--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_01
09
(Sat)23:26

戦場でワルツを

9402_1937174488Waltz with Bashir
久しぶりに旧友と再会したアリは、ある一時期の記憶がないということに気づく。
抜け落ちた過去の記憶を求めて、当時を知る知人たちのもとへと旅に出る。

イスラエル人のアリ・フォルマン監督が、
自らが体験した過酷な現実に迫るドキュメンタリー・アニメーション。


失われた記憶を探すアニメ作品{★★★3/5}

アカデミー賞外国語作品賞では、「おくりびと」の対抗馬として、また数々の映画祭でも話題になった反戦映画。
監督自ら体験したレバノン侵攻を振り返るドキュメンタリー物語は、独特なアニメーションで描かれていきます。
このアニメーションですが、切り絵や貼り絵のような感覚でしょうか、観たままで状況を判断できるような色彩など、戦争映画としてはとても斬新だと思いました。
特にオープニング、多数の凶暴と化した犬が集団でターゲットに向かって走るシーンや、巨大な女性が海をゆったりと泳ぐシーンなど、幻想的な場面はアニメならではで、それが逆に戦争に携わった兵士たちの心理状態が、どんなに時を経ても過酷な現実として伝わってきました。

イスラエルを取りまく政治や宗教の問題は複雑ですが、
無知な自分には結局のところ、国家間の戦争であろうが、宗教対立や難民などの内戦であろうが、戦争の愚かさだけは十分に伝わりました。
イスラエル人側から製作したのも大きな意味があるのだと思います。
が、正直あまり映画としては好みではなかったです。
090818_senjou_walz_sub6Waltz with Bashir
もちろんアニメーションだから…の良さもあるのですが、
ドキュメンタリータッチの現実と幻想の線引きが、次第に曖昧に感じて退屈になってしまいました。
ラストはそうくるとは思いませんでしたが、
どこまでが真実か否か、ちょっと見えにくいんです。
実写であろうがアニメであろうが、心に響くことには違いはないと思うのですが、この作品にはあまりそう言ったズシンと来るものを感じませんでしたので、アカデミー会員、よくぞ「おくりびと」に投票してくれたわ~と思っちゃいました。

帰宅後、色々読んでみたら批評家さんたち、大絶賛なんですよねぇ~。
好みはあれど、己の感性は乏しいです(汗)

2009年 11/28公開 イスラエル/フランス/ドイツ/アメリカ映画
監督 アリ・フォルマン

C.O.M.M.E.N.T

そうなんですよね〜

アニメーションを使ったのは斬新だと思うんですけど、それが響くかはまた別問題かなぁと。
人の心に響くのはテクニックや手法の問題ではないと思うんですよ。どうも、思い出したことの確認作業を延々続けるだけに見えてしまって。
もっとも、知らなかったこの事実を知ることが出来たことは意味があったと思います。^^

2010/01/10 (Sun) 02:12 | KLY #5spKqTaY | URL | 編集 | 返信

オリーブリーさん、こんにちは。
トラックバックありがとうございました。(*^-^*

『戦場でワルツを』は秀作ではあるけど
私もアカデミー賞は『おくりびと』で良かったと思いました。
『おくりびと』はシビアなテーマを重くなりすぎないように
一貫した視点で穏やかに演出していたから。

『戦場でワルツを』はアニメ化しているものの
シビアなテーマをストレートに突きつけすぎている事で
幻想と現実の焦点がぼやけてしまった印象を受けてしまいました。

2010/01/10 (Sun) 12:44 | BC #peC/.WiQ | URL | 編集 | 返信

オリーブリーさん

TB頂いたのでしたので二度きてますよ〜(笑)

これ、アニメーションだから最後のリアルな映像でガツンときたんだと思います。
ちょっと眠かったけど画期的でしたね、

2010/01/11 (Mon) 01:17 | mig #- | URL | 編集 | 返信

KLYさんへ

>思い出したことの確認作業を延々続けるだけに見えてしまって。

そうそう、そんな感じです!!
途中から、退屈になってきました(汗)
内容が内容ですが、あのアニメの感じにも眠気が…(;^_^A アセアセ・・・

嫌な記憶を消したいと思うのは誰でもそうですが、やはり戦争は経験した人にしか解らないものだと思います。
知らない間に記憶が抜け落ちてしまうなんて、戦争から負以外の何も生まれませんね。
ニュースで見ても良く解らないことが多いので、
私も虐殺がどうして起こったかなどは知ることができました。
戦争を知らない自分は、せめて知るって事が大切だと思うので。

2010/01/12 (Tue) 00:28 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

BCさんへ

こんばんは。

>幻想と現実の焦点がぼやけてしまった印象を受けてしまいました。

私も同じこと感じました。
途中からその線引きが解らなくなって、思いっきり第三者目線になっていたと思います。
自分には難しい作品だったのだと思います。

2010/01/12 (Tue) 23:22 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

migさんへ

う〜ん、私も途中から眠くなって何度か目を閉じちゃいました(;^_^A アセアセ・・・
あのラストはいきなりでビックリしたけど、リアルでちょっと反則っぽくない?(苦笑)
だから、アニメにしたんでしょうけど…

2010/01/15 (Fri) 17:01 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

遅くなってすいません

息子の受験があったもので、反応遅くなりまして、すいません。
気持ちに余裕がなくなってた・・・・。
やっと終わりましたよ。
後は、卒業式と発表を待つだけです。

ということで、これ。
結構期待したんですよ。
それこそ、アカデミーの大本命・・とか言われてましたからね。
で、なにか突き放したような感覚がありました。
映像に出来ない部分をアニメにするというのは、斬新なんですが、その分、人間の本性というか、魂がどんと来なかったです。
つうか・・・眠くなってしまいました。不謹慎?かな、やっぱ。
でも、そういう人が結構いたみたいで、ほっとしてます。

2010/03/12 (Fri) 10:14 | sakurai #8zie0QSw | URL | 編集 | 返信

sakuraiさんへ

こんにちは〜お疲れ様でした。
受験生がいると何かと落ち着きませんよね。
どうぞコメントなどお気遣いなく、私も娘の卒業式は終りましたが、入学の準備等でバタバタしていますので…(;^_^A アセアセ・・・

この映画の感想、正直難しいんですよ。
戦争を扱った作品としては少々掴みどころがなくて、良くもない悪くもなく、後は好みなのかな〜と。
アカデミー外国語作品賞も戦争モノが続いていたと思うので、「おくりびと」で良かったな〜と思いました。

2010/03/13 (Sat) 14:47 | オリーブリー #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

『戦場でワルツを』(@「シネマのすき間」)

-----今日は、ここでは珍しいアニメ。 フォーンは、ちょっといや〜な予感。 だって、えいはアニメには詳しくないし、 これまでにもツッコまれて、困っているのを何度か観ているし…。 ところが、これは普通のアニメとは違うのだとか…。 いわゆるドキュ・アニメ(なんて言...

2010.01.10 (Sun) 10:22 | ラムの大通り

「戦場でワルツを」:西日暮里駅前バス停付近の会話

{/hiyo_en2/}こんなところに、カラオケスタジオが・・・。 {/kaeru_en4/}俺も一曲歌うかな。 {/hiyo_en2/}何の歌? {/kaeru_en4/}千昌夫の「星影のワルツ」とか。 {/hiyo_en2/}あなた、ひょっとして戦前の生まれ? {/kaeru_en4/}イスラエルのレバノン侵攻以前の生まれでは...

2010.01.10 (Sun) 11:28 | 【映画がはねたら、都バスに乗って】

『戦場でワルツを』・・・ ※ネタバレ有

2008年:イスラエル+ドイツ+フランス+アメリカ合作映画、アリ・フォルマン脚本・監督・製作。

2010.01.10 (Sun) 12:31 | 〜青いそよ風が吹く街角〜

『戦場でワルツを』

もしこの映画を実写化したら、恐らく世界各国で上映禁止になっていたのではないか。そう思えるほど、ショッキングな映画でした。 アカデミー外国語映画賞にノミネートされながらも日本ではそれほど高い評価を受けていないみたいですが、個人的にはアニメーションという手...

2010.01.10 (Sun) 13:40 | めでぃあみっくす

戦場でワルツを / VALS IM BASHIR/WALTZ WITH BASHIR

{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 今年のアカデミー賞外国語映画賞で受賞した「おくりびと」の対抗馬で本命と思われていた作品{/atten/} 1982年にレバノン・ベイルートの難民キャンプで起き

2010.01.10 (Sun) 18:32 | 我想一個人映画美的女人blog

戦場でワルツを(2008)

 過去が、語り始めるVALS IM BASHIRWALTZ WITH BASHIR レバノ〜ン♪レバノ〜ン♪ この歌が印象的 これは監督自身の経験を元に製作した自伝的ドキュメンタリー。 ドキュメンタリーのアニメ化というのは珍しいですね。アリ・フォルマン監督が何故アニメにこだわったの

2010.01.10 (Sun) 22:14 | 銅版画制作の日々

戦場でワルツを

イスラエル人のアリ・フォルマン監督が自身が一兵士として参加した80年代の レバノン戦争の経験をもとに、戦争によって引き起こされる凄惨な現実を 描いたドキュメンタリー・アニメーション。 戦場での記憶が抜けおちている主人公が、かつての戦友たちを訪ね歩いていく こ..

2010.01.14 (Thu) 12:08 | だらだら無気力ブログ

戦場でワルツを

うーん、斬新だが・・・。

2010.03.12 (Fri) 10:10 | 迷宮映画館

戦場でワルツを

戦場でワルツを 完全版 [DVD] (2010/05/12) 不明 商品詳細を見る<<ストーリー>>冬のとある夜、旧友に呼び出された映画監督のアリは夜毎悩まさ...

2010.05.24 (Mon) 23:49 | ゴリラも寄り道

【映画】戦場でワルツを…この辺りの歴史を聞いても大川興業のネタぐらいしか出てこない

まずは近況報告。 先週は夜勤だったのですが、お仕事は暇でした…ずっと忙しめだったので少し休めて良かった感じですが。そんな暇な週なのに2011年4月16日(土曜日)は夕方からお仕事。 2011年4月17日(日曜日)は、ほとんど寝て過ごしました 最近こんな週末が多いです

2011.04.19 (Tue) 22:26 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。