FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

3083_7516904510Drag Me To Hell
銀行のローンデスクで働くクリスティン・ブラウン(アリソン・ローマン)は、
不動産ローンの延長を懇願する老婆ガーナッシュ夫人を拒否するが…。

老婆に心ならずも無慈悲な対応をしたばかりに怨みを買ってしまったヒロインが、呪いにかかってしまうホラー作品。


お年寄りには親切に{★★2/5}

効果音や忍び寄る怪しい影など、昔観たようなオーソドックスなホラー作品。
でも全体的には笑う映画。
自分の場合は楽しく可笑しく笑うのではなく、仕方がないので笑うしかないって感じでした。
ホラー・コメディ?!
そんなジャンルあるのかな?!
でもそんな感じです。
ホラー苦手な人でも大丈夫、私も苦手ですが全然怖くないです(笑)

ハンカチに襲われ、ハエが顔を這い、突然大量の鼻血を上司にぶっかけてしまうクリスティン。
駐車場で老婆とのバトルは、まるでアクション映画さながらの激しさです。
老婆は入れ歯を飛ばすわ~ねっちょぉぉ~とした唾液や痰出すわ~顔面にホチキス打ち付けられるわ…
ここと終盤のお墓の場面は特にBコメディそのものでした。
090925_spell_sub4Drag Me To Hell
農家の(元オデブ)娘が銀行員になって、お金持ちの彼(ジャスティン・ロング)の家族にキャリアをアピールするためにも出世を狙うって、ラブコメの主人公みたいな設定。
恋人の母親が何となく老婆に似てたので、あの顔にフォークでも突き刺すのかと思った(笑)
ホラーの要素とコメディの要素が自然に上手く絡み合ってるストーリーだと思います。
あとは、好みでしょうか…
私はホラーあまり観ないので、ホラー好きな人には細かいところでイッパイ楽しめるんでしょう。
老婆があのキャラだからこその作品で、パワーのある映画だと思いますが、
でもなんだかとにかく汚いんですよ…それが観ていて嫌悪感でしか残らないんです。
素直に笑えず遠く引きながら観てたら、ネコの件で一気に急降下ですよぉ~~。
逆恨みされて気の毒なのはヒロインのクリスティンですが、どーしても応援できなくなっちゃって(苦笑)
だからあのラストも納得でした。
割り切って観た方が楽しめるんだと思います。
「ビッグ・フィッシュ」「秘密のかけら」のアリソン・ローマン、頑張るわ~ビックリです!

2009年 11/6公開 アメリカ映画
監督 サム・ライミ
2010.01.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/581-fcc7d8d1