜

インビクタス/負けざる者たち One World〜( '∇^*)^☆Love〜♪

☆ パラオの記事、島さんたちに貰った写真加えたり、内容を加筆修正したりしていますので、お暇なら再び見てみてくだせ〜 ☆ 【 {/m_0167/}=4 -3-】 不思議なもんだ、パラオでは一切見なかった仕事の夢、帰ってきた日の夜は「組合役員との議論の夢」、昨夜は「労使交渉...

2010.02.06 (Sat) 07:32 | 労組書記長社労士のブログ

インビクタス/負けざる者たち

公式サイト。クリント・イーストウッド監督、 モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコット・イーストウッド、ラングレー・カークウッド、ボニー・ヘナ。原題はWilliam Ernest Henleyの詩の一篇Invictusから採られたラテン語で“unconquered”、征服されざるもの。

2010.02.06 (Sat) 08:21 | 佐藤秀の徒然幻視録

『インビクタス 負けざる者たち』

(原題:Invictus) あけましておめでとうございます。 ----いやあ、元旦からブログなんて えいも暇だニャあ。 「まあ、たまにはそういう年があってもいいんじゃない」 ----だけど、まだお屠蘇が残っているじゃニャい。 なのに、クリント・イーストウッド監督作品だっ

2010.02.06 (Sat) 10:04 | ラムの大通り

インビクタス/負けざる者たち

期待の目にみごと応える爽やかな秀作。  

2010.02.06 (Sat) 10:10 | Akira's VOICE

インビクタス/負けざる者たち

予告を観ただけで感動して涙腺が緩んだ映画で〜すウルウル【story】1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)が南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図

2010.02.06 (Sat) 11:01 | ★YUKAの気ままな有閑日記★

インビクタス/負けざる者たち (2009)

<<ストーリー>>1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによ...

2010.02.06 (Sat) 12:53 | ゴリラも寄り道

奇跡のゴール〜『インビクタス/負けざる者たち』

 INVICTUS  1990年、27年間に渡って投獄されていた南アフリカの指導者、ネルソン・マン デラが解放された。初めての全国民投票によって...

2010.02.06 (Sat) 17:19 | 真紅のthinkingdays

インビクタス/負けざる者たち

「インビクタス/負けざる者たち」を見ました。 釈放され、支持者に囲まれるマンデラ。 報復人事を恐れる白人スタッフに呼び掛けるマン...

2010.02.06 (Sat) 17:25 | memphis blues again

『インビクタス 負けざる者たち』

一つのチーム、一つの祖国。それがネルソン・マンデラ元大統領がただ一つ願う南アフリカの未来。 1995年のラグビーワールドカップでの感動的な史実を描いたこの作品は、「動」の物語を「静」の映画として見せるクリント・イーストウッド監督らしい、心と魂に響く映画でし...

2010.02.06 (Sat) 18:33 | めでぃあみっくす

インビクタス/負けざる者たち(2009)

 原題:INVICTUS ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 あのクリント・イーストウッド監督の最新作ということで、楽しみにしていた作品です。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。ネルソン・マンデラと言えば、2007年公開の「マンデラの名もなき看守」を思い出し...

2010.02.06 (Sat) 19:05 | 銅版画制作の日々

インビクタス/負けざる者たち

私がわが運命の支配者、わが魂の指揮官。

2010.02.06 (Sat) 19:25 | 悠雅的生活

インビクタス 負けざる者たち

 『ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。』  コチラの「インビクタス 負けざる者たち」は、本作で監督第30作を迎えたと言うクリント・イーストウッド監督が、ネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領の”負けざる魂”によって引き起こされた奇跡の実話を、映画

2010.02.06 (Sat) 20:55 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

インビクタス 負けざる者たち / INVICTUS

{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click クリント・イーストウッド監督、記念すべき30作目{/ee_3/} スポーツものってあまり好きじゃないし、(「少林サッカー」みたいのは別 {/warai/})。 タイトル

2010.02.06 (Sat) 22:48 | 我想一個人映画美的女人blog

インビクタス/負けざる者たち [映画]

原題:INVICTUS公開:2010/02/05製作国:アメリカ上映時間:134分監督:クリント・イーストウッド出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターンひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。Story: 1994

2010.02.06 (Sat) 23:14 | 映画鑑賞★日記・・・

インビクタス/負けざる者たち

『チェンジリング』『グラン・トリノ』のクリント・イーストウッド監督が アパルトヘイト撤廃後の南アフリカで開催されたラグビーW杯をめぐって 南アフリカ共和国初の黒人大統領となったネルソン・マンデラとその周囲の 人々の感動の実話を描く。 原作は、ジョン・カーリ..

2010.02.07 (Sun) 01:44 | だらだら無気力ブログ

『インビクタス/負けざる者たち』が必要なときは?

 ネルソン・マンデラと長年の友人である俳優モーガン・フリーマンは、長いあいだマンデラの人生を映画化することに取り組んできたという。 ...

2010.02.07 (Sun) 01:47 | 映画のブログ

インビクタス 負けざる者たち

・インビクタス 負けざる者たち (2月5日公開 クリント・イーストウッド監督 モーガン・フリーマン,マット・デイモン主演)「あなたは自分を傷つけた人たちを許すことができますか?」 南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領と自国で開催された主将のフランソ...

2010.02.07 (Sun) 14:29 | 充実した毎日を送るための独り言

インビクタス/負けざる者たち (試写会)

国を一つにするために公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/invictus2月5日公開実話に基づいたヒューマンドラマ監督: クリント・イーストウッド原作(原題:Play

2010.02.07 (Sun) 20:33 | 風に吹かれて

インビクタス/負けざる者たち/Invictus(映画/試写会)

[インビクタス/負けざる者たち] ブログ村キーワードインビクタス/負けざる者たち(原題:Invictus)キャッチコピー:ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。製作国:アメリカ製作...

2010.02.07 (Sun) 20:57 | 映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評

インビクタス 負けざる者たち

ボカ!!やったああ。

2010.02.08 (Mon) 13:36 | 迷宮映画館

インビクタス 負けざる者たち

さすが・クリントイーストウッド監督作品・・!!

2010.02.09 (Tue) 00:10 | ★ Shaberiba 

『インビクタス/負けざる者たち』

  □作品オフィシャルサイト 「インビクタス/負けざる者たち」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 アンソニー・ペッカム□原作 ジョン・カーリン □キャスト モーガン・フリーマン、マット・デイモン、ザック・フュナティ、グラント・L・ロバーツ、   

2010.02.09 (Tue) 12:05 | 京の昼寝〜♪

「インビクタス/負けざる者たち」の感想を追記しました。

2月に観る映画をピックアップしています。まずは2月5日(金)公開の「インビクタス/負けざる者たち」です。監督がクリント・イーストウッド、主演がモーガン・フリーマンとマット・デイモンと言われれば、もう期待するしかないのですが・・・、内容のキーワードが「南...

2010.02.10 (Wed) 02:24 | MOVIE レビュー

インビクタス/負けざる者たち

[南アフリカ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2010年10本目です。 【あらすじ】 1990年。 人種隔離政策のアパルトヘイトに反対し、27年間も投獄されていたネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)が釈放。 その4

2010.02.10 (Wed) 18:21 | 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!

映画「インビクタス/負けざる者たち」

映画「インビクタス/負けざる者たち」を鑑賞。

2010.02.11 (Thu) 00:00 | FREE TIME

胸が熱くなる・・・。『インビクタス/負けざる者たち』

南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラとラグビー代表チームの姿を通して国民の変化を描いた作品です。

2010.02.11 (Thu) 10:43 | 水曜日のシネマ日記

インビクタス/負けざる者たち / INVICTUS

実話を下にした映画。1994年、南アフリカの歴史上初めての全人種が参加した大統領選挙に置いて大統領に当選したネルソン・マンデラ。政治的実権も握った圧倒的多数の黒人に対し、実権を失った少数派の白人側は戦々恐々としていた。そんな状況を見ていたマンデラは、翌1995...

2010.02.11 (Thu) 17:02 | 勝手に映画評

インビクタス/負けざる者たち/INVICTUS

ちょっと地味な感じもして、どうしようかと思ってたんだけど。 クリント・イーストウッド監督でモーガン・フリーマン、マット・デイモンなら、はずれはないだろう、ということで、「インビクタス/負けざる者たち」を鑑賞。「UCとしまえん」は、平日のレイトショーとし

2010.02.11 (Thu) 18:49 | いい加減社長の映画日記

インビクタス 負けざる者たち

『インビクタス/負けざる者たち』(原題:Invictus)は、ジョン・カーリン原作の小説をクリント・イーストウッド監督が映画化した作品です。主演であるモーガン・フリーマンさんは製作総指揮も務めました。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想

2010.02.11 (Thu) 23:12 | yanajunのイラスト・まんが道

インビクタス/負けざる者たち

Invictus(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン/マット・デイモン/スコット・イーストウッド/ラングレー・カークウッド/ボニー・ヘナ ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 クリント・イーストウッ

2010.02.12 (Fri) 11:34 | 小部屋日記

インビクタス/負けざる者たち

1990年、南アフリカ共和国。豪奢なラグビー練習場でプレイする白人たちと、道を隔てた原っぱでサッカーに興じる黒人少年たち。アパルトヘイトを象徴するかの光景が広がる。だが、歴史は変わりつつあった。 隔てる道を、30年近く政治犯として捕らえられていたネルソ...

2010.02.12 (Fri) 16:58 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ

インビクタス 負けざる者たち

もう言い切っても良い、“必ず”大きく心を揺すぶってくれる映画を届けてくれるクリント・イーストウッド監。 今度はマンデラ+スポ根もの、『インビクタス 負けざる者たち』を観てきました。 ★★★★★ 凄いと思うのは、2時間を超える大作を結構なハイペースで作り上げ...

2010.02.12 (Fri) 20:24 | そーれりぽーと

「インビクタス 負けざる者たち」やっぱり、イイな〜。

[インビクタス/負けざる者たち] ブログ村キーワード  “クリント・イーストウッド監督第30作”「インビクタス 負けざる者たち」(ワーナー・ブラザース)。南アフリカでの感動の実話を映画化。相変わらずエエ仕事しますな〜!イーストウッド監督。  南アフリカ

2010.02.13 (Sat) 00:32 | シネマ親父の“日々是妄言”

インビクタス/負けざる者たち

最後の方に近づくにつれて、感動の涙が出て止まらなかった。ラグビーの応援を普段しているわては、大男たちがスクラムやタックルでぶつかる音が迫力満点だった。マンデラ大統領の不屈の精神と、ピナール主将のリーダーシップが相乗効果となって決勝戦に昇華している。

2010.02.13 (Sat) 17:51 | とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver

インビクタス/負けざる者たち/モーガン・フリーマン、マット・デイモン

『ミリオンダラー・ベイビー』辺りからでしょうか、とても優れた作品を次々と世に送り出しているクリント・イーストウッド監督の最新作です。このところのクリント・イーストウッド監督の作品はまずハズレ無しと思ってもいいくらいの安定感を誇ってるのでこの映画にもかな...

2010.02.13 (Sat) 21:35 | カノンな日々

「イビクタス 負けざる者たち」:浜離宮前バス停付近の会話

{/kaeru_en4/}恩賜庭園?恩賜って何だ? {/hiyo_en2/}天皇から賜ったって言う意味よ。 {/kaeru_en4/}サッカーの天皇杯みたいなもんか。 {/hiyo_en2/}ちょっと違うと思うけどね。 {/kaeru_en4/}サッカーとラグビーなら同じようなもんか。 {/hiyo_en2/}まあ、どちらもワール...

2010.02.13 (Sat) 22:34 | 【映画がはねたら、都バスに乗って】

「インビクタス/負けざる者たち」不屈の精神は穏やかで強靭なものだった

「インビクタス/負けざる者たち」★★★★☆ モーガン・フリーマン、マット・デイモン主演 クリント・イーストウッド 監督、134分、 2010年2月5日公開、2009,アメリカ,ワーナー (原題:INVICTUS)                     →  ★映画のブログ★...

2010.02.13 (Sat) 22:36 | soramove

インビスタス-負けざる者たち-

インビスタス-負けざる者たち- [Invictus] クリント・イーストウッド監督の最新作 TrueStory <Story> 投獄生活を送っていたネルソン・マンデラが釈放され、黒人でありながら大統領に当選する。 そして1年後に控えたラグビーのワールドカップ開催。しかしナショナルチ

2010.02.14 (Sun) 09:16 | 犬・ときどき映画

インビクタス / 負けざる者たち

 アメリカ  ドラマ&伝記&スポーツ  監督:クリント・イーストウッド  出演:モーガン・フリーマン      マット・デイモン      トニー・キゴロギ      パトリック・モフォケン 【物語】  1994年、マンデラはついに南アフリカ共和国初の黒人大統領とな

2010.02.14 (Sun) 12:29 | 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing

インビクタス/負けざる者たち

ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 原題 INVICTUS 製作年度 2009年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 134分 原作 ジョン・カーリン 脚本 アンソニー・ペッカム 監督 クリント・イーストウッド 音楽 カイル・イーストウッド/マイケル・スティーヴンス 出...

2010.02.14 (Sun) 13:07 | to Heart

インビクタス/負けざる者たち

『インビクタス/負けざる者たち』 ---INVICTUS--- 2009年(アメリカ) 監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン 「チェンジリング」「グラン・トリノ」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、アパルトヘイト(人種隔離政策)

2010.02.14 (Sun) 15:24 | こんな映画見ました〜

インビクタス/負けざる者たち

Invictus (2009年) 監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン 1995年、南アフリカで開催されたラグビー・ワールドカップに秘められた実話を描いたドラマ。 27年にも及ぶ投獄生活から解放...

2010.02.14 (Sun) 17:25 | Movies 1-800

インビクタス/負けざる者たち

インビクタス/負けざる者たち'09:米 ◆原題:INVICTUS◆監督・製作:クリント・イーストウッド「グラン・トリノ」「硫黄島からの手紙」◆出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターン ◆STORY◆1994年...

2010.02.14 (Sun) 23:53 | C'est joli〜ここちいい毎日を〜

インビクタス 負けざる者たち

■ 試写会にて鑑賞インビクタス 負けざる者たち/INVICTUS 2009年/アメリカ/134分 監督: クリント・イーストウッド 出演: モーガン・フリー...

2010.02.15 (Mon) 00:09 | 映画三昧、活字中毒

インビクタス‐負けざる者たち‐

2010年2月13日(土) 18:30〜 チネ9 料金:0円(ポイント利用) パンフレット:未確認 『インビクタス‐負けざる者たち‐』公式サイト 巨匠イーストウッド先生の新作は、大統領役者モーガン・フリーマンをネルソン・マンデラに迎えた、素直でストレートな爽やかス

2010.02.15 (Mon) 02:02 | ダイターンクラッシュ!!

[映画『インビクタス/負けざる者たち』を観た]

☆うーん、面白かったですねえ。  『グラン・トリノ』に続いて、テーマは、民族の「融和」であった。  前作の町内レベルから、国家レベルへと、テーマがスケールアップしている。  アパルトヘイト下、27年間を「テロリスト」として獄中で過ごしたマンデラ氏が、南...

2010.02.16 (Tue) 03:00 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

■映画『インビクタス/負けざる者たち』

2010年度、最初に紹介する映画はクリント・イーストウッド監督がネルソン・マンデラ大統領を描いた映画『インビクタス/負けざる者たち』。 2010年1本目の紹介でありながら、Cheese的には既に2010年度ベスト10映画の中には必ず入れると決めた感動の一作。 それどころ

2010.02.16 (Tue) 04:40 | Viva La Vida!

インビクタス/負けざる者たち

監督、製作はクリント・イーストウッド 27年もの間、刑務所に、 収容されていたネルソン・マンデラ。 アパルトヘイト政策終結を掲げ、 後に南アフリカ初の、 黒人大統領になった人物。 南アフリカ共和国大統領、 ネルソン・マンデラを モーガン・フリーマンが演じて

2010.02.16 (Tue) 18:59 | 花ごよみ

【インビクタス/負けざる者たち】

【INVICTUS】【監督】 クリント・イーストウッド   【製作総指揮】 モーガン・フリーマン     【原作】 ジョン・カーリン  【脚本】 ア...

2010.02.16 (Tue) 19:41 | +++ Candy Cinema +++

インビクタス/負けざる者たち

ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 原題 INVICTUS 製作年度 2009年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 134分 原作 ジョン・カーリン 脚本 アンソニー・ペッカム 監督 クリント・イーストウッド 音楽 カイル・イーストウッド/マイケル・スティーヴンス 出...

2010.02.16 (Tue) 23:07 | to Heart

インビクタス/負けざる者たち☆独り言

クリント・イーストウッドの作品は音楽が結構好きです。ということもあり、今回もはまり♪舞台は南アフリカ共和国。1994年マンデラが大統領になりアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をひとつにまとめるために、彼が注目したものは・・・1995年に開催されたフ...

2010.02.17 (Wed) 20:24 | 黒猫のうたた寝

試写会「インビクタス/負けざる者たち」

“我が運命を決めるのは我なり、我が魂を征するのは我なり”素晴らしい映画でしたさすが、クリント・イーストウッド監督です今日の午後は3月1日からの新しい職場(西国分寺)へ出張してたんだけど、無理やり定刻で終わらせて、中央線で中野へダッシュして中野サンプラザ...

2010.02.17 (Wed) 22:56 | 流れ流れて八丈島

インビクタス/負けざる者たち

★★★★☆  30年近く牢獄に閉じ込めた白人たちを赦し、白人と黒人が共存出来る国を創った南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領。この作品は、彼が南アが唯一世界に誇れるラグビーを通して、人々の魂を揺るがすような人間愛を貫いた感動作品である。 監督は絶対外

2010.02.18 (Thu) 14:50 | ケントのたそがれ劇場

インビクタス/負けざる者たち

評価:★★★☆【3,5点】 「ここは、パイロットの私の全責任で遂行する!」

2010.02.20 (Sat) 20:14 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

「インビクタス/負けざる者たち」

「インビクタス/負けざる者たち」、観ました。 1994年、27年間投獄されていたネルソン・マンデラが南アフリカの大統領となる。人種差別、...

2010.02.22 (Mon) 10:12 | クマの巣

「インビクタス/負けざる者たち」感想

 今やハリウッド有数のヒットメイカーとなった名監督・クリント・イーストウッドの最新作は、南アフリカ初の黒人大統領となった”英雄”ネルソン・マンデラ氏と、「国の恥」とまで評された弱小ラグビーチーム・スプリングボクスによってもたらされた、1995年ラグビー...

2010.02.24 (Wed) 21:01 | 狂人ブログ 〜旅立ち〜

【映画】インビクタス/負けざる者たち

▼動機 テレビ版CMの出来の悪さに反って興味を持った ▼感想 鑑賞後に色々と興味を持てる材料が残るところがよい ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領とな

2010.02.25 (Thu) 08:00 | 新!やさぐれ日記

「インビクタス/負けざる者たち」

「Invictus」 2009 USA ネルソン・マンデラに「最高の人生の見つけ方/2007」「ウォンテッド/2008」「ダークナイト/2008」のモーガン・フリーマン。 フランソワ・ピナールに「グッド・シェパード/2006」「ディパーテッド/2006」「ボーン・アルティメイタム/2007

2010.02.28 (Sun) 18:23 | ヨーロッパ映画を観よう!

『インビクタス 負けざる者たち』 試写会鑑賞

1994年、マンデラはついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。1995年に自国で開催するラグビー・ワールド・カップに向け、マンデラとチームキャプテンのピナ

2010.03.02 (Tue) 21:03 | 映画な日々。読書な日々。

インビクタス

 『インビクタス/負けざる者たち』を渋谷のシネパレスで見ました。  クリント・イーストウッド監督の作品については、これまでも随分とおつきあいをし、昨年だけでも『チェンジリング』と『グラン・トリノ』の2本を見ているので、この作品もぜひと思って映画館に出向

2010.03.07 (Sun) 07:20 | 映画的・絵画的・音楽的

インビクタス/負けざる者たち

ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。

2010.03.08 (Mon) 23:00 | Addict allcinema おすすめ映画レビュー

『インビクタス 負けざる者たち』09・米

あらすじ1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。1995年に自国で開催するラグビー・ワールド・カップ...

2010.03.08 (Mon) 23:24 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ

インビクタス‐負けざる者たち‐・・・・・評価額1700円

21世紀に入ってから、脅威のペースで傑作・名作を生み続けるスーパー映画爺さん、クリント・イーストウッドがゼロ年代の最後に放ったのは、199...

2010.03.15 (Mon) 00:16 | ノラネコの呑んで観るシネマ

『インビクタス/負けざる者たち』

 ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。  その人の名はネルソン・マンデラ。南アフリカの大統領だったと言えば、遠い存在だと思うだろうか。けれども、彼の起こした“奇跡”に触れれば、あなたの中で、きっと何かが変わる――。

2010.03.22 (Mon) 21:40 | シネマのある生活〜とウダウダな日々

【映画】インビクタス/負けざる者たち…の記事&お盆はこうしてた!

私のお盆休みの過ごし方。 13日(金曜日){/kaeru_fine/}{/kaeru_rain/}…夜勤明けなので(しかも帰宅後ビール{/beers/}を少し飲んだので)昼過ぎまでダウン{/face_hekomu/}。 午後(14時頃)から、(嫁さんの)実家に行っていた嫁さんと娘に合流。 夜には帰省している学...

2010.09.23 (Thu) 04:14 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

インビクタス/負けざる者たち(感想184作目)

インビクタスはWOWOWで鑑賞したけど 結論はアパルトヘイトなど色々と勉強なったよ 内容は初の黒人大統領のマンデラ大統領が 人種差別&経済格差もW杯を利用の展開だ ...

2011.02.06 (Sun) 13:04 | 別館ヒガシ日記