FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

1年が終ります
寒いだの、暑いだのと、あれやこれや言っている間に――やっぱり早い1年でした~

今年もたくさんの映画が公開されました。
相変わらず選り好みはしますが、自分が観たいと思う映画をほぼ観れた年であったと思います。
時間が合わなくて見逃した作品、期待し過ぎて裏切られた作品もありますが、劇場公開作品94本(うち、邦画8本、韓国映画1本)に出会えました
レンタル率は激減し、WOWOW録画観賞が50本ほど。
日々の雑用の中、録画保存が溜まる一方で…
お正月はゆっくりと家で楽しむ時間を持ちたいと思います

マイ・ベスト(公開順)

「レボリューショナリー・ロード/燃えつきるまで」
332137view010レボリューショナリー・ロード

「マンマ・ミーア!」
331238view005マンマ・ミーア!

「チェンジリング」
332551_01_01_02チェンジリング

「ダイアナの選択」
081226_daianasentaku_mainダイアナの選択

「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」
332670_01_01_02マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

「フロスト×ニクソン」
332592_01_01_02FROSTNIXON.jpg

「ミルク」
2810_1074178216Milk.jpg

「グラン・トリノ」
332286view007グラン・トリノ

「レスラー」
7525_3748251004The Wrestler

「扉をたたく人」
090527_tobira_mainTHE VISITOR

「ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式」
sub3_largeハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式

「HACHI 約束の犬」
j01317_hachi_0442_largeHACHI.jpg

「縞模様のパジャマの少年」
333122view002縞模様のパジャマの少年

「3時10分、決断のとき」
russell_croweTO YUMA

「ウルヴァリンX-MEN ZERO」
7182_2260529328X-MEN ORIGINSWOLVERINE

「私の中のあなた」
20090723_wna_sub1My Sisters keeper

「エスター」
090820_ester_mainOrphan.jpg

「母なる証明」
090805_haha_mainMother.jpg

「イングロリアス・バスターズ」
090921_inglorious_newmainInglourious basterds

「アバター」
アバター

今年は好みの映画が多かったみたいで、絞るのが難しかったです
「007~」「ディファイアンス」のダニたんも素敵だったし(笑)
「クヒオ大佐」「南極料理人」「のだめ~」の邦画もとっても面白かったです
「永遠のこどもたち」も印象深い作品でしたが、公開が去年なので省きました。

「レボリューショナリー・ロード/燃えつきるまで」
「チェンジリング」
「縞模様のパジャマの少年」
「母なる証明」
「重い…救われない…」と言われるような作品に印象が残りました。
身勝手な行動、純粋ゆえの行動、愛する者を守るための行動と、様々な側面はありますが、
人間心理と善悪の複雑さを、観る者に投げかけられたように色々と考えさせられました。
私はこのような重いと言われる映画は好きなのですが、それにしても今年は多かったような気がします。
観賞後、しばらくあれこれと自分なりに考えました。
感想も言葉にするのが難しかったです。
好き嫌いはあると思いますが、濃密な人間ドラマでした。

「ダイアナの選択」
「エスター」
サスペンス、ミステリーは出尽くし感もあって、年々目新しいと感じるものが少ない気もするのですが、
この2作品はとても楽しめました。
特に「エスター」は、色んな意味で衝撃だったかも
久々にやられたなぁ~オチが…
オチの予測は付くけれど、アン・ハサウェイの「パッセンジャー」も面白かったです。

「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」
「HACHI 約束の犬」
他にも「ボルト」など、動物がメインの作品も多かったですね。
マイペースなマーリー、忠実なハチ、
家族が大好きで、家族も彼らが大好きで、それぞれの繋がりが自然体で描かれていたと思いました。
今の時代環境からは考えられないけれど、
飼い主と犬の立場より、個々の主体を尊重する姿勢が本当は理想なのかも知れません。
しつけされなかったマーリーも野良犬になって駅に通ったハチも、家族に愛され続けて幸せな最後だったと思いました。
映画で泣く事は滅多にないのですが、大号泣の2作品でした

「マンマ・ミーア!」
「ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式」
楽しかった~面白かった~笑えた~
こんな映画がもっとたくさん観たいですねぇ~
「マンマ・ミーア!」は2回観にいきましたが、
大好きなABBAサウンドと名俳優たちに元気をもらえた作品でした。
メリルの「ザ・ウィナー・テイク・イット・オール」は圧巻、鳥肌で涙がウルウルでした
「ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式」は、もう、自分の笑いのツボにピタリときてしまって、物凄く楽しんでしまいました
「セブンティーン・アゲイン」でザック・エフロンのオヤジっぷりも楽しかったです。

今年のアカデミー賞関連にノミネートされた映画はどれも良かったです
「スラムドッグ$ミリオネア」
「愛を読むひと」は、あえて外しましたが、
複雑で難解だったり敷居が高かったりするものは、少ない傾向だったのでしょうか。
大衆目線(?)で受け入れやすい作品ばかりだったと感じました。

こちらはどうしても外せません。
多くの方が劇場へ足を運ばれたことでしょう

「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」
334766view008THIS IS IT
ありがとう、マイケル…
やすらかに…

ベスト3
「グラン・トリノ」
「3時10分、決断のとき」
「イングロリアス・バスターズ」
この作品に共通するのは、あまり期待しなかったこと(苦笑)
ガツンとやられてしまった感じです
スリリングな展開で、どう決着がつくのだろうか…最後まで興味深く観れました。
グレーではなく、白黒はっきりしたラストにも納得できた作品でした。
「アバター」も良かったのですが、ストーリーなどトータルバランスで選びました

恒例(?)
今年の良き男子
ヒュー・ジャックマン
20090226164305006viewAcademy, Awards
素敵な人だとは思っていたけど、特別どうこうじゃなかったのですが、
アカデミーの司会で完全にになっちゃいました(≧∇≦)キャー♪
「オーストラリア」「ウルヴァリンX-MEN ZERO」で二度来日し、フレンドリーなヒューにますます
スマートでソフトで紳士で大人の男性の魅力全開でした~

でもやっぱり、どーしても大好き
ジョニー
jand1152johnny12.jpg
2年振りの「パブリック・エネミーズ」で来日
何よりもファンを思う気持ちに胸がキュン
来年も待ってるね~

年々映画の鑑賞数が増え、素敵な作品に触れる事ができ嬉しく感じています。
頭や心に浮かんだことをなかなか上手く表現できませんが、
たくさんの皆様とお話することができて有難く思っています
今年もお付き合い頂きまして、ありがとうございます
来年もどうぞ宜しくお願いします。
みなさま、よいお年を~
2009.12.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/576-85eed081